小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(その4)~旅の病気:大人編
本には書かなかった世界一周ウラ話(53)♪
            ~テーマ別(その4)~旅の病気:大人編~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別に、始めました。

で、(その5)旅の病気:大人編。

1年間の世界一周。前回は子どもの病気の話だったので、今回は大人。

アレルギーやら定期的に起こる偏頭痛やら・・・持病がある私ですが、意外
にも旅では、1度ずつ酷いのがきたぐらいで、結構大丈夫でしたね。

お腹の方は、やはり、よく、調子を崩していましたが、これは、次第に、
慣れてきましたね。

苦しかったのは、おそらく、パパは、ペルーのクスコでの高山病。

クスコは、日本の富士山よりちょっと低いぐらいの、標高3360mもある
からですね。
子どもたちも、私も、高山病は大丈夫でしたが、パパは、丸1日ダウン。

余談ですが、パパはこの空気の薄さ、苦手?みたいです。去年の夏、富士山登
山したときも、一番死んでいました(笑)

私の勝手な意見?ですが、普段から、空気を多く取り込む生活をしている人は、
空気が薄くなると、余計に、吸うことを意識しすぎて、吸おう吸おうとしてし
まって、吸えなくて、苦しんでいるような・・・?

吸うためには、吐ききらないと吸えないんです。

人はあせると、吸いまくるんですね。

空気が薄くなったら、あせってはいけません。ゆっくり、吐いて、吐ききって、
ゆっくり、吸うんです。それをくりかえして、それに慣れて・・

私はそれをヨガで教えてもらっていたので、吸う前に、しっかり吐く、それに、
ゆっくり、と意識していましたね~。



さて、私がつらかったのは、アルゼンチンのカラファテで、氷河ツアーの途中
で、腰と背中がグキッとなったとき。

”ぎっくり腰&背中”です。

歩けるようになるまで4日ぐらい?かかったと思うのですが、あれは痛かった
ですね~。

でも、こんなもんでした。

だから、病院にかかることは、なかったんです。しっかり、海外旅行保険かか
っていましたが(笑)



昔、1994年の、私がひとりの世界一周のときには、海外旅行保険に助けて
もらったんですよ。

モロッコの奥地?で、水にあたって、ミネラルウオーターさえ受け付けなくな
って、風邪を引いて、のどが痛み、熱が続き、鼻血が頻繁に出て、中耳炎にな
るという、トリプルパンチ状態になり、チュニジアで、医者に診て貰いました。

海外旅行保険には、緊急医療サービスというのがあって、電話すれば、日本語
で対応してくれる、というもの。

しかし、チュニジアには、その窓口がなく、フランスへ電話をしなくちゃいけ
ないんです。

国際電話となると、まあ、いくらかかるのか、心配になりますよね~。なにし
ろ、ビンボー・バックパッカーですから・・。

窓口には、フリーダイヤルか、コレクトコールを受けてくれるようになってい
るのですが、当時のチュニジアのホテルからは、コレクトコールがかけられな
いんです。

で、自腹で、どうにか、スッタモンダして、やっと、かけられて・・・・

具合は最高に悪くて、耳が痛いのですが、もう、頭全体が、割れるように、痛
て・・・

そんな中、
「どうされましたか?」
という、日本人の女性の声・・・

ああ、助かった・・・と思いましたね~。

天からの神様の声に聞こえましたね~

電話に出た女性は、コレクトコールじゃないので、私の金銭的な負担をも考え
て、すぐ、かけなおしてくれました・・・。

で、私は、もー甘えました。

来たばかりで右も左もわからない。

痛くて動けない・・

だから、往診してくれるお医者さんを・・・・

お金もない・・・・と・・・

結局、往診してもらい、お医者さんとのやりとりも、全部、電話でその女性
から、通訳してもらったのです。くれました。

しかも、お金も、ぜーんぶ、保険会社と医者との間でやりとりしてくれて、
負担はなし。

ああ、あのときの、感動の気持ち、忘れられないですね~~~

ちなみに、その保険会社は、東京海上保険(現在は東京海上日動)です!
本当に感謝しています!

