小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


近況:ゆるす、ということ。
近況:ゆるす、ということ。

先日、たまたま、見ていたテレビに、松本サリン事件の被害者であり、犯人と
疑われ、大変な目にあった、河野さんが、刑期を終えて出所した加害者(サリ
ンをまいた実行犯のオウム真理教の元信者)の人を、”受け入れ””許す”と
選択をした話を、見ました。

涙が出るほど、驚きました・・・

そして、感動しました。

この人は本当に・・すごい人だと思いました・・・

自分の人生をめちゃめちゃにした人と、友達になる選択をしたのですから・・。

いろんな意見があるとは思いますが・・・

私は、アキ・ラーのことが頭に浮かびました。

アキ・ラー(アキラと呼ばれている)というのは、カンボジア人で、
5歳でポルポト軍に両親を殺され、連れて行かれ、生き延びるために、少年兵
として、戦争を強いられてきた人です。

彼は20歳になるまで、生き方を選べなかったと。


私たちの本「それゆけ小学生!ボクたちの世界一周」にも出てきますが、

彼は、今、30代後半?ぐらいでしょうか・・・今は、知り尽くした地雷を、
素手で、カンボジア中の地雷を撤去しようと、無償で活動しています。

また、地雷のおそろしさ、地雷とはどんなものなのかをすべての人に知らせる
ために、安全処理をした地雷を博物館に展示し、

地雷の被害にあった子供たちを、引き取ったり、預かったりして、一緒に住ん
で学校に行かせたりして、地雷や戦争のない世界になるように、活動をしてい
ます。

彼のことは、三省堂から出ている「アキラの地雷博物館とこどもたち」に詳し
くあります。

http://mijikaku.jp/?JqP5fg


戦争とはどういうことか、ポルポトはなぜこんなにひどいことをしたのか・・

それが、アキラの視点経験から、具体的に記してあります。


そして、何より、私が驚いたのは、親を殺した人を、許す、ことが書いてある
んです。

ポルポト支配時代で、人を殺すことを強要された時代・・・

生き方を選べなかった時代・・。だから、許します、と。そして今は友達、と。

というそのアキラの話に、とても衝撃を受けたのです。


ゆるす・・・

なかなかできないことですよね。

だから、戦争は終わらない。

報復の報復の報復・・・・・で、終わらない。



アキラの本も、ぜひ、よかったら、読んでください。

カンボジアに行かれる際は、アキラの地雷博物館、ぜひ、行ってみてくだ
さい。


スポンサーサイト

人生を変えた旅 第9話:家族で世界一周の誤算と奇跡
本には書かなかった世界一周ウラ話(69)♪
  ~テーマ別~人生を変えた旅 第9話:家族で世界一周の誤算と奇跡
     


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメな
ど)で、つづっています。


で、前回から、人生を変えたターニングポイントになった旅の話。

第1話は私の旅の原点「初の海外旅行、夜のラスベガスで迷子に!」
第2話は「インドで死体チリチリ] 
第3話は「初めて旅をやめたくなった・・・中国」
第4話は、1994年、29歳の世界一周の背景。
第5話は、女29歳、自分探し世界一周:前編
第6話は、女29歳、自分探し世界一周:後編
第7話は、子連れバックパッカーになるきっかけのミャンマー旅
第8話は、家族世界一周への背景、でした。

そして、今回第9話は、その世界一周の奇跡と誤算。

(世界一周の具体的な話は、ブログのカテゴリに順に国別にあります)

(7話以降の、子連れバックパッカー=世界の子ども支援訪問の話は、
また別に訪問施設ごとに書こうとおもっています。


そうこうして、世界一周へ、私たちは旅立ちました。

今、振り返れば・・本当に、よく、1年間、私のカラダもちましたね(笑)

当時は、1か月の中で、1週間は、体が起き上がれないほど、具合が悪か
ったし、鼻炎がすごくひどくなりがちで、熱まで出て、寝込むことも、よ
くあったし、偏頭痛がひどく、かなり強い薬を飲まざるをえず、そして必
ず胃がやられる・・・。

それなのに、世界一周中は、奇跡ですね。

だって、病院に一度もかかってない、鼻炎がほとんどでなかった、風邪も
偏頭痛も一度だけ、熱もない・・・

ぎっくり腰&背中はやっちゃったけど、それも軽かったし・・

ほんと、ようがんばった!




