小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界一周ウラ話(59)♪ビザ取得舞台裏・カンボジア
本には書かなかった世界一周ウラ話(59)♪
       ~テーマ別(その10)~ビザ取得舞台裏・カンボジア~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別に、始めました。


で、(その9)ビザ取得舞台裏:国境でとれるカンボジアビザ


今度は、陸路で取るビザ。

陸路で国境を越えるのって、すっごく好きなんです。

だって、日本ではできないでしょ。県境みたいに、国境をまたがるの(笑)

ロマンありでしょ。



さてカンボジア。

カンボジアはタイからバスで行けます。

それも、カオサン(世界中の旅行者、バックパッカーが集まる通り)から、
ツーリストバスが出ているんです。

もちろん、バスターミナルから普通のバスもあって、そっちの方が若干安い
ですが、ターミナルまでの足代や時間を考えると、便利で安いツーリストバ
スはおすすめです。

カンボジアだけでなく、各方面、あちこち、出ています。

もちろん、カオサンにはたくさん旅行会社があって、日本語が通じるところ
もあるし、そこで予約、キップ購入できます。

で、そのカンボジアはシェムリアップ(アンコール遺跡群がある)までのツ
ーリストバス。

ひとり、約1050円。

朝8時に出発して、一応、夜8時の到着予定だが・・・

旅行会社の人いわく・・・

「まあ、ちょっと言いにくいんですが・・・到着は100%遅れると思って
てください。

理由は、まあ、カンボジアですから、しょっちゅう途中の村々に停まって、
休憩させて、お金使うように、仕向けているとか、いわれています。

で、なるべく、夜遅くに着いて、バスと結託している安宿が終着点になるん
ですが、遅ければ1泊だけでも、その安宿に泊まるようにしむけるため、
とか・・・

まあ、そこらへんは、我々には、関知できないので・・・。」

という感じ。なるほど~。


「それから・・バスはタイではデラックスバスですが、カンボジアに入った
ら、すっごいオンボロ車にかわります。道も、すごい道で、覚悟しといたほ
うがいいですよ」

お~いいね~、らしくて。

「そうそう、ビザは、国境でもとれますが、バス会社か、結託?している食
堂かが、代行してくれます。

もちろん、手数料は多少いりますが、国境で待たされなくてすみます」

と。

でも、このときは、私は、代行してもらわずに、自分取ろうと思っていたん
だけど・・・

実際は、代行してもらいました。

あ~~ラクチン(笑)

なぜ、自力でやんなかったかというと、暑くて、暑くて・・・、それに、
子どもたちが、バスでヒマをもてあまして、ビザ取得にたらたら待つことが
できそうにない、という判断。


結果、私たちには、正解でした。


国境、ものすごく混んでいて、しかも、炎天下の灼熱の中、バスがチェンジ
するんで、荷物を持って、国境をちんたら、歩かなくてはならないわけです。


タイ側を出国して、しばらく歩いて、カンボジアの国境で入国審査は長蛇の
列・・・。

蒸し熱い、不快な空気をかきまわすファンがうらめしいほど、息苦しい空間
で、・・・

ただ、待つ・・・待つ・・・・待つ・・・・・・・・・・・

というわけで、気が短い人、暑さに弱い人、子ども連れの人は、代行がいい
かも。

若い人は、ぜひ、カンタンに取れるそうなので、トライするといいですね!


スポンサーサイト

テーマ別(その8)~ビザ取得舞台裏・ジンバブエ国境
本には書かなかった世界一周ウラ話(57)♪
       ~テーマ別(その8)~ビザ取得舞台裏・ジンバブエ国境で~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別に、始めました。


で、(その8)ビザ取得舞台裏:国境で取れる(当時)ジンバブエビザ。



さて、ジンバブエは、アフリカの真ん中よりちょっと南にあります。

私たちの世界一周の順番からすると、南アフリカ共和国ーナミビアーの次。


そう、ジンバブエビザは陸路の場合、国境でカンタンに取れる、と聞いて
いました。

なのに、なのに、ナミビアの首都ウイントホックのジンバブエ大使館は、

「国境では取れない、ここで取らないといけない」

とゆーんです。

なので、取ることにしました。

ビザ申請から発給まで、なんと、7営業日もかかるんです。もちろん、土
日は休み。しかも、情報より高くて・・・ひとり約7200円もする!


で、しっかり取得して望んだ国境。

ぬあーーーんと、やっぱ、国境で、か~んたんに、みな、もらっているん
です。

しかも安い。ひとり30米ドル(当時約3500円)。半額じゃん・・

んもー・・

あ~あ

しかも、知らなかったことに、ナミビア発ジンバブエ行きは、ボツワナ
(ビザ不要)を通るのかと思っていたら、サンビア(ビザが要る)を通
って、ザンビアビザ(国境でカンタンに取れるが、25米ドル:2900
円)まで、必要だったんです・・


ちなみに、”ビザ”というものは、大人子ども同料金。(今まで行った
経験により)


でも、なんでか、ザンビアの国境の審査官は、4人家族だと言うと、子
ども分は必要ないと言ってくれた????