まあ、他の保険会社でも、緊急医療窓口なるものがありますので、これは
チェックしとくべきですね。



スポンサーサイト

(その3)~海外の花粉症と鼻炎
本には書かなかった世界一周ウラ話(52)♪
            ~テーマ別(その3)~海外の花粉症と鼻炎~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別に、始めました。

で、(その3)花粉症。

この間、歯医者さんで、海外では日本みたいに花粉症ってあるんですか?
って聞かれて、思い出しました。

私が今までいった国、季節ではなかったですね。

花粉症って、日本特有病?なんでしょうか

日本はスギがとても多いんですよね。


私も、今年、花粉症、多少きています・・・。


ガンになって以来、ガンを研究していると、私の酷いアレルギー性鼻炎や花
粉症にも行き着いてですね。いろいろ、対処しています。

その結果、去年は、うそのように、かるかったんです。

でも、今年は、去年より、あったかいからでしょうか、花粉の量も多いと聞
くし、やはり、治ってはいないですね。やはり、時々、苦しんでいます。



花粉症は、季節的なものですが、私は、アレルギー性鼻炎でもあるので、ア
レルゲン(私の場合、ダニやほこり)があると、ツライ症状が出るんです。

ダニやほこり、なんて、どっこにもあるから、1年中、鼻が不快だったです
ね。


今は、それも、だいぶ改善しているのですが、世界一周のときには、とにか
く、花粉症は、呼吸がマトモにできないぐらい、ひどかったんです。


花粉真っ只中の4月に鼻がつまって出発して、アメリカについて、うそのよ
うに、スーっと鼻が通ったときは、感動でしたね(笑)

そんな、花粉症と鼻炎症状、

世界一周していた1年間、アレルギーが出たのは、1回だけだったんですよ。


アレルギーが酷く出ると、熱まで出て、寝込むほど具合が悪くなるので、と
ても、心配の種だったんですが・・・

寝込んだのは、1回だけ!

場所は南米のパラグアイの首都アスンシオンにて。

とんでもないくらい、乾燥していたことも、関係あるでしょうね。

まあ、乾燥、ということでは、他の国でも、いくつもありましたけどね。


で、思ったんですが・・・・


なんでだろう・・・って。

ふと、思ったんです。あきらかに、違う点。

それは、歩く量。

旅しているときは、とにかくたくさん歩きますからね~。

そっか、歩けば、体があったまる。

私のような体質(内臓冷え性→水毒→鼻炎)でも、体がしんからあったま
ると、アレルゲンに、過剰反応しない?

根拠はありませんが、この1年、いろいろガンを調べていたことと重なっ
て、ふと、そうかな・・・と。

旅の病気は、ツライですね・・。

でも、長旅になると、ちょっとした病気って、けっこう、するもんです。

次回のテーマは、”旅の病気”をお話しますね。


ウラ話(51)♪~世界のトイレ
本には書かなかった世界一周ウラ話(51)♪
            ~テーマ別(その2)~世界のトイレ~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別に、始めています。

で、(その2)トイレ。

トイレネタ、といえば、一番有名なのは、中国。

昔、中国を旅したことものある女性は、きっと、きっと、中国のトイレのすご
さは、忘れられない?んじゃ・・・

私もそうですね~。

私が中国のすごいトイレと遭遇したのは、1993年ですからね~。

中国にまだ、人民元と兌換元(外国人紙幣)があったことですから・・・。

今は、観光地は、ちゃんとしたトイレがあるよ、と聞くので、ずいぶん変わっ
ているんでしょうね。

2番目は、やっぱ、インド?かな。


さて、この間の世界一周では、トイレで強力な印象はというと、グアテマラか
ら・・・南米ブラジルまで、トイレにトイレットペーパーを流してはいけない、
ってことですね。

トイレ自体は、水洗で、まあまあキレイだったり、スゴいとこもあったり、い
ろいろですが、

水圧が極端に低いんですね~。

要するに、勢いよく、じゃーーーーーっとは流れないんです。

だから、トイレットペーパーを流すと、詰まってしまうんですね。

そう、使用したペーパーは、流さずに、ゴミ箱にいれる、んです。


でも、でも、つい、ポイって、トイレの中に入れちゃうでしょ。何度詰まらせ
てしまったことか・・・。

でも、だんだんそれに慣れてきて、流さないのが、普通になって・・・。


で、南米大陸から、アフリカ大陸へ。

南アフリカのケープタウンについて、最初の驚きは・・・・

水圧!

