小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


感動のウユニ!おまけ
ウユニ塩湖!あんまり感動したんで、感想文まで書いてきたよ。
感想文はウユニの駅前にあるウユニツアーに貼ってあるよ!


ウユニ感想たか


一番しんどかった5100mまでのトレッキング!
5100mの絶景

でも、頑張ったかいがあったよ。
5100mのぼったよ


スポンサーサイト

雪じゃないよ!これはナント塩なんだよ!
たかひか日記(ネットなかなかできずに、久々のダウンロード)

「ボリビアのウユニ塩湖はすごかったよお!」
イスラデペスカド

やっほー!ウユニ塩湖に浮かぶ?島だよ。

タカ塩

なめたら、塩からかったよ!

ウユニ塩採掘場

雪じゃないよ。これは塩!
めっちゃくちゃまぶしいんだよ。目があかないくらいだよ。




9月5日(火)ウユニから夜行列車で国境へ
今日はここウユニ(ボリビア)から夜行列車にのって、アルゼンチンとの国境
ビジャソンというところへ行きます。

列車が出る夜10時まで、ウユニ塩湖のツアーに参加した旅行会社で、ゲーム
とかをさせてもらいました。ここの人は本当に親切で、おかしとかくれました。
ウユニはとっても寒いので、ストーブがあるここはとてもあったかいです。

夜10時すぎ、列車にのり、すぐねました。


9月4日(月) ウユニ塩湖 ボリビア

今日は朝7時にホテルを出て、5100㍍の火山に登ります。
そこには、ウユニ塩湖が見渡せて、雪がかかった火山がみえるそうです。
5100mというとすごく高いけど、今いるウユニは4000mあるので、
1000mとちょっと登ります。

登り始めて最初はよかったけど、だんだんきつくなって、途中で僕は
高山病になってとてもきつかったです。パパがあめをもっていたので、
それをなめながら、そしていっしょに登ったスペイン人の男の人が
「深呼吸をするといいよ」とおしえてくれ、がんばりました。

2時間後やっと5100mの火山のミラドール(景色のいいところ)に
つきました。
そして、下までおりて靴をみたら、右の靴の先がパカっとあいて、
ぼろぼろになっていました。
その後、ホテルに帰って、お昼ご飯。きゅうけいして、荷物をトラックに
のせて出発しました。

ぜんぶ塩で出来たホテルを見に行きました。
そのホテルは全部塩で出来ているのでとてもスゴイと思いました。
部屋のベッドも机も、ぜーんぶ塩です。
そのホテルのそばに、あなをほっている場所がありました。
見ると、20センチぐらい塩があって、その下は、ほんとうに湖でした。
ほんとうに不思議です。
その後、ウユニの町に帰ってきました。ぼくたちはほこりまみれでした。



9月3日(日) ウユニ→ウユニ塩湖 ボリビア

今日はウユニの町→世界最大の塩湖ウユニ塩湖に行きます。
ツアーに参加しないといけないところで、ツアーに参加しました。
ぼくたちの他には、フランス人のお姉ちゃんと、スペイン人のお兄さんです。

車で1時間の所に行くと、もうそこは塩だらけ。真っ白で目があけられないぐらい
まぶしかったです。
サングラスを買ってよかったと思いました。
そのウユニの塩をとって少しなめてみると、とてもスッパカッタです。

車に乗っているときは、一面銀世界で、雪のようでしたが、降りてみると、雪
じゃなくて塩でした。ぼくたちは塩のかたまりで遊びました。そして、
そのかたまりも持って帰りました。

その後また車で1時間の所に行きました。
そこは、たくさんサボテンが生えてる、塩湖にある島です。
島だけど、浮かんでるわけではなくて、塩の上にあります。
サボテンがたくさんはえていましたが、サボテンはどこでも生きていけて
すごいなあ、と思いました。

その島にのぼって、塩湖を見渡しました。いい景色でした。
そのあと、塩ていぶるでご飯を食べました。
ウユニツアーランチ

ここでお昼ご飯食べたよ。
なんと、ここまでコンロとか運んで、料理人のお兄さんがつくってくれて、出来立てを食べるんだ!うまい!

