小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ガンに感謝学」~命を賭けた講演
「ガンに感謝学」~命を賭けた講演



少し前、余命があと1か月という人の講演を聞きにいきました。

38歳と、まだまだ若い男性で、去年ガンがわかり摘出、1年後転移、のちに
全身に転移したそうです。

また、離婚されていて、シングルファーザーで、中学生小学生の男の子
2人を引き取ってがんばっておられた方でした。

講演は、とても穏やかで優しい気持ちにさせてくれ、そして、命がほどばしるはげしい叫び
を静かに聞いているようでした。

少しでも生きたい。
まだやりたいことがたくさんある。
子どもたちを残して死ねない・・。と。

そして、驚いたことは、私ととても共通点があったことです。死を感じたときに、
何をするか、何が一番大切か・・・
それが、子どもに何を残したいのか、ということ。

「次世代への継承」という言葉を使われていました。

そして、その最大の努力をされていました。そして、お子さんたちは、それに
しっかりついていっていました。


私も、ガンになったとき、まさに、そう思ったんです。今もそう思っている・・。

死んでいく私の、何を覚えていてほしいか・・何を伝えたいか、何を残したいか。




もちろん、そんなに早く、逝かれるなんて・・・・・
思ってもみませんでした。
どんなにか、心残りか・・・・と思うと、胸が痛みます。

講演のあと、挨拶をしにいって、私もガンのことを話し、がんばりましょう、と
握手したんです。

そのあと、丁寧に、ハガキをもらって・・・

お礼に、お手紙と、「それゆけ小学生、ボクたちの世界一周」の本を、贈ったんです。

それを見てくださったのか、わからないぐらい・・・
あまりに早い訃報でした。

とてもとても残念ですが、でも、これだけはいえると思います。
2人のお子さんたちは、お父さんの、心を継承しています。

だから、ゆっくり休んでくださいね。

あなたに会えて、話がきけて、握手できて、本当によかった・・。
スポンサーサイト

「ガンに感謝学」~今日はガン記念日
「ガンに感謝学」~今日はガン記念日

交互連載・・「子育ては有難い修行である」
       (or「自由に安全に旅するヒント&グッズ」
        or「ガンに感謝学」を交互連載です♪)

9月5日は、ガン記念日です。

4年前の今日、私は、晴天の霹靂で、腎臓にガンがあることを告知されました。

もう4年、でもまだ4年。

無事に転移なく、生きられていることに感謝です。

毎年、何より、9月5日、自分だけで、ひそかに、お祝いしています。

私は、この5日後の、9月10日が誕生日で、その日は、腎臓ガン発覚後、体中転移
検査をして、転移がなかった記念日。

そして、10月には、手術記念日。

私は、ガンをきっかけに、変わることができたので、この原点の出来事を、一生忘れ
ないと思っています。

「ガンに感謝学」 ~死ぬとき後悔しないように毎日を生きたい~

「ガンに感謝学」 ~死ぬとき後悔しないように毎日を生きたい~

スーちゃん、なくなりましたね。
私はキャンデーズの中で、スーちゃんが好きでしたね~

でも、だんだん、年を重ねるごとに、スーちゃんの顔が、美しくなっているけど、
なんか、キツいというか、緊張しているというか、
優しいんだけど、ツラそう、きびしい、というか・・・
そんな雰囲気がチラホラ見えて、

お気楽な、一番キャピキャピのイメージが変わってきて・・・

というか、私は、自分にないものを持っているなあ、と好きだったんだけど、
いつしか、自分と同じような、感じをにおわせるところがあって、
近年は、ランちゃんの方が、むりなく生きているような・・・なんとなく
そんな気がしていたんです。

いろいろ、戦っていたんですね。

そのスーちゃんのお葬式で流れた肉声のメッセージ、あれ聞いて、ああ、
やっぱ、たくさん、ムリしてたんだな、
女優という仕事、ほんとに大好きだったんだな、と思いました。

もっと、女優を続けたかった
もっと、テレビに出たかった・・

死ぬときって、きっと、もっと、もっと、と思うのでしょうね。

ガンで人が亡くなるたびに、やはりドキッとします。
でも、私は、ガンと仲良くしています。
ガンさん、有難う!といつも呼びかけています。
ガンと戦わないことにしています。

ガンを隠さないし、ガンになった自分を恥じないし、ガンになったことを
忘れないし、ガンは転移する可能性があることも受け止めて、
ガンに感謝していることを、じゃんじゃん話したいですね。

