小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宿(その16)~クアラの中華街~
本には書かなかった世界一周ウラ話(49)♪
  ~お世話になった安宿・日本人宿(その16)~クアラの中華街~


さて、今回、世界一周最後の町になりました~、マレーシアのクアラルン
プール。

マレーシアはペナン島に行ったことがありますが、首都のクアラルンプール
は初訪問。

まずは、キレイで、暑さはモーレツで、びっくりしましたね~。


タイっぽいことをなんとなく想像していましたが、タイより、落ち着いてい
るというか、都会っぽいというか・・?

おそらく、アジアの中では、空気がきれいで、交通が静かなんじゃ?ないか
な、個人所得もタイより高いんじゃないかなあ、と感じましたね。



そんな私たちが宿を探すのに選んだエリアは、中国人エリア。

このエリアは、何かと安いから、いいですよ~。私たち好み♪(笑)


宿は、このエリアの中国人経営のところにしました。

いろいろあたりましたが、タイよりちょっと高めですね。

1部屋4人で約2400円。

ちゃんと毎日掃除をしてくれるようなちゃんとした宿です。

冷房なしだと安いですが、さすがに、もう最後やけん・・・ともうケチケチ
がんばらなくても・・・って思ってますね(笑)



さて、この中国人街。

昼間も、店がたくさんひしめきあっているのですが、夜は、もーっともっと、
大賑わいです。

ありとあらゆる食べ物、洋服や靴やバックやアクセサリーなど、何でもかん
でもあり。

特に我が家に好評だったのは、”天津甘栗”。


タダでさえ暑いクアラルンプールの路上で、おじさんが、汗をたらたら流し
ながら、でかい栗焼き釜と格闘?しているんです。

思わず、おじさんの慰労?をかねて、たくさん買っちゃいましたよ。毎晩・・

というわけで、安宿を探すにしても、おいしくて安い食べ物を探すにしても、
クアラルンプールの中華街、おすすめです!


(世界一周ウラ話・宿編終わり。次のテーマをお楽しみに!)


スポンサーサイト

宿(その15)~ネパール・ポカラ~
本には書かなかった世界一周ウラ話(48)♪
  ~お世話になった安宿・日本人宿(その15)~ネパール・ポカラ~


さて、今回は、ネパールのポカラ。

ポカラは、ヒマラヤ山脈の7000m8000mの級の山々が連なる
アンナプルナ連峰と、ペワ湖が美しい、のんびり、おだやかな町。

首都のカトマンズとは、まったく違う雰囲気の町ですね。

私たちは、この町にバスで着いたのですが、すばらしいご縁がありました。

それが、サクラ・ハウス。


私たちは、カトマンズで、ポカラの宿について、いくつか情報を得ていた
のですが、バスを降りたとき、ひとりのネパール人男性に声をかけられた
んです。

言葉は日本語。

こういうとき、構えますね~(笑)

日本語を話す現地人には注意!と、いうのが原則ですから。

でも、そのネパール男性。客引き、なんだけど・・・、いつもの、客引
きとは違う・・・、というか、落ち着いた感じの、よさそうな人だった
んです。

ほとんど、根拠のない(?)、第六感ですね。
でも、旅も長くなってくると、けっこう、あたります。

その男性がサクラ・ハウスのオーナー。

オーナー自ら、バスターミナルに来てるところが、いいでしょ。

サクラハウスという名前を知っていて、私たちの得た情報の宿のひとつ
でもあったので、私たちは、行くことにしました。

で、結果、正解!

サクラ・ハウスには、我が家の子供たちと同じくらいの子供たち、それも
男の子がいたんです!

こういう出会い、なかなかないですからね~

子供たちは、すーぐ、意気投合!



サクラ・ハウスは、1部屋、4人で900円。

部屋は清潔で、テレビも、シャワーも、トイレもあり。

ポカラのネパール同様、停電がやたらめったら多い、というか、夕方に
なると停電(笑)ですが、ここは自家発電しています。

もちろん、トレッキングも、組み立ててくれますよ。
また、飛行機や、バスのキップなどの手配もしてくれます。

町から、比較的朝は、山々がきれいに見えますが、山を見ていると、上
って見たくなる、近づきたくなる、もんですよね~。

私たちは2泊3日で行きましたが、1泊2日でも、山の暮らし覗いてみ
るといいと思いますよ。



宿(その14)~ネパール・カトマンズ
本には書かなかった世界一周ウラ話(47)♪
  ~お世話になった安宿・日本人宿(その14)~ネパール・カトマンズ~


さて、今回は、ネパールの首都カトマンズ。
tameru旅行者の町タメル地区は便利
buddame仏教寺院のブッダの目はマンガチック?


