小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「自由に安全に旅するヒント&グッズ」~手ぶらがイチバン~
「自由に安全に旅するヒント&グッズ」~手ぶらがイチバン~


先週、本屋さん書斎りーぶるサンで開催している、旅のなんでも相談会で、年に10回ペース
で旅をし、現在113回渡航という、キャリアウーマンの女性のお話を組み込みました!
すっごく面白かったです。

彼女は私とは全く違うスタイルで、きちんと計画をし、ホテルも中級クラスを予約をし、どちらかと
いうと、ヨーロッパが多いのかな、自分が行きたい目的地にきちんと安全な方法を考え、旅をす
る人です。

危険な目に遭うことはほとんどないそうで、盗難にあったこともない、一見、特にガチガチに
注意しているわけではないように思えます。

が、やっぱ、ちゃんと、注意していますね。

彼女の場合は、あぶないところに立ち入らないように、ちゃんと気をつけて、それを、113回
というベテランになっても、そのスタイルを、ほどよい緊張感を持ち続けている、なあ、と
感じました。

それと、ひとつだけ共通だったのが、なるべく手ぶらで!手ぶらが一番安全!

女性の場合、手ぶらはちょっとと思うかもしれませんが、工夫でできるもんですよ。

また、もしも持つ場合も、ちょっとひと工夫すれば、狙われる確率はぐんとへります。

しかし、本当のプロ(強盗の)には、どんなテも、通用はしないと思った方がいいです。

じゃあ、どうするか!

それは、次回に!


スポンサーサイト

「自由に安全に旅するヒント&グッズ」~必需品!チェーン鍵・ダイヤル鍵~
「自由に安全に旅するヒント&グッズ」~必需品!チェーン鍵・ダイヤル鍵~


    
自転車用のチェーン鍵、ファスナーをロックできる南京錠またはダイヤルロック、
私の必需品です。

100円ショップものもあるし、ホームセンターで買ったもののあります。

ナンバーを好きな番号に変えられるのが便利ですね。

バックパック(私の場合リュックですが)のファスナーには全部、カギつけています。

おおげさ、と思うかもしれませんが、つけているだけで、注意していますよ、という
メッセージにもなり、狙われること事態が減ります。

チェーン鍵は、短いのと、長めのを持っていきますね。

その時に応じて、チェーンの長さや、ロックの太さや長さなど、違うのをいくつか持っておくと
便利です。

チェーン鍵は、深夜バス・夜行列車時の移動、不特定多数の人が出入りするドミトリーなど、
自分のバッグを、何か固定されたものに、くくりつけておくためのものです。

熟睡しないと思って、胸に抱えて寝る人や、足元に置いて自分の足に挟んでるという人もいますが、
深い睡眠に入っているときは、盗られても、ほとんど、気づかないようです。

しっかり、ロックしていれば、心配ないですよね。
人を疑ったり、いやな思いをすることもないですよね。

南米は特に、深夜バススリが多いので、注意です。

もちろん、これで完璧にふせげるわけではなく、プロの強盗にかかったら、きっと
簡単にもっていかれるでしょう。また、布製のバッグは、カッターで切って中身
だけ奪うことも考えられます。

ちなみに、バック全体を覆う網のようになったワイヤーロックというのが、旅行用
品用にありますが、私も世界一周用に、オークションでやすく買いましたが、ほとんど
使わずじまいでしたね。そのワイヤーロックをした大きなバックパックを背負った
人に出会ったのは、ひとりだけでしたね。ちょっぴりめんどくさいですが、
より、狙われにくくなるはずです。

要は、そういった、対策をしているか否かで、強盗も狙う人を決めているんだと
思うんです。


「自由に安全に旅するヒント&グッズ」~100円で作る貴重品入れ~
「自由に安全に旅するヒント&グッズ」~100円で作る貴重品入れ~


貴重品隠しグッズといえば、首からつるすもの、と、腹巻タイプ。

よくある旅行グッズ屋さんで、1600円ぐらいで売っています。高いなあ~と思いながらも
、昔、私も買って使っていました。

しかし、100円ショップのもので、より良い腹巻タイプ貴重品隠しが、作れることを発見しました!

