小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウズベキスタン2011年夏旅報告(4)
           ウズベキスタンではホテルに泊まらないと罰金2000ドル
meron
buhara2
buhara1





世界遺産の街ブハラに向かう列車で、折り紙を通じて仲良くなった、メロン君やそのお母
さんノジマ。

ぜひ、うちに泊まって~と言われ、
いいの?ほんとに?
もちろん、泊まって、泊まって!

なんてラッキー!なんてスバラシイ!と思って、泊めてもらうことになりました。

が・・・・

気がつきました。そう、ウズベキスタンでは、観光客(観光ビザ)は、絶対ホテルに
泊まらなきゃいけない、ことを、うっすらと、思い出したんです!

うっすら、というのは、
そんなこと、ネットやガイドブックに書いてあった気がするという記憶。

ガイドグックを確認すると、やっぱりそう書いてある・・・。げええー。

・観光客は必ずホテルに泊まらないといけない。

・泊まったらホテルから、小さい紙切れの登録証(何日から何日までここここに泊まりま
したと書いてある)をくれるから、絶対になくさないように。

・もし無くしたら、出国する際、チェックするときがあり、罰金となる。

・安宿には、登録証を発行できない、闇の安宿もあり、必ず、登録証がもらえるところに
泊まったほうがいい。

・そんな安宿に泊まって、トラぶった話もネットで見かけた・・・。

そんな・・・

せっかく泊めてくれるとゆーのに。



ノジマにそれを聞いてみたが、まあ、現地の人は詳しくはわからないし・・少しは
知っているみたいだったけど、ビザがあれば、大丈夫と思うと言うし、
登録するところがあるから、登録にしいけばいい、みたいな、軽い感じ。

しかし、たった1週間の旅。出国するときにトラぶって、帰国便に乗れないとかなったら、
大変である。罰金ももったいない。

でも~ できるなら泊まりたい。もっと仲良くなりたい。

スッタモンダしまして、ノジマはいろんな人に聞いてくれて、

すると、こうわかりました。

本当に、旅行者はホテルに泊まらなくてはならない。人の家に泊まってはいけない。

そして、見つかったときの罰金は・・・・

なんと、2000米ドル!!

これはあきらめざるを得ません・・・。


(つづく)
スポンサーサイト

子連れベトナム(2)2001年長男5歳次男2歳~人は途方に暮れて強くなる・・~
本には書かなかった世界一周ウラ話(103)♪~テーマ別~
   子連れベトナム(2)2001年長男5歳次男2歳
                ~~人は途方に暮れて強くなる・・~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話、子連れマニラ全9回
など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

今回からは、子連れベトナム。

フィリピンもそうですが、子どもが小さいときは、他人の手を借していただく、
しかありません。このベトナムの同行者は、フィリピンに一緒にいった元同僚の
Yちゃん、同じく元同僚のTさん、そして、元職場のお母さんの3人。合計、6人
の珍道中!

そして、Yちゃん以外は、人生初のバックパッカー!

というわけで、到着しょっぱな・・・スリに遭いました・・・!


(1)~見たぞ!スリ現行犯!Inベトナム~ 

それから・・・、なんとか、立ち直って、旅を続けましたが・・またまたトラブルに!

というわけで、今回は、(2)~人は途方に暮れて強くなる・・inベトナム~ 

 
「えっ! ご・・5枚しかない!!」

 ここは、ベトナム中部、ユネスコ世界遺産に登録されてる町ホイアン。

今朝フエから乗った格安観光バスの終点です。

ベトナムでは、出発地と到着地が別、要するに、目的地で自由解散になるバスツアー
もたくさんあり、しかも、安いし、バスもいいのです。

”ホイアン”というのは、ベトナムの歴史的な町並みが残り、かつては日本人町が繁
栄。そんな面影残るこの町で、都会の喧噪を離れ、ゆっくり散策し、

夜の飛行機で、ホーチミンに戻る予定だったのですが・・。

ホイアンに着いて、散策の前に、バスが着いたその場にはツアーデスクがあり、そこ
の女性に、今日の夜に乗る飛行機の出発時間が、定刻どおりが、確認をお願いするこ
とにしました。