お勧めのその宿は、”チベット・ゲストハウス”。

日本人宿ではないので、日本語が通じるわけではありませんが、古いですが、
結構、リッパで、安くて、スタッフもよくて、おすすめです。

実は、カトマンズには、日本人宿は何件もあるんですよ。私たちもびっくり!

何件か見に行きましたが、私たちは、このチベット・ゲストハウスの方がいい
というのが結論でしたね。

chbetoghチゲットゲストハウスの部屋
neoaruhonyaカトマンズの本屋さん。日本語の本もたくさん!
neoarunihonnshoku日本食もたくさん!安くておいしい。現地食よりは高いけどね。


部屋は4つもベッドがあるファミリータイプの広い部屋。テレビは日本のNH
Kがうつり、バスタブがあるオフロとトイレもあります。

それで、1部屋、16米ドル(当時約1850円)。


さて、このホテルとの出会いは・・・

空港。

私たちがネパールに到着したとき、ネパールは数日前からストライキ中だった
んです。

で、タクシーは普通3ドルぐらいなのに、10ドルもするとふっかけられたた
め、子供とダンナを空港内に待たせて、空港の外を見に行ったんです。

例えば、タクシーカウンターでは、10ドルと言われたけど、直接運転手と交
渉すれば、安くしてくれる、可能性があるからです。

家族で交渉をするより、女一人のほうが、または、母子の方がなにかと、有利
なんですよ。(男の人は、ソン?笑)

と思いましたが、目に入ったのは、空港にきているゲストハウスの迎えの車。

これってタダかも。

と、観察していましたら、

ひとりの、人の良さそうな?おじさんが。

ただ、だまって、看板を持ってニコニコしているおじさんが、目に止まりまし
た。

cbtkyakuhikiこの右上あたり。看板持っているおじさん!

まっすく、おじさんの元へいき、交渉!

これがチベット・ゲストハウスとの出会いです。

ちなみに、予約のお客さんがいるときは、こうして、迎えにきているそうです。

もちろん、チベット・ゲストハウスに泊まる事が前提です。

私たちはガイドブックは持っていませんが、地球の歩き方にも載っていると聞
きましたよ。
ason庶民エリア、アソン地区
sdo修行僧?サドウ
neparudemoデモやストライキが多い。厳重警戒の中で。



安宿(その13)~カンボジア・プノンペン
本には書かなかった世界一周ウラ話(46)♪
  ~お世話になった安宿・日本人宿(その13)~カンボジア・プノンペン~
kanbokousatnこれがカンボジアの交差点!
kannbokekon街角で見つけた結婚式



さて、今回は、首都のプノンペンのキャピタル・ゲストハウス。

だれもが知っているあまりに?有名なホテルなんだそうですよ。


私はこの宿の名前を、主宰している旅の茶話会で、1999年ごろ?に出会っ
た女性から聞きました。


このころ、タイとカンボジアの国境、アランヤプラテートがオープンになって、
陸路で行き来できるようになったときで、その女性は、タイ→カンボジア→ベ
トナム→ラオス→タイ、と、昔は不可能だった陸路の旅に挑戦したんですね。


そう、それ以前は、国境越えできなかったんですよね・・。


彼女のお話に、キャピトルに行けば、情報が集まっているし、ビザもバスも、
なんでも手配できると、おまけに、宿は、めちゃ安と。


なので、日本人宿ってわけではなく、世界中のバックパッカーがお世話になる
宿ですね。



アンコール遺跡の町シェムリアップから、キャピトルバスに乗って、到着場所
の横、というか、裏というか、隣接した状態でキャピトル・ゲストハウスがあ
ります。


だから、あっついのに、重い荷物をもって、ウロウロしなくていい!


また、お腹が減っていたとしても、そのキャピタルバス発着所、イコール、食
堂であり、かつ、旅行会社でもあるのです。


食堂のお味は、まあまあ、ではありますが、なんていっても、その目の前にバ
スがきますから、冷たいジュース、いやビールでも飲みながら、待っていれば
いいんですから、便利!


