小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウズベキスタン2011年夏旅報告(9)シルクロード中心サマルカンドへ
ウズベキスタン2011年夏旅報告(9)シルクロード中心サマルカンドへ

bahadhiruここが有名な世界宿バハディール!
saikaiなんと、びっくり!タシケントで一緒だったイスラエル人グループと再会!!
mosukuuchi本当に!うつくしすぎる!!モスク内側



さてさて、ブハラでのすばらしい出逢いに別れを告げ、

シルクロードの中心、サマルカンドへ。

サマルカンドって、なんか、響きいいですよね~~

ブハラも世界遺産の町で、サマルカンドもそうですが、町の様子は大きく違いましたね。
サマルカンドは、けっこう、都会なんです!

サマルカンド駅に到着したとき、だれか旅人さんはいないかな?とキョロっとしたら、
いたいたいました!日本人か韓国人のような数人。

ちなみにウズベキスタンは韓国ととても仲がいい?国交があるようで、韓国人を見かける
ことが多いんですね。

だから、どっちかな?と思っていると、日本人2人に韓国人2人でした。(みんな男性)

で、私もなんとなく加わって、一緒に、町の中心へ。

みんな、ウズベキスタン1有名な、世界中のバックパッカーが集まる安宿、バハディールへ!

ここは、知る人ぞ知る安宿で、私もまっすくここを目指していました。

さて次なる出逢いに、乾杯!



(つづく)
スポンサーサイト

ウズベキスタン2011年夏旅報告(8)ウズベキスタイルのディナー
ウズベキスタン2011年夏旅報告(8)ウズベキスタイルのディナー

nojimamiko
uzubekidhina
dhina





今回は、列車で知り合った家族の家に招かれてのディナーの話。

夕方、2度目のノジマ家に。

夏はかなり暑いので、中庭の外にある、ウズベキスタイルの高床式の座敷がディナーの
場所です。

真ん中に、お料理をおいて、ノジマと、ノジマのお母さん、ノジマの友達、ノジマの
ご主人と子どもたちと私。

ああ、この瞬間の幸せ、ありがたさ、心地よさ、感謝・・・・

見ず知らずの私を、こうして受け入れてくれる、あたたかさに、本当に感謝です!



(つづく)

ウズベキスタン2011年夏旅報告(7)ウズベキスタイルの闇両替
ウズベキスタン2011年夏旅報告(7)ウズベキスタイルの闇両替

buharayadoブハラの安宿のみんなが集う場所。ここで、出会いがある!

buharayadoiriguchi安宿、マディナ&イリオスB&Bの入口。この青いドアが目印。

buharamosuku2世界遺産の街。ブハラにたくさんあるモスク。ただただ美しい!


今回は、ウズベキスタンのお金の話。

私が首都のタシケントに到着したのは夕方の5時で、空港の銀行はクローズしてたので、
外に出て、売店のような場所で、両替してもらったわけですが、
そのときのレートが、100米ドル=200,000スム。

まったく相場がわからなかったのですが、最初、170,000スムと言われたところ、
もちょっとイロつけて、という顔をしたら、200,000スムになりました。

あとで知ったことですが、170,000は銀行レート。
簡単に200,000になるってことは、そう、闇マーケットが存在していて、もっとレート
はいいってことです。

ちなみに物価として、このレートで換算すると、
空港バス 600スム(30円)
メトロ 400スム(20円)
最初の宿 16000スム(800円)
安いんですよね。

で、本当の相場を知ったのは、世界遺産の街のブハラにきてから。なんと、
100米ドル=250,000!!


しかし、このレートで、フツーの旅人が換えてもらえるはずはなく、
換えられて、235,000ぐらいらしい。

じゃあ、どこに行けば、その闇両替できるのか?

これもよくわからない。宿のオーナーがやってくれたり、私のように個人商店のような店
でしてもらったり、あとは、個人の人。

なんとか広場でウロウロしているこんなカンジの人が、チェンジおじさんだよ、とか
旅行者の間では、情報が飛び交っているのです。

なんか、お金ひとつチェンジするのも、おもしろいですよね~。

で、もうひとつ笑えるのが、たった100米ドル1枚が、200,000スム分の
札束(しかも高額紙幣がなく小額紙幣ばかり)なんで、すごいんです。
そっ、隠せる束ではなくって(笑)

大金持ちになった気分を味わえます。



で、そのブハラで、この旅始まって初めて日本人に会いました。
彼は学生さんで、ウズベキスタンの物価がわからないから、とりあえず、500米ドル
も換えてしまったそうなんです!!
500米ドルですよ!

100ドルを換えたスムの札束でおったまびっくりした私なんかに比べようもないほど、
彼の驚きはすごかったみたいです。

両替所みたいなところで頼んだそうですが、500ドル換えたいと彼がいうと、お店の人が、
喜んで?こう一言。

タイヘンな量になるから、宿まで届けますから、と。

そして、宿に持って来たのは・・・そう、大きな紙袋にいっぱいの札束!
いやーびっくりしますよね~~
こんなの持って、どーやって旅をするとゆーの、身動きがとれない・・・と!


