小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旅の茶話会復活!うれしい日2008年1月23日
「旅の茶話会」を復活できたうれしい日!

去年10月に腎臓ガン手術して退院した日に、
よし、1月には元気になって、「旅の茶話会」を復活させよう!と
決めていたんです。小さな目標ですが、それができて、本当に
うれしい日でした。

去年9月5日に私は思いがけなくガンを告知されたわけですが、
その日が、12年ぐらい続いている旅好き人間交流会「旅の茶話会」
の日だったんです。

ガンだという信じられない告知、これからいろいろ検査をして転移が
あるかなしか調べなくてはならないという、転移がわからない状態
のその日、自分自身が主催する会合・・。

ほんと、そのときに参加してくれた人たちに心配をかけてしまって、
とっても心にひっかかっていたんです。

だから、本当にうれしかった!みんなに、たくさんのお花やアロエ(花言葉が”健康”)
図書券や世界一(でっかい)りんごなどなど復活のお祝いもらって、
感謝感激でした。本当にご心配おかけしました。ありがとうございました!

いつもわがままを聞いてくださっている会場のBUAISO舞鶴店からは、
いつものお箸ぶくろに
茶話会、復活!とお祝いのメッセージを入れてくれていて、うれしいかぎりです。
(記念にひとつきれいなの持って帰っていればよかった・・・)

はなたば

あろえ
世界一りんご


というわけで、復活第一弾は、4名の初参加者を交えて、旅や人生の話で
たのしく盛り上がりましたよ。

世界一周から去年9月に帰国したばかりの女性や、今度、世界一周に行こう!
と考えている女性ふたりも参加。今回参加はしていないけど、この4月ぐらいには
メンバーの女性ふたりが、世界一周に旅立つ予定の人もいます。
ワクワクしますねー!

次回は2月18日(月曜)に開催します。
スポンサーサイト

(4)食でアレルギ性鼻炎も治す!☆ガンが教えてくれた人生改善
冷え性治せば、アレルギーも治る!(2008年1月23日)

もうすぐ来る・・・おそろしい花粉の季節。花粉症は一度発症したら治らないと思っていました。花粉症だけなら、花粉が飛ぶ季節だけ抗アレルギー剤を飲み続ける人もいるでしょうが、通年性アレルギー性鼻炎の場合は、そうはいきません。でも、治る!ことを発見しました!
ガンのおかげで!

私がアレルギー性鼻炎になったのは、次男を生んだあと、もう、10年近くになります。
それまでも(疲れがたまると)中耳炎になりやすい体質で、耳鼻咽喉科に時々行っていましたが、定期的に通うようになり、処方された抗アレルギー剤を飲むようになりました。

アレルギーの原因は、ハウスダスト(ほこり)とダニ。一度発症した鼻炎を治す薬はない、原因をとりのぞくしかないと言われ、カーペットやじゅうたんはダニがつきやすいのでやめるなど、いろいろな住居の改善を教えてもらいました。

でも、ほこりやダニはどこにでもいる。それに、アレルギーにならない人だっていますよね。それはなぜ?体質が違う?・・ずっと私の中でひっかかっていました。

出たアレルギーを止めるだけの薬。治す薬はない。それが現代医学です。アレルギーは年々ひどくなっていきました。今では、掃除をするときなどはマスクを必ずしていますが、宅急便できたダンボールを開けただけでもアレルギーがでる始末。鼻水がひどいと、中耳炎にまでなり、また、くしゃみが止まらずに、胸が?横隔膜が?痛くなることも多いです。

そして、2年前突然、花粉にも反応し始めました。

アレルギーの薬をのむと、体がだるくなったり、眠たくなったりします。花粉が飛ぶのは毎日のことで、とても耐えられないです。それに、他が健康ならまだしも、いろいろ問題を抱えている私ですから、抗アレルギー剤を飲み続けて副作用に抱えることはとはかなりしんどいです。長期の薬の服用は、抗うつ剤でこりていますので、なるべく避けたいのです。

2年前から花粉症が発症したわけですが、その2年前の花粉が終わりがけの4月、世界一周に出発しました。日本を出ると、ウソのように、スッキリーーー!とよくなって、世界一周中の1年間ではアレルギーが出たのは、たった1回だけでした。

しかし、帰国が去年の3月30日。花粉のおわりがけ・・・・。で、とたんにやられました。4月いっぱい苦しみました。だから・・・・もうすぐ来るであろう、花粉がとっても怖いのです。

しかし、私はガンになって、免疫力と出会って、研究?していくうちに、アレルギー性鼻炎、花粉症を治す方法がわかったのです。

ガンもそうですが、現代医学(西洋医学)になかった答えが、東洋医学や自然療法にありました。これで、私はアレルギー性鼻炎と花粉症を治します!!