使うのは、布製の、小物入れのような、ペンケースのような、子供のサイフのよーなモノで、

ファスナーで開け閉めするものです。

巾着だったり、マジックテープや、ボタンなどでなく、ファスナーで、さかさまになっても、
中の物がでないタイプ。

お腹に巻くので、布がいいです。

そして、その小物入れに、平ゴムを縫い付けるんです。

ゴムは、自宅にある平ゴムでいいし、100円ショップにもあるし、なるべく幅広の方が
いいです。それをウエストに合わせて、ちょうどいい長さで、縫い付けるわけです。

ゴムは伸縮性があるので、装着するのに、下から履く、または、上からかぶる、ことになります。

売っているものは、背中側で、マジックテープで止めますが、マジックテープだと、ちょっと
注意をそらすなどして、すっていく、強盗の手口には、すぐやられてしまいます。

しかし、それが、はずれない、ゴムだったら、盗られないですよね。

ちょっとした工夫で、狙われない、すられない、工夫、していってくださいね。

「自由に安全に旅するヒント&グッズ」~深夜に空港に着いたら
「自由に安全に旅するヒント&グッズ」~深夜に空港に着いたら~



悲しい事件がありましたね。。。ルーマニアで殺害された日本人女性。

夜に空港に到着して、タクシーで駅に向かうときに、同乗した現地人男性に殺害、、、
つらい、かなしい、事件です。

犯人は同様の手口で、他にも犯罪ををおこしている可能性があるとか。。。


海外に行く時、夜に到着することって、フライト上、たくさんあります。

ツアーだと、ちゃんとした人の迎えがあるので、何も問題ないですが、

問題になるのは、自由旅行、航空券だけで着いたときですね。

選ぶことができるなら、夜に、新しい国、街に着くことはさけたほうがいいです。

でも、どうしても、深夜に着く、こともあるのが現実なんです。

私も、今まで、何度も何度も、不安になったことありました。

この8月15日から、本当はひとりでスリランカに行く予定になっていて、シンガポール
航空でフライトをとっていたんです。

今回は、その直前に入院してしまうというパプニングが起きて、ドタキャンになったのですが、
そのフライトも、真夜中に到着だったのです。

選択肢は、いくつかあります。
1、空港で(入国しないエリアで)朝を待つ
2、空港で(入国したあとのエリアで)朝を待つ
3、空港にある旅行会社で、チケット制のタクシーとホテルを手配してもらう。
4、日本から、ホテルは予約をとり、チケット制タクシーに乗る
5、日本から、ホテルを予約し、ホテルに迎えも頼む。
6、空港の中のホテルに泊まる。
などなど。


多少高くはつきますが、5、6、が安心でしょうね。

お金をかけられない(かけたくない)人は、1、か、2。

スリランカでは、私は、1、か、2、の予定でした。

1、か、2、どっちがいいかは、その国の空港事情(24時間体制かどうかなど)
によりますが、1、が可能なら、その方がセキュリティー上安全です。


とにかく、夜は、ヘタに動かないほうがいいのです。男性は大丈夫かもしれませんが、
特に女性は・・・絶対に!

私も、小さい子供たちを連れて旅をしていたころは、やはり、安全のために、無理をせず、
ゲストハウスに迎えを頼んだりしましたね。

インドのカルカッタに夜中についたときは、空港の簡易宿泊所に泊まろうとしたけど、
空いてなく、困ったなあ、まあ、待合ベンチで寝せるか、と思っていたら、空港の職員
の親切な人と出会って、心配されて、近くのホテルに電話してくれて、迎えを頼んでく
れたこともありました。

空港で寝ることも、何度もあったので、いつも寝袋持参してましたね。

もちろん、子供は寝せても私は寝ませんが(^0_0^)

あとは、機内で、友達になれそうな人がいないか、街中まで一緒に行けそうな人がいないか、
観察したり、自分から声をかけたり(声をかけてくる人は基本信用しないです)、
信用できるかどうか様子見したり、などもあります。

いずれにしろ、女性は、夜は、キケンです!