しかも、物価が安いし、航空券などはドルでしかかえず、彼は、スムに困っていました。
なんで、これもご縁。
100ドル交換してあげました!(笑)
そして、出会いに、カンパーイ!(笑)

おまけ:大学生の彼とバス停で待っていると、ウズベキスタン人が私たちを不思議そうに?
見ていいました。
”お母さん?”
ううう・・
やっぱ、お姉さんには見えない?(笑)



(つづく)(写真はブログに時々)


ウズベキスタン2011年夏旅報告(6)安宿で出会ったチャリダーと乾杯!
ウズベキスタン2011年夏旅報告(6)安宿で出会ったチャリダーと乾杯!
buhara4ninnブハラの夜。フランス人とニュージランドチャリダーさんたちと乾杯!
bubaraboyレストランのボーイ君。とってもカワイイ

buharasunsetブハラのサンセット


・・・というわけで、私は、列車で仲良くなった、メロン君やノジマお母さんに家に泊まって~と
言われて連れて行ってもらったけど、法律を守って、とっても惜しいけど、泊まることはやめて
(ウズベキスタンの法律で観光客はホテルに泊まらなくてはならない)
夕方まで居て、泊まりは安宿で、また翌日遊びにいくことにしたわけです。

さて、安宿はネットであらかじめ情報として持っていたところ。
Madina&Ilyos B&Bというところで、
マディナ奥さんと、イリオスご主人さんがやっているという宿。

数年前までは、レジストレーション(ホテルが発行してくれる泊まった証拠の小さな紙切れ。
これが重要なのだ!)が発行できなかった(闇宿)というが、できるようになったとあった
ので、そこへ行くことにしたのです。

このレジストレーションの紙切れが、発行できるか否かは、おそらく、外国人を泊める
ホテルとして認められるかどうか、みたいな・・・またおそらく、発行の許可を取るには
にお金もいるんだと思います。

さて、行ってみると、にこやかな、ウズベキスタンご夫婦が迎えてくれました。

日本人もよく泊まる宿と聞いていましたが、今はいない様子。

で、部屋はけっこう満室で、空いているのは、3人部屋ドミトリー。
あとの2人は男性だけどいい?と聞かれ、大丈夫ですと答え、部屋に入ると、
パソコンに向かう男性がひとり。

男女も一緒?と思うかもしれませんが、友達になるには、男女一緒の部屋のほうが出会いが
多いんですね~


さて、彼は真っ黒に日焼けしたフランス人。チャリダー(自転車で世界を回っている人)だと。
それも、なんと、3年も!

はっきりいって、ウズベキスタンの暑さは半端じゃなく、ここらへん中央アジア全体、ものすごい。
それをチャリで、キーコキーコ、なんて、すごすぎる!

ちょうど、撮りだめた写真をパソコンで整理していたところで、見ていると、彼は
写真を説明してくれました。
私が日本人だと言うと、彼は日本も行ったことがあって、日本での思い出とかいろいろ
話してくれて、すっかり仲良く。

で、彼と、もうひとりこの宿に泊まっている女性チャリダー(ニュージランド人、1年半!)
と、他のホテルに泊まっているフランス人おばさんと食事するから、一緒にどう?と誘われ、
ラッキー!
とご一緒させてもらうことにしました。

ひとり旅は、こんなお誘いが本当にうれしい!

会話は、英語とフランス語が飛び交い、私は、あんまりわからないけど、
雰囲気、適当、適当・・(笑)

ウズベキスタンのサンセットを見ながら、カンパーイ!


(つづく)

ウズベキスタン2011年夏旅報告(2)ウズベキ初の宴会
ウズベキスタン2011年夏旅報告(2)ウズベキ初の宴会

夕方タシケントに着いて、ブハラへ夜行で向かおうと、駅に直行した私ですが、キップ
売り場で唖然!

これは、なかなか買えそうにないとわかる風景であったのです。

同じキップ買い待ちの、親切で美男美女ウズベキスタンカップルと知り合い、
助けてもらうけど・・・とにかく、なんばしよっと!とノロイ・・・窓口。

窓口は、みんなみんな、太ったオバチャン。

ウズベキ女性は、若いときは、めちゃめちゃ細くって美しくスタイルもいいけど・・・
オバチャンになると例外なく、太っちゃってますね~~

で、そんな窓口オバチャンたちは、どの人も、なぜか?、なかなかキップを出さない。
で、列は少しも少なくならないわけで・・・

はあ~  ふう~とため息つく間に、1時間以上が経ち、乗ろうと思っていた8時20分
の夜行の出発時間が近づき、あきらめさるをえなくなり、

なんとか、翌日の朝発キップをやっとこさ、ゲット。

キップ売り場を出ると、外は真っ暗~

朝出発でもあるので、駅の横にある、駅ホテルに泊まることにしました。

ここは、ドミトリーのみ、シャワーはない、簡易宿。1泊16000スム(500円位)

お金を払い、手続きしていると、そこに・・・

大きなバックパックの4人組男女が。

おおお!!

あああ!!

さっきのキップ売り場で、同じく苦戦を強いられていた4人グループ。

4人のうちの3人は、向こうの窓口でがんばっていたが、1人だけ女性が私の後ろの後ろ
に並んでいて、ちょっとだけ、言葉を交わしてたので、思いがけない再会に、喚起?の声。

無事、買えた!!?

やっと買えたよ~

めちゃめちゃやったよね~、買えてよかった~

どこに行くの?

明日の8時15発のブハラ。

私もよ。

彼女たちは、男女2カップルで、イスラエル人。

ドミは男女別なので、私は女性二人と同じドミに入りました。

で、せっかくのご縁。いっしょに、夕食を食べに行くことに。

もうひとり、現地人のよーな男性が加わり、6人で、ウズベキスタン初の夜に繰り
出しました。


彼らはもち20代の若いコら。1カップルは大学生。もう1カップルは、女性が心
理カウンセラーで、男性は画家。

私のよーなオバチャンを仲間に入れてくれたこと、感謝~~

で、ウズベキ風、オープン居酒屋のようなところに行きました。

昼間は40度ぐらいあるけど、夜は涼しいから、外がベストなんでしょうね~。

ウズベキビールでカンパーイ!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。