小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2月25日カンボジアからタイへ
バスでプノンペンからタイに戻ったよ。
カンボジアの国境の町ポイペトから国境までの道は
もうボッコボッコで、砂でなんにもみえないし、ものすごい
道なんだよ。今までで一番すごい道だ!
スポンサーサイト

ぼくらはカンボジアでいろいろ考えた!?

2月23日 カンボジア プノンペン 市内ツアー

今日は、街を見るツアーに入りました。ツアー代は大人が6ドルで、子供はタダです。
とっても安くてびっくりするほどです。
アジアはツアーが安くていいと思います。

人数は、7人で、僕と光・お母さん・パパ・メキシコ人(2人)ブラジルと日本人が
結婚して生まれた日系人の7人でした。
日系のお兄ちゃんは、少し日本語が話せました。

最初の所は、ポル・ポトが殺した人達のがいこつの頭があるところへ
行きました。ガイコツがたくさん、塔の中に納められていました。
ぼくは本物のガイコツをこんなに近くで見たのは初めてです。
あまりにたくさんなので、それも驚きました。

ここでこんなにたくさんの人が、罪もないのに殺されたと聞きました。
ポルポトはなんてやつだったんだろうと思います。
なんでこんなことをしたのか、ゆるせないと思いました。

アキーラのお父さんお母さんもこんなところで殺されたんです。
カンボジアはそんなに大きくない国なのに、このような人々が殺された
原っぱが40何カ所もあるそうです。
子供もたくさん殺されたそうです。
子供は、殺す必要がないのにと思いましたが、ポルポトはしかえし(親を殺された
ふくしゅう)を恐れて子供も殺したのだそうです。ひどすぎます。

そして、次は、その殺される人達が、この野原に来る前に、閉じこめられた
刑務所にいきました。刑務所と言うと、悪い人がタイホされたところの
ようですが、何も悪くないのに、刑務所につれていかれたのだそうです。

そして、この刑務所は本当は刑務所ではなくて、高校だったと聞いてびっくり
しました。学校をそんなところにするなんて、本当にひどいです。

ここには、教室がろうやになっていました。ベッドがひとつあって、そこには、
手足を鉄でしばりつけて、殺されている写真がありました。
ひとつひとつの教室に、その人達がどうやって死んだか(ごうもんされたか)
を表しているのです。

また、その絵もたくさんありました。例えば、首釣りや水の中に顔を入れて息が
出来ないようにして殺したり、首を切ったり、爪をはがしたり、体をペンチで
はがしたり、つるされたり、いっぱい信じられないひどい絵がありました。

そして、ココで死んだ人達が心霊写真となってうつっている写真がありました。
ここには、生きたくても生きられなかった、人達のたましいが、たくさんいるのだと
おもいます。
心霊写真は、不思議に、こわくはありませんでした。

そして、昼ご飯を食べて、カンボジアが独立した記念に作ったとうを見に行きました。
そして、次ぎは、王宮に行きました。
王宮の中は、あまり入れませんでした。
そして、次は、シルバーパコタは僕は、見ていません。
そして、ナショナルミュージックに行きました。
ナショナルミュージックは、石で出来た神様などがありました。
僕は、あまり好きではありませんでした。
そして、ホテルに帰りました。カンボジアはとても暑いのでほんとうにくたびれました。





2月21日 カンボジア シェムリアップ→プノンペン

今日は、朝6時に起きて、ミニバスにのりバスターミナルまで行って乗り換えて、
プノンペンと言う首都に行きます。
バスには、れいぼうが入って、てすずしかったです。
バスの中で本を読んでいるとバスがゆすれて、なかなか本が読めませんでした。
道はほそうしてあるけど、ボコボコしています。でもシェムリアップまでの
バスに比べるととてもマシです。

そして、休けいなどをして、やっと6時間かかってプノンペンにつきました。
ホテルは、そのバスももっているキャピトルホテルにしました。
わりと大きいベッドが3つあって、部屋も広くて、冷房やテレビもついて、
たった12ドルでした。アジアはホテルも安くて本当にいいです。

午後2時なので、外に出て昼ご飯を食べました。
昼ご飯は、ラーメンでしたがラーメンの中身が内臓が入っていました。
僕達は、食べなかったけど、現地の人達は、関係なく内臓を食べていました。
タイのラーメンに比べると、あまりおいしくなかったです。でもこれが
カンボジアの味なのかな。
そして、1時間30分ぐらい歩いて、ホテルに帰って、少し勉強をしました。
そして、夜ご飯を食べて、少し散歩しました。ここはバイクがものすごく
たくさん走っていて、バイクは信号を守らないし、逆からも走ってくるし、
めちゃくちゃです。ぼくたちは何度もぶつかりそうになりました。



カンボジアのこといろいろ知った
カンボジアの首都プノンペンへきたよ。ここでは1日ツアーに入ったよ。大人ひとり6ドル(700円)子供はタダやった!

まずは、ポルポトがたくさんの人を殺したキリングフィールドへ。

キリングフィ頭蓋骨.


キリングフィたかひか

キリング木子供殺

これは子供を殺すのにつかった木・・・
キリングフィ服



キリングフィールドまま

まだ、身体の骨はうまったままらしい。
キリングトイレ日本から

トイレは日本から。

本当に・・・むごいなあ

それから、市場にいって、toul sleng博物館へ。

ここは、さっきのキリングフィールドの前に収容される刑務所。
刑務所といっても元は高校。その教室をつかって、たくさんの人を
ごうもんしたそうだ。(詳しくは、あとでアップするぼくの日記も読んでね。)



プノンtoul sleng部屋男

プノンtoul sleng部屋のみ

プノンtoul sleng絵つるし

プノンtoul sleng過去虐殺写真


話は変わって、プノンヘンの夜はにぎやかだよ。たくさん屋台が出て、
暑くてもいろんな料理を目の前でつくってる。
プノン屋台パフォ




王宮はきれいだった。
プノン王宮



おまけ・・・いつもはケンカ、寝たら仲良し、らしい。
プノン寝たら仲良し2袈裟色

プノン寝たら仲良し1



アンコール遺跡は神様がいっぱいでたのしかった
アンコール遺跡は私が今まで見た遺跡の中でも群をぬいてすばらしいと
思う遺跡です。でも、子供たちが、興味をもってくれるかなあー、
と思っていましたが、けっこう、おもしろかったようです。

ワット朝日

ワット参道夕陽_6_1


ワット夕陽



アキーラの地雷博物館にいったよ
みんなのために地雷を手でほっているすごい人がいたよ。
アキーラという人。カンボジア人。
お母さんは、これを見たかったのだそうだ。
地雷はこわいな。

アキラの地雷博物館
シェムリ地雷たか_3_1

ここには地雷で足や手などを失った子供達もいて、アキラが面倒をみている。サッカーもやってるよ。リフティングもうまかったなあ
シェムリ足を失った少年たかひか_5_1

アキラの本が出たんだ。もちろん買ってよんだよ。ふりがながうってあるからぼくでもよめるよ。感想はまた書くけど、びっくりする話だった。
シェムリあきら本


シェムリアキラ博物館_2_1

かれがアキラ。本名はアキーラ。すごい人だ!
シェムリあきら_1_1






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。