ごはんは、一緒にのってきた現地のおにいさんが作ってくれました。
光リャマ食べる

うまそう!うまい!
ところで、これ何の肉?
リャマだよ!
ひえーーー
あのかわいいリャマ!
食べてしもた・・

その、ご飯はなんと「「リャマ」」のステーキでした。
「「リャマ」と聞いて、あまりのおいしさに驚きました。
たぶん、今までに食べたお肉の中で一番おいしかったです。
リャマはとても高い山だけに住む動物です。
その後、僕達がとまるホテルに行って、部屋に荷物をおろして湖にいる
「フラミンゴ」を見に行きました。
フラミンゴ達は自然で人間がきたことが分かって、すぐにげてしまいます。
でも、僕はフラミンゴが飛ぶしゅんかんをカメラでとりました。
その後、美味しい夜ご飯を食べました。

夜は、7時から9時ぐらいまで、電気がつきましたが、そのあとは、電気も
ありません。水もつめたくて凍ってしまいました。

ほんとうにすごいところです。
塩ホ入り口

ホテルも全部塩でできてるんだ!
塩ホテル部屋

けっこう、中もキレイ。

ツアー仲間

一緒にツアーを楽しんだフランス人のお姉さんと、スペイン人のお兄さん。お姉さんは看護婦さんで、お兄さんは、ブタを2000頭も飼っているんだって!


8月29日(火)ラパス ボリビア

今日は朝学校の勉強して、ミサンガのロウがついた糸を探しに行きました。
この前場所を教えてもらったけどきつくて探せませんでした。
だから今日はちゃんと教えてもらって探そうと、思いました。
この前聞いたおねちゃん達の所に行って、ロウがついた糸の所を地図で教えてもらいま
した。
教えてもらった所まで行ってみて探してみると、糸屋があったので
「この糸はありますか??」
と、聞きました。
そしたらここのおねえちゃんが
「その糸はあるよ!!」
と、教えてくれました。
それをさっそく買ってホテルで作りました。
その後おなかがすいたので光とお母さんが食べ物を買いに行って10分後
空からあられがふってきました。



8月25日(金)コパカバーナ→ラパス ボリビア

今日はコパカバーナからボリビアの首都ラパスに行くためにバスに
乗りました。
バスに乗って10分ぐらいいった山の中で、急にバスが停まりました。
よくみると、何台もバスが停まっていました。
なんにもないところで、何で?と思ったら、道路に石がたくさん落ち
ていました。

最初はがけくずれかと思って見にいったら、そうではなくて、
石を積んでいたトラックと別のトラックがぶつかったのか、積んでいた
石がおちたようでした。

とにかく道路にはそのけっこう大きな石がたくさんころがって、
通れません。速く石をかたずければいいのに、トラックの近くで、こっちの
原住民のような人たちが、大勢集まって、話し会いをしています。

とにかく、バスが通れるようにどかしてくれたらいいのに、全くそうしません。
だから、僕とパパと、たくさんの外国人が石を外にどかしていたら、
こっちの人が「やめろ!!!・やめろ!!!」
と、言って手をつないで人間のたてを作って、石がころがっている前に
ならんでしまいました。

石を運ぶトラックは今までもよく見かけました。トラックに山盛りにしていて、
ビニールとかで落ちないようにとかしていないので、落ちそうだとおもって
いました。

ぼくたちにはただの大きな石ころですが、こっちの人には大切な何かをつくる
道具で、ぶつかったトラックどうしが、おまえが悪い、いや、あんたがぶつかった
んだ!とか言い合って、全然解決しないようでした。

バスの運転手さんなどは、ポリス(警察)がくるから、1時間待って、と言いましたが
1時間待っても2時間待っても3時間まっても、全然解決しませんでした。

ほんとうに、あきれました。
警察もきてるようには見えませんでした。
それどころか、現地の人たちが、通せんぼしたのには驚きました。

ぼくたち外国人を乗せたラパス行きバスは5台ぐらいあったけど、その半分は
バスをあきらめて、山を歩いて、行ってしまいました。
山を歩いていっても、その先もずっと山で、どうするのだろう?と思いましたが、
たくさんの外国人は(みんな若い人)行ってしまいました。

ぼくたちも歩こうとお母さんに言いましたが、荷物が重いし、標高が高く空気が
うすいのに、山をのぼるのはむり、と言いました。

解決したのは、4時間後でした。
石は、バスが通る分だけどかされました。
残っていたのは、ぼくたちを含めて15人ほど。みんなでやったー!
と喜びました。
でも、今日のことはぼくには理解できないです。日本ならこんなこと
すぐに解決するのになあ・・と思いました。

遅れたので、ラパスについたのは夜9時、まっくらでした。
タクシーにのり、人から聞いていたサンタクルスという日本人が集まる宿に
いったけど、あまりにきたなかったので、やめて、ホテルを探しました。
ホテルはなかなかみつかりませんでした。
ここのホテルの人々は、みんな、一部屋いくらではなく、一人50ボリビアーノ
とか言って、ぼくたち子供もお金をとろうとしました。
普通は、ぼくたち2人で大人ひとり分にしてくれます。
だから、いやな感じでした。
夜なので、歩いて探すのは、ちょっとこわかったです。
でも、ラパスは夜でもたくさん店がでていて、人通りもすごく多かったです。
やっと、1部屋70ボリビアーノ(1050円)にしてくれるところがありました。
やっと、ねることができました。今日はいろいろつかれる日でした。




