小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひさびさ長時間のネット
ぶつぶつまま 07年2月12日
現在地タイのカンチャナブリです。
ネットが1時間15バーツ(45円)と安いので、私にとっては長時間(3時間)にあたる更新をしました。ふううううー

なにしろ、肩こり、背中こりがひどくて、ほんとうにこまりもんです。何事も13年前とは大きく違うもんです。

それに、もうとにかく、私(お母さん)が4人の中でも、どんくさくてこまります・・。

おととい、車道をよこぎっている途中、帽子がふきとんで、それをキャッチしようとして、ぞうりがすべって、車道の真ん中でコケました。
おいおい!
これが、エジプトやイエメンやったら、ひきころされてるところでした。

日本からアジアに来ると、交通はスゴッと感じますが、私たちの
ルートでくると、ここタイは、めっちゃ交通もおとなしいです。
大通りではちゃんとみんな信号待ちしていますからね!

で、コケて、背中をねじって、ぎっくり背中になっちゃいました。
でも腰でなくてよかったです。

なぜなら、昨日は1日、ツアーに参加しまして、エラワン国立公園を
2時間は歩き、いかだや、ぞうにのるというコースなんで、
心配しましたが、どうには、なんとか、無事、こなすことできました。

そうそう、タイといえばマッサージ。山のようにマッサージやさんあります。安いところで1時間300円でしてくれるんですよおお!
うれしいかぎりです。

それと、今日、ヘンナを買いました。ヘンナというのは、インドや
アラブのいろんな国でもあるのですが、自然の染料です。まあ、葉っぱ
の汁って感じですね。これで髪をそめると、髪がいたまないそうです。
で、タイで買うと安いとグアテマラで美容師さんに聞いていたんです。

実は、まあ、楽しい世界一周の裏には、私の涙ぐましい?
いろいろ心労?苦労?心配?ありまして、私の頭は白髪化しています。中の方はまっしろけです。もう、誰も私をお世辞にも、若いーとはいってくれません・・・・ははは。

そうそう、4,5年ぶりの再訪問のサンクラブリのデイジーさんの
家族からも、ふけたわねーーーと。ああ、かなしいです。

まあ、白髪は染めればいいのですが、私の場合、髪そのものがかなり
痛んでいるので、普通の白髪染めするとますますひどくなってしまいます。かといって、日本でヘンナは高い。だから、ここタイで買い占めていきます。とりあえず、今日、ヘンナを買いました。うまく染まるかなあーー

スポンサーサイト

あんまりだあ!史上最低国境
ぶつぶつ・・たかひかまま(2006年9月6日のこと)

「ひどすぎる!!至上最悪の国境 アルゼンチン、ラ・キアカ」

 これまでたくさんの国境を越えてきた。12年前の世界一周のときも
その前後も、今回も。しかし、これほど腹立たしい、あきれ、怒りが
爆発した国境はなかった・・。それは、ボリビアからアルゼンチンに
入る国境、ラ・キアカの国境。

 私達は、ボリビア側のビジャソンに夜行列車で到着した。駅から
歩いて15分。ボリビア側のイミグラシオンで出国スタンプを難なく
もらい、アルゼンチン側のイミグラシオンの列に並んだ。
 この時点で朝7時40分。列は見れるところから推察して、約50
人。結構並んでいた。が、それからも、どんどん並ぶ人は増えていった。

 この国境、ボリビアからコカの葉っぱの流出をふせぐために、結構
きびしい荷物検査があるという。コカは標高が高いボリビアやペルーでは
普通に売られていて、お茶としてよく飲まれている。しかし、アルゼンチン
では禁止。)

 だから、1時間待っても2時間待ってもほんの少ししか進まないのだと
思っていた。荷物をみんなバラして検査しているのだろうと。それにしても
あまりに遅いとは思ったが。

 3時間が経過。あと10人ぐらいになって、なぜかピタリと列はすすまな
くなった。

 4時間経過。あと6人。窓口はもう目の前。しかしここからが本当の
最低最悪だった。

 窓口はたったのひとつ。こんなにたくさんの人が国境を越えるというのに、
たったひとつ。また、荷物検査なんてしてない!じゃあなんでこんなに時間
かかってんの!と思えば・・・なんと窓口の中(マジックミラのようになっ
ていて、中は見えず、むこうからは見える、何してるかわからないように、
いちいち、窓口をバタンと閉めてしまう。そして何分か後に、ドアが開き
パスポートが返される。

 のちにわかったことだが、なんと、係員は、受け取ったパスポートを見て
入国カードを、まあ、ゆっくり、誰か人と談笑しなら、コーヒーのみながら、
書いていた!のだ。こんなもん、それぞれ、旅行者に書かせればいいのに、
あきれてものがいえない。

