小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新学期がスタートしました
2007年4月5日新学期が始まりました。
我が家の子供達は、学校の理解のおかげで、ぶじ、小学6年生と4年生に進級しました。
現在、毎日毎日、1年間のブランクをうめるかのように、友だちと遊び続けています。

日本に帰ったら、信号守るとよ!

青信号じゃないのに、今まで見たいに しれーと渡ったらいかんよ!

と何度も言い続けましたが、なんのきなしにしれーと道路を渡っている(確認はしている)長男を目撃してしまいました・・。あまりに自然だったので、あきれました。

1年間の世界一周は、今思えば本当に過酷?で過激な国もおおかったので、妙なクセが(過激な国では日常茶飯事な)出ることをおそれています(笑)

なんていっても、途上国では、自己主張しないと、周りは何にもしてくれませんからね^^^

ブラジルで日系人からこんなこと言われました。

赤ちゃんも、泣かぬなら、ミルクはもらえない。んだそうで。

そんなわけで、いいたか放題人間になっているので、そのへんがちょっとこわい・・・。


まあ、とにかく元気で学校に遊びにサッカーにがんばっているようです。

我が家も空っぽの冷蔵庫からスタートし、仕事上の山積みの郵便物を整理し、決算や確定申告、保険の手続き、いろんな手続きをし、友人が企画してくれた帰国祝いパーティも無事終了し、少しだけ、一息ついたところです。

これからは、このブログをまとめ、本が出版できるように
がんばる予定です。

子供がよめる、親子でよめる、世界一周本をつくりたいですねー。




スポンサーサイト

帰国報告
おかげさまで3月30日に無事日本に帰ってきました。
2006年4月10日に出発したので、355日の世界一周、
本当に、無事、元気に、帰国することができて、自分のことながら
感無量です(笑)

いろんな国でいろんな経験をした素晴らしい想い出はもちろん、
つらかったこと、くるしかったことも、
無事に帰国できたとたん、すばらしい想い出にかわりました。

とにかく、家族4人、おおきなケガや病気をすることなく、
心配していた体調の悪い私の体力もどうにかもち、子供達を
マラリアなどの伝染病に罹ることもなく、交通事故にもあわずに、
迷子にすることもなく、無事に帰国できて、あらためて、
すべての人や出来事、そして神様に感謝です。

帰国してから10日になりますが、山のような郵便物をあけて
処理し、身近な人にご挨拶をし、休眠させていた会社のいろんな
手続きをしながら、ドタバタとやっています。

これからは、私はサラリーマンに戻り、(スッカラカンになってしまいましたんで(笑))、同時に、この子供達との日記を
整理して、なんとか、今度こそ本にしたいと思っています。

と、やる気マンマンではあるのですが、

帰国早々、花粉症に苦しんでいます。毎日、かゆくて、ズルズル、
ヘックション!です。薬も2種類ぐらいあるのですが、薬をのむと
だるくなるし、マスクはしてますが、メガネがくもってやおいきません。でももう少しの辛抱でしょう。

帰国して、なんて日本はいい国なんだろーーーと思いながら、
花粉がおさまるのをまって、がんばろうと思います。

ほんとうに、今は、日本のいいところがたくさん見えます。
コンビニやスーパーで買い物していても、笑顔や、ちょっとした
心遣いに感動したり、信号をみんなが守っていることにも感動したり、
クラクションはうるさくないし、花粉は飛んでるけど、排気ガスは
くさくないし、出発前は、せまくて文句だらけの自分達の賃貸
マンションも、なんてすばらしい空間やろーと思ったり、湯船が
ある幸せにひたったり・・・・・とにかく今は何でもうれしい!
おかしいですねー。ははは。

ブログも写真などちゃんといれて、徐々になおしていこうと思います。
ほんと、手抜きブログですみません。見てくださったり、掲示板に
メッセージいただいたりして、本当にありがとうございました。

それでは、また。今までのブログを手直ししながら、世界一周後の
我が家の子供達の様子もアップしていきたいと思います。








日本にかえってきた!!
3月29日の真夜中発、マレーシア航空で、関西空港にむけて出発したよ。
日本到着が3月30日の朝。のりかえて、福岡空港に帰ってきたのが
3月30日のお昼。とうとうかえってきたよー!