空港で寝るの?って驚かれるかもしれませんが、そういう夜到着のフライトでは、そういう
旅行者はわりといます。日本人の女性はいなくても、日本人の男性がいるときもあるし、
欧米人の女性はいたりしますね。

そこで友達ができる場合もあります。

いずれにしろ、夜中の移動とり、24時間明るい空港内にいたほうが安全です。

まあ、本気で寝る(眠れる)わけではありませんので、飛行機の中で、しっかり寝ておくのも
大切。

また、ウトウトしてもいいように、バックはチェーン鍵で不動のもの(ベンチなど)と固定
しておきましょう。

そして、早朝、明るくなって、レッツゴーです。

それから、3,4のチケット制タクシーのこと。

これは、空港内のタクシーカウンターで、場所により料金を払いチケットを先に購入して、
指定のタクシーに乗ることです。

この制度は増えています。

流しのタクシーだと、料金をぼったくられたり、相乗りされたりするので、夜は回避したほうが
いいです。

しかし、チケット買っても、タクシーのおじさんにより、チップを要求したり、違うホテルに
連れて行かれたという話も聞きます。

チケット制の場合、絶対チケット以外のお金は払わない、という強い覚悟していたほうがいいです。
親しげに話しかけられても、まあ受け流す程度で、甘く見られないことです。

また、荷物をトランクに入れてしまうと、トラぶったときに、トランクを開けてもらえないという
ことなったとき困るんで、

トランクでなく、座席に持ち込みましょう!

基本的に、旅行者相手の商売している人は、何かとお金を要求されたりすることが発生する可能性が
あります。(もちろん、そうでないいい人もいます)
ぜひ、現地の一般人と交流しましょう!


●”旅の茶話会!は、そんな旅の情報、旅の危険回避、などなど、(17年続く旅好き人間の交流・
情報交換・アドバイスその他人生もろもろの話・・・)
は、今月は、9月20日(木)19時から。ぶあいそ舞鶴店で!会費3000円。
ぜひ、気軽にどうぞ!

「自由に安全に旅するヒント&グッズ」~盗難にはあうもの、と考える~
「自由に安全に旅するヒント&グッズ」

         ~盗難にはあうもの、と考える~

かれこれ15年旅の交流会をやっていますが、

出発前に参加してくれた女性が、現在世界一周中なんですが、少し前、大事なものが
入っているサブバックを盗られちゃいました。

南米の深夜バスで。

パスポートやお金は、身につけていたので、大丈夫だったけど、すべての情報が入っている
パソコンを盗られてしまったので、たいへんです。

南米の深夜バスって、よくあることなんです。
寝ますからね~

きゃーこわい、と思うかも知れませんが、

これは防げることです。

日本人の多くは、大きなリュックとサブバックを持って旅をしてて、大きなリュックには
着替えなどで、サブバックに、貴重品を入れていますよね。

まず、それって、ばれているんです。
日本人は、貴重品を首からぶらさげていることも、腹巻していることもばれています。

だから、寝ているときは、絶対に、チェーンかぎ、です!!

100円ショップのでもいいし、長いのと短いのと最低2本は持っていくといいです。

で、網棚にのせる大リュックも、網棚とチェーンでロック。
ひざや、足元においてしまうサブバックは、通路側を避けて、足置きとつないでロック。
足置きがこわれているときは、自分のウエストに回してロックとか。

もちろん、その前の段階で、リュックのファスナーにも、カギをしておくべき。

そういう風に、用心している人は、あまり狙いません。もちろん、相手はプロの場合が
多いので、その気になれば、ちゃちいチェーンなど、切ってしまうことができるかもしれません。
でも、用心していない人から先に狙うのです。

そして、何より、長期旅行するとき、南米やアフリカを旅するときには、盗難に遭う、
ものと心構えをしていたほうがいいです。

だから、被害を最小限にするために、できるだけのことはしておく。

で、もし、遭ってしまったら、みんな遭うんだ、とぐらい思って、ショックを引きずらないこと
かもしれませんね。

といっても、我が家(アルゼンチンでパパが目の前で強奪された経験)も、しばらくはひきず
りましたね~

でも、被害が少ないと、けっこう、のちのちに、勲章になります!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。