すると、女性は、全員分の航空券を持ってきてというのです。

このやりとりをしているのは、英語がある程度しゃべれるYちゃん。

Yちゃんが、そう言われたから、それぞれ持参している航空券を出して、と言った時、

“なんで全員分なの? Yちゃんの1枚あれば、便名がわかるからいいんじゃないの?“

と思いましたが、まあいっかと、言われたとおり、6枚を女性に渡したのです。

で、定刻を確認でき、女性から航空券が戻ってきたときには、5枚・・・

そう1枚なくなってるんです・・・・。

ありえん!


<教訓>“心の声”は“自分を守る声”。航空券はコピーをとり、確認にはコピーで
対処スベシ。


 実はここに、根本的ミス!

そこは、ツアーデスクなんかじゃーなく、単なる安ホテルのフロントだったんです。
ツアーバスが到着し、真正面にはツアー会社の大きな垂れ幕。どやどやと人が出入し、
なんの飾りもないその空間を、旅行会社の事務所と勝手に勘違いしてしまったのは、
私たち。

 さて、事件はこの先泥沼に。

なぜなら、1枚が、どうしても、見つからないのです。

その女性は、“私は無くしてない、私に責任はない”と否を認めない。

その上、私達が6枚渡した証拠は・・どこにも・・ない。

「探してよ!」というしかない私たち。

約70$がかかっている。

が、ベトナム女性は、話に聞いたとおり?気丈で、自分は悪くない、とばかり。

挙句の果てに、フロントデスクの上に、宿泊客のキーを出したまま、どっかに消え
ていなくなる。

デスクは無人になり、なんというズサンな管理体制・・と怒っていると、ウツクシイ
アオザイに着替えた女が出てきたあー!

なんで、こんなとき、衣装替えしてんのよ!もうーしんじられん。

Yちゃんは、粘りに粘ります。

Uついに、話の流れに変化が!。女性がベトナム航空へ電話したのです。

「事情は話したから。航空券ナシで乗せてくれると言ってる。今すぐダナンオフィス
へ行ったらいい」と。

これも、ありえん・・・

んーなはずない、と思いつつ、ここはベトナム、もしかしてと淡い期待もあり、30Km
離れたベトナム航空へタクシーを飛ばす。

しかし、話はまーったく通じていなかった。

が、Yちゃんはあきらめなかった!

また、女性に電話をかけて、ベトナム航空のスタッフを巻き込んで粘る粘る。

その粘りの結果なのか、実はその女性も必死に探してくれていたのか、

「航空券が今見つかった、今からバイクタクシーで送る」という連絡。

おーっつ! 

しかし、ここからが、また、勝負。バイクタクシー代をどっちが払うか、で大モメ。

この時点で時刻は5時。ベトナム航空ダナンオフィスは終了し、シャッターが閉ま
る。勝負は空港のチェックインカウンターに持ち越されました。

こういうとき、日本人なら、受け渡しを確実にするため、誰だれに渡す、と決めた
上連絡しますよね。しかしここはベトナム。何度それを説明しても、理解は得られ
ない。私たちは、もう自分たちの運を信じるしかないのです。

 さて、空港。チェックインカウンターが見える場所。

混雑しているこの一角で、バイク便のような人が、ここに入ってくるのを見逃さな
いように、入り口付近を凝視・・・。

 「あ!あれ、やない・・あのオッサン?」
見つけたのは、ワタシ。

それは、ごみごみした客がならぶ中、フツーのオッサンの姿。日本のバイク便のよ
うに、会社のジャンバー着ているとは思わなかったけど・・・、あまりに、
なんの特徴もなく・・・

まじでよくわかったなーと自分で感心してしまったほど(笑)。


私たちが、オッサンに走りよっていると、なんと、バイクタクシーおっさんはスタ
スタと航空会社のカウンターへ。

差し出された1枚の航空券を、カウンターの人は、もろ、「なにこれ?そんなこと
聞いてないわ」というように、返却しているじゃーないですか!

