小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヘラクレス・イグアナ・タランチュラに会えたよ!
たかひか日記
(2006年7月10日ダウンロード・コスタリカ、サンホセにて)


7月7日(金)フォルトゥーナ コスタリカ

今日はワニやサルなどを見に行くために、ツアーに入りました。
場所は、カーニョ・ネグロ国立公園というところで、フォルトウーナから
1時間半ぐらいの、ニカラグアの国境にある大きな川です。川はジャン
グルの中にあって、船に乗って
動物や鳥などを見ることができる、ツアーです。

川に行く前もガイドさんがいろいろ説明してくれます。
パイナップルの畑やさとうきび畑を通りました。
そして、休けいの時ガイドさんが
「こっちにきてください」
と、いった方に行くと、イグアナの集団が木の上にいました。
大きなイグアナがほんとうにこっちにもあっちにもたくさん
いて、おどろきました。すごかったです。

イグアナ.

こんなでかいイグアナがたーーーくさんいたよ!

そこで、船乗り場につき、みんな船にのりスタートです。
そこで、ガイドさんが
「あの木に「サル」がいますよ。」
と、教えてくれました。
ガイドさんがサルの鳴き声をどすと、
サルも鳴き声をだしました。
いろいろ見ていると、水中の中にワニがいました。
ガイドさんが
「このワニ達は鳥をねらっていますよ!」
と、教えてくれました。

川は黄土色で、川の中はまったく見えません。魚がたくさんいるん
だろうけど、最初は見えませんでした。
でもしばらく行くと、川がザブンとゆれて、
めちゃめちゃ大きな魚が見えました。

鳥はたくさんいました。モンテベルデではほとんど見れなかった
鳥も動物もたくさん見れてぼくはとてもうれしかったです。
ジャングルクルーズ

カーニョネグロ(川)からジャングルの中へ!
たくさん動物や鳥にあえたよ。





7月6日(木)ポルトゥーナ コスタリカ

今日は昼の3時から火山を見に行くので、3時まで、ホテルにいてゆっくり
していました。
そして、3時になったら、車とガイドさんがきてくれました。
車がついていた所はジャングルでした。
ここでガイドのおにいちゃんんが、
「ここでいろいろな動物を見せて、あげるよ。」
と、言いました。
そして、おにいちゃんが
「ここに、サルがいまっすよ。」
と、言ってついていったら、
なんと、そこには、サルが2ニキ木の上にいたのです。
そしたら、おにちゃんがどんどんサルを見つけてくれました。

そして、とうとう火山が1番よく見える、所までつきました。
そこで、まていると、火山からとけた岩「ようがん」がおちてきました。

そして、車に乗って、火山の近くの川の天然おんせんにいきました。
そこは、本当に天然温泉でした。
とってもいい温度で、滝があって、とても気持ちよかったです。
そこで、1時間ぐらい、いました。

温泉火山のめぐみ

天然温泉、さいこー!!
そして、ホテルに無事につききました。


7月5日(水)モンテベルデ自然保護公園~フォルトウーナ コスタリカ

今日はモンテベルデ自然保護公園~バスを乗り換えて、フォルトウーナ
に行きました。ここは、アレナル火山という活火山の国定公園で、
温泉もある町です。
だから、フォルトウーナについたとき、火山のにおいがしました。
とてもくさいにおいがしました。
バスからおりると、モンテベルデと同じでたくさんの人がいっせいに来
ました。
そのひとりが、ひとり7ドル!と言ってきました。高いなーという顔を
すると、4人で20ドルと言ってきました。それでも、高いなーと顔を
したら、15にするよ!と。

じゃあ、まず、見るだけ、と断ってホテルを見に行きました。
町の中心からちょっとだけ離れているけれど、アレナル火山がよく見えて
、二段ベッドとテレビもあって、ホットシャワーが出て、いい部屋でした。
そこに泊まることにしました。

この町もモンテベルデと同じで、観光地で、外国人がたくさんいて、
高そうなレストランもたくさんありました。
ぼくたちはレストランは高いので、自分達でキッチンを借りて、ごはんを
つくりました。
アレナル火山

アレナル火山 夜には真っ赤な溶岩が流れ落ちるよ!すごいよ。

7月4日(火)モンテベルデ自然保護公園 コスタリカ

今日はモンテベルデ自然保護公園に行きました。
コスタリカはどこでも、入るにはお金がかかります。
そして、今日は4人で20000コロン(5000円)ぐらいです。

自然公園を歩いていると、ガイドの人が
「ケツアールがいますよ!!!!」
と、言ってくれました。
だけど、お母さんと光とパパしかケツアールを見ることができませんでした。
その時僕はとてもかなしかったです。

