小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「子育ては有難い修行である」」~元気でいてくれるだけで有難い~
「子育ては有難い修行である」」~元気でいてくれるだけで有難い~


    

昨日・・・私にとってびっくり事件が2つありました!

昨日の朝、高校生の長男が、朝ごはん食べて、その食べたお皿を流しにおいたあと、
私の目の前で、直立して動かないので、

ん?

と思っていたら、サーっと、前にぶったおれたんです。

大きな体が(身長180センチ)、きれいに斜めにまっすぐに倒れたんです!

ちょうど机があったので、地べたにまで倒れなくてよかったのですが、びっくりしました。

本人は、すぐ意識をとりもどし、笑って、立ちくらみやん、ははは、と笑っていました。

しかし、目の前で、ばっちり見ていた私は、安心できません。

今までも軽いのはあったそうで、、、ますます心配になりました。

サッカーで鍛えた体、睡眠だって十分(夜ふかしできないタイプ。ねむさに勝てないタイプ・(^O^))

昨日は、中間テスト前日にもかかわらず、10分勉強しただけで、10時半にはねておった!!

ごはんも、家の玄米ごはんをしっかり食べておる。好き嫌いは多いが・・・

心配ながらも、本人はだいじょーぶとふつーに、学校へと行き、

次男も、ふつうの時間に家を「行ってきまーす」と、登校し、


・・・・すると、約45分後、次男の中学校の先生から電話!

次男が学校に来ていないと!えええええ?

いつもどおり8時すぎに家を出たのに、学校まで約20分なのに、8時45分に着いていない
という事実。何かあったのか?  交通事故???何か事件に???

結局、8時50分、また、学校の先生から電話があり、
今、来ました、と。

ああ、、、、、、、

で、何をしてたんですか?と聞くと、

きついから、バスに乗ったらしいんです。(近くにバス路線があって乗っても3分ぐらい)
で、寝てしまって、通り過ぎてしまって、
通り過ぎたところから、歩いて学校にきたと。

はあ~~~

よっぽど眠かったのか????

しかし、こっちも、11時には爆睡しておったが・・・

それにしても、。と思い知らされました。

試験前日、10分しか勉強しなくて、ああダメやん欠点やんとブータレている長男の姿にため息ついたけど、

次男は受験生なんだけど、自覚がない、と塾の先生などに、しょっちゅう言われて、こっちが焦ったり、
つい、欲張っていたけど、

やっぱ、生きて元気でいてくれることだけで有難い、、、、ホント。
グンとハードルが下がりました。また上がるんでしょうが・・・
スポンサーサイト

「子育ては有難い修行である」~中2のひとり旅!~
「子育ては有難い修行である」~中2のひとり旅!~



新年度が始まり、子どもたちは、高校2年、中学3年に進級しました!!
この春休みに、次男に、劇的なことがあったんです~!


「お母さん!、ボク、なんか、自信がついたよ!」

それは、この春休みに、突然、鹿児島ひとり旅に出かけた次男(中2)が、無事帰って
きたときのの言葉。

私は涙が止まらないほど、うれしくてうれしくて、本当に無事でよかったと思いました。

***************

実は、短い春休みに、友達とどこか旅行に行きたいと言っていた次男ですが、部活は毎日あるし、
友達は行けなくなって、おそらく、ひとりでは、行かないだろうな、と思っていたんです。

でも、突然、ひとりでも行くと言い出し、

それも、2泊3日で行くと言い出し、

場所は、京都か鹿児島と考えていましたが、まったく行ったことのない鹿児島を選択し、

それも、明日から行く、と前日に言い出し、

前日の夜に、ネットで調べた、鹿児島の安宿、グリ-ンゲストハウスという1泊1500円の
ドミトリーの予約をとり、

当日の朝、10時発の高速バスの予約をとり、ガイドブック持たせて、出発したんです。


はっきり言って、シンパイでした、ほんと。

携帯電話は持っていますが、中学生なんで、ネットにつながらないようにしてるので、地図も
見れないし、迷ったらどうしよう、無事に宿まで着けるか、鹿児島のこと何にも知らないのに
と・・・