じゃーーーーっと、流れるんです、ここは。

もちろん、ペーパーも一緒に。勢いよく、です。

いやー・・・感動ものです。

おもわず、
「ここのトイレ、すごいよ、流れるよ!」と!


不自由はいいもんです。有難さが身にしみますね(笑)


ウラ話(50)テーマ別(その1)世界のお水
本には書かなかった世界一周ウラ話(50)♪
            ~テーマ別(その1)~世界のお水~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別に、いってみようと思います。

で、(その1)は、「水って、飲めるんですか~?」とよく聞かれるので、
水の話。



答えは、NO。日本のように、水道の水が安全な国はなかなかないです。


でも、近年日本も、水道の水は飲まないわって人も、増えていますよね。

浄水器などをつけたり、必ずミネラルを買うという人もいるし、わざわざ、
湧き水をもらいに行くという人も、聞きます。


マンションは浄化槽が汚いよ、とかも聞くので、一概には言えませんが、生
で飲んでも、まずくなくて、まあ安全、というのは、すばらしいこと、有難
いことだと、私は思っています。


私は過去に、おそらく、生水が原因でのトラブルを、モロッコとイスラエル
で、2度経験しているので、原則、まよわず、ミネラルウオーターを買うこ
とにしています。

というわけで、その、生水トラブルを紹介(笑)

時は1994年のひとり世界一周のとき。真夏のモロッコ。

モロッコはアトラス山より北(カサブランカやマラケシュ)は、まあ、想像
できうる暑さなんですが、アトラス山脈を越えて南にくると、そこはサハラ
サバク。もう、むちゃくちゃな暑さになるんです。

冷たいミネラルを買っても、すぐぬるま湯になってしまうので、ぬるま湯を
飲むの、いやですよね~。

その南の町で、モロッコの人女性と仲良くなり、数日、泊めてもらって、食
事もご馳走になり、みんなが飲む水を、一緒に飲みはじめました。

みんなが飲む水は、冷蔵庫で冷やされているんです。水は必需品なんで、持
ってはいるけど・・・・、”ぬるま湯”になってますから、飲みたくない。

最初は、大丈夫でした。

しかし、じわじわと、お腹がゆるくなり、おかしいな、おかしいな、と思い
ながら、飲み始めて3日後には、それはそれは、おそろしい、腹痛となって
いったのです。

胃からっぽになっても下す、ミネラルウオーターさえも下す、激痛を伴う腹
痛です。

いやー、あの時は、本当に、タイヘンでした。

ちょっと回復したと思って、長距離バスで移動したんですが、痛みがぶり返
して、脂汗まみれになったあの経験は、二度としたくない(笑)

回復するのに、2週間はかかりました。
おかげで、やせて、よかったんですけど(笑)。で、水だけは、ちゃんと買
おうと反省したのです。


なのに、その、1か月後。ところは、イスラエルで、また飲んでしまったの
です・・・。

理由はモロッコとは違って、イスラエルって、先進国で、物価が高くて、ケ
チったんです。

みな貧乏バックパッカーたちは、その理由で、生水、ガンガン飲んでいまし
たし。

でも、私はモロッコの経験があるから、最初は、高くても買っていたんです。

でも、次第に、みんな飲んでいるし、お金も節約したいし・・・、結局、飲
むようになってしまいました。


そして、結果。

今度は、まったく、お腹、大丈夫だったんです。

しかし、肌が・・・・

ぶつぶつぶつ・・・・ぶつぶつぶつ・・・・ぶつぶつぶつ・・・

もともと肌は強いほうで、特にトラブルなかったのに、見るも無残なフキデ
モノ・・・。しかも、どんどん広がって・・・

いやーあのショックは忘れられません。これも、直るまで時間かかりました
・・。まったく・・・アホですね。


だから、みなさん、ケチらずに、水はミネラル買いましょう。

または、私のように、世界対応電気ポットで、一度沸かしたものを。

自炊するときや、コーヒーなどは、いつもその水道の水で作りますが、これ
でどーかなったことはないです。

ただ、煮沸水のお味は、・・・・保障しません。

時々、なんじゃ、この水の味は!、と思ったところもあります。特にコーヒ
ーはてきめん、まずいと飲めませんね(笑)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。