小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いろいろあったよニカラグア
たかひか日記(7月1日アップロード)



6月23日(金)オメテペ島~コスタリカのリベリア ニカラグア コスタリカ

今日はオメテペ島を船で、出て、コスタリカのリベリアに行くために、
オメテペ島を出ました。
ベニヤ・ブランカスの国境に行きました。
そのあいだの道が大自然なのでハチの巣がたくさん木のえだについてました。
その後ハキリアリが花びらを巣にはこんでいる、所を見つけました。



6月22日(木)オメテペ島 ニカラグア

今日は朝からバスに乗って、ホテルをかえました。
今から行くホテルはペット2つ・トイレ・シャワー・がついていて、10ドルです。
お母さんがとても安いと言ってました。

そのホテルについて、ここでご飯を食べました。
その後ワールドカップの日本対ブラジルの試合があるので
それが始まるまで漢字の練習や計算の練習などをやりました。
2時になったのでワールドカップが始まります。

ワールドカップが始まってから、みんなサッカーにちゅうもくしています。
日本対ブラジルの試合が始まりました。

前半日本がブラジルに1点入れました。
1点入れると、ジーコがガッツポーヅをして、うれしそうでした。

前半が終わって、後半が始まります。

後半から、ブラジルがどんどん日本のゴールに何回もせめていきす。
日本もせめますが、すぐにブラジルにとられます。
ついにブラジルから1点入れられました。

その時、ホテルが人が、ブラジルが得点をいれると、おおさわぎで、
うるさい声で,

「やったー・やったー・」

と、おおさわぎしていってます。ホテルの人はニカラグア人なのに、
ぼくたちは日本人なのに・・ブラジルを応援しているのです。ぼくはむかつき
ましたが、ブラジルのシュートはすばらしかったので、まあ、だまっていました。

そしたら、お母さんが
「信じられん!この人ブラジルを応援しとう!私たちが日本人だと知っていて!」
と怒っていました。

2点・3点とブラジルが入れていくと、またそのうるさいホテルのおやじが、

「やったー・やったー・」

と、めちゃくちゃに大喜びします。日本がチャンスのときも、日本がシュート
をはずすとまた大声でうるさいくらいに喜んで、立ち上がって、おどります。

ホテルのおやじがもしもブラジルが好きでも、もしもロナウドのファンだった
にしても、このよろこび方はびどいと思いました。

お母さんはめちゃくちゃ怒っていました。ブラジルが点をいれるからではなく、日本が負けているからではなく、このおやじの気配りのなさ、思いやりのなさに腹が立っているのだと言っていました。

でもおやじまますますエスカレートしてきて、ぼくは落ち着いて試合を見たいのにいやな気持ちでいっぱいでした。お母さんもそうでした。
このおやじのせいで、せっかくのワールドカップがだいなしでした。

ニカガグアを旅して、みんなニカラグアの人は明るくてやさしくて親切でした。
ホテルがなかなか見つからないときも、たくさんの人が心配しておしえてくれました。
ニカラグアの人はみんないい人だったのに、このホテルの人は、とても
びどいと思いました。

そして4点目も同じで、

「やったー・やったー・すごいだろ!」

と、また叫んで喜びます。

もう、お母さんがかんかんにおこりました。それまでは、日本語で(おやじにはわからない)

「うるさい!うるさい!あんたはニカラグア人じゃないか!客の日本人が自分の国を応援しているときに、相手の国をこれだけ応援して、応援するのは自由だけど、こんなにめちゃくちゃに応援してさわいでひどい!」
お母さんはおやじにつめよって、
「あんたはひどいよ!ひどい!私たちは日本人なのよ!」

そしたら、その人はあやまりました。

この言い合いが終わると、お母さんが

「はーつかれたー」

と、言いました。

お母さんは今日はとても悲しいと言ってました。そして、こんなに腹がたったのは41年間生きてきて初めてと言いました。

ぼくはお母さんと同じ気持ちだったけど、お母さんがあんなに怒るのはびっくりしました。
お母さんは、もう一生分おこった気がするとつかれていました。


6月21日(水)オメテペ島 ニカラグア

今日はバスに乗って20分ぐらいの所にある1番大きい町に行きます。
そこで朝ご飯を食べました。
日本がえんじょして、作っている学校を見に行きました
そこには日本の旗とニカラグアの旗が並んでいる看板がありました。
この看板に、日本がえんじょしていることが書かれているそうです。
その後バスで帰りました。
オメテペ日本