ただし、東洋医学や自然療法には即効性はありません。今年の対策としてはもう、間に合わないかもしれない。でも、10年後、薬要らずの自分の健康な姿を頭に浮かべながら、やってみようと思います。

で、何をやるか・・・

まずは内臓冷え性の改善。なんで、冷え性とアレルギーが関係あるの?って思うでしょう。でも大アリなんですよ!それに、これはガンの再発転移予防やいろんな原因がはっきりしていない病気改善や予防にもつながります。

それから、漢方薬。時間はかかるけど、東洋医学には、“アレルギー体質を改善”する方法があるんです。

冷え性とアレルギーの関係というのは、
花粉症などによる鼻炎を起こしやすい方は、内因といわれる“水毒証”あるいは解毒証体質が密接に関わっているそうです。鼻水が出る状態のほとんどは、漢方で言う「水毒」と考える事ができます。これは体内の水分代謝の異常によって鼻水が生じるという考え方で、“冷え性”の方に多いそうです。

そこで、“水毒”=冷え性改善方法です。私の内臓冷え性はかなりひどいので、徹底的にやります。
・毎日しょうが紅茶を2、3杯。
・体を冷やすコーヒーやビールはひかえる
・養命酒
・はらまき+ホカロン
・下半身の強化(ウオーキングとスクワット)
・食事は(3)免疫アップ食、体を温めるものを食べる
・漢方薬(下記、小青竜湯を)

この小青竜湯とは、(引用)
花粉症の七割の人に有効と言われている“水毒”を改善する薬です。“水毒”というのは、体の中の水はけが悪いために起こる不調のことです。 本来、胃の中に水は留まらないはずですが、ここに余分な水がたまることを胃内停水と呼びます。これは消化不良、食欲不振を引き起こします。
みずおちをこぶしてたたいたり、走ったりすると、胃の中でポチャポチャと水の音がする人がいますが、これを振水音といい、胃内停水を示す重要な目安になります。
このほかに、関節に水がたまる、水太りする、湿っぽいセキをするなども水毒の症状とみなされます。
体力が中等度の人の、水の巡りをよくして、水毒に基づくさまざまな症状を改善する薬、というのが小青竜湯の特徴です。
水毒の最大の診断目標は、さきほど申し上げた胃内振水音を示す胃内停水といえるでしょう。それに伴って、鼻水、セキ、くしゃみがよく出る人は、ほぼ間違いなく水毒の証(証とは漢方的診断目標)と考えることができます。
このように、小青竜湯は、春先から始まる花粉症の治療にぴったりの薬です。 実際にこの処方が、花粉症に有効であるとする報告は無数にあり、使用した人のおよそ6~7割には有効というデータがあります。それ以外の3~4割の人には、葛根湯(かっこんとう)や桂枝湯(けいしとう)が効くことがありますが、とりあえず花粉症の人は、まず最初にこの小青竜湯を使ってみましょう。

そして、副作用の心配は?
もともと水毒を改善する薬ですから、小青竜湯は花粉症だけに効くというわけではありません。熱がでたりセキが出たりして水毒の目立つ一般のカゼ、気管支ぜんそくなどに用いられて効果を発揮することも珍しくありません。
また、体内での水の新陳代謝をよくしますから、急性や慢性の腎炎やネフローゼといった腎臓の病気、むくみの伴う病気、結膜炎、関節炎、体のどこかに水のたまる病気にも効果を現します。
 
さらには、消化管の中の水毒症状、例えば胃酸過多症、胃カタル(カタルとは粘膜の表層の炎症)、胃の病気などにも卓効を示します。
小青竜湯は、体力が中等度の人で水毒の症状を治す薬というのが基本ですから、花粉症の人の多くに効き目があるでしょう。
もっと体が虚弱な人には苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)を使うこともあります。逆に体力がもっと強い人には、葛根湯や大青竜湯(だいせいりゅうとう)を用いることもあります。
もし、小青竜湯が体に合って、花粉症やそのほかの症状が改善されるという人の場合は、例えば、花粉症の時期の間にずっと小青竜湯を飲み続けても、副作用などが起こる心配はありません。(引用、終わり)

内臓冷え性の原因は、食生活だけでなく、精神的ストレスなども大きく関係があります。ガンも難病もすべて、食とストレスが関係があるようです。しかし、ストレスはなかなかすぐは改善できないです。だからこそ、今すぐ変えられる食生活や生活習慣の改善を変えてみる。そして、続ける。よくなると信じて!


(3)免疫力アップ食~ガンが教えてくれた人生改善策
●みなさん あけましておめでとうございます!(2008年1月9日)

本は出版に向けてちゃくちゃく進んでいます。年末年始は、本の校正にがんばりまし
たよ。こんな感じになります。ここまでできてうれしいです。

本表紙の

↑表紙です。ここに、次男ひかるが書いた絵がのります。
タイトルはまだ仮題です。
本校正ぐ

↑中身はこんな風。回ったルートにすべて交通機関、時間、金額も入っています。

●旅行記以外には、1年間4人で500万円のこずかい帳、旅の荷物、子連れ旅の秘訣、あとがきには、”子供たちと世界一周に至るまで”や、この本を印税を寄付する施設について、など。