ここに、日本語の情報ノートもありますよ。


ツアーもやっています。市内ツアーに参加したんですが、なんと、大人1人6
米ドル(当時710円)!子供はタダでいいと。

zugaikotsuキリンクフィールドの頭蓋骨をおさめた慰霊碑
hokekasaneその他の骨は、つみかさねられている
goumonheyaツールスレーン博物館。拷問の部屋がそのまま残されている
egoumon拷問の絵がたくさん
goumonshashinn拷問の写真もたくさん・・・。

ぜひ、このポルポトの負の遺産、見て考えてみることは大切ですね。


郊外のキリング・フィールドに行き、市内の、ツールスレーンや市場や、王宮
や、終日、たくさん連れて行ってくれて、しかも、美人のカイドさん(英語)
付で、ほんと、すばらしい!


で、部屋は、冷房付、4ベッドのひろーーーい部屋。もちろん、トイレシャワ
ーも部屋にあって、窓も大きく、スバラシイ。


4人で12米ドル(当時1400円)。私たちにとっては、最高ランク(笑)
です!


ドミトリー(共同部屋)はなら、2から3ドルだそうですよ。


カンボジアは今、本当に、すごい勢いがあります。これから、よくしようという
日本の戦後?みたいな、パワーがあります。


近いですから、今のうちに、今のカンボジア、おすすめします!



安宿・日本人宿(その12)~カンボジア
本には書かなかった世界一周ウラ話(45)♪
  ~お世話になった安宿・日本人宿(その12)~カンボジア・シェムリアップ~


さて、今回は、カンボジア。あのアンコール遺跡群で有名な町、シェムリアッ
プの宿。

takeogesutoタケオハウスの看板

タイのバンコクからのツーリストバスは、ドライバーと結託?しているらしい
宿に停まるのですが、夜だったので、私たちはそこに1泊しました。

どこの宿に行くかは、着くまでわからない(笑)わけですが、同じバスの欧米
人たちはみな、バイタクなどで、自分の目指す宿に行っていましたね。

そう、このシステムの評判は、いまいちです。結託しているってところが、う
さん臭い?からでしょうね(笑)

でも、注意深く、部屋を見て、金額が妥当かとか、鍵がちゃんとかかるか、と
か、トイレがちゃんと流れるか、とか、変な人がタムロしてないか、とか、変
に親切だったり、しつこくないか、などなど、チェックしてよかったら、夜に
ホテル探しするより、いいかなあ、と思います。

翌日、人づてに、いいよ!と聞いていた”タケオハウス”というところに移動
しました。

オーナーは日本人?だと聞いたような・・・でも、宿の運営を任されているの
は、カンボジア人のオバチャン。

ほんのちょっぴり日本語がわかり、英語はペラペラ?の。

タケオハウスの”タケオ”は、日本人の名前ではなく、アンコール遺跡の名前
だそうですよ。

さて、シェムリアップは、国際的な観光地、世界中からこのアンコール遺跡を
目指してたくさんの人が訪れます。

宿もたーくさん、日本人が集まる宿も、いくつかあるようです。



アンコール遺跡群は、とても範囲が広いので、乗り物をチャーターする必要が
あるのですが、ここで、出会って一緒に、遺跡めぐりしたりするわけです。

チャーターは、タケオハウスのオバチャンが手配してくれます。

ひとりがいい人は、バイタク(バイクタクシー)をチャーターするし、2人な
らリキシャにしたり。

私たちは、一家4人なんで、リキシャには乗れないので、一人旅の女性を誘っ
て車をチャーターして回りましたよ。

また、タケオハウスの前、というか、一体化しているように見えますが、別経
営の日本食食堂があります。

もう、ありがたい、ありがたい、我が家にとって。
takeoshokudoタケオハウス前の食堂



我が家は、このころ旅も後半になり、子供たちはがやたらめったら、白ごはん
を望んでましたね・・・。

でも、短期の旅行だったら、日本食じゃなくてもいいっか・・(笑)


そうそう、中華も安くておいしいところを見つけたので、よく行っていました
ね。

カンボジア料理も、中華も、日本食も、欧米食も、なんでも安くてありますよ。

幸せな”食”事情ですね。
kohanntada中華食堂の看板にはこんなうれしい表示(笑)



タケオハウス、私たちは最初、1部屋冷房つき12米ドル、途中から変更して、
冷房なし7ドルの部屋に。

ドミドリー(共同部屋は)1人2ドルだと聞きました。そうじは行き届いてき
れいにしていますよ~。

カンボジアは、蚊が多かったので、蚊には要注意!

それと、遺跡だけでなく、地雷博物館にも、ぜひ、行って見られるといいと思
います。

↓当時のアキラの地雷博物館。現在は、カナダ(?)のNGOがつくった地雷博物館に移転したそうです。
jiraiiriguchi
jirauhaku








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。