小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


我が家のニューフェイス!ムクはブラジルからやってきた?
我が家にきて早1か月半。現在、生後3か月半のムクです。
ムク

こっちは、世界一周中、ブラジルで出会ったペンション荒木の子猫。
そっくりでしょう!

bu

すごい偶然!だから、ムクはブラジルからやってきたー!
スポンサーサイト

世界一周帰国後丸1年
2008年3月30日
帰国して丸一年経ちました。
昨日まで、去年の今はどこそこの国で、何々をしていたなあ・・と時々思い出して
いましたね~。
帰国後のこの1年、私の人生の中では、いろんな気づきがあった1年でした。
今回の世界一周の最中はあまりにも?必死だったようで、気づきどころでは
なかったから、帰国後の1年が”気づきYEAR”になったのかもしれませんね。
たくさんのことに気づきすぎて、抱えすぎて、ちょっと身動きがとれなくなっているかも・・。
でも、気づいて、見直して、修正すべきことは軌道修正して、そして、十年後。
体もそうだけど、すべてみんな、よい方向に向かっていきますように。





一番しんどい夏
2007年8月31日
ようやく8月が終わろうとしています。それにしても毎日暑かった
ですね。私のとっては、精神的にも肉体的にもしんどい夏でした。

つくづく、健康が一番だなあ、と思います。長男の調子も徐々によく
なってきてはいますが、退院10日経って、念のためといわれていた
血液検査の結果は、すっきりしませんでした。

白血球の数値、炎症を表すCRPという数値が正常になりません。
まだ彼の腸はなんらかの炎症がよくなっていないということです。

腸の病気には難病もあり、調べにくいところでもあり、入院時、内視鏡
検査もしましたが、痛みを伴うので、奥のほうは調べることができない
ままでした。

そんなこんなで心配で、退院しても家で寝てばかりの長男でしたが、
友達の誘いでようやく外で遊ぶようになり、サッカーもやりたく
なってきたようです。

そんな折、私に異変が起きてきました。左の脇とそれにつながって背中が痛いのです。
ネットで調べると、すいぞう、でないかと。
しかし、すい炎の原因は大半はアルコール。私は、以前はよく飲んでいましたが、帰国後は、体調が悪いので、家では全く飲まないし、
外で飲む機会はたまーにのことで。

しかし、長男の入院や他いろいろで、自分の病院には行けていなかったのですが、やっと、おととい行くことができ、なんらか、健康を
取り戻す機会にしたいと思っています。
現在は、両耳、急に中耳炎になって、耳がぼわーーんとして鈍痛の
中にいます。

つくづく、世界一周中には、大きな病気にならなくてよかったと
思うばかりです。特に私は、出発前からかなり体調が悪かったので、
1年、よくもちこたえたなあ・・・と。

まあ、今は日本だから、いろんな体のガタにつきあうか、と覚悟しています。

退院と反省と・・・
2007年8月17日 長男、退院できました。
発病してから12日、入院11日、初めての入院生活でした。

10日めから、ようやくゲリが1日数回におさまり、おかゆにを食べることができ、本人も家に帰りたい帰りたいと先生にお願いするので、
あとは自宅療養しましょう、となりました。
退院時も、血液検査の結果、白血球の数値が高いままで、小さな体の中はまだ戦いつづけているようです。

9日間は完全絶食だったので、もともとやせているのに、筋肉がそげおちて、ひょーろひょーろしています。
また、9日間は、ゲリが続き、1時間に2度3度、多いときは4度もするので、夜中もぐっすり眠ることができなかったせいか、退院してからガンガンねています。

また、私のほうも、毎日がしんどくて、ふーふー言っています。
今は、子供同様、眠ることだけが楽しみ?ですねーーー。

病名は細菌性腸炎。
で、検出された細菌は、黄色ブドウ球菌。これだけひどいのなら、もっと、すごい菌が発見されるかと思ったのですが・・・よくある、どこでもいる黄色ブドウ球菌だけでした。