大きな誤算も、ありましたね・・

この間の私が主宰する旅の交流会で、たまたまその話になって、大笑いに
なったのですが・・・

それは・・・

宿探し。

バックパッカーにとって、宿探しって、結構楽しみなんですね。

どんな宿に出逢うか、というのは、どんな人に出逢うかぐらい、楽しみ。

それも、私のように、言葉に自信がないと、宿探し、というきっかけでで、
出逢いってあるからです。

それに、いい宿にめぐりあえると、それだけで、幸せ感じるし(笑)

(いい宿の定義は、人それぞれでしょうが)

とにかく、宿探しは、私のとっては、メインイベントのひとつ、なんです。


なのに、家族旅に、宿探しは、苦労であり、めんどくさいことであり、も
めごとであり、いつもブーイングだったんです!

これは、私にとって、思いがけない、誤算(笑)


子どもが小さいときは、世界一周の前の年(2005年のラオス)までは、

右向け右!

でよかったんです。

でも、小学校5年にもなると、いろんな判断をしだすころで、そういう時
期ということも知らず・・・、パパは、大きな子どもだし、ね(笑)

だから、私が大好きな”宿探し”で、こんなにモメるなんて、本当に、つ
らかった・・。


それと、家族4人のスペース、というのは、結構、びみょー、なもんだな
あと感じましたね。

ひとり旅なら、ほんと、なんでもいいし、ガマンもできるんですが、

4人いると、やっぱ、ある程度、快適な空間ってほしいもんです。

窓がないと、息がつまる感じになったり、はずれの宿になった時には、家族
4人クラーく?なるしね~。

また、2人だったら、宿は探しやすいけど、4人というのは、こっちはよくて
も、普通のツインの部屋には入れてもらえなかったり、入れてもらえても、
足元見られて、別料金取られたり、とか、ありましたね・・


とにかく、宿探しには、いろんな場面、思い出あります。

思い出になったということは、誤算も、よかったということかも、ですね。

今は、その誤算を克服して?、新たに、母子バックパッカーやっています。

この夏は、3人で、ヨルダンへ!

やっぱり、宿探しって、楽しみ~!(笑)



人生を変えた旅 第8話:家族で世界一周の決意
本には書かなかった世界一周ウラ話(68)♪
  ~テーマ別~人生を変えた旅 第8話:家族で世界一周の決意
     


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメな
ど)で、つづっています。


で、前回から、人生を変えたターニングポイントになった旅の話。

第1話は私の旅の原点「初の海外旅行、夜のラスベガスで迷子に!」
第2話は「インドで死体チリチリ] 
第3話は「初めて旅をやめたくなった・・・中国」
第4話は、1994年、29歳の世界一周の背景。
第5話は、女29歳、自分探し世界一周:前編
第6話は、女29歳、自分探し世界一周:後編
第7話は、子連れバックパッカーになるきっかけのミャンマー旅  でした。

で、8話、家族世界一周へ・・・。

7話以降の、子連れバックパッカー=世界の子ども支援訪問の話は、また別に
訪問施設ごとに書こうとおもっています。


さて、家族で世界一周。

言いだしっぺは、私だと思われていますが、実は、パパなんです。

パパは旅人でもなく、バックパッカーでもなく、子連れ旅も、母子旅行で
行ってましたから・・。

きっかけは、福岡西方沖地震。2005年3月

それと、2005年2月に亡くなった、飯島夏樹さんのこと・・

(2004年10?月ごろ、テレビでドキュメンタリーで、ご本人の、末期
がんの闘病生活が放送されているのを見、そして、最後までつづられていた
ブログを見ていて、亡くなったことを知った)

(著書「天国で君に逢えたら」他。映画「LIFE~天国で君に逢えたら」にも
なった)

