小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子連れタイ(4)子供たちの初体験-タイの田舎編-
本には書かなかった世界一周ウラ話(110)♪~テーマ別~
   子連れタイ(4)2002年長男6歳・次男3歳
      ~~子供たちの初体験-タイの田舎編-~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話、子連れマニラ全9回
、子連れベトナム全3回、子連れ韓国3回、など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

今回からタイ(4) ~子供たちの初体験-タイの田舎編-~ 

さて、タイにははまって、何度も行きましたが、バンコクも大好きですが、田舎
の方もとってもいいんですよ。

どんなことが子どもにウケたのか、紹介しますね。

まず、バンコクから約6時間バスにゆられて着いたサンクラブリーという、ミャン
マーからの難民が多く住む町で、体験したあれこれ。


1つめは、”モトサイ”というバイクのタクシー。

中型バイクの後ろに客を乗せる“スリル満点”の乗り物です。子供2人とも小さい
し、乗れないと思うでしょ。でも、この町にはモトサイしかないんです。

で、どうやって乗るか、といいますと、一番前に6歳の長男、次が運転手さん、そ
の後ろに次男、そして私の順に4人乗り。最初は落っこちないかと力が入っていた
のですが、走り出すと、とっても快適。

それに、わりと、ゆっくりで、安全運転。

バンコクでもモトサイ走っていますが、都会のモトサイはちょっと怖いけど、車が
少ない田舎ではいいかも。

乗ってみるもんですねー。(でも日本では考えられないけど・笑)

2つめは、機織り。カレン族の人たちが伝統の織物を織っているんです。

両手両足を使って、ほんのちょっとずつ布ができていく様子を、じぃーっと見入る
長男。おじさんは、長男を膝に乗せ、手の作業を教え、一緒にバッタンバッタン織
らせてくれました。

3つめは、泊まった”Jハウス”の庭にあったハンモック。

ハンモックは普通、風に吹かれてのーんびりするもの、ですが、ハンモックが始め
ての子供たちにかかれば、まるで暴れん坊の生き物か、荒波にもまれるボート。

とにかく、仲良く?2人一緒に乗ろうと必死になっているです。

乗っては落ち、落ちては乗って、大笑い。ボテボテ落ち続けて、格闘?していました。

4つめは、毎朝ニワトリの大合唱にたたき起こされたこと。田舎では、一家に、数匹
のにわとりが放し飼いで飼われているんです。


5つめ、市場ではのら犬に囲まれながらゴハン食べたこと。
日本では見られない、のら犬・・・。
市場でうろうろしているんですね・・・
でも、おとなしかったです・・・


6つめ、空いっぱいに広がる星を見た感動。我が家は、福岡の中心部なので、星がほと
んど見れませんから・・・子供たちアングリ口あけて見入っていました!

本当に、子どもがいると、旅はオモシロイです!
スポンサーサイト

子連れタイ(3) ~バンコクから525円で行ける“青い海と白い砂”の島~
本には書かなかった世界一周ウラ話(110)♪~テーマ別~
   子連れタイ(3)2002年長男6歳・次男3歳
      ~バンコクから525円で行ける“青い海と白い砂”の島~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話、子連れマニラ全9回
、子連れベトナム全3回、子連れ韓国3回、など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

今回からタイ(3)~バンコクから525円で行ける“青い海と白い砂”の島~ 


 今回の話は、バンコクから乗合バス3時間と船で40分、片道525円で行け
るサメット島です。

時は2002年4月。

タイな何度も行っているけど、1月か3月初旬だったので・・・知らなかったの
ですが・・・

4月のタイは、めちゃめちゃに、信じられんぐらい、暑かったのです!