 で、そんな調子で4時間もすぎているわけ。

 なのに、さらに、今ついた大型バス(国境を越える)の乗客全員を先にする
とゆううううううのだ!
 これには、もちろん、並んでいた外人(たぶんアメリカ人)と、アンフェアだ!
と抗議したが、係りの女は「ボスが言うから」と一言。50人以上はいる乗客
が先になり、私達はせまいところにたたされたまま、座ることもできず、ただ
待たされた。

 そして、私達が入国スタンプをもらえたのは約6時間後。朝列車で着いて、
朝ご飯も昼ご飯も食べずに立ちんぼの6時間。もう、腹がたってしょうがない。

 アンフェアなのが一番許せないが、荷物を持ったまま、座ることもできずに、
いるのに、制服着たイミグラシオンの係員が、ちゃんとまっすぐ並べとか、
柵に座っていたら降りろ、とか、ぎゅうぎゅうつめで通れないところを、通って、
どけ!とかいったり、待っているのに、ゆうゆうとコーヒー飲んでいたり、
食事をとりにいくその無神経さが本当にあきれてものがいえなかった。

 立ちっぱなしで、足が痛いから荷物の上に座り込んでいたダンナに、後ろから
どけ!と言い、ダンナは音楽をイヤホンで聴いていたから、聞こえず、すぐに
どかなかった、ダンナの型をうしろからむんずとつかんで立たせどかせた係員
とは、ほんとうにケンカになりそうだった。(ダンナはこうゆうのにすぐキレる
・・ところ考えずに)(まあ、なんとかこの場はなだめた)

 本当に、これが南米の先進国?アルゼンチンだとは今でも信じられない。

 こういうこともある、それが、外国なんだと、やはり今さら思い知った。

 最後に、あの、国境を通過し、入国審査を自分達で並ばず、係員が全部代行
し、私達をたちんぼで待たせたあの団体はなんだったのだろうか?

 見たところによると、全部ボリビア人であったように思う。国境を越えるバス
だというのに、ひとりの外国人も乗っていなかった。だいたい、ここの国境は
歩いて越えると書いてあり、国境を越えるバス存在そのものがあることも知ら
なかった。バスはボリビアでは全く見かけないめちゃくちゃいいバスだった。
でも、乗客はボリビア人。あれは、出稼ぎブローカーのバスでないか、と
ふと思った。通常であれば、おそらくボリビア人はアルゼンチンには、それ相応
の理由がなければ滞在許可がおりないのではなかろうか。(経済的格差があるた
め)あのバスは特別で、入国許可されることを前提な特別なバスではなかったの
だろうか?ブローカーがいて、入国許可込みの金額を上乗せしたバスを運行して
いるのではなかろうか・・。

 だれか・・本当のことを知っていたら教えて欲しい。

 最後の話は私の想像だけど、そうでも考えないと、腹立たしさが収まらない。
なぜ、どうして?おしえてくれええ。



・・・と怒りまくって書いたが、今9月17日現在思えば、おもろい貴重な経験
したなあ・・・と思っています。
最悪な出来事も、過去になれば、いい思い出?になるもん?でしょうか。
一応、現地の人に聞くと、やはりワイロだと言われましたが、まあ、そうかも
しれんし、確かなことはわかりません。ただ、国境は、こういうこともある!
ということです。


子供を守り、自分をも守る!後ろにも目がほしい!
ぶつぶつ・・たかひかまま(2006年8月25日)

「何が何でも強盗対策!」

ペルーを12日間で、ナスカ、クスコ、マチュピチュ、プーノとかけぬけて
無事8月24日ボリビアに入りました!現在は首都ラパス。(観光地のすばら
しさはたかひか日記を読んで下さいね)

ペルー・ボリビアというと、南米の中では、ちょっと緊張を強いられるところ。
やはり、首シメ強盗などの強盗等がこわいんです。

荷物を持っているときはもちろん、町ブラしているときも、時々背後を振り返り、
誰かつけられてないか、あやしい人はいないか・・などど、気を付ける必要が
あるわけです。

なので、子連れ旅はこういうときがちょっと気を使います。子供達が誘拐
されないように。それから、交通がすべて車優先で、横断歩道なんて、全く
ないことも。とにかく、こっち(中南米全体)車の運転はスゴイとしかいいよう
がありません。むりなわりこみ、車線なんか守らない、急ブレーキ、
信じられんところでいきなりバックしてくる、信号無視、方向指示器は
出さない(こわれているのも多い)、まあ、めちゃくちゃです。もちろん事故は多い
し、ちょっとした車やバスの接触は日常茶飯事。