その後どんどん雨がふってきます。
雨がふってくるので、道がグチャグチャになっているのでとても通りにくいです。

そして、1番上に登ってきました。
1番上は雲だけなので、なにも見えませんでした。

そして、ホテルについた後、となりに本物のヘラクレスオオカブトが見れる所があったので、
僕と光で行きました。
ヘラクレスにあえた

ヘラクレス、でかかったよ。ぼくの手にのせたよ!強いからとても痛いよ。

そこは、本物のヘラクレス・タランチュラ・サソリ・チョウ・バッタ・
などの、標本がおいてありました。
そして、ここの人が
「こっちにいるよ!!」
と、教えてくれました。

そしたら、本物のヘラクレス・タランチュラ・サソリ・チョウ・バッタ・がいました。

そして、僕達が1番おどろいたのは

「巨大ゴキブリ!!!!!!!!!!!!!!!」

そしていろいろんな虫達が見れたのでまあまあよかったです。
でもケツアールが見れなくてかなしいです。


7月3日(月)モンテベルデ自然保護公園 コスタリカ

今日はバタフライガーデンという自然保護公園に行きました。
ここは、名前のとうりで、チョウがたくさん自然で見れる所です。
そこに、入るために、にゅうじょうりょうが必要です。
そこの、ねだんは、4人で、12000コロンです。
(3000円)ぐらいです。

そこは、ホテルがあるサンタエレーナという町から50分ぐらい歩いた
ところにあるのですが、他の人はみんなツアーの車できていました。
ぼくたちは、ツアーは高いので、自分達できました。

コスタリカは今までの中米の国とちがって、いろいろ高く
なりました。バス代はそう変わらないけど、3歳以上はみんな1人前
払わないといけないです(他の国は半額のときもありました)
入場料のような観光に関するお金は高いとお母さんがブツブツ言っていました。

それでガイドと、いっしょにチョウを見に行きました。
そこで、ボクになついてくれたチョウがいます。
そのチョウは、外側はヘビの顔の絵が書いていて、
目玉が書かれていて、内側はブルーで、とてもかっこいいです。

そして、ガイドの説明が終わったあと、出口の近くの部屋が
小さい昆虫博物館になってて、入ってみると、そこのはボクが見たかった、
「ヘラクレスオオカブト」
が、そこにいました。
そのヘラクレスオオカブトにさわって、みると、せなかに毛がはえていました。
そして、コスタリカのめずらしいハガキを買って次の所に行きました。

次は森の中を4人のりのケーブルカーでいくのがあって、それに乗ることにしま
した。25050コロン(6000円)ぐらいで、高くて、お母さんは目をまるく
してましたが、いろんな動物が見れそうだし、好きなところで止まることもできて、
たのしそうなんで、乗ることにしました。
鳥や、小動物や、日本にない花や草などを見てたのしかったです。

そして1時間ぐらい乗って、もうすぐ終わりかな?と思っているときに、
「カフェテリア」という看板が見えてきました。
こんなところに?と不思議でした。
そこは、このケーブルカーに乗ってお客さんのために、無料で飲み物をつくって
くれるところでした。
お母さんは、大好きなコーヒーがのめて、すばらしいサービスね、と喜んで
いました。
コンドラで探検

ゴンドラにのって森を探検したよ。
モンテベルデ自炊

節約のため、と、健康のためにごはんは自分達でつくるよ。

7月2日(日)プンタレナス~モンテベルデ自然保護公園 コスタリカ

今日はプンタレナス~2時間半バスに乗って、コスタリカの虫達が見れる、
モンテベルデ公園に行きます。

ボクがここで見たいのは、めずらしい
「ケツアール」 「ヘラクレスオオカブト」 「イグアナ」
など、が見れたら、とてもうれしいです。
そして、モンテベルデ自然公園につきました。
ここは標高が高く、もうちょっと登れば雲の中にはいるので、
とてもすずしく、今までめちゃくちゃ暑かったので、うれしい!と
思いました。

そして、バスからおりたら僕達に「ここのホテルがいいですよ!!ひとり5ドル!」
とたくさん人がよってきました。そのゴチャマゼの人の中からから1つえらんで、
行きました。
そこはとてもで小さいけどキレイなホテルで、部屋もぼくはひとめでここがいいと
思いました。
でも、その部屋は30ドルもしました。今日はここしか開いてないというので、
この部屋にして、あしたは15ドルの部屋にうつることにしました。
                          


