小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年夏♪ヨルダン報告(9)アンマンの街とヨルダン総評
2009年夏♪ヨルダン報告(9)アンマンの街とヨルダン総評


さて、ヨルダン旅は、日記形式ではなく、事柄別に分けて、難民支援、ペトラ、死海、
アンマン、安宿コーダホテル、ラマダン・・・、という感じで、つづっていこうと思
います。

(1)ヨルダンへの長い道のり
(2)と(3)は、私が一番感動した難民支援の現場。
(4)灼熱のペトラ、の攻略?法
(5)子どもと絶景inペトラ
(6)コーダホテル
(7)ラマダンのつらさ
(8)ラマダン最中に死海へ・・・


   ※絶景写真は、ブログで見てね~! http://kumemuga.blog60.fc2.com/

で、今回(9)アンマンの街とヨルダン総評

一言で言うと、ヨルダンはほんと、とってもいい国です。

私のイメージからすると、男性社会のアラブの国には、旅人にとっても親切で、ここ
までやってくれるのか、というほど、優しいのですが・・・

反面、外国人女性に対するしつこさや、ギラギラ?視線に辟易することも、経験した
こともあったので、

ヨルダンもそうかと思っていました。

でも、違いましたね。

ヨルダンの男性は、かなり、紳士的です。あまり、よってこない(笑)ですね。

もちろん、聞いたら、とても親切に教えてくれるし、案内してくれます。

だから安心して、自分のペースで歩ける国ですね。

でも、タクシーにはちょっと注意が必要かな。

注意と言っても、ぼったくり、に、ですね。キケンなことは全くなかったです。

かなり、足元みてますね(笑)

結託してもいますね。

バスターミナル発は、ぼったくられる・・・(笑)

例えば、街からバスターミナルはメーターで行ってくれるけど、バスターミナルから
乗ろうとするとぼったくりますね。

アンマンでは、バスターミナルの客引きは無視して、ちょっと歩いて道路で、ひろう
といいです。

例えば、観光地のタクシーは、それでもダメ。メーターあるのに使ってくれないです。
観光地のタクシーいわく
「メーター使うのは、アンマンだけだよ!」だって。

逆に、首都アンマンでもなく、観光地でもない、私たちが言ったザルカという街では

タクシーはとってもフレンドリーで、もちメーターで走ってくれるし、最初の金額は
安いし、本当に、すばらしかった!

ぜひ、アンマンでもなく、観光地でもない、街にちょっと行ってみるといいかも・・
(まあ、行かないか・・。笑)




全般的に、治安はいいですね。

いいとは聞いていたけど、・・ほんとうにそう。

イラクとイスラエルに間にあって、中東のシェルター的存在になっているのもうな
づけますね。

ヨルダン人より、イラクやパレスチナ難民の人が多いそうです。

これだけの難民を受け入れて、一緒にがんばろう、というのは、タイヘンなことと
思います。

私たちが訪問した、イラク難民支援の活動の現場で聞いたのですが、

戦火から逃れてきたイラクの人たちの心のケアをしているのですが、その受け入れ
る側のヨルダン人にも、その苦しみや悲しみや恐怖を、理解することが必要で、

そのために、一緒に、プログラムを組んで、苦しみや悲しみや恐怖の経験を、受け
入れる側のヨルダン人の子どもたちも、聞いてあげるのだそうです。

経験した苦しみや悲しみや恐怖は、消えないけれど、人から聞いてもらう、人に一
緒泣いてもらう、人にはげましてもらう、ってことが、

きっと、乗り越える力になっていくんだなあ、と思いました。

そうそう、それから、当時みんなヨルダンからイスラエルにじゃんじゃん行って
いましたね~

バスで行けるんです。

今なら、パスポートにハンコを押されない、という生情報があって。

それはどういうことかというと、ヨルダンは日本人2週間までビザなしで入国
できるのですが、その2週間で、イスラエルにもいっちゃおう、と。

パスポートにイスラエルの入国スタンプがあると、他のアラブの国(シリアやレ
バノン)に入れなくなるので、スタンプが押されるかどうかは、世界放浪して
いる人にとっては大切なんですね。



治安よし、人よし、遺跡も自然もすごい!そして、ヨルダン、いい国ですよ!


(ヨルダン旅行記おわり)

スポンサーサイト

死海フォト
ヨルダン側死海!です!クリックすると大きくなります)
shikaiirikuchi死海パブリックビーチ。隣には倍するプール付ビーチあり。
shikaizentaiザ・死海!
shikaitakauku浮いた浮いた!
hikaukuぼくも!
nametahikaう!なめてしまった!すっげーまずい
takushioyajiタクシーのおじさん、一番はりきってる・・・
doropaku泥パックしよ
drohikaどう?
dorotakaぼくのにきび治してね!


