小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マチュピチュは迷路みたいで面白かったよ
8月20日(日)クスコ ペルー 晴れ 曇り

今日は朝5時に起きて、電車に乗りました。
乗って2時間後7時にオリャンタイタンボにつき、バスに乗り換えてクスコ
に戻ってきました。
そしたらパパが高山病になってしまいました。
(クスコは標高が3360m、マチュピチュがある町は2000m。)
ぼくたちは、大丈夫でした。
パパがきついので、パパは部屋でねていて、
僕達だけおみやげやなどに行きました。
そこでバックなどをかいました。
クスコの夜

クスコのの夜うつくしー!!

8月19日(土)クスコ ペルー

今日は、マチュピチュにバスで行くために大人は12$(ドル)(1200円)
子供は大人のはんがくで、6$(ドル)(600円)で
20分なのにとても高かったです。
ほかのバスはとても安いから(2時間で5ソレス、200円ぐらい)、外国人
料金だとお母さんは言ってました。

そしてマチュピチュにつきました。
マチュピチュと言うのは、スペイン人に攻められた時にインカ帝国人がコソッと
住んでいた場所。
マチュピチュはとても広くぜんぶ回るのは、とてもきついです。
たくさん部屋のようなものや、通路があって、迷路のようで面白かったです。
ここに住む自然のリャマもいて、楽しかったです。
マチュピチュ全景

リャマとひかる

マチュピチュから~アグアスカリエンテスにバスで帰る時、1人の男の子が
「アディオス」
と、手を振って言っていました。
しばらくバスは山道を下ると、また、
「アディオス」
と声がしました。さっきの男の子です。なんとバスより早く、この高い山を
降りているのです。
バスに乗っている人たちも、ぼくたちもとっても驚きました。

また、バスはどんどん山を下りていき、そしたら、また、あの少年が
「グッバイ」
と、言って、ずーと僕達のバスをおいかけて、グッバイ、アディオス、さよならと
言い続けました。
最後は、バスより早く山をおりきって、ぼくたちのバスの前を走り、
最後にはバスの乗ってきました。
チップをもらうためにやっているグッバーボーイというそうだけど、
知っていたけど、もう、みんな、めちゃくちゃ感動していました。
だって、こんな小さな子が、くつもはいてなく、600mの山をこんなに早く
おりるのは、すごくキケンなことだからです。

みんな、感動してチップを渡していました。
本当に、チップを渡したくなるほど、すごかったです。
最後に年をきくと、8さいと言っていました。
ぐっばいぼーい

彼が感動のグッバイボーイ


8月18日(金)クスコ ペルー

今日は、朝ひなたぼっこをした後、
観光地のバスに乗って丘の上まで行きました。
丘についた景色はとてもキレイでした。
クスコカテドラル


夕方、マチュピチュにいくために、そのバス停にいきました。
2時間乗って、オリャンタイタンボという駅にいき、そこから列車にのりました。
南米はバスばかりで鉄道がないので、とても久しぶりに列車に乗りました。

僕達が行く所アグアスカリエンテスというところです。
マチュピチュには泊まれないので、ほとんどの人がこのアグアスカリエンテス
という町に泊まります。
2時間後アグアスカリエンテスにつきました。

8月17日(木)ナスカ~クスコ ペルー

今日は昼にバスがついて、駅へ行き、マチュピチュへ行く汽車のキップをとり
ました。1時間も待ちました。
待合室は待っている外国人でいっぱいでした。
ひとりのお客さんにとても時間がかかっていました。
キップをつくるのに、なんでこんなに時間がかかるの?と思いました。
日本はこんなことないから、すごいと思います。

8月16日(水)ナスカ ペルー

今日はナスカの地上絵をみに行きました。
ナスカの地上絵を見るために、20メートルのてんぼうだいに登りました。
20メートルのてんぼうだいに上がる時はあそるあそる登りました。
てんぼうだいの1番上はとても高くこわかったです。
手と木が見えました。すっごい大きかったです。
ほんとうに、これは誰が何のために書いたのか、不思議でした。

地上絵はセスナという小さな飛行機に乗って見る方法もあるけれど、
地上絵を見るためには、グルグル回らないといけなくて、
みんな乗った人は、酔って気分が悪くなって、ゆっくり地上絵を
見れなかった、と聞いて、お母さんは、ぼくが酔うので、セスナ
はやめて、ミラドールにしました。

そして、てんぼうだいから下りる時もおそるおそる下りました。
1番下まで下りるとおみやげ屋がたくさんありました。
そこで、石の表面にナスカの地上絵を書いてた石を2つ買いました。
その後ホテルに帰りました。
その後クスコに行くために、安全のために1番いいバスに乗りました。

子供達がもーすっごく感動したプーノのウロス島
ウロス

ウロス2

ウロス教会

クスコで泊まった安宿ロイヤルコスコ 1部屋1200円ぐらいだよ。
クスココスコ


ナスカはミラドールから地上絵を見たよ。ミラドールに登るのはこわかったよ。木と手が見えたんだ。すっごくでかいんだよ。
ナスカミラドール


ナスカ木



スポンサーサイト

ペルーにはいったよ!
たかひか日記(8月16日ナスカにてアップロード)