友だちのこうきがむかえにきてくれて、とてもうれしかったー!

ひとりで地下鉄にのって、全日空がどこにつくか聞いて、まって
いたんだって。

ありがとう!!

そのあと、学校にいって、学校の先生に挨拶をして、さっそく学校で
遊んでいた友だちとあそんだよ。

飛行機で2時間ぐらいしか寝てないから、本当は眠たい
んだろうけど、友だちとあえた喜びで、ぜんぜん眠くなかったよ。

ほんとうに、うれしい!!

世界一周の最後の国・マレーシアだよ
3月27日 クアラルンプール はれ

タイも暑かったけど、ここもとっても暑いです。5分歩いただけでじっとり
汗だらけです。
今日は、クアラルンプールのシンボルのツインタワービルを見にいきました。
とても高い2つのビルで、先がとがっている形をしていて、途中のまんなからへん
に2つのビルを行き来できるように、つながっています。
とてもきれいなビルです。
クアラルンプールはちょっとドバイににている気がしました。

イセタンもありました。イセタンにはキノクニヤがあって、
日本語の本が山のようにありました。
バンコクのイセタンにもたくさんあったけど、ここの方が
スゴイ気がしました。
ぼくたちはずっと4時間も立ち読みをしました。

それから、ずっとチャイナタウンまで歩きました。電車の駅4つ分です。
暑いのできつかったけど、いろいろ見ることができました。
気がついたことは、とても街がキレイだということです。車もキレイです。
ボロボロの車など走っていません。電車がたくさん走っているから、車のじゅうたいもなく、
空気がきれいで驚きました。
(バンコクは渋滞もはいきガスもものすごいです。)
それから、歩いている途中に、たくさん日本食レストランをみかけました。
これもバンコクより多いと思いました。

マレーシアはタイよりも、人々の給料がいいのだそうです。マレーシアの方が
歩いていても、ゆたかな感じがしました。

それから、犬がいません!のら犬が!
これはとってもめずらしいことです。アジアはどこにいってものら犬がおおいけど、
クアラルンプールにはいませんでした。今までどこの国にもいた犬猫がいないの
は不思議です。

タイのタオ島なんて、のら犬だらけでした。海辺にも海の中にも(泳いでいる)
レストランにも食堂にも、道にも・・・。でもここはいません。

特にぼくたちが泊まったチャイナタウンは、食べ物の屋台が多く、ゴミも多いので
のら犬があつまってきそうだけど、一匹もいませんでした。
そうそう、ねこもいません。




3月26日 タイ→マレーシア

今日は、タイ→マレーシアに行きます。
バンコクのホテルを出たのは、6時半ぐらいです。
そして、空港まで行くバスに乗りました。今日はなかなかきませんでした。
やっときて、バスにのって、やっと空港につきました。
空港では、ネパール行きのときと同じように、ずらーーーっと人が
ならんでいました。
飛行機に乗る搭乗口でまっていると、ぼくたちの前の飛行機
(インド行き)に乗り遅れた人がいて、ブーブーおこっていました。
そして、ぼくたちの飛行機はおくれて出発しました。
この飛行機は、テレビがないのでとてもガッカリしました。
マレーシアについたのは、
3時半でした。それから、バスに1時間乗って、地下鉄で一駅のりました。
バスは10リンギット(300円)地上鉄は1リンギットです。(30円)
そして、チャイナタウンに着いて、さっそくホテル探しに行きました。
そして、安そうなホテルがあったので、そのホテルに行って、部屋を見ました。
部屋は、なかなか良かったので、ここにしました。
マレーシアは、3日います。
マレーシアはタイとはちがってイスラム教の国です。
イスラム教の国は、エジプト、イエメン、ドバイと4つめです。
女の人は髪にスカーフをまいていますが、イエメンのように黒いのではなく、
いろんな色模様のをしています。
服は、普通の服の人と、ドレスのようなものをきている人がいます。
スカーフをまいていない人もいました。その人達は、イスラム教の
人ではなく、仏教だったり、ヒンズー教だったりするのだそうです。