ボリビアにはいりました!
たかひか日記(2006年8月26日ラパスアップロード)

8月25日(金)コパカバーナ→ラパス

今日はコパカバーナからボリビアの首都ラパスに行くためにバスに
乗りました。
バスに乗って10分ぐらいいった山の中で、急にバスが停まりました。
よくみると、何台もバスが停まっていました。
なんにもないところで、何で?と思ったら、道路に石がたくさん落ち
ていました。

最初はがけくずれかと思って見にいったら、そうではなくて、
石を積んでいたトラックと別のトラックがぶつかったのか、積んでいた
石がおちたようでした。

とにかく道路にはそのけっこう大きな石がたくさんころがって、
通れません。速く石をかたずければいいのに、トラックの近くで、こっちの
原住民のような人たちが、大勢集まって、話し会いをしています。

とにかく、バスが通れるようにどかしてくれたらいいのに、全くそうしません。
だから、僕とパパと、たくさんの外国人が石を外にどかしていたら、
こっちの人が「やめろ!!!・やめろ!!!」
と、言って手をつないで人間のたてを作って、石がころがっている前に
ならんでしまいました。

石を運ぶトラックは今までもよく見かけました。トラックに山盛りにしていて、
ビニールとかで落ちないようにとかしていないので、落ちそうだとおもって
いました。

ぼくたちにはただの大きな石ころですが、こっちの人には大切な何かをつくる
道具で、ぶつかったトラックどうしが、おまえが悪い、いや、あんたがぶつかった
んだ!とか言い合って、全然解決しないようでした。

バスの運転手さんなどは、ポリス(警察)がくるから、1時間待って、と言いましたが
1時間待っても2時間待っても3時間まっても、全然解決しませんでした。

ほんとうに、あきれました。
警察もきてるようには見えませんでした。
それどころか、現地の人たちが、通せんぼしたのには驚きました。

ぼくたち外国人を乗せたラパス行きバスは5台ぐらいあったけど、その半分は
バスをあきらめて、山を歩いて、行ってしまいました。
山を歩いていっても、その先もずっと山で、どうするのだろう?と思いましたが、
たくさんの外国人は(みんな若い人)行ってしまいました。

ぼくたちも歩こうとお母さんに言いましたが、荷物が重いし、標高が高く空気が
うすいのに、山をのぼるのはむり、と言いました。

解決したのは、4時間後でした。
石は、バスが通る分だけどかされました。
残っていたのは、ぼくたちを含めて15人ほど。みんなでやったー!
と喜びました。
でも、今日のことはぼくには理解できないです。日本ならこんなこと
すぐに解決するのになあ・・と思いました。

遅れたので、ラパスについたのは夜9時、まっくらでした。
タクシーにのり、人から聞いていたサンタクルスという日本人が集まる宿に
いったけど、あまりにきたなかったので、やめて、ホテルを探しました。
ホテルはなかなかみつかりませんでした。
ここのホテルの人々は、みんな、一部屋いくらではなく、一人50ボリビアーノ
とか言って、ぼくたち子供もお金をとろうとしました。
普通は、ぼくたち2人で大人ひとり分にしてくれます。
だから、いやな感じでした。
夜なので、歩いて探すのは、ちょっとこわかったです。
でも、ラパスは夜でもたくさん店がでていて、人通りもすごく多かったです。
やっと、1部屋70ボリビアーノ(1050円)にしてくれるところがありました。
やっと、ねることができました。今日はいろいろつかれる日でした。



8月24日(木) コパカパーナ ボリビア

今日はペルーのプーノ~ボリビアのコパカパーナに行くために、3時間
バスに乗りました。
途中でペルーのイミグレイションで出国して、歩いてボリビアのイミグレ
イションで入国しました。
コパカパーナにつくと、いつものホテル探しです。この町はチチカカ湖にあって、
たくさんの韓国客もいて、ホテルもたくさんありました。

僕達が見つけたホテルは45Bsボリビアーノ(670円)。とっても安い
です。これまでで一番安いホテルです。
ボリビアは南米の中でも一番物価が安いそうです。

その後町をうろうろして昼ご飯を食べる所を探しました。
その後昼ご飯を食べた後湖の方にいって景色を見た後
チチカカ湖を足ボートに乗って30分間探検に行きました。
そのあと、歩いていて、きれいなネックレスや指輪をうっている人の
ところで、お母さんの誕生日のお祝いに、きれいな指輪を買いました。
お母さんはとても喜んでくれました。

その後ホテルの近くで、ミサンガを作っている外人にたのんで、ミサンガの
作り方を教えてもらいました。前、日本人のお兄ちゃんから教えてもらった
編み方とちがう編み方をおしえてもらいました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。