小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


検疫所へ、最後の予防接種
いよいよ、最後になった予防接種。その名は・・黄熱病!

今までA型肝炎、B型肝炎、ポリオ、狂犬病、破傷風などの予防接種を検疫所ではなく、近くの赤坂門にある、結核予防センターで接種してきたけれど、この黄熱病だけは、ここ検疫所のみ。しかも、水曜日の1時30分からのみ。生ワクチンのため、一斉に接種となる。

去年、できることはなんでもやっていこうと決め、早々と検疫所に相談し、7月から、結核予防センターの病院の先生と接種スケジュールを決めやってきた。

それなのに・・・今年2月になって、先生の勘違いで、1ヶ月間隔をあけなくてはならない生ワクチンが3つ残った状態になり、がががーん!とあわてた。

けど、正確にいうと、1ヶ月は4週間、28日と考えていいそうで、
まあ、多少、間隔が短くなっても、健康であれば、大丈夫でしょうとのこと。

しかし、黄熱病の予防接種は、水曜日のみ。4月5日の昨日、もし、だれか風邪を引いて熱でもあったら、打てない。

もし、打てなかったらどうするか?どこか、安全な海外の病院を探さなくてはならない。予定国に中に、そんな、安全な病院があるのだろうか・・・(失礼な・・すみません)(しかし、生ワクチンは冷蔵保存しなくてはならいので、停電になるような国では保存が難しいのが現実で)とも思ったけど、いやーちゃんとあったんです!

実際に、この黄熱病ワクチンを接種したという証拠(イエローカード)がないと、ブラジルに入れないんですね。

で、ブラジルの前に行く国で探さないといけないわけです。

その国の名はコスタリカ。手つかずの自然が保護されていることで有名な中米の国です。

きっかけは、ひょんなことから知り合った、現在進行形で南米を2年以上も旅をしているご夫婦を知り合い、その永石さん夫婦のHPで、コスタリカで、予防接種を安全に!した話がのっていて、ここはいけるかもと。しかし、永石さんたちが受けたのは、生ワクチンでない、肝炎と破傷風だったので、確かめることに。

で、メールで在コスタリカの日本大使館に問い合わせると、丁寧な
お返事もらいました。病院にたしかめてくださって、できるそうです!!と! これで、もしもできなくても安心!

で、前回の生ワクチンのポリオ他接種後27日経ったのが昨日。
いよいよ最後の予防接種となった。

みんな健康!ばっちりうてました!

さあ、これで、心おきなく出発できます!

余談:接種待合室で、海外での病気について先生から説明があり。その中で狂犬病の話があったのですが、「狂犬病は発症すると100%死ぬ」と説明され、ダンナが、おののいていました。

なぜなら、2年前、ダンナは、先にインド入りした私と子供達に数日送れて、インドのコルカタに真夜中、降り立ったのですが、真夜中であったにもかかわらず、タクシーはぼったくられそうだと乗らず、歩いて、街に向かおうとしたら、凶暴そうな野犬に、取り囲まれて・・・大変なメにあってまして。

旅人の間ではインドののら野犬は、みんな狂犬病をもってる、というのが常識で、近づかないし、(ダンナも好きで野犬に近づいたわけではないが)、また、夜は、野犬がエサあさりなど、または陣地?あらそいなど、凶暴になるというのが常識。

「あのとき、ほんとに、かまれとったら、狂犬病になっとったかもしれん・・。」とダンナ。

狂犬病は、今や、犬だけでなく、猫、コウモリ、あらいぐま、馬、羊と、いろんな動物に広がっているらしいです。

発症したら100%死ぬそうですが、かまれても発症するまで潜伏期間が1、2ヶ月あるそうなので、かまれたらすぐ病院にいき、ワクチン打ったらたすかるそうです。あしからず。

私たちも、もちろん、気をつけます。






スポンサーサイト

世界一周デートのお二人来福!
ううう。何でか、というか、プレビューして保存したつもりでいたんでしょ・・・消えてしまっていました。4月3日の日記。

で、もう一度。

昨日、東京から、世界一周デートのご夫婦が来福。奥さんのえりさんがフリーのライターさんで、今年9月に出版予定の「世界一周ノウハウ本」のために、なんと、私(ママ:久米美都子)を取材してくれると!おっしゃるのです!

12年前のひとりの世界一周と、今回の家族世界一周を。

実はこのご夫婦の「世界一周デート」のHPは、もうずいぶん前に知っていて、情報もかなり詳しく整理整頓されていて、なにより、新婚旅行に607日間世界一周して、しかもそれが1冊の本にもなっていて、めちゃすご!と思って尊敬していたのです。

で、この1ヶ月前ほどの話。東京にいってたダンナが、飛行機の機内誌でこのエリさんの旅のエッセイを読んで、ほおーと思って、私に持って帰ってきたんですね。「こんな人がいるよー」って。

で、私が、「うんうん、知っとおよ。HPで見たよ。すっごいよねー。」と。

そんな矢先、私のメールに、彼女からの取材依頼メール!

いやー、驚きました。取材云々より、憧れの夫婦にお会いできるかも!
と思うと、トキメキましたねー。

で、約束の4月2日。お二人がやってこられました!

年齢は私より一回りほど若いご夫婦で、エリさんは、今どきのカッコイイ美人、ご主人は、優しそうで包容力ありそうな、なかなかいけてる感じ。

盛り上がりましたよー。たーくさん、旅の話、人生の話、旅と人生の話・・、楽しかったー!


やっと航空券がきまった!
やっとやっと決まりましたあー。世界一周航空券!
思えば、この数週間、このこれに頭を使いまくったという感じ。
とにかく、世界一周航空券、一筋縄じゃいかない。ほんと難しい。
つながらない、マイル大すぎ、ああでもない、こうでもない・・
と頭を悩ませ・・やっとやっと、決まりました。
いやはや、かなり、勉強になりました!