夕ご飯は、中華料理をたべました。夜は屋台がいっぱいでてとても
にぎやかです。でも食べ物はいまいちでした。金額もタイより高くなり
ました。



タオ島はきれいでのんびりしたいいところだよ

3月19日~23日 タオ島
タオ島はとっても海がきれいです。そして、とても静かでのんびりした国です。
のら犬がびっくりするほど多いけど、ほとんどの犬はのんびり砂浜で寝てるか、
海で泳いでいます。
たまに、道路にいる犬は、ほえたりしてこわいのもいます。
犬が、すいすい泳いでいるのでおもしろかったです。
ぼくは一度犬のあとをおいかけましたが、犬ははやかったです。

ホテルは1泊900バーツ(2700円)という、ぼくたちにとっては
かなりいいところです。
島は、なんでも物価がたかいので、ホテルも高めです。それでも、タオ島は
他の島に比べるとましなのだそうです。

部屋は、とてもよかったです。でも、電気がくらすぎて、もっと明るいのは
ないかと聞いたけど、ないそうでした。
停電もよくあり、毎朝10時か、11時ぐらいまでは、水がでませんでした。

電気がどこもくらいし、砂浜のレストランなどもろうそくだけですごすので、
夜は星がとてもきれいにみえます。
停電といえば、ネパールが一番多かったけど、中米のグアテマラやホンジュラスも
停電多かったです。そのおかげでほたるがたくさん見えるし、停電も
いいです。




3月18日 バンコク タオ島 タイ

今日の夜は、タオ島に行く日です。
夜出発で、バスと船で、あすの朝タオ島へつくのだそうです。

お昼ご飯を食べて、バスの時間まで時間があるので、イセタンの本屋に行きました。
今日はバスは、死ぬほど混んでいて、全然進みません。
じゅうたいがなければ15分でつくきょりですが、だいたい30分40分かかり
ます。今日は特別に混んでいて、1時間以上かかりました。

今日は、世界の伝記などを読みました。
読んだ人物は、
「ジャンヌ・ダルク・モーツァルト・ケネディ・リーカーン・ベートーベン・
ライト兄弟・ファーブル・・・・
たぶんまだまだ読んだよ。
そして、バスが出るカオサンに戻りました。
キップを買ったカオサンの旅行会社に7時30分に集合で、
そこに、係の人がきて、一緒に船会社に行きました。
そこで、2時間もまたされました。
とても蒸し暑いし、せまい所に人はいっぱい、きゅうくつだし、荷物をもったまま、
ずっと待ちました。気がくるいそうでした。
バスに乗れたのは夜の9時40分。こんなことなら、集合を9時とかにすればいいのに、
と思いました。

夜中バスは走って、朝の5時、船着き場につきました。
船着き場で1時間半まって、やっと船にのりました。
ついsh
たタオ島は、すっごく水がきれいで透き通っていて、魚がたくさんいました。

さあ、ホテル探し。
ぼくはこれが一番しんどいです。荷物をもって、40分ぐらい歩いて、
やっとホテルを決めました。

そして、すーぐ泳ぎにいきました!




たかゆき元気になりました。
3月16日 バンコク
朝起きると、熱が下がっていきました。
熱冷ましの薬ももらったけど、のまずに、抗生剤だけのんだので、
ぼくは、病気にかった!と思いました。
食欲もでてきました。

病院の先生がテング熱の検査結果を電話でおしえてくれました。
テング熱でもありませんでした。
ほんとうによかったです。

検査結果をこっちから聞くことはあるけれど、この先生は
先生からわざわざ電話をホテルにかけてきてくれました。
日本よりも、とても親切だと思いました。

でも、お母さんが言うので、今日1日はじっとしていました。
じっとしているのもヒマなので、パソコンでDVDをみていました。

夜にはピンピン元気になりました!


