小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界一でっかき滝だよ!イグアスの滝
たかひか日記パラグアイ編(2006年9月29日ダウンロード)


9月21日 パラグアイ ブラジル

今日はパラグアイ→ブラジルに行くためにバスに乗ります。
18時間かかります。
パラグアイを出るとき、もめて・・・罰金を払わなくてはならなくなりました。
(詳しくはお母さんが書いてます)
バスに乗って外の景色を見たりしていました。
今日は1日中バスにいました。


9月20日 パラグアイ

今日は朝からインターネットを探して、ショッピングセンターなどに行きました。
明日は、サッカーの国「ブラジルのサンパウロ」に行きます。



9月19日 イグアスの滝 パラグアイ アルゼンチン

今日はイグアスの滝、アルゼンチン側を見ます。
滝までに行くのに10分間ぐらいかかりました。
アルゼンチン側は、「悪魔ののどぶえ」が見えました。
悪魔ののどぶえ


滝(悪魔ののどぶえ)を見るためにたくさんの人がきていました。
滝はとても大きくて、水しぶきがたくさんきます。
ほかの人達も水しぶきにあって「わーー」と、言っていました。
はくりょくがありました。
ブラジル側もよかったけど、こっちは滝にとても近くて、
すごいです。


9月18日 イグアスの滝 パラグアイ ブラジル

今日は「世界3だいばくふ」の1つ、イグアスの滝をみに行きました。
イグアスの滝は溶岩の動きによって出来た滝です。
イグアスの滝は、世界一滝の横はばが大きい滝で5㎞ぐらいです。
下から見ると「ざーーーーーーー」と、すごい音で聞こえます。
はくりょくはとても満点です。
滝の上は静かで魚もいっぱい、いました。

イグアスの滝はブラジル側とアルゼンチン側にあって僕達が今日見たのはブラジル側
です。
イグブラジル

イグアル3人


アルゼンチン側は「悪魔ののどぶえ」と、言う滝がすぐ近くで、それも上から見下ろす
ことができるそうです。

ここは、ジャングルの中に滝があるので、ここに住むアナグマがちょろちょろして
います。とってもかわいいです。けっこう近づいてきます。
光がおかしを食べていたので、アナグマはにおいがわかって、光のあとをずっと
ついていきました。その様子がとても面白かったです。
たかちょう

きれいなちょうもたくさんいるよ。ぼくの鼻にとまってくれたよ!

パラグアイ 首都アスンシオンの市場だよ。でかくてすごい人だったよ。でも市場はグアテマラが一番キョウレツだったと思う。
アスン市場

ぼくとお兄ちゃんはアスンシオンでまた丸坊主にしてもらったよ。400円ぐらい。エクアドルでは90円ぐらいだったから、ちょっと高かったなあ。
アスン光髪きり

アスンシオンのバスターミナルにいたお母さんとたくさんの子供達。何をしてるのかなあ。
アスンバス母子

ぼく(光)とパパと2人で行ったスラム。(街とは別世界だよ)パパ一緒にカラテをしたよ。
アスンスラム


スポンサーサイト

ああ、、ばっきん
ああ。。罰金とられてしまいました。
めっちゃショックです。
それもなんと、4人で240米ドル!
私たちの何日分の生活費でしょうか・・・・・・かなしい、くやしい

ところは、パラグアイのシウダーデルエステ。ブラジル・アルゼンチン
との国境の町で、イグアスの滝観光の拠点。

イグアスの滝はブラジル側、アルゼンチン側とあるので、どこを拠点
にするか、どんな風に回るかはそれぞれなんですが、私たちが選んだのは、一番物価が安いパラグアイ側にとまって、1日はブラジル側、その次の日はアルゼンチン側を観光。そして、サンパウロに向かう国際
バスに乗るという計画。

このサンパウロ行きのバスですが、国境を渡ってブラジル側からのる
のとでは、パラグアイ側から乗るほうが、なんと20米ドルほど
安いのです。なので、このシウダーデルエステを拠点にしました。

で、3国の国境ですが、イグアスの滝観光のための日帰りであれば、
出入国の手続きは不要となっていて(ガイドブックに書いてあって)。

で、ブラジル側はなにも問題なし。(イミグレーションを通らずに
滝へいける)

そして、アルゼンチン側。
ないと聞いていたイミグレでおろされ、通常のイミグレ処理が
行われたのです。

これは・・・?とちょっとひっかかったけど、まあ、気にせず。

で、パラグアイを出国の日。サンパウロまでの国際バスは
イミグレに一時停車。そこで、問題発覚。
パラグアイの出国がないのに、アルゼンチン側の入出国
スタンプがあることで。