いつものように、空港から、路線バスに乗ろうと、道路に出たとき、んもーーー
ー、なんじゃいというほど、猛暑。

まあ、慣れるかな?と2日間バンコクで様子を見ていたのですが、ほんと、ちょ
っと歩くだけで、クラクラします。

で、今回は、バスで6時間ほどの東北部と象村に行こうと考えていたのですが、

「お母さん、海、海に行こう。象に会ってる場合じゃないよ」
と子供たちから言われて・・・

さらに、お腹がチクチクすると不調を訴える長男。

これでは長時間のバスはムリなので、急きょ、近場の海を探したのです。

大型リゾートでなく、タイ人に人気があって、自然が楽しめて、地元の人と仲
良くなれそうな海がいいなーと思いながら、ガイドブックで選んだのが、

サメット島。

というわけで、バンコクのからバスに乗って、まず、船が出るバーン・ペー村
へ。

しかし・・・・期待した海が・・・肝心の海が、青いどころか・・うすドロ色。

更に、漁船のような船にギューギューに詰められて出航。あーあまりにも
想像と違うー。

ところがっ!しばらく進むと、海はぐんぐん透き通ってきたんです。

そして到着!

島内にはたくさんビーチがあり、乗合トラックでぎゅうぎゅう詰めで移動。

道は途中から平面がなくなってボコボコになってきましたー!なんかジャングル~

進行方向を睨んで、踏ん張って数分。

目の前に、真っ白の砂浜と青い海が広がった瞬間!

うっほーーーー!

もー、カンゲキです。

山側には自然を活かした木造バンガロー。海が見渡せるレストランや、砂浜や岩
の上にはバー。竹や木で作ったテーブルやイスもいい感じです。

「おかあさーん、カイスイパンツ!」

子ども達は早速海へ直行。

一緒のトラックだったタイ人家族と仲良くなって遊び始めました。

ここの白砂は、見たことの無いほど、とってもきめ細かくて、砂遊びにももってこ
いです。

夜は砂浜の各テーブルに、小さなランプが灯ります。余計な灯りがないから、星が
キレイに見えるんです。

一緒に空を見上げて、子供たちと話すひととき。さあ、アイスミロ(あの“強い子
のミロ”です)とビールでカンパーイ!です。

というわけで、サメット島、おすすめです。





(つづく)


子連れタイ(2)~世界に5000万人もの難民~
sannnannminお菓子をプレゼント!

本には書かなかった世界一周ウラ話(107)♪~テーマ別~
   子連れタイ(2)2002年長男6歳・次男3歳
                ~世界に5000万人もの難民~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話、子連れマニラ全9回
、子連れベトナム全3回、子連れ韓国3回、など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

今回からタイ(2)~世界に5000万人もの難民~

ということで、古着の送り先の住所だけが手ががりの中、たくさんの人のおかげ
で、無事、難民支援の代表デイジーさんの家にたどり着きました。

苦労したあかつきにたどり着いたので、思わず、初対面のデイジーさんと、抱き
合って喜んだんですよ・・・(ははは)

苦労すればするほど、ほんと、感動って大きくなりますね。

そのくらい、始めて会ったとは思えないぐらい、昔から知っていたようなそんな
気がする、笑顔があったかいデイジーさんとの出会いでした。

さて、難民、というのは、どんな人たちなのか、知っていますか?

難民とは・・・

(抜粋)

 難民とは、色々な事情によって故郷の国を離れざるを得なかった人のこと。
この事情というのはさまざまなのですが、特に地域紛争、民族・宗教の対立、極
度の貧困問題、環境の悪化などが大きな理由になっています。

人種、宗教、国籍、政治的意見、または特定の社会的集団に属することなどを
理由に、迫害を受けたり、その恐れがあるために、国籍国あるいは居住国から逃
れ、帰国できないあるいは帰国を望まない人、環境の悪化や武力紛争についての
事由も付け加えることができます。

 現在世界中で5000万人の難民が存在しています。

これはだいたい世界の人口の100人に1人が難民であることを表わしています。

(抜粋終わり)