バンコクの超高級・ごうか病院にいったよ!
「バンコクの超高級びょういんにいったよ!」

3月15日 バンコク
朝になっても熱が下がらなかったので、朝から病院にいきました。
お母さんが人にきいて、日本語がわかる病院にいくことにしました。

病院は超高級でした。高級ホテルのロビーみたいにピッカピカでした。
1階はレストランや店が入っていて、2階以上が病院です。
フカフカのソファーがたくさんあって、ピアノまであって、生演奏
していました。

小児科を聞いてそこにいくと、小児科はかわいい感じでした。
日本人がいて、受付のお世話をしてくれ、日本語がわかるドクター
にしてくれました。

ドクターはタイ人の女性で、日本語ペラペラでした。

ぼくの熱はなにが原因かをしらべることにしました。
風邪をひいていないのに、おなかがいたいわけでもなく、
こんなに高い熱が出るのはおかしいと言いました。

お母さんは、心配して、マラリアとテング熱の検査も
してくださいと言い、1ヶ月前にはカンボジアにいったこと、その次は
ネパールにもいって、2日前帰ってきたこと。熱がでるまえには、
少しだけおなかがいたかったけど、今は痛くないことなど、説明しました。

マラリアの検査結果はすぐでました。マラリアではありませんでした。
テング熱はあしたわかるそうです。

先生は、血液検査の結果をみて、なにかのウイルスが体であばれている
といいました。でもそのウイルスが何かはわからないと。
薬をもらって病院をでました。

ここの病院は日本語がわかる人がいるし、きれいで、待たせることもなく、
先生や看護婦さんもてきぱきして、薬の飲み方など、ちゃんと日本語で
袋にかいてあって、薬をいれる袋も、じょうとうでかわいい、持ち手が
ついた雨にもぬれてもだいじょうぶ袋で、おかあさんはとにかく
感心していました。

診察料もすべて、日本から加入している海外旅行保険と対応していて、
払わなくていいようになっていました。

また、どこにでも、ミネラルヲーターがおかれていて、だれでものんで
いいです。パズルなどもあって、光はパズルをしていました。

出口でいえば、ごうかホテルのように、タクシーをよんでくれます。
ほんと、すごいです。
ぼくたちはタクシーでまっすぐホテルにもどって、ぼくはまた寝ました。


熱がでちゃったよー
3月14日 バンコク タイ 猛暑
またタイに戻ってきたので、ホテルの人たちは「タカー!」と
いってむかえてくれました。
そして、おいしいラーメン屋台のおばちゃんも、おいしい
食堂のおばちゃんたちも、また会いました!

それにしてもタイは暑いです。
毎日40度。ネパールはすずしくてよかったなあーーー

なんて思っていると、たんだん、きぶんが悪くなってきました。
でも、今日は、タイに住んでいるパパの友だちの吉本さんと一緒にごはんを
たべましょうと言われていたので、その場所にいきました。
そこは、ぼくたちが泊まっているカオサンからはとても離れたところで、
バスと電車でいきました。

ぼくのきぶんはどんどん悪くなりました。

吉本さんとあって、日本料理屋へいきました。
そこは日本のたたみで、日本のようなところで、涼しくてきもちよかったけど、
ぼくのきぶんはよくなりませんでした。
大好きな日本のごはんがなんでもあって、なんでもたのんでいいと言われいたけど、
ぜんぜん食欲がありませんでした。

弟の光は、おでんを食べ、からあげをため、えだまめをたべ、あげだしどうふを食べ、
カニクリームコロッケを食べ・・・
とっても喜んでいました。
でも、ぼくはどんどん、きつくなりました。