2009年夏♪ヨルダン報告(8)ラマダン最中に死海へ・・・
2009年夏♪ヨルダン報告(8)ラマダン最中に死海へ・・・


さて、ヨルダン旅は、日記形式ではなく、事柄別に分けて、難民支援、ペトラ、死海、
アンマン、安宿コーダホテル、ラマダン・・・、という感じで、つづっていこうと思
います。

(1)ヨルダンへの長い道のり
(2)と(3)は、私が一番感動した難民支援の現場。
(4)灼熱のペトラ、の攻略?法
(5)子どもと絶景inペトラ
(6)コーダホテル
(7)ラマダンのつらさ


   ※絶景写真は、ブログで見てね~! http://kumemuga.blog60.fc2.com/

で、今回(8)ラマダン最中に死海へ・・・


真夏の”ラマダン”は、ほんと、きついはずです。それを、分かっていながら・・・

しかしながら、私たちは、死海に行かなくてはならない・・・

行きたいが・・・今日は、よしたほうがいいかも、と宿のロアイ。

そう、ラマダンに入った初日は、とにかく、動かないほうがブナンだと・・。

そっか、じゃあ、あさって(ラマダン2日め)にしよう、と思っていたんです。

でも、その日(ラマダン前日)の宿のリビングで、

「どうする?~明日の死海、あきらめるか~」
「4人、集まらんから、タクシーはむりやね~」

というここに泊まっているらしい男女の日本人会話。

聞くと、その彼女は、世界一周航空券で旅をしていて、あさっては、フライトを
とっていて、ヨーロッパに入ってしまうのだと。

彼の方は、まだヨルダンにいるらしいが、その出会った彼女と死海にいこうかと
計画しているらしい。

で、タクシーをチャーターしようと思うが、4人集まらないと、高いので、

どうしようか~、となっていたのです。

明日からは、ラマダンに入ってしまうので、パブリックの交通は、アテにならな
い(ちゃんと動くか?どうか、びみょーらしいのだ)

あさってなら、ラマダン2日めで、大丈夫と、宿のロアイが言うので、私たちは
あさって、パブリックバスで行こうと考えていた。

でも、目の前に、2人死海に行きたい人がいて、私たちが一緒にいけばタクシー
チャーターで、いける、ということだから、まあ、それも縁!

で、行くことにしたんです。

要するに、タクシーに5人乗って、5で割れば、パブリックよりちょい高ぐらい
で収まるというわけ。

ロアイいわく、ラマダン当日とは、おすすめしないが、2日めなら、モンダイナ
イ、というのかは・・・・?

やっぱ、初日が一番イライラするってことかなあ?

まあ、わかるような気もする。

というわけで、日本人5人、宿の近くで、タクシーに声をかけて、交渉開始。

実は、ヨルダン人はみなフレンドリーかつ紳士かつ親切なんですが・・・

タクシーとは、ちょっとした、問題が多くおきているそうです。

まあ、要するに、高くふっかけてきたり、道を知らなかったり・・・するんですね。

メーターはありますが、使ってくれなかったり、するわけです。

だから、乗る前に交渉しなくちゃいけないんです。

で、私たちの交渉金額はタクシー1台25ヨルダンディナール(3400円)。

それが、相場だと、ロアイからも聞いているし、情報ノートにも載っている金額
です。

でも、停めたタクシーのおやじは、35と言い張る。

じゃあ、いいよ、他のに乗るからと去ろうとすると、それが30になり、

25じゃないと乗らない、といって、他に行くと、しぶしぶ、25に。


まあ、このおやじ、道は知らないわ、死海に行ったことないわ、お金のことは
いつもブチブチといつまでもいつまでもぐちるわ・・

まあ、どーしょーもないおやじ(笑)

どうにか、死海にやっとたどり着いたら、

いの一番に自分が死海に飛び込んで、体を洗って、ドロパックもやってる!(笑)

というわけで、

次男の夢、死海でプカプカ浮かぶ!!!ということを、実現できました!

ペトラ遺跡観光で、チリチリ日焼けしていた子どもたち、

死海の感想は?