8月15日(火)リマ~ナスカ ペルー

今日はリマ~ナスカに行きました。今回も、強盗におそわれないように1番いいバスでいきました。
リマ~ナスカまでは、7時間かかりました。
リマについたら、いきなり
「私のホテルはどうですか??」
と、言ってたくさんの人がよって来ました。
僕達の行くホテルは、バスに近いホテルにとまる予定です。
そのホテルはとても近かったです。
そのホテルのねだんは、3つベットで40ソレス(1300円)です。
その後タクシーでナスカの地上絵をみにいくために空港に行きました。
ナスカの地上絵はだれがなんのために書いたのかがわからない不思議な絵です。
空港にいったけどどの飛行機もあいていないと、いわれました。
その後空港~あるいてホテルまで帰りました。

8月14日(月)リマ ペルー

今日は日本ペルー会館に行きました。
ここは日本の「本・マンガ・新聞」が久しぶりに本が読むことができる所です。
僕はここでマンガをたくさん読みました。
ここにはおじいちゃん・おばあちゃんがたくさんいました。このあばあちゃん達は日本で生まれて
ペルーで育った人達です。

8月13日(日)夜行バスで~リマ到着 ペルー

ぼくたちの乗ったバスは朝8時にペルーの首都・リマにつきました。
バスターミナルからは、通りに出て、世界遺産に登録されているセントロ(旧市街)までのバス
にのりました。

そのバスの車掌さんのおばちゃんに、お母さんが
「アルマス広場の近くで降りたいので教えて下さい」
と言ったら、バスに乗っている人たちが5人ぐらい、いろいろ心配してくれて、
なんだかんだ教えてくれました。
それは、このバスはアルマスにはいかないけど、バスを降りたところから、4ブロック歩けば
つくということでした。
そしたら、前の方に乗っているおばちゃんが、
「私がその近くの教会にいくから連れていってあげるわよ」と。
それで、そのおばちゃんと一緒にバスを降り、歩きました。歩いた道は、かなりさびしい通りで
おばちゃんは、しきりに、モチラ(バックパック)にクイダド(気を付けて!)と繰り返しました。

ペルーはとても強盗やひったくりが多いのだそうです。こうして、市民の人もかなり気を付けて
いることがわかります。

結局、おばちゃんは、ぼくたちが目指す、宿オキナワという日本人がやってる宿を一緒に
探してくれました。

宿オキナワは、50年前、夫婦でペルーにやってきた名幸さんという、おじいちゃんがやっている
宿です。とてもキレイで広い部屋を、1泊50ソレス(1500円)でいいよ、と言ってくれました。

そして、日本人が何人かいました。
そこにあった情報ノートをお母さんは一生懸命に読んで、「ここはやはり首締め強盗がおおいみたいやね!
きをつけんといかんね」と言っていました。

首締め強盗とは、3人組で、ひとりの外国人の首をしめて、気をうしなわせて、その間に、体にかくしている
お金やカメラをとったりするそうです。おそろしいです・・。





8月12日(土)ピウラ発(夕方6時半)夜行バス ペルー
今日はペルーで初めての街、ピウラを歩きました。
ピウラはけっこう大きな街で、デパートもありました。それに、どこも床がピカピカでした。


今日夕方には首都のリマに行くために、夜行バスに乗ります。ペルーはバス会社がたくさんあって、金額もいろいろ
あるそうです。安い夜行バスは、途中でたくさん停まって、人が乗り降りするので、過去に強盗におそわれることが
あったそうなので、そんなことがないように、1番いい(高めの)バスに乗って行きました。
このバスはクルス・デル・スールというバスで、2階建てでとてもきれいです。
それに、バスのキップには、ひとりひとり名前とパスポート番号がはいって、乗る前に、ちゃんと本人か
パスポートでたかめるし、預ける荷物には荷物キップがあるし、乗っている人全員をビデオ撮影します。
もちろん、途中で人が乗ることはなく、(だから強盗も乗って来れない)、食事も全部出ます。すごい
バスです。
高いけど、安全をお金で買わなくてはならない時もあるのよ、とお母さんは言いました。

というわけで、ピウラ~リマまでは約12時間のバス旅です。

8月11日(金)朝マカラ(エクアドル)到着ー午後、国境を越えるバスへー夕方ピウラ着

エクアドルとペルーの国境の町、マカラに着きました。国境を越えて、ペルーのピウラまでいく
バスがお昼だったので、マカラの街をうろうろしました。

国境はマカラから10分ぐらいのところにありました。
ぼくたちはパスポートを持って降りて、イミグラシオン(エクアドル出国のところ)に並びました。
イミグラシオンには、制服をきた男の人がひとりだけで、ものすごーく待たされました。
何をしているのか、全然すすみません。
その上、電話がかかってきたり、他の人が話しかけたりして、全然すすみません。
なんばしよっとお!と言いたくなりました。

やっとぼくたちの番がきました。
ぼくたちには、バッバンとさっさと出国スタンプおしてくれました。

そこから歩いて2分ぐらいで、ペルーの入国のイミグラシオンがありました。
そこは、早くて、すぐハンコをおしてくれました。
こうして、ペルー入りして、またバスに乗り、ピウラに向かいました。

夕方ピウラについて、ホテルを歩いて探しました。
しかし、なかなかみつからずに、そして、ここはガイドブックにも載っていない街だから
地図もなく、どこなのか全くわからず、とても困りました。

ずっと歩いていると、やっとホテルが何件かあるところにきました。でも、高すぎました。
そのちかくにいた人に、このへんで、もっと安いホテルをしりませんか?と聞くと
あっちをまっすぐ行くと、テラザっていうのがある、と教えてくれました。
そのとうりにまた歩いて、テラザを見つけました。30ソレス(1200円)で泊まることが
できました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。