まあ、それを、救いとしよう(笑)

さすが、アフリカ。

これが、アフリカ。

一筋縄ではいかぬ・・ところが面白い。(と思うっきゃない・・)



7)~ビザ取得舞台裏・パラグアイにて
本には書かなかった世界一周ウラ話(56)♪
        ~テーマ別(その7)~ビザ取得舞台裏・パラグアイにて~


biza

本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別に、始めました。


で、(その7)ビザ取得舞台裏:パラグアイでブラジルビザ。



”ビザ”ってなかったらいいのにーと思いますよね~


ブラジルは”ビザ”が要るんで、南米の他の国には行ってもブラジルは行かなか
ったっていう人が結構いるぐらいです。

手間とお金、どっちもかかるからですね~・・・



長旅の場合、原則、ビザが必要な国に行くときは、その手前の国の大使館などに
出向いて、取得します。

手前がダメなときは、その手前でとか、又は、条件が取りやすい国でとか、いろ
いろです。

陸路で国境を越えるときには、その国境で取得できる場合もあるし、空路で入国
する場合は、空港で取得できる国もあります。

すべて、流動的です。いつ、変わるかもしれないんです。



世界一周出発前、ブラジルビザをどの国で取ろうかと、いろいろ調べました。

その結果、一番、早く、すんなり取れそうだったのが、パラグアイの首都アスン
シオンだったわけです。

今は、インターネット上で、いろんな情報が得られるので、ほんと、便利ですね~


さて、ビザの申請で大変なのが、その大使館や領事館の稼働日や稼働時間。


大体、土日祭日はお休みだし、夕方は5時とか6時とか。また、ビザ申請日が何
曜日のみ、という、毎日やってくれないときも・・。

それに、もちろん、出向くわけですから、場所を調べて、探すことになります。

めんどくさいね~

とお思いでしょうが、こういう、一見めんどくさい、時間のムダ?っぽいことに
実は、旅の宝物?(出会い)があることって、けっこう、あります。

だから、私は、好きなんです・・・



そうすべて順調?、予定通りに、パラグアイのアスンシオンのブラジル大使館で
申請を済ませたわけですが・・・・・、受け取ってみて・・・・

えーーー!!??

60日!

うっそー

なんでーーー90日じゃないの!

そう、ブラジル観光ビザは、通常、90日有効のビザがもらえるはずなのに、
私たちのパスポートにおされたのは、60dias(days)という、手書きの文字
・・・

もちろん、何でかと、理由を聞きました。

しかし、係員は、ブラジルビザは、ここでは、60日だ!というんです。

それじゃーーー困るんです~~

90日、ほしいんです!

と食い下がる私・・・。

どうしようもないとは、感じながら・・・

で、どうしようもありませんでした。

私たちは、パラグアイのあと、ブラジルに1か月は滞在するし、そのあと、ウル
グアイとアルゼンチンを回って、再度ブラジルに戻って、アフリカへ飛ぶ予定。

それには、90日の有効期限がほしかったんです。

60日じゃー、間に合わない!

間に合わなければ、もう一度、ブラジルビザを取らないといけなくなる。

そう、だって、ビザ代、当時のレートで、7700円もするんですよ!それを
4人分で、子ども割引とかないし・・・



というわけで、私たちは、ブラジルに1か月、アルゼンチンは結構駆け足でめぐ
ることになりました。

まあ、こんなことも、あるんです、それも、すべて、よし!(笑)


ちなみに、当時は、ボリビアのブラジル大使館なら、90日有効のビザが取れた
そうです・・・。

これから、しばらく、この60日有効に、振り回されることになるんですよ(笑)

何事も、出会い、出会い(ふふふ)


ウラ話(55)♪6)~旅先でビザを取る~
本には書かなかった世界一周ウラ話(55)♪
            ~テーマ別(その6)~旅先でビザを取る~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別に、始めました。


で、(その6)旅先でビザを取る。


旅好き?歯医者の先生から、

「ビザって、どうするんですか?日本で全部取得していくんですか?」

と聞かれたので、そのお話を。


”ビザ”とは、”査証”のことで、その国に入国する前に、取得しておかな
ければいけないもの。

大使館や領事館で申請したり、空港や国境で取れる国もあります。


昔と違って今は、ビザが必要な国が減ってきたので、ずいぶんラクにはなり
ましたね。


どんなものかというと、小さめの出入国のスタンプとは別に、大体パスポー
ト1頁に、ど~んとハンコやシールになっています。


短期の旅なら、日本でとっていきますが、長期だと、旅をしながら、海外で
ビザを申請、取得していくんですね。


国によって、必要書類や、有効期間など、さまざまな条件が違うし、それら
が国の情勢によって変わるものなので、新しい情報を手にいれる必要もある
のです。


日本だと、旅行会社に相談すれば、手数料がいるけれど、ぜんぶ代行してく
れますが、海外では、自分でやんなきゃいけないんですね。

まあ、でも、それも、出会い。


けっこう、面白いですよ。


次回から、具体的に、私たちが苦労した?いや、苦労しなかった、ビザの舞
台裏?を書いていきますね。




次回のテーマは、”ビザ取得舞台裏:パラグアイでブラジルビザ”をお話し
ますね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。