小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Vol:10】変化する子連れ旅
★★★【2009フランス・スペイン旅の報告Vol:10】変化する子連れ旅。

今回の旅行は、世界一周以来、1年9か月ぶり。

また、初めて、長男が選んだ国・所。

思えば、すいぶん、子どもたちも大きくなって、旅が変わってきたこと
を今回、感じましたね。

それに、

今までは、子どもたちを守らなきゃ!という思いが、大きく占めていて、

でも、旅の中身は、私が好きなように、計画立てればよかったわけです。


でも、このくらい大きくなると、・・・

まず、行き先などに、注文がでてくる。

2人子どもがいると、どっちかの希望に添えないことも起きる。

大人同士だと、歩み寄りがあったり、合せたりしますけど、子どもです
からね~。どっちもゆずらない。

そして、それによって、ケンカになったり、どっちかがふてくされる結
果になったりして、収集つかなくなること、多かったですね。

家族だからこそ、遠慮もないですしね(笑)。



守らなくてよくなったわけではないですが、そっちがラクになった分、
なんというか、うまく、どっちも立てることや、説得するということが
必要になってきましたね。

それに、めんどくさいなどと思って、適当に受け答えしていると、つじ
づま合わなくなって、余計、ふてくされられたり・・・。


まあ、敵(子どもたち)が手ごわくなってきましたね(笑)

これも、成長した証ですよね。


小さいときは、困難や理不尽なことに遭遇したとき、私自身ががんばれ
ばよかったんですね~。

でも、これからは、どうしたらいいのか、一緒に考えたり、責任を持た
せたり、頼ったり、できたらいいですね。



それにしても、フランス・スペイン。ユーロの国の物価高は、つらいで
すね~。長男は、
「あとね、スイスのマッターホルンとぉー、イタリアのピサの斜塔とかぁ
~」
と、調べては、自分ノートにピックアップし続けています。


その中で、私好みが・・

それは、インドのタージ・ハマール。

1992年、私も、タージ・マハールに魅せられてインドに行ったなあ。

もう、ヨーロッパは、自分で行ってね(笑。正直なところ・・・)


(旅の報告、終わり)


スポンサーサイト

Vol:9】1ユーロのワイン♪
★★★【2009フランス・スペイン旅の報告Vol:9】1ユーロのワイン♪



バルセロナといえば・・・前回書いた、ガウディ建築のサグラダ・ファミリ
アが有名ですが、

その天才ガウディが作ったものが、バルセロナにはたくさんあるんですね。

その中でも、すばらしいのが、グエル公園。


私たちが泊まった安宿”アクロポリス”は、このグエル公園の近くで、何度も
行きましたよ~

ここも世界遺産!

でもね・・・タダなんです。入場料フリ~。

いいでしょ。だから何度も通いたくなりますよね(笑)


gueruisu
guerushiro
guerutaka
gueruhato
guerugennkan
gueruue




さてさて、バルセロナでは、まず、”パエリア”を食べました。

それも、サグラダ・ファミリアの横の外カフェで。

外カフェ、冬のパリでは、とてもできないことですが、バルセロナでは昼間
だったらできますよ~。
paeria
saguradasotokafe
kafeoji


それに、カフェのおっちゃん、えらくラテン系でオモロイ人。で、なんだか、
一挙に、幸せ感が満ちてきましたよ~

我が家は小食(?)なんで、2人前たのんで、3人で食べて十分。もちろん
おいしかったですよ~

でもね・・・どうしても、食べたくなるんです、中華!

と思っていたら、その夜、長男が、ガイドブックで調べて、
「おかーさん、ここに行こう!」と

指差したのが、中華料理屋。

以心伝心?

で、ね・・・

その中華料理屋がある通りで、なにげなく、フツーの酒屋に出会いまして・・

中には、ワインがずらーり。

別に、ワイン買おうと思ったワケではないんです。昔の私なら、まっさきに
探した酒屋ですが、ガン手術以降、現在は、ほとんど飲まないので・・・

(とゆーか、飲みたいけど、一応自制してる・・・)

でもね、赤ワインは、体にいいんです(笑)

だから、いくらぐらいするもん?と思って・・・



すると・・・

え?

うっそ・・

1ユーロ?・・・

130円で、1本?