そんなに・・・いるんですね。

そんなにも多くの人が、自分の国から迫害されたり、自分の国を捨てざるを得なかっ
たり、帰りたくても帰ることができない状況に立たされているのですね・・・。

それも、難民には、女性や子どもが多いのだそうです。


私は、言葉としては知っていましたが、本当はわかっていなかった、と思い知ら
されました。

サンクラブリには、そんな、民族のカレン人、モン人など迫害を逃れてやってきた
人たちが多く生活しているんです。

デイジーさんは、いろんな民族の人たちを分け隔てなく、支援をしています。

ミャンマー伝統の機織工場をつくり、機を織り、その布で、衣服やバッグや小物
などをつくり、販売し、日本ともフェアトレードのしくみをつくっています。

また、サンクラブリに来れない人たち(タイ側に入れない人たち)は、もっと、
深刻なんだそうです。
そんな国境のミャンマー側の人たち、国内避難民と呼ぶのですが、孤児の子供た
ちもたくさんいて、その支援もディジーさんはしているのです。

孤児を引き取っても育ててること・・・。


デイジーさんと出逢った事は、私に多くの影響をもたらしました。

そして、子ども達がいたおかげで、また、私がデイジーさんの子どもぐらいの年齢
で、孫たちが、我が家の子供たちと同じぐらいで、家族のように仲良くなり、
2度、3度の訪問につながっていくのです。


(つづく)


子連れタイ(1)~難民支援のデイジーさんとを訪ねて~
deijikazoku感動の出逢い!難民支援のデイジーさん家族

本には書かなかった世界一周ウラ話(107)♪~テーマ別~
   子連れタイ(1)2002年長男6歳・次男3歳
                ~難民支援のデイジーさんとを訪ねて~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話、子連れマニラ全9回
、子連れベトナム全3回、子連れ韓国3回、など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

今回からタイ(1)~難民支援のデイジーさんを訪ねて~


2002年1月、タイ。

バンコクからバスを乗り継いで約6時間の、ミャンマーとの国境サンクラブリーと
いう町を目指しました。

子供たちは、6歳3歳。長男が小学校に上がる前です。面白いことに、この旅から
記憶がありますね(笑)

サンクラブリには、ミャンマー難民・避難民に対し、食料や教育の支援をしている
グループがあり、その代表の女性、デイジーさんを訪ねて行ったのです。

デイジーさんを知ったのは、数ヶ月前。タイに行くなら、タイの田舎に行きたい、
何か国際支援の現場に訪問したい、とインターネットで調べていた時です。

<タイを個人旅行する方へー孤児たちに温かい衣服を!援助の届かないミャンマー
国内避難民>
というHPが私の目に止まりました。

読み進むと、”援助が届かない理由”が、さらに調べていくうちに、世界には2千
万人以上の難民がいて、その8割が女性と子供で、また難民への差別、強制追放の
不安、いろんな問題があることを知りました。

デイジーさん自身が、元難民なんです。

彼女自身、いろんな苦労しながら、タイ側の労働許可を取得し、労働し、自立して
いるわけですが、難民女性の自立を目指し、伝統の織物を織り、その織物で、衣服
や小物を作り、日本とフェアトレードしたり、また孤児を引き取って育てたり、国
内避難民に対して食料、衣服、医療、教育の支援を、長い年月しているわけです。

衣服は、この地域はこれから寒くためにミャンマー側の孤児院へ届けるというもの
でした。

私は、不思議なくらいピンときて、この人に逢いたい!と強く思ったのです。

子供服を送るのではなく、持っていこうと決めたのです。


サンクラブリーは大きなダム沿いに広がる、タイ人、カレン族、モン族など少数民
族が住む町です。バスは、かなり揺れながら、小さな町や村に寄り、やがてジャ
ングルのように巨大化した草木の中の一本道を走りました。

水上の家々、高床式の住居が見えてきて到着。

さて、デイジーさん探しの始まりです。手がかりは、HP上にあった衣服の送り先だけ。

たくさんの人に出逢い、助けてもらいました。

ですが、なかなかたどり着けなくてですね~。知っているという人もいたけど、地
図を描いてもらおうとすると、う~ん、わからない・・となっちゃうんです。

でも、あきらめなければなんとかなる!(笑)

最終的には、知っているという若い女の子に出会い、彼女がバイクでブイーン!と。

困ることは、ホント、出会いの始まりですね!


(つづく)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。