それと、2004年、同世代、または私たちより若い身近な人の病気やガン。

重い心臓病で余命宣告された友人、ガン闘病するために仕事を整理した友人、
抗がん剤で髪が抜け落ちた友人、ガンが転移した知人。

それらの出来事がすべて影響して、

人生は一度

人はみな死ぬ

ことを、決して、遠くはないのだと、実感したんです。

だから、パパは、福岡地震の1週間後、いきなり、

「1年後、来年の4月から、家族4人で、1年間、世界一周しよう」

と。


私は、最初、「なんばいよっと?」(何を言ってるの?)と、思ったもので
す。

だって、子どもたちは小2小4、義務教育中なんです。

また、お金もたくさんあるわけでもないし、仕事だって、やっと、10年の
下積み?から、芽が出てきたばかり。

当時は、念願の本(経済書:「小さな会社儲けのルール」)が出て、それが売
れて、やっと、仕事が入ってくるようになったころ。

これから!!というときに、1年間、いないなんて、どうなるのか・・・

行って帰ってきて、どうするのか・・

とも。



私の頭は、最初だけ、常識的に、そんなこと不可能、と思っていました。

でも、ちょっと落ち着いて考えたとき、私は・・・

これはチャンスではないか?

と思いました。


実は、福岡で地震が起きる4か月前、私は、抗ウツ剤の長期服用、
長期依存のために、内臓機能低下が起きていて、結果、日常生活ができな
いほど背中に痛みが走り、呼吸が普通にできないほどで、病院と、針灸に
通っていました。

そして、徐々に、抗ウツ剤をやめていく努力をしていました。

地震が起きたときは、薬をやめることができたころ。


私は、人生を変えたい、自分を変えたい、と、強く思っていたのです。



"家族で世界一周"と、夢のような話に聞こえると思いますが・・・

夢のように楽しいはずはない、と、私はわかっていました。

パパは、私に、全面的に、おんぶにだっこ、するつもりが見え見え?(笑)
でした。

ひとりで世界一周(1994年)に行っているんだから、家族で世界一周
なんて、ちょろいもんだと、思っていたと思います。

しかし、ちょろい、はずがないのです。

子どもが一緒というのは、やはり、とても、大変で、責任も重いし、苦労
も多く、体力的にも、精神的にも、消耗も多いのです。

それを、薬依存で、体はボロボロ、精神不安定な私が、果たして、指揮を
とれるのだろうか・・・

できない

自信がない


そう思いました。

しかし、チャンスかもしれない、とも思いました。

出発まで1年あるのです。出発を目指して、もう、安易に薬にたよること
なく、少しでも、健康を取り戻すための、目標としては最高にいいのでは
ないか・・と。


また、時期的にも、小5と小3。中学生になったら、生活も変わるし、忙
しくもなるので、今が一番、いいのではないか。


そして、仕事は・・・

実は、私は、あまり不安には思っていませんでした(笑)。

今までも、結婚して、自営になって、10年。そううつのパパは、”そう”
で、調子に乗りまくり、そして破壊し・・・

”うつ”では、引きこもり、仕事を断る、という繰り返しでしたから・・

それでも、なんとか、生きている、会社はつぶれていない、(これは、
周囲のたくさんの方のおかげ)ので・・。


で、行こう!

本当に、1年後、出発しよう!

と私。

(いろいろ書きましたが、決心するまではすぐ)

子どもたちの反応は・・・

それまでも、1年に2回ペースで旅をしていたので、興味を持ち始めてい
て、もっと長く、もっといろんな国へ、という気持ちになって
いたので、

やったー!

と。

学校や友達、サッカーが大好きなので、1年間というのに、なんて言うか
な?と思いましたが、二人とも、行きたいと。


そうして、家族4人の気持ちが固まって、学校に相談へ行き、理解をもら
うことができ、

忙しい仕事の合間をぬって、1年間の綿密な?計画・下調べしながら、薬
に頼ることなく、体を治して、世界一周へ挑戦する日の向かっていったの
です。

テーマ別~人生を変えた旅 第6話:女29歳、自分探し世界一周:後編
本には書かなかった世界一周ウラ話(66)♪
  ~テーマ別~人生を変えた旅 第6話:女29歳、自分探し世界一周:後編


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメな
ど)で、つづっています。


で、前回から、人生を変えたターニングポイントになった旅の話。

第1話は私の旅の原点「初の海外旅行、夜のラスベガスで迷子に!」
第2話は「インドで死体チリチリ] 
第3話は「初めて旅をやめたくなった・・・中国」
第4話は、1994年、29歳の世界一周の背景。
第5話は、女29歳、自分探し世界一周:前編

そして、第6話、後編!