世界一周航空券ってそんなのあんの?それがあれば世界どこでもいけるの?そんなスバラシイ航空券がこの世にあんの?と思われるでしょうが・・・そこはそう甘くはないのです。
どんなのか知りたい方は、こちらの世界一周堂さんのページをご覧下さい。

簡単に言うと、種類はいくつかあって、私が今回使うのはラウンドザワールドで35000マイル以内の分。18社ほどの航空会社が使えて、マイル(距離)により金額がきまっている。で、いろんなルール、途中で降りる回数や、ルートなどなどが制限されている。有効期間は1年。

そもそも、私は、12年前と同じように、アメリカのロスまで航空券を日本で買って、あとは現地で買えばいいし、と思っていた。なにしろ、私は陸路で国境を越えるロマン!が大好きで、これこそ、長期旅のスバラシサを感じれる貴重な体験ができるとき!と思って。

しかし、私の行きたい中南米各国、アフリカ各国の治安や感染病、国境の越え方を調べてみたら、なかなかきびしいものがあったのだ。

まず、中米、パナマは、南米コロンビアにつながっているが、道がない。(あることはあるが・・)南アフリカ共和国のヨハネスブルグは
とにかくめっちゃ治安が悪いらしい。ボツワナ、サンビア、タンザニアはマラリアにかかるキケンが否めない。ケニアのナイロビは、地球の歩き方を見ると、昼間でもおちおち歩けないほどらしい。ケニアからエチオピアへの道は、道なき道でとても子連れではむり。

ということで、このへんは、陸路はあきらめに飛ぶしかないと。

で、そういう飛ぶ区間の航空金額をしらべていたら、これが結構高い。

同時に、中南米もアフリカも、入国時に、第3国に出国する航空券(バス券でいいところもある)を持っていることが、入国の条件。

となると、片道航空券じゃいかん、ということになる。
と私はモヤモヤしながら、結構、たかくつくなあーと思っていた。

それでも、時間はどんどん過ぎてゆき、アメリカ往復(米も片道入国できない、片道すてる)を頼もうと、いつも頼んでる。旅行会社サミット福岡友人に電話。その友人の友人の、めちゃくちゃ旅に航空券に世界に詳しい女性からこのパータンなら、世界一周チケットの方がやすいかもというアドバイスをもらった。

ん、ん。そうなん?現地外に不安を多少もってたし、安くあがるかも、と・・・ここから、戦いは始まった!

で、決着がついたのが、ほんと、今日、さっき。ああ、本当に
やっと!
担当のサミットの富山さん!ありがとう!感謝、感謝!








いよいよ出発まで10日!
はじめまして!世界一周出発がもうすぐになった家族です。今日は、とにかくブログを立ち上げようと思って、パソコンに向かっています。

出発は、4月10日。行き先は、とりあえず、左のカテゴリーに国名を入れてみました。旅のテーマは、大自然に学ぶ、サッカーを通して子供達同士と仲良く、国際協力の現場訪問・・などなど。行く先々から、主に、子供達の声をひろって、私(ママ)が入力していきます。


(3月30日の日記)
いよいよあと10日!昨日、夜中にごそごそと荷物をそれぞれのパックパックに詰めてみた。

パパのが一番大きくて50Lぐらいのリュック。あとの3人のは、25~30Lサイズ。そして、30Lぐらいの小さめのカートがひとつ。これはママ持ち。そうそう、パパにはもうひとつ、パソコン関連いれた小さなリュックを前に。

今回、とにかく多いのが、絶対かかりたくないマラリア対策の虫除けグッズ。よーこんなに集めたなあ・・・と自分でも思うくらい。

まず、蚊帳。これは普通のじゃなくて、オリセットネットというもので、人体に無害な防虫成分を網に織り込んでいるという・・なんともスバラシイ代物。ネットで調べていて出会ったもので、マラリア対策のために日本の知恵と技術で開発されたもので、アフリカに支援に使われているもの。

次は、子供用の防虫ネットでできたジャンパーとズボンと帽子。コスタリカでヘラクレスカブトムシを探すために!これ、まだ使ってはいないけど、500円とか1000円で通販で買えました。帽子は、普通のハットとしても使えて、防虫ネットが引っぱり出せるようになってる。

で、蚊取り線香、電池式蚊取り、防虫スプレー、虫除けスプレー、虫除けティッシュとよくあるもの。

ちなみに蚊取り線香はどこでも売ってるが、日本のが一番効くのらしい。しかし、あまりにもかさばる・・。

それに、人体に無害というふれこみではあるが、ネット上では、いやいや人体に有害だ!と書かれていたりする。

そこで、人体に本当に安全なものはないかなーと調べていくと、行き着いたのが、アロマ。そう香りなんです。虫、蚊がきらう匂い、ユーカリレモンを身につけるって方法。アロマの他には、超音波とかもあったけど、これはなかなか?という印象だった。

で、買ったのが、そのユーカリレモンの匂いをカプセル化?とかした
もので、腕輪、足輪、キーホルダー、シール。

で、これら一式で、リュックひとつと、もう半分になってしまった!

なんとか、現地で荷物を受け取る方法がないものかと、立ち寄る国の、在外大使館に尋ねているが・・・。

ちょっと前は、多分、旅行用の荷物、受け取ってくれたところが多かったらしい。でも、今は、テロ対策や、わけのわからない小包みは保管しづらくなっているそうだ。手紙(封書ならOK)というところもある。
大使館によっては、返事も敏速丁寧なところもある。南米で一カ所、アフリカで一カ所、受け取れたらいいんだけどなあ。









テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。