夜は停電になりました。停電の時はほたるが見えるので外にでました。
すると、星がたーくさん見えました。すっごいきれいでした。
ほたるも見えました。停電もなかなかいいです。

ひかターザン

オメテペ島には自然がいっぱい!ひかるターザンになる!
かりんとう少年

かりんとうみたいなのをバスの中で売ってる男の子。おいしいんだよ。
ぼくたちと同じぐらいでもこうやってリッパにはたらいているよ!
オメテペ虫

オメテペにはたくさん珍しい虫がいるよ。



6月20日(火)グラナダ~オメテペ島 ニカラグア

今日はグラナダ~船で1時間ぐらい乗ってオメテペ島に行きました。
オメテペ島はニカラグア湖の中にある島です。
オメテペ島に行く船では、すごいゆれて、水がおもいっきり飛んできました。
1時間ごついた後、いっきにタクシーの人がタクシーに
「乗れ・乗れ」
と、うるさく言ってきました。
お母さんはそれがとてもきらいです。
なぜなら、普通の人が利用するバスがあるのに、観光客には高いタクシーに
乗れ乗れとしつこいからです。それに、こっちのタクシーは、タクシーなのに
一人いくらとか言って、ひとりずつお金をもらおうとするからです。

その後、案内所があったので、そこで、安いホテルを聞きました。
その案内の人は英語がしゃべれました。その人が安くていいホテルをおしえて
くれて、バスで30分乗って、ホテルにつきました。

ホテルは2つ大きなベット・トイレ・シャワー・がついていて、20ドルです。
ここらへんは海しかなくて、とても静かです。


6月19日(月)グラナダ ニカラグア 晴れ

今日は市場に行きました。
グアテマラもホンジュラスもここも、市場はとてもぐちゃぐちゃのように
なって、日本はこうゆうのがないのですごいと思いました。

野菜も肉も服もなんでも売っています。いろいろあるので、においもすごいです。
それに、グアテマラと違ってとても暑いので、肉が冷蔵庫ではなくそのまま
切ったまま売ってあるので、悪くならないのかなあと思いました。

それと、ハエがものすごく多く、ハエだらけです。
野菜とかにもはえがついていて、虫に食べられていました。
そこでジャガイモを買おうとしたけど、ジャガイモが9コルトバ(63円)は
グアテマラよりはるかにジャガイモが高いです。
市場はいろいろ売ってて、
「洋服・野菜・くだもの・肉・シャンプー・フリホーレス(黒豆)・飲み物・
アイス・おけしょう道具・サンダルなどまだまだあります」。
そこで肉を買いたいけど、肉にはえがついてるので
パパが
「れいぞうこがある所にしようよ」
とパパが言いました。
それなのでれいぞうこがある肉屋を探しました。
そしてやっとれいぞうこがある肉屋を見つけました。
そこはやっぱりれいぞうこがあるのでこっちの人達もここに来ていました。
そこで牛肉のヒレ肉(1番いいの)所を買いました。
それの値段は33コルトバ(231円)ぐらいです
グラナダ列車

グラナダは週末、観光列車が走るよ!安いしたのしいので、現地の人も
いっぱいだよ。グラナダ馬車

グラナダにはこんな風に馬車も走っているよ。

スポンサーサイト

久々に夜も出歩ける町にきました!
たかゆき・ひかる日記 6月19日アップロード

6月18日(日)グラナダ ニカラグア 晴れ

今日は朝8時から日本対クロアチアのワールドカップの試合です。
ぼくたちの部屋にはテレビがないけど、ロビーには大きなテレビが
あるので、そこへ行きました。

昨日の昼間は、その場所に、たくさんの外国人がいて、サッカーを
見ていて、アメリカ対イタリアの試合で、イタリアを応援して、ゴール
が入るたび、道路でばくちくをならしていました。

このまえの日本対オーストラリアのとき3対1で負けたので今日は
がんばってほしいです。
そして試合が始まって、中田英寿が2はつシュートしたけど、相手の
キーパーにとめられました。
そして試合が終わって0対0で引き分けでした。

その後次の試合ブラジル対オーストラリアの試合です。
試合が始まって、前半ロナウドがボレーシュートをからぶりをしてしまいました。
前半が終わって0対0です。
その後ブラジルの監督がかんかんにおこっていました。
そのつぎ後半が始まりました。
その後ブラジルが1点入れました。
その後もブラジルの背番号8番のカカが入れました。
カカはこの前の試合ブラジル対クロアチア戦で1点入れた人だと思います。
試合終了になってブラジルが2対0でオーストラリアに勝ちました。

午後、おかあさんと光とニカラグア湖まで歩きました。
ニカラグア湖は大きくて海みたいでした。
湖の近くは風が気持ちよく、ぼくたちは砂で遊びました。
たか日本語先生

たか、宿のおじさんに日本語をおしえる!!




