小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(8)旅する理由
◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(8)旅する理由

子どもたちの希望のまま観光地めぐりをしたスイス&イタリア・・。

あれも見た、これも見た、あれも見に行った、それも見れた・・・

しかし・・・本当に・・・今回の旅は、そんな旅でした。

だからでしょう・・・筆が(パソコン字ですが)進みません。

これといったトラブルもなかったからでしょうね。

それなりに、観光地は感動しますが、なんか違うんです・・。

だから、今回の旅は、イタリアに入ってからは、3人でケンカばかりしていました。
(スイスはケンカになる材料はない・笑)

夏のイタリアはどこに行くにも・・・

カプリ島に行くにも、青の洞窟に行くのも、バチカンに入るのも、列車のキップを買う
のも長蛇の列で、しかも、それに対して、並んでいるみんながイライラしている
(発展途上国では同じように長蛇の列でも、みんなイライラしない?イライラが違う)

イタリアは、ある意味、先進国で、
ある部分は、発展途上で、
観光に関するものは、とても高く、金額的にも、なんか、見合わない。
宿泊も高いし、なのに設備はけっこう古く・・

そもそも観光地めぐり、では、何か足りていない?

でも、有名なところが多すぎて、つい、観光地に行ってしまった。また子どもたちはそれを
望んだ。でも、

だから、結局、疲れた?

だから、出会いが少なかった?

だから、感動が少なかった?

わからないけど、私にとって3度目のイタリアは、何かしら不具合でした。

こんなことも、ありますよね。でも、これもいい経験ですね。

私の”旅する理由”とちょっとずれているのでしょうね。

しかしながら、

子どもたちの夢、かなえられたことは、親として、マルってことにしましょう。

しばらく、私の旅は、本来好きな、発展途上国へ、行こうと思います・笑。

余談ですが・・・

ケンカ(家族で)続きで、なんかものすごい疲れがあって、ローマから帰国の途に
なりましたが、乗り継ぎで、またバンコクで18時間あまりあり、
行きにも寄ったバンコク在住の友人の家に直行しました。

その友人の子ども達が、くるのを待っててくれて・・・
その笑顔にすごーーく癒されました。

そして、なぜか、理由はわからないのですが・・・2人の女の子(小2と年中)は長男にすごーく
寄っていくんです。

歩くときも、家の中でも、本読んで~と。

そして、けっこう、優しく対応してくれる、オトナの長男を見て、
ああ、こんな姿が見れてよかったと、心から癒されました。

旅はよくもあるくも、普通の生活よりも、一緒にいる時間が長いので、欠点が目立って
わがままになったり、意見が合わないこと、ってよくありますよね。

今回の旅は、それがひどい状態・・・でしたが、

旅の最後に、そんな姿を見れて、よかった、これで、気持ちよく、帰れる・・・と
思った私でした。



   (おわり)
スポンサーサイト

◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(7)トイレが1ユーロ!
◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(7)トイレが1ユーロ!

”イタリアって、一見先進国だけど、かいまみる途上国さ、そのアンバランスが魅力
でもあるんでしょうね。”

と書きましたが・・・

そうそう、重要なコト、許せな~いと思うコトがイタリアに対して、ありました。

それは、トイレ。

トイレが有料っていうのは、わりとあることですが・・・・

なんと、1ユーロもするんです!

1ユーロですよ、約120円もですよ!おいしーピザが3ユーロというのに。

いやーこれには、まいりました。

実は、今回の旅、理由はわからないのですが、次男が、ものすごく、異常なほど、トイレ
が近かったんです。

緊張?不安?・・なんとなく?

今までこんなことなかったのですが、夏だから寒いわけでもないし・・ほんと、不可思議。

でも、現実には、トイレに行ってから宿を出て、その1分後には、行きたくなるという風
なんです。

おそらく、本人も、トイレが有料だから・・・と思えば思うほど、プレッシャーになって
いったんでしょう。

先に行ったスイスでもトイレが近かったわけですが、スイスはトイレがタダでキレイでたく
さんあったので、そこまで、気にならなかったのですが・・・

1ユーロですからね~

しかも、数も少ないんです。その都度、探さなくてはならない。

どうしても、え!?また!となってしまう。だからますます近くなる・・という悪循環。

こんなこと、今までなかったんですけどね~

で、一番、うっそーと思ったのは、レストランのトイレさえ有料であったこと!

トイレに1ユーロ払うなら、と思って、コロッセオの近くのレストランに入ったら、
なんと、レストランの中にあるトイレも有料!

う~ん・・・

イタリアさん これ、変えてください!