7月1日(土)オスティオナル~サンタクルス~プンタレナス コスタリカ

今日は朝5時のバスに乗ってサンタクルスのバスターミナルまで行きます。
朝5時なのでとてもねむたかったです。

そして、バスは5時に出発しました。
最初はちょっとしか乗っていなかったけど、次々に人が乗ってきて満員になり
ました。このバスは1日1便しかないそうです。
こっちのバスは、バス停でないところでもどこでも、乗ったり降りたりできます。
とても便利です。(グアテマラもホンジュラスもニカラグアもでした。日本では
ちょっと考えられないです)

道はとてもガタガタで、道路に水たまりができています。また、土地が低いと
ころは川になっていて、わたるのにとてもたいへんそうです。
そうしてやっとサンタクルスのバスターミナルまでつきました。

その後一緒にバスに乗ったお兄ちゃんが、ガイドブックがないので、インタ
ーネットで調べたいので僕達のパソコンをかしました。

中米では日本語が使えるインターネットはまったくありません。
ぼくたちはパソコンを持っているからいいけど、持ってきてないひとは、
インターネットカフェに行っても、日本語で調べることができないのです。

その後お兄ちゃんのインターネットが終わって、いっしょに、
中華料理に食べにいきました。
その後お兄ちゃんはサンホセと、言う街に行きました。
僕達はプンタレナスに行きます。
そして、またバスに乗って、行きました。

スポンサーサイト

感動!ウミガメの産卵見たよー!
たかひか日記(7月1日アップロード・コスタリカのサンタクルス)

待って待って待ちに待って・・・とうとうウミガメ産卵を見ることが
できましたー!やったー!

6月30日。コスタリカのニコヤ半島にあるオスティオナルという静かな町にきて3日。やっと会いました!ウミガメちゃん!
うみがめ産卵

フラッシュはたいちゃいけないので、見にくいけど・・・
感動の瞬間です!
ウミガメ卵3人

その前の日には、ウミガメの卵みつけました。カラが、たまごのカラのようにかたくなくて、ゴムのように弾力があるんです!
うみがめ卵








6月29日(木)オスティオナル コスタリカ

今日朝2時に起きて、ウニガメを見に行きました。
朝2時なので、とてもねむたかったです。
でもここはウニガメがほとんど毎日見れるので、がんばりました。
ウミガメが見れる海に行きました。
でもぜんぜんウミガメが出てきてくれません。
そこで、1時間ぐらいまったけど、ウミガメ達は顔を見せてくれません。
ぜんぜん見れないので、今日はあきらめました。
今日もきのうも見れなかったので、
「明日はもう一晩中まとう!」
と、お母さんが言いました。


6月28日(水)サンタクルス~オスティアナル コスタリカ

今日はサンタクルスのバスターミナル~ウミガメが見れる、オスティオナルに行くために、このまえ行った、サンタクルス~バスで2時間ぐらいです。

きのうはバスに乗れなかったので今日はオスティオナルに行くバスに乗りたいです。
しかしまた時間をすぎてしまったのでまた乗れないかな???
と、思ったけど、やっと、オスティオナルへのバスがきてくれました!!!
バスは1日1びんしかないのでみんなおしあいしながらバスに乗ります。
このたいせいを、2時間も、づっときついたいせいなので、
頭がくらくらしてきました。

そして席があいたのですわってコスタリカの自然を見ていると、自然の
ブラックイグアナが木のうらにいました。
ボクはそれを見て、ブラックの所がかっこいいと思いました。
そしたらこっちの人が
「今からトモの所にいくのか???」
と、聞きました。
僕達は
「はい!いきますよ!!!」
と、僕達もこたえました。
そしたらその人が
「トモはボクの家にいるよ!」
と、言いました。
僕達はいいことをきいたので、その人について、行くことにしました。

(注:トモさんとは、海外青年協力隊としてここのウミガメのために
派遣されている人です。ホンジュラスのウッテラ島で出逢った日本人が、このトモさんと友だちで、コスタリカにいくならぜひオスティオナルに行くといい!と教えてくれたので、いくことにしました。)


そして、トモさんの家(民宿みたいホテル)につきました。
そして、夜になってからここの人に
「トモさんはいるんですか??」
と聞きました。
「そしたら今は夏休みだよ。どから今はここにはいないよ。12日ごぐらいに
帰ってくるよ!!!!」
と、言いました。久しぶりに日本人にあえるかと思ってたので、残念でした。