とうとう、熱が出てきました。(少し前まではなかったのに)
ぼくたちは、すぐに帰ることにしました。
ホテルですぐに横になりました。


空港で危険物としてビニールテープを没収されたよ!
「バッファロー(水牛)のカレーを食べたよ!味は・・・」
3月13日 カトマンズ→バンコク ネパール タイ

今日は、朝7時ぐらいに起きて、11時まで勉強をして、ホテルの送迎サービス車にのって、
空港に行きました。
アメリカ人のお兄ちゃんと一緒でした。

空港で空港税を払いました。ひとり1695ルピー(2700円ぐらい)もして驚きました。
だって、ネパールの空港はしょぼいからです。
お母さんが言うのは、どこも空港税はかかるけど、あのバンコクの立派な空港でも700バーツ
(2200円ぐらい)だから高いよねーと言ってました。
ぼくの大好きなブラジルは40ドル(4800円ぐらい)するそうです。

それから、チェックインカウンターへいきました。
ぼくたちの前に、ホテルから一緒のアメリカ人のお兄ちゃんがチェックインしようと
していましたが、「席がない、キャンセルになっている」と言われていました。
アメリカ人のお兄ちゃんは、「そんなはずはない!ちゃんと予約している!」と
言っていましたが、席はなくて、キャンセル待ちで、むこうで待ちなさいと言われていました。
ぼくたちは、きのう、航空会社にいって、予約の確認をしていてよかったと思いました。

それからが大変でした。
中にはいって、ネパールの出国のスタンプをもらって、待合室で待って、アナウンスがあって、
飛行機に乗り込む前の荷物チェックです。

まず、みんな長い列を作っていましたが、女の人は別になっていて、お母さんだけ先に行かされました。
お母さんは、パソコンのリュックとぼくたちのおもちゃバックをもっていました。
荷物を機械にいれてチェックされたあと、全員、また、中身をひとつひとつ出してチェックされました。
ぼくたちもリュックをひとつずつ持っていたので、チェックされました。
お母さんが待っていたので、手伝いにきてくれました。

というのは、リュックの中身はすべて出されて、ねんいりに中身をひとつひとつ調べるからです。

お母さんはもうチェック終わっていたけど、ビニールテープをとられたそうです。
係の人に「なぜ?」と聞くと、「口をふさぐのに使ったらいけないから」だそうで、
あまりの理由にぼくはとてもおどろきました。

それから、おもちゃのバックもぜんぶ出されて、チェック終わってそれをバックに直すときに、
係員が2つ、手元においたままにして、「はい、おわり、いいですよ」と返されて、お母さんは
驚いて、そこにまだあります!と言って取り戻したそうですが、ぼくたちのときも
同じようなこと(ぼくのふでばこを入れ忘れられた)があっておどろきました。

それから、お母さんのビニールテープと同じように、せんたくをほすためのロープがひっかかり
ました。テープが口をふさぐなら、ロープは首をしめるから、と言われそうなかんじでした。

ロープは普通のではなくて、日本の100円ショップで買ったとっても便利なもので、
(長さがかえることができて、はしごみたいになっていて、せんたくものがよらない)
ぜったい、どこの国にもなかった、とっても大切なものです。

お母さんは、これはせんたくをほすもので・・・といっしょうけんめいいってました。
係員は、それを、そのひとのボスにきいていました。ボスはOKだといいました。
ほっとしました。

全員にそんな調子でチェックしていました。

そして、おくれて、飛行機は出発しました。
それから機内食がでました。なんとそれは、バッファローのカレーでした。

もうひとつはチキンでしたが、とうがらしでとても辛くて食べられませんでした。
辛いのが好きなパパとお母さんも、これは辛すぎる!と驚いていました。
ネパール人は、牛が神様なので、牛を食べないで、水牛を食べます。
水牛は、羊の肉みたいにくさいです。

そして、バンコクについて、バスに乗って、ホテルに行きました。
ホテルに着いて、お母さんは、おなかがいたいので、僕と光・パパでラーメンを
食べに行きました。
でもいつも行っているラーメン屋がなかったので、別のラーメン屋に行きました。
別のラーメン屋は、塩こしょうがたくさん入って、食べれませんでした。
今日はたべものははずれでした。
そして、スーパで朝ご飯を買ってホテルに帰りました。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。