小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子連れベトナム(3)~笑顔を取り戻せた子ども達~
fuehoベトナムの子どもの家訪問!で保健室で・・・


本には書かなかった世界一周ウラ話(104)♪~テーマ別~
   子連れベトナム(3)2001年長男5歳次男2歳
                ~笑顔を取り戻せた子ども達~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話、子連れマニラ全9回
など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

今回からは、子連れベトナム。

フィリピンもそうですが、子どもが小さいときは、他人の手を借していただく、
しかありません。このベトナムの同行者は、フィリピンに一緒にいった元同僚の
Yちゃん、同じく元同僚のTさん、そして、元職場のお母さんの3人。
合計、6人の珍道中!

そして、Yちゃん以外は、人生初のバックパッカー!

というわけで、到着しょっぱな・・・スリに遭いました・・・!


(1)~見たぞ!スリ現行犯!Inベトナム~ 

(2)~人は途方に暮れて強くなる・・inベトナム~ 

で、今回は、(3)~笑顔を取り戻せた子ども達 Inベトナム~ 


今回のベトナム行きは、私には珍しく“絶対行く”と決めた場所がありました。

それは、中部の町フエにある「子どもの家」。ストリートチルドレンを救援す
る「家」です。

「子どもの家」を知ったのは、ホームページでした。そして、この活動を7年
に渡って続けている日本人、小山さんとの出逢いがあり、ぜひ、子ども達に会
いたい、と思ったのです。

訪問したその日は小学校が休みとのこと。たくさんの“小学生”が遊んでいる
ところでした。

かつて、路上で寝起きし、物乞いやゴミの転売で命をつないできた子ども達だ
ったことを、忘れるくらい、笑顔が輝いて見えました。

一緒に遊ぼうと持ってきた風船とゴム飛びのゴムで、私達は一挙に、遊びの仲
間入りをしました。

とにかく、みんな明るく元気。そして、まるで、親兄弟にするように、手をに
ぎり、体にふれ、抱きついてくるのが印象的でした。

しばらくして、過去にふれることがありました。

“年齢あて”になった時です。

8~9歳に見える子が13歳。13歳だけど小学4年生。

抱きついてきた12歳の女の子の体が軽いこと。

でも、力は強いし、タフで優しい。それから、好奇心一杯の目。生きる力がみな
ぎっているのです。

また、過去の分を取り戻すかのように、ふれあって楽しんでいるような・・気
もしました。

実はこの時、次男が前日から熱を出して、保健室で休ませてもらったんですね。
すると何人もの子ども達がつきっきりでお世話してくれるんです。

また昼食の時には、5歳の長男の為に、焼き魚の骨をとりのぞいて、一番先に
持ってきてくれました。

その子は、長男がちゃんと食べるのを見て、安心したように、自分の分を用意
してきて、並んで食べてましたよ。

 彼らが笑顔を取り戻せて本当によかった!そして優しさをありがとう。

「子どもの家」のHP http:www03.u-page.so-net.ne.jp/pd5/jass/



(次は、おとなりの韓国へ)
スポンサーサイト

子連れベトナム(1)~見たぞ!スリ現行犯!~
本には書かなかった世界一周ウラ話(101)♪~テーマ別~
   子連れベトナム(1)2001年長男5歳次男2歳
                ~見たぞ!スリ現行犯!~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話、子連れマニラ全9回
など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

今回からは、子連れベトナム。

フィリピンもそうですが、子どもが小さいときは、他人の手を借していただく、
しかありません。このベトナムの同行者は、フィリピンに一緒にいった元同僚の
Yちゃん、同じく元同僚のTさん、そして、元職場のお母さんの3人。合計、6人
の珍道中!

そして、Yちゃん以外は、人生初のバックパッカー!

というわけで、到着しょっぱな・・・事件です!


(1)~見たぞ!スリ現行犯!Inベトナム~ 


今や、ブームのベトナム、ホーチミンへ午後3時の到着。

おー!暑ーい!

税関を出たら、もうそこが外。わんさとお迎えの人であふれています。

うわー、変わってない!!

初めてこの地を踏んだ92年当時とまったく変わらない風景が広がっていました。


さあ、小額の両替をすませ町へ。ぼったくりタクシーのおやじにつきまとわれなが
ら、断りながら、ずんずんと歩き、空港の敷地内を出、乗合ミニバスに乗車。

町の中心のベンタイン市場まで2千ドン(20円)だと。

タクシーだと、うまくいって1台6万~7万ドンと(600円~700円)だというから、
思わず、ふっふっふ、と勝利の笑いがこぼれる私・・。

熱帯の風に吹かれ、笑えるほどのカラフルな“防排気ガスマスク”を眺め、徐々に
頭も体もベトナムバージョンに変化させていたのですが・・。

と、そのとき、御歳60云歳の・・・元職場のお母さんが、気分が悪い、吐き気が
する・・と。

きっかけは、ラジオのバリバリ音があまりにも耳障りだったことが原因らしい。

たしかに・・・内容が聞き取れないほどの雑音なんです。

でも、ベトナムでは、いや途上国では、これも普通。

私にとっても、耳障りではあるけど、まあ、こんなもんと割り切る、あきらめが肝
心と思っていましたが・・。

しかし、元職場のお母さんには、ムリだったわけで・・。


慌てて、ドライバーのおにいちゃんに、身振り手ぶりでラジオを切っていただく。

しかし、一度悪くなった気分はそうはよくはならない。原因は他にも、排気ガス?
独特の臭い?振動?窮屈さ・・。

同乗のお爺さんが、心配そうに、『ほれ、これを』とコロンを差し出してくれた優
しさに、感動するが、やっぱり気分は治らない・・。

で、どうにか、町の中心ベンタイン市場に着き、バスを降りたその場所で、ちょっ
と休んでいると、待ってましたと近寄ってきたのは、絵ハガキ売りの少年ペア。

扇形にハガキを広げ、体に突きつけてくる。

年は14~15歳ぐらい。

この“扇形”そして“ペア”でやってくるのがミソだとは知らずに、彼等はあまり
のしつこさにただ辟易しておりました。

しかたなく、私たちは歩いて彼等をまこうと。

しかし、いやはやしつこい。そのうち、彼等の行動に変化が現われるんですねー。

それは、彼等がハガキを突きつける相手が、ひとりの女性に集中し始めたこと。

その後、あー、やっといなくなったー!と思ったときには、すでに遅し・・。

「あ!サイフが・・ない」とTさん。

やられたー!私たちはあまりの鮮やかな手口に、唖然としたのは言うまでもない。

彼等は、首からサイフをぶらさげていたTさんに狙いを定めたわけです。

ハガキを扇形にした、目をくらますための道具だったんですー。

くやし・・・。

Tさんも、サイフをプラプラしていたわけではないんです。

もともとは、Tシャツの上に、サイフを首から下げて、サイフ部分をスボンには
さみ、その上に、シャツを羽織っていたんです。

でも、あまりに蒸し暑く・・・シャツを脱いでしまった・・。

しかも、首からのヒモが、そう長くなかったために、歩いていたら、サイフがブラ
ブラしてしまった・・・。

しかも、そのヒモは、携帯のストラップで、先の部分ではずせるようになっている
こと・・

上着を脱いだら、サイフをTシャツの中に入れないとダメですね。

そして、ズボンに挟むには、ヒモは、もう少し長いほうがいい。

気がつかなかった・・私も悪い。ほんと、反省~


(続く)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。