前回の日記に書いたように、原因と思われるのが、サッカークラブの
試合の打ち上げで行ったビヤガーデンのやきとり、(生焼けで食べたのでは?)ですが、、、なんといっても、私や次男もふくめ、そこで食べた全員がどうもないので、
なんでーーーー?
と思ってしまいます・・。

それに、普通の急性腸炎なら、2、3日でぐっと良くなるそうだし、
(私自身もなったことあるし、救急車で運ばれてすぐに先生から見てもらったときも、2、3日で落ち着きます、といわれたのですが)

先生に、ほかの何か病気ではないですか?
なんでこんなに良くならないんですか?
とかいろいろ聞いたけど、わかりませんでした。

だから、とても心配なんです。

でも、思い当たるのは、がんばらせすぎたかな・・という反省。

この夏休みで、いろいろ、1年間のブランクを埋めようとしすぎたような気がしてなりません。勉強も、サッカーも・・。

私も、とにかく勉強追いつかせなければ・・・と思っていて、
この夏は長男は塾通いをさせてました。

サッカーは、いきなり、6年生で、最上級生で、みんなをまとめなきゃいけない立場になり、でも、(日本での)精神年齢は、ある意味、世界一周に行く前の小学4年生のままなので、むりをしていたのかもなあ・・と思います。

1年間、世界一周は達成できたけれども、いろんな特殊な経験はしたけれども、日本での社会生活面は、1年間、ブランクがあることを
思い知りました。

大人の1年はたいしたことはありませんが、子供の1年は、たいしたことがあるのだと痛感しました。

本当に、しんどい思いをさせました。ムダにしないように、私がもっとしっかりして、大きく構えなければ・・・・と思います。




長男たかゆき入院で・・・
2007年8月10日
いやーすみません。ひさしぶりにブログさわっています。本当はさわるヒマはあいかわらずないのですが、メルマガのまぐまぐさんから、「メルマガ出してないので出して下さい!」メールが少し前に届き、
なんか書こう何か・・・と思っていたので、ちょっと近況報告を。

今日は金曜日ですが、月曜未明から長男がはげしい腹痛、下痢、嘔吐で、入院しています。
ただでさえ、親はたいへんになる夏休み。その具合が悪くなる前の
土日(8月4、5日)は、毎年恒例のサッカーの試合があり、親も
どろどろになりながら手伝って、無事、ああ、今年も終わった!と
思ったのに、お兄ちゃん、なにかに、あたったようです。

思い当たるのは、そのサッカーの試合の打ち上げでいった、ビアガーデンのやきとり。自分で焼いて食べれるようになっているのですが、
それを、自分で焼いて食べたもよう。

夏のチキンさんは、よーく火をいれないとやばいですよーーーー

というわけで、今日で入院4日。病院の先生も、腸炎でこんなにひどいのなかなかありません、といわれるぐらいの病状です。

絶食なんで、やせてる体がますますやせて、ああ、私が変わりたいと
毎日思います。

今日も朝6時半から仕事場にいってちょっと仕事して、病院いって、
自宅戻って、次男連れて病院いって、昼に仕事場に出て、今日主催
している、夜7時からの勉強会「九州ベンチャー大学」の準備して、
これかいたら、また病院戻って、そして、ベンチャー大学会場の受付準備です。

もう、先週週末から、体がヘトヘトで悲鳴をあげています。

この長男の症状は、世界一周中、ジンバブエで倒れたときのようすに
少しにていますが、あのときも、激しい腹痛と嘔吐でしたが、
今回よりはひどくありませんでした。

ジンバブエのお医者さんの診断も、「細菌性腸炎」。
でも、あのときは、ここまでひどくなくて、3日めにはおかゆが
食べれたなあ・・と思い出しました。

そう考えれば、今、この状態が、日本でよかったと思えます。
そして、今は、夏休み。
だから、ゆっくりさせてあげたいと思います。

でも、ちょっと体力おちてますねー。
小学校低学年までは、めっちゃ強かったのに。
身長はグングンのびるのに、体重はふえないし、あまりたべないしなあ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。