この物価が高いヨーロッパで~

いやいやもっと安いのあるある・・・

0、75ユーロとか・・・

ボトル1本100円ワインなんて、

信じられ~ん

同時に、みっけ!みっけ!安いもんみっけ!とうれしさ一杯!

「おかーさん、買えば~」と、子供たち。

ほんじゃー、1本!


でね~、めっちゃ、おいしいかったんです。

今まで飲んだ中で一番っていうぐらい!

思わず、ひとり、安宿で、子供たちが寝静またあとの、お楽しみ・・・

あーしあわせ!

もちろん、ちょっとずつ、飲みましたよ(笑)あしからず。


中華料理の方も、安くておいしくて、子供たちもすっごくごきげんなんで、
翌日も通ってしまいました。

もうひとつ、たまたま、立ち寄った酒屋ですが、なんと、そこのスペイン
人のお兄さん、日本に2年ばかりいたことがあると。

で、私たちを見て、なつかしそうに、日本でのこと話してましたね~。

その酒屋には、1度しか行ってないんですが、その近くの違う店で、また、
そのおにいさんにばったり!。

おにいさん、数件の店をはしご?して、仕事しているそう。

なんか、ご縁があるんですね(笑)。
        

サグラダ・ファミリアの近づき(?)方
★★★【2009フランス・スペイン旅の報告Vol:8】
             サグラダ・ファミリアの近づき(?)方

kurosa
saguradame



前回までフランスの話でしたが、今回から、スペインのバルセロナ。

いやーーー、パリからバルセロナに到着したとき、なんというか、あ!ラテ
ンになった~と肌で感じましたね~。

凍りつくようなパリの寒さと違って、ふつーの寒さになって、なつかしい
スペイン語(世界一周の時スペイン語は勉強したのでほんの少し分かる)が
目に入り、パリより安い物価がうれしいー! 

やはり寒さが厳しいというのは、体全体に緊張するもんですね~。

ちなみに、バルセロナは私にとっても初訪問です。



さて、バルセロナに来た目的は、未完のガウディ建築サグラダ・ファミリア。

長男が2番目に行きたい、夢の場所。(1番はモン・サン・ミッシェル)

サグラダ・ファミリアまでは、地下鉄で行きました。降りて、地上に出ると、
おおぉぉぉ~

もうそこにそびえたっているんですね~。

予想より、ずいぶん大きくて、工事中が多かった(笑)ですね。

リフトで上まで上ることができて、上からはら旋階段で、自由に、ゆっくり
降りていけます。
rasenhika
mochifu
ichibou
shitakowai
kanngaeruhito
ushirosugata


写真を撮りながら、たくさんの塔や彫刻、モチーフを目の前にできて、ほん
と感動しますね~。

バルセロナ全体も見渡せて、こういう具体的なの、子供たちは大喜び(笑)


どんどん人が多くなり、リフト待ちが大行列になるので、なるべく朝一に行
くといいですね。
naibu



それと、もうひとつおすすめは、サグラダ・ファミリアの近づき方。

サグラダ・ファミリアから、地下鉄で1駅、”ガウディ通り”を徒歩15分
のところに、もうひとつの世界遺産”サン・パウ病院”があるんです。


サン・パウ病院は、ガウディのライバルとして活躍していたドメニクが作っ
たもので、モデルニスモ建築と呼ばれる、もの。
sannpau


これも、すばらしいですよー。

世界遺産でありながら、今でも総合病院として市民に貢献している、のが、
さらにすごいことですよね。

その2つの世界遺産を結んでいるのが、”ガウディ通り”。


地下鉄を降りるのを、サンパウ病院にして、ガウディ通りを南へ、徐々に、
サグラダ・ファミリアに近づく・・・

いや~、ドキドキ、しますよ。

ぜひ、おためしあれ。
gaudoorikara
urataka
urate
kurosa




Vol:7】パリの安宿”白い門”
★★★【2009フランス・スペイン旅の報告Vol:7】パリの安宿”白い門”

monnomae
parishiro


今回は、パリの日本人宿”白い門”と、お世話になったオーナーの韓国人リー
さんとの話。

”白い門”のことを知ったのは、ネット。
http://shiroimon.ehoh.net/

物価が高いフランスで、安宿はないか~~と調べてみたんです。


世界一周で出逢った人たちの中で、今は日本の人も、今でも世界放浪中の人も
いるわけですが、けっこう、ブログなどを更新しながら、自分がお世話になった
宿の紹介をしてくれてたりするので、助かりますよね~。