「めっちゃ いたい!!!」

だそうです(笑)

さすがに、すごい塩分が、日焼け跡を突き刺したみたいです。


帰り(夕方)は、行きに輪をかけるように、おやじの、グチはひどくなり・・・

ラマダンで、いらだった車が多く、事故んないかと、ちょっとこわかったですね。

水だけは、飲んだのむようにしたほうが、いいと思うのは私だけでしょうか・・



(ヨルダン旅行記はつづく)


アンマンの街
アンマンの街のフォト(クリックすると大きくなります)

romagekijyo
これはローマ劇場あと。
ヨルダンはたくさんの国の文化の影響も受けていて、なんと、1万年前の都市遺跡も残っているそう。

mosuqichiba
アンマンのダウンタウンのモスク横の市場

anmanjyo3
アンマン城あと

anmanjyomachi
アンマン城から見た街

kingmosuq
キングフセインモスクは、ダウンタウンのシンボル



2009年夏♪ヨルダン報告(7)ラマダンのつらさ
2009年夏♪ヨルダン報告(7)ラマダンのつらさ


さて、ヨルダン旅は、日記形式ではなく、事柄別に分けて、難民支援、ペトラ、死海、
アンマン、安宿コーダホテル、ラマダン・・・、という感じで、つづっていこうと思います。

(1)ヨルダンへの長い道のり
(2)と(3)は、私が一番感動した、この難民支援の現場。↓

  (社団法人 日本国際民間協力会NICCO
   http://www.kyoto-nicco.org/project/jordan/cat64/post.html)
(4)灼熱のペトラ、の攻略?法
(5)子どもと絶景inペトラ
(6)コーダホテル

   ※絶景写真は、ブログで見てね~! http://kumemuga.blog60.fc2.com/

で、今回(7)。


さて、ヨルダンで今回生まれて初めての”ラマダン”(イスラムの断食月)に
あたりました!

旅の後半、ペトラ遺跡から首都のアンマンに戻ってきた翌日から3日間。

ラマダンというのは、約1か月間、日の出から日没までのあいだ、飲食を絶つ
ことという、イスラム教徒の義務の一つ。

時期は、毎年11日ほど早まり、およそ33年で季節が一巡するらしいのですが、
今年は、8月22日からだったわけです。

8月ですから、季節は真夏、ヨルダンも、ものすごく暑いです。

日本と同じぐらいだろう、と思っていたのですが、気温は、思ったよりヨルダン
の方が高く、でも、乾燥しているので、昼間がチリチリあついけど、朝夕は、す
ーっと、過ごしやすくなる、そんな感じでしたね・・。

だから、食事抜きはともかく、水も飲めない、というのは、まさに、つらい修行
だと思うんです。

夏のラマダンは特に、ですね・・。

それも、1か月間も、ですからね~

そして、多くの人々がそれを守っていますからね~、ホント、すごい精神力・・
私たち日本人には、なかなかできることではない気がします。


というわけで、ラマダン入り・・・

うっそー、というぐらい、店が開きませんでした。飲食しないんだから、飲食店
は開かないことは予想していましたが、ちょっとした商店・・水や、ジュースや
お菓子類などの小さなお店が、クローズで、夜になっても開かないところも多か
ったですね・・・。

おそらく、私たちが泊まった宿があるのは下町、ダウンタウンなんで、個人商店
が多いからなんでしょう。

新市街の方に行けば、大型スーパーとか、ちゃんと開いているそうです。

水、買っとくべきでした・・・・と後悔しましたね~。

まあ、水も、ちょい高めをガマンすれば、売ってるところはあります。

とにかく、現地系の食堂はぜんぶクローズ。

もちろん、日没後は、全部ではないけど、現地の飲食店、開きます。

太陽が出ている間は、外国人も何も食べれないの?と心配されるでしょうが、外
国人向けの、ファーストフードや、中華料理やなど、開いてるところはあります。

なので、なんとか、なります。

でも、夏のラマダンのタイヘンさは・・・・

やはり、水分がとれないことに限ると思うんです。

そのイライラは、まず、運転に出ます・・。

ヨルダンの人々は、基本的に温厚なので、クラクションはそう多く鳴らさないの
ですが・・・

ヨルダンになったとたん、クラクションだらけ!!

人が変わったように、短気? 言い合いやケンカも増えるんだそうです。

ちょっと、コワイ(?)

みんな修行に耐えながら、しかしながら、仕事は普通どおりするわけですから・・
ものすごい、たいへんなことだと思います。

もちろん、ラマダンになって、帰国するまで3日間、ずっと閉まっていた店も
あったのですが、あれは、全く、仕事やめてるんですかね?

普通に歩いていても、何にもしなくても、カラッカラ、パリパリにに乾燥して
いますからね~

外で、自分たちが持参した水を飲む時にも、悪いな~と思っちゃいます。

でも、耐えられないから、飲みますけど。

そんな苦しい昼間があって、日没になると、うそのように車がいなくなります。

みーーんな、おうちで、1日分、食べているんですね。

まさに、試練です。

そんな中、死海に行きました。ラマダン中で、気が荒くなっている?タクシーを
5人でチャーターして・・・次回はその話。

(ヨルダン旅行記はつづく)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。