6月27日(火)プラヤ・ブラシリト~サンタクルス コスタリカ

今日はプラヤ・ブラシリトを出てバスにのり、次の目的地オスティオナル
(ウミガメの産卵が見れる海)への
バスが出るサンタクルスまでもどりました。

バスは30分遅れてきて、10時30分ごろサンタクルスのバスターミナル
につきました。オスティオナルのバスは1日1便しかなく、切符売り場の人は
「12時30分に来る」と言いました。

でもオスティオナルのバスがなかなかきません。
時間になってもきません。
いろいろバスの人に聞いたけど、ぜんぜん今から行く、
オスティオナルのバスはぜんぜんありません。
でも僕達が見落としたかもしれません。
なので、ずっとまったけど、ぜんぜんこないのであきらめて、
今日はこの町に泊まることにしました。

この街もとっても暑く、重い荷物をもってホテルを探してウロウロすることはほんとうにきついです。
それにこの街はホテルがなかなかありませんでした。

やっと見つかったけど、そこは27500コロンで(6000円)、高すぎてやめました。もうひとつのホテルは18620コロンで、(4000円)やはり高かったけど、ほかになさそうなので、ここにしました。

これまでグアテマラやホンジュラス・ニカラグアに比べるととても高く、お母さんがっくりしてました。高いだけ、部屋はまあまあきれいでひろいです。

この町には中華料理のレストランがたくさんありました。ぼくたちはうれしくてチャーハンと焼きそばをたべました。4人で1000円ぐらいでした。
食べ物にくらべて、ホテルはやはり高いと思いました。ホテルは観光客向けだからやろうね、とお母さんが言いました。



6月26日(月)プラヤ・ブラシリト コスタリカ

今日は朝から隣のビーチのきれいと聞いていた海に行きました。
コンチャル・ビーチというそうです。海沿いを歩いたらすぐです。

そこはそのとおりにとてもきれいでした。海の色が、ぼくたちが
泊まっているところのすぐの海とはまったく違っていました。
そして、砂がが、砂ではなく全部貝殻でした。それも色とりどりのキレイな貝がらでした。

コンチャル海


めっちゃキレイな海コンチャルビーチ。ガイドブックにも載ってない
秘密の?海だよ。

でも海はすぐふかくなるので、とてもあぶないでの
なので、あさい所で遊びました。

そこで2時間ぐらい遊んで、いったん昼ご飯をたべに行きました。
その後大雨がふりました。
雨がやんだ後またきれいな海に行きました。
そこで1時間また遊んで、いると、こっちの人達ほとんど、帰っているので、僕たちも帰りました。


6月25日(日)リベリア~プラヤ・ブラシリト コスタリカ
今日はリベリアを出て、ニコヤ半島にあるプラヤ・ブラシリトまで行くために、バスを乗り換えて行きます。
そこはコスタリカで1番きれいな海があるそうです。
バスをおりて、ホテルを探しました。
ホテルはあったけど、そこは1日1人で300ドルもする高級なところでした。
ホテルがここしかないので、おかしいな?と思いました。

どうやら、お母さんが降りるところを間違えて、一つ手前で降りたようです。
だから隣の町まで歩きました。1キロぐらい歩きました。

ホテルはあったけど70ドルと言われました。もっと安いところがあるはず!とお母さんが他を探そうと言いました。でもなかなかホテルはありませんでした。
重い荷物をもってウロウロするのは本当にきついです。

そのうち、雨がふってきました。そして、はげしくなりました。
木の下で雨宿りしてたけど、それではダメだったので、レストランに入りました。
お昼ご飯も食べていなかったので、食べることにしました。

雨がやんでまたホテル探しです。
運良く、28ドルの部屋がありました。


6月24日(土)リベリア コスタリカ

今日は朝ご飯を食べていると、ホンジュラスのウッティラ島で会った女の人と、
ニカラグアのグラナダで会った男の人とホテルでばったり会いました。

グラナダで会った人はバイクで世界を回っています。
ウッティラ島で会った人は僕達と同じで、メキシコから南へ旅行しています。

こっちを旅している人は長く旅をしている人が多く、南へ行くので、こんなふうに再会することも時々あります。
それで、その人達は今日ここのホテルを出ていってしまいますが、またどこかで会うかもね!という感じです。

その後バックがこわれたので、バックを探しに行きました。
大きいバックがあったのでそれを、買いました。日本円で7000円ぐらい。高いけど、今度はこわれないように、ファスナーが大きくてしっかりしたものにしました。前は1000円でいいバッグを買ったけど、ファスナーがボロですぐこわれたからです。

バッグは旅の途中でこわれるとこまるからね、とお母さんはいいました




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。