というわけで、罰金、ひとり60ドル。

せっかく、すばらしい節約ひたと思っていたのに、ぜんぶ、ぱあ
です。かなしいー。

サンパウロに入ったら、マッサージできるう!と楽しみに
していましたが、罰金を挽回すべく、やめます。とほほ
入国



ひっさびさに観光♪イグアスの滝
2006年9月20日(水)パラグアイ、シウダ・デル・エステより

いやーなかなかネットできませんでした。
私達は、自前のパソコンを持って、ネットやさんで、ケーブルをかりて
接続させてもらうのですが・・・

ペルーまではその方法で全く問題なかったのですが、ボリビアの
首都ラパスではできた(IPアドレス設定の方法で)、それ以来、なんか
できません。

それと、自前のPCもってウロウロするのがためらわれることもあり、
今日は久々のネットです。

現在地は、パラグアイ。ブラジル・アルゼンチンとの国境の町、シウダ・デル・エステという町に来ています。
ここは、わかりませんが、免税の町なんだそうで、日本製のパソコンや
カメラがいっぱい売ってあります。ブラジルからアルゼンチンからも
この町に買いにくるほど、安いのだそうです。

我が家は、ここで、デジタルカメラをゲット!しました。206ドル。
これでようやく動画が音声までとれます!

というわけで、イグアスの滝を見に行ってきました。おとといブラジル
側、きのうがアルゼンチン側。
さて、軍配は?
パパ、タカ、私はアルゼンチン側!なんといっても滝に近づけるだけ
迫力が違いました!

しかし、ひとり光は、「ブラジル側がよかった!」と。
その理由は、ブラジル側のときは、天気がよく、虹がでていたことと、
アナグマがいて、光はアナグマが自分をおいかけてくれたことが、
たのしかったそうです!





地球の反対側でカラオケうたったよ
たかひか日記(9月20日ダウンロード)

日本より日本らしい(礼儀とかいろいろ・・)
日本に行ったことないのに日本らしい
パポネス・コロニー(45年前日本人が移住した町)で
ぼくは日本のカラオケうたったよ!


9月18日 イグアスの滝 パラグアイ ブラジル

今日は「世界3だいばくふ」の1つイグアスの滝をみに行きました。
イグアスの滝は溶岩の動きによって出来た滝です。
イグアスの滝は、世界一滝の横はばが大きい滝で5㎞ぐらいです。
下から見ると「ざーーーーーーー」と、すごい音で聞こえます。
はくりょくはとても満点です。
滝の上は静かで魚もいっぱい、いました。
イグアスの滝はブラジル側とアルゼンチン側にあって僕達が今日見たのはブラジル側です。
アルゼンチン側は「悪魔ののどぶえ」と、言う滝あります。
「悪魔ののどぶえ」の意味は、分からないけどブラジル側で見たら水どうしがぶつかっ
て、大きな滝みたいに見えます。
「悪魔ののどぶえ」を見てる、人はたくさんいました。
明日は、アルゼンチン側に行って「悪魔ののどぶえ」を見に行きます。


9月13日~17日  イグアス・ハポン・コロニー パラグアイ

イグアス・ハポン・コロニーとは、昔、日本がまずしいときに、パラグアイにきて
住んでいる人達がたくさんいるところです。
たかイグ看板


ここイグアスは、45年前から何家族ずつか来て、今では日本人が900人も住んでいます。
45年前はどこもジャングルでピューマやバク、毒へびなどがいたそうです。
そのジャングルをみんなでいっしょうけんめいに切り開いてすべて畑にしたそうです。
畑にするまでにとても大変で、きつかったそうです。
その畑に大豆やトウモロコシなどが植えられています。

この話をしてくれた「しのとう」さんがトウモロコシのしゅうかくにつれていって
くれました。
トウモロコシをとるとってもでっかい機械にのせてもらいました。その機械には、
でっかい3mぐらいの歯がついたスコップで、ガッガッガーととうもろこしを
かりとっていきました。こわかったけど、面白かったです。
ぼくのあと、光が、パパが、お母さんがかりとりました。
ひかるトラクター

家族全員、生まれて初めて巨大トラクターでとうもろこしをかりました!