「ちょっと、待ったあー、それは、うちらの航空券じゃ!」

それにしても、奇跡ですね(笑)

ちなみに、小さい子供たちの話は全然出てきませんが、こんな小さいころは、
右向けは~右!でいいし、
何もしなくても、いるだけで、心をなごませてくれるし、
出会うベトナムの人々から、やさしくされて・・・
結構、楽しんでいるんですよ。



(続く)

「子育ては有難い修行である」 
        ~うちの子供たちはスーパーチャイルド?~


久々に、取材され、雑誌に掲載されました。

雑誌の名は、KIZUNA(絆)。

kizuna(クリックすると大きくなります)


いろんな”絆”の特集で。

”絆”がないんですよね~、我が家・・・(笑)

てんでバラバラ。自己中・・ぎみ。

でも、紹介してくれたのが、私が前に出演させてもらったNHKのディレクター
の女性だったので、

ちょっと心配でしたが(絆がないから)、お受けしたんです。

で、取材をうけながら、思ったんですが、みんな、1年間も世界一周する家族と
いうと、家族が団結している?まとまっている、と思うんですね~、ははは。


それに、本も、子どもの旅日記を元に私が書き直した、ので、旅日記を書いた
子どもたちをスーパーチャイルドだと思っていらっしゃる、んです。

けっこう、重たい・・・です。

今回は、もう、私だけで取材を受けたのですが、

今まで記事にしてもらった新聞の記者の方も、子どもたちの目線で、直接、いろ
いろ、聞いてくれるのですが、
当の子どもたちの返事は・・・
「うん」
「そう」
「おもしろかった」
「なんとなく」
「うれしかった」

なもの。

でも、最近では、子どもらしいかな、と思うことにしました。

子どもは、今、ここ、を生きていて、今、ここが、楽しい限り・・・大人のように
思い出に浸ることは、少ないような気がするんです。

今、ここが、楽しいことが一番かな、と思いました。

いつか、大人になったとき、いつか、親になったとき、旅を思い出してくれたら
いいですね。

というわけで、

記事は、うまくまとめていただきました。

近況●2:知らない人には教えてあげる
近況●2:知らない人には教えてあげる

オリンピック始まりましたね・・・

上村愛子選手のすべり、メダルに届かなかったこと、そのあとのインタビュー
・・・に涙しました・・。

そして、スノボの国母選手問題。

結構大きな問題になりましたよね・・。

けっこう、似た問題って、身近にあることですよね・・

ボクシングの亀田兄弟も、態度でバッシングされましたよね。

でも、今回、兄弟ともにチャンピオンになって、あの、苦しみも、彼らの成長
に、結果としてよかったと言えるようになりましたね。

基本的に、取り返しのつかないことでなければ、

間違っていたら・・・知らないのなら・・・、教えましょう!よ

と思います。

いきなり、罵倒したり、どなったり、上から目線でなく、押し付けたりするの
ではなく・・

あくまでも、教える。

ダメなことをしていたら、みんなで、教えてあげる。なんで、ダメかも、その
人が納得するまで、教えてあげる・・

怒ったり、ヒハンしたり、あら探しせず、チャンスを奪ったりせずに、人格ま
で否定したりせずに・・・

そんなこと、当たり前とか言わずに、成人しているのにとか言わずに、その人が
理解できるように、教えてあげましょう!