旅で出会った人たちも、パリではこの”白い門”にお世話になっているようです。

予約もOK。

安宿、といっても、パリなんで、1泊1ベッド(共同部屋)20ユーロ
(約2600円)。4泊以上は安くなるし、長期の滞在の人は、割引あり。

1人2600円するなら、3人だと7800円。結構高いでしょ。でも、これが
パリ中心部では安い方です。


ちなみに、ビジネスホテル風の小さいホテルで、ネット予約で、最安ランクで
42ユーロ(約5500円)(ベッドひとつの部屋)ぐらいですね。

ヨーロッパは、当日飛び込みよりも、当日でも予約したほうが安いのです。


理由は、

予約の際に、チェックインの時刻はいつごろか指定するようになっていて、
その時間だけ、窓口をあけるようになっていて、人件費を削減しているんだと思い
ます。


もちろん、小さな安ホテルがで、ちゃんとしたホテルはそんなことないでしょう
が・・・。


そうなら、”白い門”に泊まるより、安ホテルに泊まったほうが安いんじゃ、と
思いますよね。

ベッドひとつに子供2人、私は床で寝れば、安くつきますよね。

パリで、モンパルナス地区に1泊したときは、そうやって泊まりましたが、いや、
冬のパリの床は、寒かった(笑)・・。

韓国なら、オンドルで、それでいいんですけどね~。


3ベッドを確保しようと思ったら、”白い門”が安いということになります。

そうそう、世界一周の時には、子供たちが小5小3で、まだ体が小さかったので、
4人でツインに寝てましたね。今はもう、さすがに、大きくなって、それはでき
なくなりました(笑)


その位の時期が、家族旅には、経済的にも、いいってことでしょうね。


”白い門”のすばらしさは、まず第一に、白ご飯、と味噌汁がタダ!キッチンが
使えること。

2番目に、オーナーの韓国人リーさんの人柄がよいこと。

3番目に、子供たちが大好きな、ネコが8匹、マンガがたくさん!

4番目に、いろんながんばっている日本人で出会えること。

bubu5番目、ネコがいること。なんと8匹!これはブブちゃん。
takaiepiこっちは、イエッピ。


私たちが泊まったときは、パンの修行にきている人、ピアノ留学の将来のピアニ
スト君、花の修行できている人、世界一周中の人、パリ滞在が長い人、自分探し
の旅をしている人・・・。

furansukeki白い門のみんな。この日は、パン修行している男性が、フランスで新年に必ず食べるケーキを持ってきてくれました。そのケーキの中には、ちーーっこい、陶器でできた、
飾り物が入っているそうです。

それがあたった人は、その年の王様なんだそう(笑)。次男光にそれが当たり、光が王冠しています!わかりますか?

ちなみに、これじゃどんなケーキかわかりませんが、パイ生地のケーキ。私は甘いもの食べないけど、
子供たちはそーとーおいしいと絶賛していました!


もちろん、私たちのように、短期の旅行できている人も。

いろんな夢があって、その夢に向かって努力している日本人の姿は、すごくいい
影響受けますよね~。

韓国人リーさん(女性)とは、いろいろお話しました。

その中で、面白い話がありましたよ。

それは・・・

韓国では、子供に海外旅行させることは、勉強になることなので、学校は出席
扱いにしてくれる、とのこと。

びっくり!でしょ。

すごいですね~


私たちの世界一周では、学校はどうしたの?から始まった話。

私たちの場合は、1年間、欠席扱いで、旅をしながら勉強しますから、帰国後
は進級をお願いしたんですね。


おそらく、(これは確認してませんが、思うに)、リーさんのお姉さんの子供
さんが小学生(だった?)ですが、パリに何度か来たことあるそうです。その
ときに、学校の扱いがそうだったんでしょうね~。

ちなみに我が家は、1年間も欠席でも、進級させていただいたことに、とても
感謝しています。

私の大阪在住の友人で、インドに3か月ぐらい行っていて(学校にはその旨言
って行った)、新学期の前日に戻ってきたそうです。

でも、ギリギリまで戻ってこないことに、学校が心配して、あーだこーだと、
大騒ぎになって、帰国したときはオオゴトになってて、タイヘンだった、そう
です。

そういう点でも、私たちは、すばらしいご縁で、理解していただいて、本当に
感謝!ですね。

(次回に続く)

困難に出逢いあり!
【2009フランス・スペイン旅の報告Vol:6】困難に出逢いあり!。

今回、行き先が、フランス・スペインと先進国なんで、特に困った!!って
いうのはなかったです。

(実は私は、困ること結構好きなんです。なぜなら出逢うから!)