そして、できることは、なんでもやっていく。
あのときああしていればよかった、という後悔はなるべく少なくして、
いつ死んでもいいくらい、生きたいな、と思います。


「ガンが教えてくれたこと」~次男の腎炎と運動制限にも”よかった探し”~
「ガンが教えてくれたこと」

         ~次男の腎炎と運動制限にも”よかった探し”~


ガンになって出逢ったことのひとつに、”よかった探し”があります。

それは、名作シリーズのビデオ「愛少女ポリアンナ物語」から。

名作シリーズでは、母を訪ねて三千里、とか、フランダースの犬とか、ハイジとか
が有名ですが、私は、この物語のことを知りませんでした。

で、ダンナのある知り合いが、人生に大切なことはすべて「ポリアンナ物語」から
教えてもらったという人がいて、ダンナが、ネットオークションで、いきなり、
全シリーズ(ビデオ11本)買ってきたんです。まあ、アニメなので、子供たちに、
いいかも、と。

で、子供たちと見始めましたが、はまったのは、私の方でした。
それが”よかった探し”
ただの”よかった探し”ではないんです。
ものすごく、深い深いテーマなんです。

人生に落ち込んでいる人や、ウツ病に悩む人とかにも、いいし、どんな大人が見ても、
原点に戻るというか・・・心の洗濯というか、すごい作品です。


で、・・・



前回、次男の急性腎炎での入退院のことを書きましたが、現在も、運動制限続いて
います。

退院直後、退院できたことがうれしい!と感じたのはつかの間・・・・

2週間という、勉強の遅れを取り戻さなくてはならないという、大変?な問題に
つきあたります。

当たり前ですが、たった2週間、されど2週間、そして、登校したらすぐ、
2週間進んだところから勉強が始まるわけです。

2週間で進んだところは、どうするのか?

塾や家庭教師でカバーするしかないのですよね。

もともと、勉強が好きではない次男には、これもシレン。

部活に出れないから、帰宅しますが、部活していない友達はいないので、毎日つまら
なそう。

ヒマだからといって、勉強の遅れを取り戻すことができればいいのですが、やはり
そんなに、できないのが現実。そして、遅れを取り戻せないまま、退院後2週間経った
日には、期末テスト。

その上、受験生の長男が、同じ時間に帰ってきて、どちらも多少イライラしているの
で、キモイ、ウザイと・・・ケンカばかり。

また、今回の、溶連菌感染から急性腎炎になった、原因(落ち度)というのがどうしてもなく、
(先生にも聞いたし調べたし・・)たまたま、運が悪かった、たまたま、なってしまっ
た、としか言いようがないらしく、

だから、本当のところ、今回の突然の入退院のこと、どっこも”よかった”を探せない
な~、大損だなあ~と思っていました。

でも、近況にも書きましたが、

・3人で、対馬にいけたこと。(次男が運動制限がなければサッカーの試合に行ってる)
・長男が、健康に気をつけている(自分の小6の時の苦しい入院経験も思い出し・・)
・次男が結構、ガマン強いことを知った。(入院中も、現在の運動制限中も)

3つの”よかった”、見つけました。


「ガンが教えてくれたこと」~今できる最高のことをする~
今回は「ガンが教えてくれたこと」

            ~今できる最高のことをする~



今回の次男の2週間の入院で、当たり前ですが、本音のところ私はかなり疲れ
ました・・・。

肉体的には、毎日の病院通いに。長時間の病室にいることも。

精神的には、あらゆる心配と、自分の中で計画していたことができない現実に。

心配というのは、思いがけない病気で、スポーツ大好き少年には本当に過酷な
現実・・・、また私はすごく心配性で、強迫観念症もあるので、とにかく心配で
おちおち眠れなくなってしまうのです・・。

これは、昔からですね(笑)


でも、毎日行く必要がないなら、行かなければいい
行く時間を短くすればいい、とは思わないのです。

私は、ガンを患って以来、いつも、今できる最高のことをする、やりたいと
思うようになりました。

だって、明日死ぬかもしれない、という前提で生きていますから。

そのとき、ああすればよかった、もっと優しくすればよかった、などというそん
な後悔はしたくない、と思っています。

迷わず、出し惜しみせず、今できることを、精一杯・・

これは、ガン以降、大きく変わったところですね。

だから、本当は、できるだけのことをしたから、満足しているんです。よくがん
ばった~!

死ぬことを前提・・・
それは決してマイナス思考でなく、こんな死に方をしたい、満足して死にたいと
いう意味で、毎日を暮らしていけたらいいかな、と思うのです。

朝起きたときが始まり

夜寝るときが終わり

できるだけ、そう生きたいですね。

だから、今回は、満点!(笑)まだ、途中だけど、満点!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。