しかし、子連れ旅のいいところは、おそらく、(私が今まで子供達と旅を
してきた経験から想像すると)子連れだと、現地に住んでいると思われて、
普通の旅行者より狙われにくいようにも思います。

とはいっても、観光客=金持ち、日本人=特に金持ち。いつもどこでも注意
が必要です。

実際、首シメ強盗に遭遇した人の経験が、ペルーの首都リマで泊まった日本人宿
「宿おきなわ」の情報ノートにいくつもありました。読んでいて、ほんとうに
ぞっとします。
少なくとも、南米を長期で自由旅している人は、なんらかの(スリ、強盗、
ひったくり、未遂を含む)経験をしているようです。


私達もやはりあります。つい先日、クスコで、パパが、ウエストポーチを
狙われて、おじさんがぶつかってきて、ガムを盗られました。
(ウエストポーチはよく狙われるのでつけないほうが無難。パパの場合は
たいしたもんはいってないが、好きでつけてる)
得意の?まわしげりをいれたそうですが、くつがすべって、コケてしまい、
でも、すぐ起きあがって、パンチをくわらしたそうです。
結構、年輩の男性だったそうで、よろよろとさっていったそうです。

こんな風に、へんにぶつかってきたり、つばをはきつけてきたり、ケチャップ
やアイスクリームをぶつかったふりして服につけてきたりして、あ!と思った
スキにスッていくのです。

なので、とにかく、ちょっとやそっとぶつかられたくらいでは盗られない
工夫が必要です。

また、こっちの強盗は、銃を持っている可能性があるので、抵抗しないように
ということもあります。
強盗に襲われたときのために、すぐに出せる別のサイフを用意しておくように
とも。

この前書いた私のひとりごとに、アルゼンチンの安宿(歩き方にも紹介されている
ビクトリアホテル)で、外出中に、荷物すべて盗られた(パソコンも2年分の日記
も日本に送ろうと用意していたたくさんの写真が入ったCDも・・・)日本人女性
の話を書きましたが、もっとショックな事件を聞きました。

それは、ボリビアのラパス。そう今いるところ。一人旅の日本人女性が、コレク
ティーボ(乗り合いのミニバス)に乗ったところ、そのまま、目隠しされて、
拉致され、所持品を奪われ、クレジットカードやキャッシュカードを奪われ、
銃口を口に入れられ、暗証番号を言わされ、全部盗られてしまったそうです。

彼女は素直に従ったので無事で無傷で、目隠しのまま、どこかわからないところで
降ろされて、それから、自分で警察に届けたそうです。

これには、ほんと、ぞっとしました。
ボリビアでは、ラパスに限らず、このニセのコレクティーボによる犯罪が
あっているそうです。

彼女が乗ったコレクティーボも、運転手の他には、ひとりしかのってなく、
なんか変だな、とは思ったそうです。

人が乗っていない、少ないコレクティーボには乗ってはいけないということです。
普通の大型バスに乗った方がいいということですね。

「世界一周4ヶ月目突入!中米の感想」
「世界一周4ヶ月目突入!中米の感想」
2006年7月11日 コスタリカ サンホセにて ぶつぶつママ
    (文字ばかりですみませんが・・)

 丸3ヶ月でアメリカ(ロスのディスニーランドのみ)ーメヒコーグアテマラーホンジュラーニカラグアーそしてここコスタリカに進んできた。これで中米も最後。
18日には南米のエクアドル、キトに飛ぶ予定。

 中米はやはり個人的にはグアテマラが一番面白かったように思う。なにしろ物価が安い。観光地でも安い。市場がキョウレツだけど面白い。見所が多い。バスはボロくておそろしく混んでるケド、本数も多いし、わかりやすい。国民の半分以上を占める先住民族の人たちが多く、その習慣や文化や服装も、しっかり残っているのがすばらしい!。

 スペイン語の語学留学(たった2週間なんで、留学というのはおおげさだけど)は、すごいいい経験になったし、かたことながら、先生とグアテマラのことをいろいろ知れたことはほんとうによかった。現地の家庭にホームステイしたことも。

 それになにしろ涼しいのがよかった。町は標高が高いところが多く、ほんとうに快適だった。(むちゃくちゃ暑い町もあるけど)

 それに対して、ホンジュラス・ニカラグアの暑さは、どこにいっても猛烈!だった。
こんなに暑くては、何も考える気がしないよって感じ。日中は40度を超えたと思う。

 また、ホンジュラスは、リゾートのオモアとウッテラ島以外の街は、夕方6時には個人商店や出店など閉まってしまい、道には人が閑散となり、シンナーなどでラリった人がフラフラし、あぶなげであった。日中はにぎやかなので、その差がはげしい。リゾートの方は人も治安もよかったし、カリブ側の海は、とてもきれいだった。