6月17日(土)レオン~グラナダ 晴れ ニカラグア

今日はレオン~グラナダに行くためにバスを乗り換えて、
合計3時間ぐらいかかってつきました。

途中、首都のマナグアでバスを乗り換えました。マナグアはキケンなので
お母さんがいかないのよ、といいました。

バスは、グラナダの中央にある公園につきました。バスを降りると、いっせいに
物を売りきました。でも僕たちは買いませんでした。

ホテルはガイドブックにのっている「オスペダヘ・グラナダ」という宿に
行く予定でした。なぜかと言うとそこのは、プールがついているので、
そこのむかいます。
でもなかなかそのホテルが見つかりません。
住所は422番だけど、そこに行ってもありませんでした。

仕方ないので、その近くの宿を2つ見て、2つめに決めました。

2つベット・トイレ・シャワーもついていて、14$です。

レオンの宿が安かったけど、ベッドがせまく、キュウクツだったので、
ここは、大きなベッドでうれしいです。

この町は、なんとなく、おだやかな町に見えました。公園はまあまあキレイで、
たくさんカフェがあって、いくつも屋台が出ていて、イスにはたくさんの人が
すわってくつろいでいました。

夜ごはんは、市場の方にいきました。ぼくたちが泊まっている宿の近くにも
たくさんレストランがありましたが、みんな高そうだったからです。
だいたい、市場の近くには、安い屋台や食堂があります。

ごはんを食べたあと、公園の横に、かわいい電車みたいなのが停まっていて、
たくさんの人が乗っていました。
なにかなあと思って、近づくと、このグラナダの町をくるりと回る観光列車
でした。ひとり6コルトバ(約45円)で、安いので、ぼくたちも乗りました。
窓がないので、風がとても気持ちよかったです。

公園からぼくたちが泊まっているホテルを通って、湖へいって、そのむこうの
公園にいきました。だいたい20分ぐらいです。
とても楽しかったです。

この町は、夜でも人がたくさん歩いていて、店も開いてるし、普通の家の人も
家の前にイスを持ってきて、くつろいでいます。

グアテマラを出て、なかなか、夜に出歩ける町がなかったので、とてもうれしい
と思いました。

気温は昼間は40度ぐらいまであがります。日差しが強く、とても乾燥しています。
太陽が沈むと、どんどん気温が下がって、夜はわりと涼しいです。

グアテマラのプエルトバリオス以来、シャワーは水です。
このホテルもシャワーは水だけですが、水がとっても気持ちいいです。水が
ぬるいぐらいに感じることもあります。

レオンの市場

市場はほんとうにおもしろい!


6月16日(金)レオン ニカラグア 晴れ・夜雨
今日は郵便を日本におくるためにスーパに行って、ダンボール箱を
もらいました。

なぜなら、荷物がとても重いからです。バッグの下に車がついているカート
型のバッグをひとつ持ってきていて、それに、ぼくたちの勉強道具やノート
をたくさん持ってきていたのですが、どこの国も、道が日本のように舗装
された道路ではなく、ボコボコ道で、ひっぱって歩くことができないからです。

だから、大きなリュックを買って、からうことにして、不要な重いものすべて
日本に送ろうと思いました。

その後郵便局を探して、やっと見つかりました。
おくろうとしたけど、日本までおくるのに4キロ、850コルトバ
(6000円)です。
グアテマラでもそのくらいでしたが、こっちの物価を考えるととても高いです。

でも、お母さんが、旅を続けるのに、大切なことだから、と言って、払いました。


6月15日(木)レオン ニカラグア 晴れ

今日はウロウロにて、市場にボクのズボンや光の水泳ズボンや市場食堂を探しました。
でもなかなかいいのがみつかりませんでした。
ぼくぐらいの子供のサイズはとても見つけにくいです。
小さな子供用か、大人用のばっかりでした。