でも、ミニトラブルがひとつ。

それは、モン・サン・ミッシェルへの道のり。

chibimonいやーーーやっと逢えました!
haremonスバラシイ


日本人が行きたい見たい世界遺産のいつも上位に登場するの、何だと思います
か?

この間、年配のある旅人さんから聞いたのですが、

ペルーのマチュピチュ

フランスのモン・サン・ミッシェル

なんだそうです。

そういわれて見れば、そうかも?と思いましたね。最近は、よく、世界遺産の
番組やってますからね。

モン・サン・ミッシェルは、よく、パンフレットの表紙とか、で~んと大きく
載っていますよね。

この間、長男にせがまれて、”ビジュアルガイド・世界遺産”という、

全459頁、オールカラーで、世界遺産が754件も掲載されている本を買っ
たのですが、その本にも、この2つ、見開き2ページに、どーんと載っていま
したよ。


で、こんなに、有名な、長男が1番行きたいと言う、モン・サン・ミッシェル、
なんですが・・・・・



こっから・・・ミニトラブルに話はうつりますね。


モン・サン・ミッシェルに行くには、ツアーに参加するか、自力で、パリのモ
ンパルナス駅からフランスの新幹線TGVに乗り、レンヌ駅まで(約2時間)
行って、レンヌのバスターミナルから、バス(約1時間半)に乗るか。

TGVもバスも、時間をネットで調べることができます。

ちなみに、バス会社の時刻はフランス語。でも、時間は、万国共通(?笑)


バスは予約はできないので、乗り継ぎの時間を見てがよい、TGVだけを予約
することになります。


TGVとバスの乗り継ぎ時間は、20分ぐらい。

駅とバスターミナルはすぐ近く。

それに、バス会社のHPには、

”この便は、パリ発のTGVと連絡している”

とフランス語で書いてあったんです。
        (これは、ネット翻訳サイトで読みました)


でも・・・・実際にレンヌへ到着したら・・・・・バスがない!?んです。


何人にも、モン・サン・ミッシェル行きはどれですか?と聞きまわったけど、
わからないです。

そんな???


あるバスの運転手のおばさんが、とても親切で、自分が運転中にもかかわら
ず、徐行したり止ったりの時、「きっと、あれよ、あのバスよ!」とか、必
死に教えてくれたり、してくれました。


でも、言われた”あのバス”に聞いたら、違うと言われ・・・。

結局、ネットに載っていた時間のバスはどう考えてもなかったんですね。

でも、こんな小さいターミナルで見落とした、とは思えない。

で、ターミナルの待合室に入って、キップ売り場の女性に聞くと、調べてくれ
て・・・

「今日は17時50分よ」と。

そのときの時間は、12時30分。あと5時間も・・・・

あのときは、ガッビ~~~~ンって感じでしたね~。

長男の落胆の声・・・・・

ーーーだって、これが一番の夢なのに・・・

ーーー17時50分発なら、着くのは7時半、もう日没しているじゃないか・・・

ーーー日没前に見たいから、朝早くから出てきたのに・・・

ーーーわけわかんない・・・

ーーーなんで、こんなに、バス便が少ないのよ!

相当ショックを受けていた私たち。

でも、いたんです、ほかにも、同じ立場の人が・・・


待合室のイスの反対側のご夫婦が、話している日本語が聞こえてきたので、
もしやと声をかけてみました。

どうやら、同じTGVに乗ってきて、あるはずのバスがなかったと。

それで、キップ売り場の女性に、英語の時刻表をもらった。

それを見ると、なんと、私たちが、乗ろうと思っていたバス便は、日祭日だけの
運行になっていたんです。

あっちゃー

要するに、フランス語読めなかったんですね・・・


と、そのとき、英語が聞こえてきました。

その男性は、窓口の女性に、「モン・サン・ミッシェル方面の他のバスは?」
とか、
「サン・マロ」「ポルトンソン」とか、モン・サン・ミッシェルに近い街の名
前が出てきて、そこまでのバスはないのか?とか一生懸命に聞いていました。

これは、私も、聞いておこうと、とそばによって、話を聞いていましたら、そ
の男性、よく見ると、なんとなく、日本人のもよう。

で、話が終わって、話しかけました。

すると・・・彼も、同じ立場。



というわけで、たまたま、運良く、その方たちと、知恵を?出し合い、というか、
ほとんど、その日本人男性のおかげで、普通列車で、途中の小さな駅まで行き、
そこからタクシーを相乗りして・・・

無事、たどり着くことができました!!!!

michidure旅は道連れ♪感謝!