唯一、よかったことが、安宿グリーンゲストハウスのスタッフの方が、思いがけず、とても
感じのいい人で、中学生ひとりであることを話すと、
「わかりました!サポートします!」と言ってくれたこと。

あの一言は、ものすごく、心強い言葉で、感謝していますね~。

本当に、初日、宿に着いたときは、わざわざ、連絡をしてくださって。

実際、本当に、4人スタッフの方がいらっしゃったそうですが、4人ともめっちゃいい人
やった、と次男もいっていました

とにかく、よかった!
こんなうれしいことはないです!
「自信ができた!」なんて、なんて、ステキな言葉!
いろんな意味で、自信が持つことがテーマだった次男の、大きな一歩です!うれしいなあ

オススメ 鹿児島グリーンゲストハウス
http://www.green-guesthouse.com/


「子育ては有難い修行である」~心理学を子育てに活かす~
「子育ては有難い修行である」~心理学を子育てに活かす~


心理学講座、基礎コース前半4回を修了し、後半に入りました。

毎回、超!おもしろいです。このおもしろい心理学講座を考えた衛藤先生は、ほんと、
すごいなあ・・・とつくづく思います。

講座は、休憩なしの2時間半ぶっ続けで、ほとんど、30分は延長になっています。
講師もとても一生懸命、しかもおもしろくおしえようという努力がヒシヒシと感じられて、
講座の内容もですが、話し方、伝え方、自己開示などなどの勉強にもなるんです。

特に私は、この日本メンタルヘルス協会の講座を受ける前、去年ですが、カウンセラーの
通信講座を受けて、DVDで全部勉強したんですね。

その通信講座が悪いとかは全然なく、それなりに、ためになったし、今まで、ちょくちょく
勉強していたことが、ひとつにつながって、それなりに楽しかったわけですが、
今とはまったく別物なんですね。

子どもたちの学校の授業も、メンタルのように、おもしろかったらいいのに(笑)なんて
思っちゃいました。

私はガンになったことを機に、本当に自分がやりたいこと、自分が役に立てることを、
考えながら、勉強したり、実践したりしています。

その勉強した、それぞれのパーツが、今、心理学と出逢って、すっきり整理整頓できて
いっているようです。

そんな心理学を、一番大切な子育てに活かしています。
子育てと言っても、もう大きいので、手取り足取りではないです。
ひとりの人間として、世の中の役に立てますように。そのためには、心が、いつも、
自分を信じていけますように・・・と、いろいろ心がけて、言葉を選んで、行動を選んで、
メッセージを発信しつづけています。


肉体は、食べ物からつくられる。
心は、日々の言葉からつくられる。


少しずつですが、肩の荷が、軽くなっていっているようなそんな気がしています。

「子育ては有難い修行である」~悩むことは、勉強である~
「子育ては有難い修行である」~悩むことは、勉強である~



”悩むことは、勉強である”という話をチラ聞いた。

テレビだったのか、ラジオだったのか、本だったのか、さえ、記憶にないほど、
チラ聞きで、でも、そのフレーズを、私が壁に張った大きな紙(いつでも書きとめ
られるよう壁に紙を貼っている)に書いていた。