それに、ここニカラグアは服は安くありません。グアテマラの方が安かったです。

それから、やっと市場食堂を見つけました。市場の食堂は、安くておいしいです。
でも、この国はとにかく暑いので、なんでも腐りそうで、ハエがものすごいので、
お母さんは、ちょっと不安といってました。
そして、スーパに行ってジュースなどを買いました。


6月14日(水)チョルテカ~グアサウレの国境~ニカラグア入り口~
        チナンテガ~レオン ニカラグア 晴れ

今日はチョルテカ~バスに乗ってグアサウレの国境に行きました。
とうとうニカラグア入国です。

国境でバスを降りると、そのとたん、たーくさんの人がよってきました。
自転車タクシーの運転手や、両替の男の人たちです。
ここから、ホンジュラスの出国とニカラグアの入国の手続きをするところまで、
1キロぐらいあるそうですが、そこまで、おれの自転車にのれ!と
いや、おれのに!、いやいや、おれの客だ!とみんなで取り合いしているのです。
それは、それは、うるさいし、もみくちゃで、ぐちゃぐちゃで、すごかった
です。

今まで越えた国境の中で一番すごかったです。


それからまたバスに乗って、チナンテガという町へ行き、乗り換えてやっと
レオンにつきました。
レオンはとても暑くて日影にいても暑いぐらいです。ホンジュラスよりまたさらに
暑くなった感じです。

こんなに暑い中、歩いてホテルを探すのが、ぼくにはきつくて仕方ありません。
お母さんは、がんばろう!といいますが、ぼくはこのときが一番きついです。

それで目指していたホテルが見つかったけど、広くて200コルトバ(1400円)
でとてもよかったけど、網戸がありませんでした。ベットには蚊が入らないあみがつる
されていて、そこはイイと思いましたが、網戸がないのでやめました。

次のホテルは高いのに、網戸はないし、きれいではなかったのでやめました。

ぼくたちが、大きな荷物をもってウロウロしていると、英語が少しわかるおじさんが
話しかけてくれ、バックパッカーがとまる宿を教えてくれました。
レオンの人は、なんとなく、とても親切に感じました。

そこに行くと、とてもいい感じのホテルにたどりつきました。
外国人がたくさんいて、大きなキッチンには、その外国人たちが料理をして
いました。金額もひとり4ドル(500円)でした。
しかし、そこは、満員でした。ぼくはとてもがっかりしました。

次は道を歩いている人に聞きました。
そしたら
「そこにホテルがあるよ」
と言っておしえてくれました。
小さく「カサ・デ・ビアヘ」と看板があって、そこにはいりました。
古くて、部屋はちょっとボロボロだったけど、150コルトバ(1100円)
ととても安く、くつろげるテレビの場所には、ユラユラするイスなども
あって、感じはよかったです。
ここにきめました。

この町は、ホンジュラスのラ・セイバやテグシガルパやサンペドロスーラ
などに比べると、安心して歩ける雰囲気でした。でもやはり夜はほとんどの
店は閉まり、暗くてさみしい雰囲気でした。

ニカラグアの人たちは、みんなぼくたちを見てニコニコわらいかけてくれます。
特に光をみて、みんな声をかけたり、頭をなでたりします。
ホンジュラスの人はおとなしかった気がします。ニカラグア人は、
明るくて、元気がいい気がしました。

みんなほとんど顔は似ているけど、言葉もスペイン語で一緒だけど、
国が違うと、どこか違うんだなと思いました。

すざましかったニカラグア入国
6月14日 ホンジュラス ニカラグアの国境グアサウレから
入国しました。

これまでのメヒコ国境、ガテマラ国境、ホンジュラス国境と比べると
とてもキョウレツ、すざましい?入国でした。

なにがというと、国境までいくミニバスをおりたとたん、自転車タクシーの運ちゃんが「おれのに乗れ!」「いやおれのに
」、チェンジマネーのおっさんたちが・・・それはもうたくさん取り囲まれて・・・食べ物によるハエのように、荷物は勝手に持って行かれるし、腕はつかまれていたいわ、子供達は勝手に自転車にのせわれるわ・・・で。あー精神的にも肉体的にもちがれまじた・・・。




ホンジュニカ国境


なんと、国境の橋は、日本が援助してつくった橋。はざま組。こっちではHは発音しないので、「アザマ!ハポン!」

それにしても、この自転車タクシー要注意!20レンピラ(120円)
で乗ったのに、降りるときは200とのたもうた!(まあ、よくあることだが・・)
もちろん、私がそんな脅しに?のるわけない。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。