イタリアでトイレで泣かされるとは、思いませんでした(今となっては笑)。


    (続く)


◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(6)スイスとイタリアの違い
◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(6)スイスとイタリアの違い

スイス鈍行列車で、ゆっくりゆったり絶景を楽しんで、イタリアのティラノ
に入りました。

国境は、なにもなく、ただ、スイス側駅から、目の前のイタリア側駅に歩くだけです。

で、ミラノ行き列車を待っていると・・・来たのは、ふるーくて、ちょっと
ボロイ列車。特に、トイレは救いようがないぐらいキタナイ。始発なのにね・・。

まあ、普通列車だからね~、とは思うけど、スイスの列車は普通列車でもキレイだった
ので、違うなあ~と実感。

そして、列車が走り出すと・・・

らくがき、だらけ~
ありとあらゆる壁に・・
どこもかしこも・・

アート的なのもあるけど・・・ほとんどがらくがき。

でも、過去2回、短い滞在だけどイタリアに来たことがあって、でも、らくがきが特に
印象に残ってはいないんですね。

きっと、スイスの美しさに慣れていたから、気になるんでしょうね~。
印象というのは、本当に、面白いなあ、と思いました。

らくがきが気になる人は、イタリアからスイスの順がいいかと思います(笑)
物価が気になる人は、スイスからイタリアにすると、安くて幸せかと(笑)

それにイタリアのいいところは、車掌さんから、明るく楽しいラテン系時々イケメ
ン、なこと。乗客も、わいわいにぎやか。

というわけで、ミラノ到着。駅の裏の安宿へ。

今回の旅は、長男の夢のスイスのマッタホルンと、次男の夢のイタリアのポンペイに
行くこと。2つに対しては、詳しく調べてきました。また、アジアと違って物価が高
いし、移動が長いので、鉄道のパスをうまく使うことや、安宿の情報はしっかり。

そのほかは、その都度、列車の中で、ガイドブックを見たりして決めていました。

で、列車でガイドブックを読んでいた長男が、
世界遺産の「最後の晩餐」を見ようといい出し、
ミラノについて、ダメモトで、サンタマリア・デ・レ・グラッツエ教会に足を運びました。

というのは、予約制なんです・・。

行ってみると、やっぱり、予約で一杯。しかも次の予約は2週間待ち、でした。

ガイドブックに書いてありますが、ネットで予約できるようになっているんです。
行き当たりばったりは、見れないってことですね。

そのあと、ドウオモへ。

それにしても、スイスから来ると、イタリアは、人が多い~
ドウオモもすごい人人人でした。

そんな中、長男は、ハトのえさをむりやりつかませられました。おそらく、そうやって、
ハトを手や肩にとまらせたりして、写真をとらせて、お金を請求するというような、人たち。

中3の長男は身長175cmで、一見、青年に見えるし、丁度世間知らず?っぽいカモの
雰囲気なんでしょうね。ああ、このくらいの年齢の若い男の子は、こういうの狙われ
やすいかも・・と感じましたね。

逆に、子ども子どもしてるとあまり狙われませんからね。

イタリアって、一見先進国だけど、かいまみる途上国さ、そのアンバランスが魅力
でもあるんでしょうね。

     (続く)


◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(5)ベルニナ普通列車もサイコー!
◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(5)ベルニナ普通列車もサイコー!

氷河特急に乗らずに、同じ線を走る普通電車で、快適、絶景の楽しみを満喫した私たちは、
次の列車も、まよわず、普通列車にしました。

今度は、サンモリッツ(私たちは隣町のサメダンから)から、イタリアとの国境のティラノ
をむすぶ、世界遺産ラインです。

これも、ベルニナ急行という列車がパノラマ車両が連結されていて有名なのですが、普通
列車でも、時間的にも変わらないし、とにかくスイスは、普通列車でも、とってもきれい。

急行もやはり、スイスパスで乗れるのですが、パノラマ車両に乗るには予約手数料がいる
のです。

また、展望車が連結される(天気がいい夏)そうで、連結された急行とすれ違いましたね。

あれはあれで、面白そうでした。

とっても混んでいましたね。混んでて、他の観光客と一緒にワイワイも楽しそうですね。

普通列車のよさは、

また、窓も開けたいときに開けれて、

座りたい場所に、じゃんじゃん移動できて、

氷河も絶景も、迫力のカーブも、空気まで感じることができることかな。

で、時間的には約3時間弱、イタリアのティラノへ到着。

スイス鉄道の駅から、前にあるイタリア鉄道の駅へ。これからはイタリアです。

     (続く)

◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(4)普通列車、サイコー!
◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(4)普通列車、サイコー!



さあ、事故ったし、高い予約手数料がかかる氷河特急は乗らずに、サメダン(氷河特急
の終点の1つ手前)まで、どうやっていくかですが・・

スイスはそんなに広くないので、どうとでも、回っていけます。

ですが、同じ線路を、すばらしい景色の中を、普通電車も走っているので、それで行き
ましたよ。

直行はないので、3回か4回か、乗り換え、乗り換え、します。乗換えといっても、
進行方向に向かって乗り換えなので、全く難しくはありません。

普通列車は、持っているスイスパスで乗り放題。大人がパス持っていれば、15歳以下
の子どもは何人でもタダ!

予約手数料もかからないし、なんていっても、乗客はそう多くはないです。

そう、普通列車、サイコーなんです。

スイスの列車は、普通列車でも、とってもきれい。

氷河特急は窓は開けられないのですが、普通列車は、じゃんじゃん開けて、大パノラマ
プラス、空気を味わうこともできるのです。

普通列車は、観光客でなく、庶民が乗っているので、ちょっとしたふれあいがあるし、
観察するのも楽しい。

乗り換えの駅の食堂で、食べることも、買うこともできるし、

しかも、時間も、氷河特急とほとんど変わらない。

(氷河特急は”特急”と名がついているけれど、ゆっくり走ってパノラマを楽しむ
ために、ゆーーーっくり走る)

スイスは普通列車の旅、おすすめです。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。