いやーやっぱり、私ら、運がいい!

いっつも、誰かに助けてもらっていますね、ほんと、感謝。

そうなんです!これだけ、有名な観光地なのに、バス便は1日2便しかないのは、
なんで????

って思いませんか!。

日祭日は3便あるようですが、日祭日は、TGVが高いんです。



でもね、着いて、モン・サン・ミッシェルの中に入って、ちょっとわかりました。

それは・・・・

日本人だらけ、だったんです。

おどろき!

nihonngomon
oodori


修道院に通じる参道にある、みやげ物やには、たくさんの日本語表示、そして、
あちらからも、こちらからも、

「ドウゾー」
「イカカデスカ?」
「キュウ ユーロ デス」

日本語じゃん!

フランス人が日本語しゃべってる!

何より、私はそれに驚きました。




でも、すばらしいですよ~モン・サン・ミッシェル。

mizumon水に浮かんだモンサンミッシェル
kumorimon曇りのモンサンミッシェル
nakamonhikaモンサンミッシェル修道院の内部もすごいです!
utsurimon水にうつったモンサンミッシェル


ほんと、絵になる、というか、なんか、神々しいというか・・・

対岸から、モン・サン・ミッシェルまでの道のりが、2キロもあるんですが、こ
の道を歩いて近づくのって、すごくいいですよ・・・冬はチョー寒いけど。

だって、この道は、昔はなかったんですからね。

昔、巡礼の人たちは、この潮が満ちたら、海になってしまう、ここにたどり着くた
めに、道なき道を必死で歩いたんですからね~。


今は、島をつなぐ道路はしっかりしていますが、今でも、満潮になると、この道路
は水没して、モン・サン・ミッシェルは孤島になるんですね~



去年の12月に行った友人は、ちょうど満潮時で、島から出れんかったよ、て言っ
ていました。

モン・サン・ミッシェルの中にもホテルがあり、バスは、満潮以外、島まで行って
くれますが、ぜひ、この道、1回は歩くといいと思います。

はるばる巡礼に来た人の気持ちになって(?)



ちなみに、モン・サン・ミッシェルには、ツアーか、列車とバスを乗り継ぐかしか
ないと思っていたのですが・・、


モン・サン・ミッシェルでばったり、世界一周中の友人に会いまして、(連絡を取
ってパリで再会していた)、なんと、人数が6人集まれば、パリからミニバスって
いう方法があるそうですよ。彼女はそれで来ていました。

TGVの当日券って、高いそうなんですよ。レンヌまで60ユーロとか。私たちは
ネットの早期購入で、20ユーロでしたから。

ちなみにミニバスは日帰りで、往復90ユーロっていってたよーな。

乗換えがないだけ、心配がいらないからいいかも。


もうひとつ、パリ・モンパルナス駅で、TGVとモン・サン・ミッシェル行きバス
のキップを合せて買えるそうです。

(そうしていれば、私たちのトラブルは、パリで気づいたんですね。その代わり、
出会うこともないんですね)

合せて買っとけば、TGVが遅れて(わりとよく遅れます)、バスに間に合わなか
ったときも、モン・サン・ミッシェルに着くまでの交通機関代(私たちがたどった
方法。普通列車とタクシー代)を負担してくれるそうです。

ただし、ちゃんと、”言えば”だそうです。

(と、翌日出逢った、また別の日本人家族から、そのパターンで来たと聞きました)


ちなみに、フランス人もモン・サン・ミッシェルに来ていますが、冬はあまり行か
ないそうです。

また、行くときは、マイカーでいくところみたいですね!

対岸のホテルには、必ず大きな駐車場がありますから。

バスで行く人って、結局外国人なんですね~。だから、少ないんですね~
resutomon私たちの贅沢!モンサンミッシェルが見えるレストランでランチ!夜は高いから昼ならね!



(次回に続く)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。