もし、また間違っても、また、教える、また間違ってもまた教える・・。

あきらめずに、何度も、何度も、・・・

つぶさないで、ほしい・・・。

2009年夏♪ヨルダン報告(1)アンマンまでの長~い時間
2009年夏♪ヨルダン報告(1)アンマンまでの長~い時間


いやいや、ヨルダンでとにかく暑かったんで、カラッカラに干からびたんで、
日本が涼しく思えています(笑)。


帰国後、あんまり、忙しかったんで、ヨルダンでの日々が、はるか昔に思え
てくるぐらいですが・・・

日をおって、いや、思い出しながら・・・ご報告


まず、飛行機は、カタール航空を利用で、ドーハ経由アンマン行き。

エミレイツ航空(ドバイ経由)の方が乗り継ぎいいんだけど、カタール航空は、
福岡ー関空も込み込み、なんで、

ドーハでの、乗り継ぎが、たとえ、7時間待ち!でも、安いがいい




まずは、運がいい!スタート。

福岡発、関空行きが、1時間遅れると・・。

でも私たちは、関空でも、5時間待ち、なんで、1時間遅れても、どってこと
ないですよね。

便は、カタール航空と全日空の共同運航なんですが、1時間遅れで、なんと、
ひとり1000円分のミールクーポンがもらえまして・・・。

子供たちは、大喜び!

関空について、夕ゴハン食べてと思っていましたが、福岡空港内で、うどんやカレ
ー食べて、私はビール♪、子供たちはソフトクリームも。

それでも、1000円あまって、子供たちは、使っていいっちゃろ?、と目を
キラキラ~!

売店で、ハイチュウやらお菓子を、1000円に限りなく近くなるよーに考えて、
しっかり、買い込んで、もう、笑顔、笑顔。

(普段、こういう場所では必要以外のものは絶対買わないので、大喜び♪)




そして、いざ、関空へ。

関空ードーハは、まあ、時間通り。

で、たいくつな、ドーハでの待ち時間。

もちろん、7時間半待ちですから、外に出てもいいんですが、

ドーハに着いたのが、現地時間05:45分、早朝なんです。

といっても、時差が6時間で、日本時間は昼前11:45分なわけで、眠くはないし。


さてここは、気温45度ぐらいにはなる、サバクの暑い国。これは、主宰している
「旅の茶話会」のメンバーで、カタール航空のトルコ行きを利用して、やはり、同
じ長い待ち時間を経験した人から、情報をもらっていました。

彼らは、夕方着、夜中に発だったので、ドーハの町に出たんですね。

で、とにかく、夕方からの国、日没後から元気になる国なんだそうで、とっても面白
かったと。でも、午前中は、店、まだ開いてない、って言ってましたよ、と。


そりゃそうですね~、太陽が出たら暑いから、沈んでからが、活動時間。

ということは、私たちのような、早朝着いて、昼には出発する人には、外に出ても
暑いだけ~?。

だから、待つことにしました。

で、このドーハ空港。

キレイではあるけど、こじんまりしていて、免税店も小さいし、イスがたくさーん
あるけど、そのイスに肘掛あるタイプで、ごろん、できない。

イスラムの国なんで、モスクがあってお祈りできるよーになっていて、(人が寝て
いることも)

その横には、クワイエット・ルームという、リクライニングシートで寝る部屋があ
るけど、それも、せまくて・・・空いてなかったですね。

エミレイツでの乗換えで、隣のドバイで待ったときは、床に寝ていた人も(床に寝た
ほうがラク)いたけど、ドーハでは、いなかったし。

もーーーーひまーーーーー

で、もらっていた情報の、食事券が配られる、というのを、聞いていたから、

職員の人に聞いて、クーポンをゲット。

クーポンで食べられる朝食は・・・・うーーん、あまりおいしくはなかったけど、
タダめしだから、すばらしい。

そのあとは、子供たちは、日本から持ってきたゲーム機(今回はこの待ち時間のた
めに、特別持ってきた)で、いやというほど遊び、

私は、コンセント見つけて、水汲んできて、世界対応ポットで、湯をわかし、
コーヒーのんだり、紅茶のんだり、じっくり本も読んだし、・・・

ポットで、湯をわかす人は、いませんでしたね~ははは。

ということで、アンマンに到着するまで、1円もお金使わずに済みました(笑)。

まあ、覚悟していれば、7時間も、なんとか、なります(笑)



(つづく)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。