前半は、29年間生きてきて、人生最大の挫折&人間不信。まさに現実逃避の、
日本出発!

すると、面白いぐらい、来る日も来る日も、なんだか、ラッキー、ついてる、
順調・・・

なのに、それが、物足りない。何か足りない。

アフリカに入って、まさに、もみくちゃ・・旅することに必死に。そして、病気。
ひとりで超えなくてはならない苦しみ。出逢い、彼(今のダンナ)との再会、別
れ・・・

そして、また、ひとりになったところまで。  でした。


これから、不思議なこと、つづくんですよ。そして、悟りの境地(笑)にいくん
です。

きっかけは、彼が日本から持ってきてくれた1冊の本。

「般若心経 人生を強く生きる101のヒント」

書いたのは、公方俊良さんというお坊さん。


当時の私は、今とは違って、まあ、多少イケイケガンガンタイプで、宗教の”し”
の字も思いつかない、ような、人間でした。

そう、興味はまったくなし。

その本は、実は、彼の家の机のはしっこで、見かけたことがありました。

彼の家にはたくさんの本があったのですが、こういうジャンルを読むのかと、意
外な気持ちがしたものです。

で、手にとって、めくったものの、

漢字が多っ!

と思って、すぐ閉じました。

しかし、日本語に飢え、活字に飢え、漢字に飢え、本に飢えていた私には、その
1字1字が、ものすごく、心地よく、潤してくれるような・・・まるで文字に?
吸い込まれていくような・・・


そして、涙が出てきました。

ひとつ読んでは、胸がいっぱいになり、涙で読めなくなりました。

ギリシャから、船で2泊3日、アドリア海を船でわたり、イタリアの南の田舎へ
着き、歩いて、列車にのって、ミラノに着くまで、

私は、何度も何度も、その本を読みました。

これだったのだ、と思いました。

すべては、その本に書いてありました。

一番最初に目が覚めた言葉は、

”諸行無常”

あらゆるものは移り変わる、ということ。

私をがんがらじめにしていたものが、過去への執着、だと気づきました。

そこからは、もう、気づきのラッシュ(笑)


今までずっと堂々巡りして、どう受けとめたらいいのか、これからどう生きたら
いいのかという自分の問いに、たくさんのヒントがあふれていました。

ミラノへ着き、オーストリアへ入り、ハンガリーへ向かい・・・

ひたすら本を読みながら、前に進み、人と出逢い・・。

そして、ハンガリーのブタベストで、私は、ひとつ決心をしました。


靴をすてること。

それは、過去を捨てること。

(この靴の話は、詳しくは、HPに。http://www.hf.rim.or.jp/~kaya/hint38.html

この日を境に、私の旅は、折り返しました。

日本に近づく旅に。

日本でもう一度がんばろうと。


その後、ハンガリーからウクライナ、ロシア。

シベリア鉄道で、モンゴル、中国。

いろいろありました。いろいろあって、時には途方に暮れて、たくさん助けられて、
時には怒って、情けなくなって、戦って・・・

でも、それが、自然でした。

ムリしていない自分。

私は、答えを出すことができたんです。

すべては必要だった。いいことも、そうえないこともすべて。

もう一度、がんばろう。

もう一度・・・。


※”般若心経”の本は、実は、ダンナの亡くなったお父さんの形見。


※このひとり世界一周記はブログではなく、元祖HPにあります。
よかったら、読んでね♪
http://www.hf.rim.or.jp/~kaya/midashi.html



人生を変えた旅 第4話:女ひとりの世界一周のきっかけ
本には書かなかった世界一周ウラ話(65)♪
     ~テーマ別~人生を変えた旅 第4話:女ひとりの世界一周のきっかけ


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメな
ど)で、つづっています。


で、前回から、人生を変えたターニングポイントになった旅の話。


第1話は私の旅の原点「初の海外旅行、夜のラスベガスで迷子に!」

第2話は「インドで死体チリチリ] 