きっと、そのときも、悩んでいて、心に響いた、救いの言葉だったのだろう。

今も、また、悩みが深くなってしまっている・・・。

ときどき、ウツ病のときのような・・・いやずっと直ってはいないのかもしれないが、
自己否定感で、いっぱいになる。

そんなときは・・・
人に会う、感動系映画を見る、本を読む・・
いろいろやる。

今度も、やった。でも、心は晴れない。


たまたま見た、仏教をわかりやすく解説した雑誌に、

悩み・・苦悩とはという話が出ていた。

苦悩が大きいということは、自分の都合が大きいから。

自分の都合を捨てれば、苦悩は消える、とあった。

確かに・・・

”自分の都合”なんだな・・。

人生は思うどおりにはいかない。自分の都合と開きが出て、人は悩むのかもしれない。

高望み・・・

こうなってほしいと、人に期待しずぎ・・

心が届かない・・

がんばりずぎて、自分がつかれる・・

みんな私の勝手な都合で、あきれるよ・・。ほんと。

悩んでばかりいるから、そんな思考回路だから・・・ガンになっちゃうのよね~

もともと、私は、自己肯定感が低いのよね~

ほめられることがあっても、たいしたことはない、と逃げ出したくなる。

でも、いつも悩んでるおかげで、人の役に立つことが、たまにある。

この間、知り合いのお母さんから、子どもさんの相談を受けたとき。

そんな風にいわれたことなかった、と、感動してもらえた。

そんなときが一番うれしいなあ・・・

そう、なんか、役に立つのがいいなあ・・・独り言でした・・・

「子育ては有難い修行である」~同級生の子育ての方針~
「子育ては有難い修行である」

         ~同級生の子育ての方針~

少し前、短大時代の友人4人と女子会をしました。なんと、温泉で!
いやー実現したから、すごいすごい!

4人とも、2児のお母さんで、私のところが一番大きくて15歳で、一番小さい子が5歳。

結婚する前は、よく、お泊り会したし、クリスマスパーティを企画したり、参加したり、
フリマやったり、天神中州を飲み歩いたり、カラオケ歌いまくったり、してましたが、

結婚し、子どもが生まれて、仕事と育児の両立に、忙しく、スケジュール合わせることも
できず、なかなか会えないでいました。

ところが、私が3年前ガンになったことをきっかけに、2,3か月に一度ぐらい、集まるよう
になったんです。

で、去年12月の忘年会で、温泉にでも行きたいね~となり、しかしながら、1泊するとい
うことは、2日使うことになるし、きっと、むりかな、と思っていたのですが・・・

土曜の夕方から日曜の朝には解散の予定で、場所を、福岡3人に、久留米1人なので、中間
地点の大宰府にし、思いもがけず、実現しました。

で、時間を気にすることなく、食べて飲んでしゃべって・・・(笑)
いいっすね、ほんと、楽しい!

こんな風に、学生時代から、なんでも話せる友人というのは貴重ですね~。で、今回、ひとつ、
痛感したことがあります。

そんな何でも話せる友達と言えども、・・・

子育ての方針はそれぞれで、「間違っているんじゃないの?」「それってよくないと思うよ」
という指摘しても、結局、個人個人の考え方があって、

そうじゃない、いや私はこう、とかなり違うんですね。

生い立ちから育ちから出会いから縁から仕事もダンナも・・・・今まで生きてきた集大成?が
子どもとの接し方なのかなあ、と感じたりしました。

友達であって、指導者じゃないですからね~

そう、子育ては、それまでの自分の生き方すべてが出る、ような気がしたんです。

子育てを人に批判されると、自分自身を否定されているように聞こえるのは、そのせいなのかな・・。

たまたま、ネットで、こんな話がありました。

私は、私自身が、
「このような親から育てて欲しかった。
このような環境で育ちたかった。
このような言葉をかけて欲しかった。」
と思うことを、娘に行っています。

そして、それが、私の子育ての方針なのです。  という言葉。

私は、そうそう、と思いました。私もそうするように、いつも心がけているからです。

ただ、これの落とし穴は、私と娘(息子)は違う人間なので、”してほしかったこと”
が一緒じゃない場合もある、ことかもしれません。

あとは、観察力と想像力が要りますよね・・。

子育ては、迷うことがたくさんありますよね。
これでいいのかな
これじゃいかんのやないかな
このまんまじゃ、いけない気がする
と不安がいっぱいです。

教科書はないし、正解はひとつじゃないし、人生は長いし・・・
また、自分自身には、自分自身が育てられた子育てがインプットされている。

しかも人間は、昔のことは忘れるという能力を持っていて、私たちは自分が子ども
だった時代をたくさん忘れていますよね。でも、思い出そうと思えば・・思い出せ
るかな。

思い出すことと、観察力と想像力を駆使して子育てにかかわる・・それには、心の
余裕が、心の安定が、必要な気がするなあ・・。

ほとんど独り言になってしまいました・・。まとまりなくすみません!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。