そして、トウモロコシの色は黄金でした。土は赤い土です。この赤土はとても
栄養があるそうです。
また、畑にはたくさん虫がいてそいつが僕達の血をすいます。
その虫が血をすってとてもかゆいです。

この町で、いろいろな日本料理を食べたり、サッカーをしたりしました。
今まで、日本料理はねだんが高いので食べられませんでした。
でもここでは日本料理をたべられたのでとてもうれしかったです。
みそ汁や納豆、冷や奴!最高においしかったです。

その後「しのとう」さんが「カラオケ」につれていってくれました。
地球の反対で歌っているのがすごいと思います。日本語の歌がたくさん
ありました。イギリス人の人もいました。この人はここが気にいって、
住んでいるそうです。修理やさんをしているといっていました。

ここは、日本人だけではなく、イギリス人やドイツ人や、そしてもちろん
パラグアイ人やとなりのブラジル人など、たくさんの国の人がいます。
それも、ふしぎです。

ここの人たちはみんな挨拶をしてくれるからすごいです。

そして、みんな優しいです。

お世話になった福岡旅館
宮崎出身の福岡さんち
さすが日本人!ピッカピカにきれいな宿です。
福岡旅館



福岡旅館は和食の朝ご飯付き。納豆。みそしる、おつけもの、日本のごはん、焼き魚、目玉焼き・・・めっちゃ感激!あめあられ!
ひかる納豆





9月11日(月)アスンシオン パラグアイ

今日は、まずバスに乗って、スーパーマーケットに行きました。
そこで、カメラを見たり、しました。
こっちのスーパーは、ほとんど靴屋か洋服屋があくさんあります。
スーパーのマクドナルドでアイスクリームを食べました。
マクドナルドの遊ぶ所で遊びました。
そして、昼ご飯は、日本人やっている、ラーメンやの
「スーチャンラーメン」と、言う所で食べます。
スーチャンラーメンがある所に行ってもなかなかありません。
そして、こっちの人に聞いたら、
「ありません」と、言われました。
そして、あきらめました。
本当にこの国はとても暑い(35℃ぐらいかな)です。
それなのでとてもきつかったです。
そして、バスを見つけて、街のセントロ(中心)に行きました。
そして、ホテルに帰りました。

9月10日(日)アスンシオン パラグアイ

今日は日曜日なので、街のお店がほとんどしまっていました。
ビックリしました。
ほかの南米の国も、日曜日はたくさん店が閉まっていますが、それでも少しは開いて
いるので、ここは本当にぜんぶ店がしまってしまってびっくりしました。

レストランもないので、昼ご飯も夜ご飯も、大変でした。
昼は、道で売っているハンバーガーを買って、食べました。
そして、夜ご飯はなかなかあいていないけどゆいいつあいてた店で食べました。
そして、ホテルに帰りました。

9月8日(金)アルゼンチン→パラグアイ

朝、アルゼンチンとパラグアイの国境につきました。
でもバスから降ろされたところは、国境ではなく、田舎の町でした。
そこから、タクシーで5分ぐらいの所にイミグレイションがありました。
ここでは、さっさと、パスポートにハンコをおしてもらうことができて、ほっと
しました。

で、バスに乗ろうとしたら・・・・
すんごいバスでした。
はっきりいってオンボロでほこりまみれでした。
窓は汚れて全く外が見えないほどです。
そんなバスに乗って、首都アスンシオンへ行きます。
1時間ぐらいでアスンシオンのバスターミナルへつき、そこでまた、街の中心
のセントロにいくためのバスにのりました。

そしてホテルを探しに1時間ぐらいかかりました。
この街はなかなかホテルがありませんでした。あっても、ぼくたちが泊まりたい
安宿はなく、高級のばかりで、お母さんは、高すぎる、別を探そう!と
何度もいいました。
ぼくはそのたびに、もうきつくてきつくて、たおれそうでした。

なぜなら、ここは、とっても暑いからです。
ペルーやボリビアと水たまりが凍るぐらいとっても寒かったのに、ここは、
真夏で、ガンガン暑いのです。

5つめぐらいで、やっとちょうどよいホテルを見つけました。

ここのホテルがレストランもやっているので、昼ご飯は、ここで食べました。
コーラもガンガンひえていて最高でした。(今まで、寒いから冷蔵庫がなかった)
とってもおいしかったです。


9月7日(木)アルゼンチン

今日はフフイを出発して、サルタというさらに大きな街へ行き、パラグアイとの
国境の町へいき、首都アスンシオンへ向かいます。

バスはフフイからサルタまで2時間、サルタを夕方出発して、あしたの朝、国境
です。

一人90ペソ、四人で360ペソ(14400円)もかかりました。
バス代が急に高くなりました。
このバスは夜ご飯も出る高級バスです。

アルゼンチンに入って、バス代もごはん代もボリビアの2倍以上になりました。
でも、その分、バスはきれいで、バスターミナルもきれいで、トイレもキレイで
しかもタダ(今まではずっときたないのにお金がかかった)。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。