第3話は「初めて旅をやめたくなった・・・中国」でした。

第4話は、1994年、29歳の世界一周・きっかけ(この話は長くなるの
で、きっかけと、実際の旅と、2回にわけますね)。


このときの旅は、本当に、すごかった(笑)。あとにもさきにもこれほどの
旅はないと思えるほど・・・。

ものすごい、学び、気づきの連続の旅だったのです~。

背景を書くと、もともと私は、世界一周するような、勇気や計画性のある人
間ではないんです(笑)

おまけに、外国語が苦手・・・、ひとり暮らしで貯金もわずか・・。

さらに、カレシがいない・・。

これは、旅に出るにはプラス要因。



私は仕事大好き人間だったのです。何より仕事が第一?

26歳のとき、私は、26年の人生で最大の挫折を経験しました。人が信じ
られなくなりました。すべてが怖くなり、安易にお金を稼げる、クラブのホ
ステスになりました。

それも、年齢を23歳といつわって・・・(すんません)

昼間は、毎日英会話学校に通いました。プライベートレッスンを受け、その
時のアメリカ人の先生を通じて、たくさんの外国人と友達になりました。

ありとあらゆるテレビやラジオの英会話講座を録画録音して、そればかりを
聞き、他のテレビ番組は一切見ないようにしていました。

とにかく、英語がしゃべれるように、なりたかった・・・。

しかし、英語は残念ながら・・・なぜかまったく上達しなかったけど・・・、
外国人と雰囲気的にコミュニケーションをとれる?(どんな状態じゃ・・ははは)
ようになったような・・・。

でも今思えば、この時期があったからこそ、しゃべれなくても、旅ができている
のかもしれませんね?

英語を勉強してどうしようとか、どうなりたいとか、これからどうするのか、
何も展望がないまま、毎日テキトーに流された1年。


そして、ひとつの出逢いがありました。

それが、お水から足を洗う、JRのビートルに入るきっかけになるんです。

でも、”もう、サラリーマンになれない”と思うほど深い傷はパックリあいた
ままでしたから、何度も断ったんです。

私にはできない、自信がないと・・。

でも、その方は、あきらめずに私の話を聞き、説得してくれました。

で、お水の世界からの脱却を果たしたのです。


そして、ビートルで働いた2年半はものすごい幸せでした。

同時に、夢を思い出したんです。自分の旅行業を立ち上げる夢。


そして、同じ夢を分かち合う友人がいて、私たちは、夜専門学校に入り、旅行業
の国家資格試験に向けて勉強を始めました。


そして、28歳。

私たちは、旅行会社を開きました。


会社を作るのは簡単。タイヘンなのは、お客さんをみつけること。

だから、がんばりましたね~、あのころ・・。

ありとあらゆる異業種交流会や勉強会、セミナー、会合、もちろん自腹ででまく
っていました。

一生懸命、出会いを大切にして、名刺交換をしたら、お礼のはがきを即日に出す。

はがき攻撃は、教えてもらったもの。とにかく、毎日毎日人と会い、人と会える
ところへ行き、名刺をもらって、はがきを書いた~書いた~

なんとか、お客さんが、生まれ始めました。

なんとか、順調に、流れ始めました。


でも、大切な、大切な、友人との間が・・・

うまくいかなくなったのです。


私は、もう、退くことしかできなかった。たった1年で、またまた人生
最大の挫折。



もう、どう生きたらいいのかわからなくなりました。

29年間、私は、いったい、何をしていたのだろう、29歳にもなって、
29年間も生きてきて、29年間が間違っていたのではないかと、

自分で自分の人生そのものを否定しました。

すべてを失った、大切な信頼する友人も、仕事も、応援してくれたたく
さんの人も、すべて失ったと思いました。

本当に申し訳ない気持ちで、

つらかったですね~


でも、これがあったからこそ、私は世界へ飛び出たのです。

これがなかったら、世界一周する勇気なんてないかった。


まあ、やぶれかぶれ?、現実逃避・・ですね(笑)




しかし、苦しみがなくなるわけじゃありません。旅をしながら、堂々巡
りが続くんです。

だからこそ、学びが多かったんですね。

その話は次回。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。