その反面、虫が多く、全身、ヘヘン虫(小さなハエ。人の血を吸い、めちゃくちゃ何日もかゆい。今でもあとはきえない)や、蚊やあり、ダニ、のみなんかにやられ続けた。

 ホンジュラスの首都、テグシガルパはものすごい緊張だった。行きたくなかったが、乗り換えの都合上、どうしても1泊しなくてはならなかった。街に銃をもった警官の数は、とにかく多かった。

 ここで日中、カメラをねらわれて、若い普通に見える青年3人組にナイフを脇腹につきつけられたいう人もいた。

 また、多くの長期旅行者は、そして私たちも、現地の銀行のATMで、国際キャッシュカードやクレジットカードで現金を降ろしながら旅をするわけだけど、そのATMに、私が持っているカード(8枚)すべてがエラーで、引き出せないということがこのテグシでおきた。

 なんと、カードの磁気テープの幅が通常より太く変更されているのだ。このテグシだけだった。ATMはすべてその幅広磁気を読み込むように設定されているようで、どこでやってもダメだった。こんなことがありうるのだ!とも思い知らされた。

 結局、ある銀行のATMコーナーでなく、銀行の中に1台だけ残っていた古いマシンで引き出すことができ、ほっとしたが・・。

 ニカラグアは思ったより、穏やかで陽気な国だった。10日間で、3つ(古都レオン・グラナダとニカラグア湖のオメテペ島)しか行かなかったけど、どこも、みな親切でホンジュラスほどの緊張を強いられることなく、心地よく過ごせた。特にグラナダはよかった。

 コスタリカは、印象は・・ころころ変わった。
国境を越えたときは、すべてが、おお中米の先進国!と感動した。旅はしやすくなるものだと反射的に思った。

 しかし、バス便は少ない。バスは出発も到着も遅れる。道は悪い(よいことろもある)
(首都サンホセをむすぶ路線はいい)。バスは一見いいバスに見えるけど、座席と座席の空間がせまくキュウクツで、なんてたって、むちゃくちゃ暑いのに、冷房がない!

 反面、高級でないレストランでも、フォークやナイフが機内食のようなビニール袋にはいってる、市場の肉が冷蔵庫に入ってる(それまで市場には冷蔵庫はなく、肉がそのままおいてあった。もちろんハエもたかる状態)、その市場の簡易食堂もめっちゃ
清潔で。

 そのまた反面、ゴミ箱があっても、そこらへんにゴミ捨て放題だし、バスの窓からじゃんじゃん捨てる。さすがに観光地にはゴミは少ないが。

 また、バスはワンマンになり(それまで、バスには運転手とお金を徴収し、呼び込みする車掌と2人、または3人もいた)
運転手に直接お金を払うので、乗客がのりおりする度、車はずっと停車し、結果、大幅に遅れるし、
こっちの通貨コロンは、(1000コロンは250円)と額面が大きいのに、すべて運転手が暗算していて、4人分になると、おつりをよく間違えられた。

本当に、間違いがあんまり多いので、私は、電卓を持って乗車することにしたぐらい。

バスだけじゃなくて、なぜかおつりはよく間違えている。レストランでもこっちが計算してないといけない。さすがにサンホセではあまりそういうことはなかった。

 しかし、この国の観光地は(すべてではないが)よく整備されている。入場料も日本並するけど、英語は通じるし、親切だし、安心して歩けるようになっている。

 それでも、安心しすぎると、置き引きにあったりする。ここサンホセの安宿で一緒になった一人旅の日本人男性が、アレナル火山の街の旅行会社でやられた。

 やはり、時々、そういうことは、日常に起きているというのも現実。

 でもここサンホセは、多分、どんどん物価が上がり、先進国化していくだろうなと思う。

 そうそう、ここコスタリカはサッカーが国技だそう。なので、どんなに小さな田舎の町でも、かならずサッカーができる(サッカーゴールがある)芝生のグラウンドがあるのは驚いた。

 サンホセには、サバナ公園という大きな大きな公園があって、森とサッカーできる芝生の公園がある。ゴールはいくつあるだろうか・・・数えていないが、20?30?
もっとあるかも。子供も大人もサッカーしてる。公園には警察もあって、なんと警官が馬に乗ってパトロールしている。ものすごくいい感じだ。

 これから向かう南米はどんなだろう!どきどき!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。