旅の情報もありますが、基本的には、未来の地球人!?”小学生の目で見た世界との出逢い”で、世界と仲良く!というメッセージの本です。


全部カラーで、総ルビなので、子供から楽しんでもらえると思います。よろしくお願いします!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ガンがおしえてくれた健康になるための楽しい研究?も続けています。

それでは、今回の改善は・・・

<一生続ける免疫力アップ食>~ガンが教えてくれた人生改善策(3)~


ガンのおそろしさは、やはり、転移や再発ですよね。
私の腎臓ガンの場合も、“最も転移しやすいのは、肺”だということ
を先生に言われています。

原因は(西洋医学では)解明できていません。しかし、ガンなのだか
ら転移する可能性はある、というのは、かなり酷な話です。

医療は進んでいるけれど、やはりもう手術はいやですね。だから、ガ
ンが再発転移しないような体にしようと、今、楽しんで“体と心”の
健康の研究しています。

私はガン発覚する何年も前から体調が悪くて、しかし特に異常はみあ
たりませんでした。持病は多くの人が持っている?肩こり、背中こり、
またそれらからくる緊張性頭痛、腰痛。年々ひどくなるのがアレルギ
ー性鼻炎と花粉症。これらによって中耳炎になりやすい。年に4回や
ってくる1週間も続くひどい偏頭痛。胃腸の不調、不眠、その他もい
ろいろで、1カ月の3分の1はダウンしていました。ダウンといって
も、子育て、家事、仕事とどれも休むことはできないので、いつも
「ああ、このまま、ぶったおれたい・・・」と思っていました。また、
どの症状も、根本的になおす治療法はなく、症状をとりあえず止める
クスリをもらうだけ。何も解決しないのです。

でも、ガンになって、わかったんです。ガンはこれまでの不調のあれ
これの原因も教えてくれたのです。

ガンや病気はすべて、免疫力低下が関係していることを。その免疫力
が私の体の中でどんどん下がり続けて、体はたくさんのサインを出し
ていたにもかかわらず、どうしたらよいのかわからなかったのだと。
わからなくて、具合悪くて、イライラして、苦しくての悪循環になっ
ていたのだと。

免疫力は人それぞれですが、40歳ごろから低下しはじめるそうです。
でも、免疫力は高めることができるのです。また、自然療法、東洋医
学に、いろんな病気の改善策がありました。病気になるのは、食生活
や生活習慣の問題が50%、精神面ストレスが50%と言われていま
す。どっちも見直し、人生を改善しようと思います。

よく“バランスのよい食事”をとか、“1日30品目”とか、1日に
これだけの野菜を取りなさいとか言いますが、これって現実的にむず
かしいと思うんです。独身時代は多少?食生活に問題はあったと思う
んですが、さすがに母親になってからは、食生活にはやはり気を使っ
ていました。でも、いつも時間に終われて、手抜きですぐできるもの
ばかりでした。こうして勉強してみると、改善すべき点がたくさん見
つかりましたよ。

ただ、私のダメなところが、やろう!と決めても、効果がすぐ現れな
いと、ムダかな?と迷いだしたり、“あきる”し、“続かない”こと。
しかし、今度ばかりは、なんとか、一生続ける方法を身につけよう、と
思っています。とにかく、忙しくても、考えなくても “続けられるこ
と”(ようするに、ムリがない方法)を今なりに考えました。
(※というものの、健康と食はかなーり奥深く、まだまだ未熟。まだま
だ研究つづけます・・・)

で、免疫力アップするための要素をまとめると・・・
・内臓冷え性・悪い代謝を直す→体を温める食材(寒い国、寒い時期
に取れる野菜)を多く摂る
・酸性(美食)にかたよりがちな食事を→アルカリ食品を摂り中和する
・肉より魚(肉食が免疫力を下げる)
・加工食品はキケンな添加物いっぱい→なるべく摂らない。
・毒素を溜め込まない→毒素排出食品を毎日摂る(玄米、植物繊維)
・便秘(腸)改善→腸内環境をよくする
・野菜を工夫してたーーくさん食べること。

それらのために、何を食べたらいいのか、現在の私ができれば毎日摂る
ように心がけているものを書き出します。<   >内は摂る理由

【ごはん】
●発芽玄米+雑穀ごはん<毒素排出、ビタミン、ミネラル、カルシウム、
カリウム、マグネシウム、セルロース(繊維系)など含。そのほか、分
析には出てこない生命の元となる成分有>
●梅干し<整腸&鎮静→(太陽干し、無添加のもの)酸性(美食)体質
を中和、抗酸化)
●ちりめんじゃこ・・・ごはんにふりかける<核酸(免疫のバランスや
免疫細胞を活性化)>
●黒ゴマ・・・ごはんにふりかける<カルシウムとアミノ酸、ビタミン
の宝庫、脂肪の酸化防止、精神安定、抗酸化(活性酸素をとり除く)物質>

【みそ汁】
●わかめorのりorこんぶorひじき<毒素排出、酸性(美食)体質を中和、
核酸(免疫のバランスや免疫細胞を活性化)、腸の免疫を高める>
●きのこ類<消化しにくい→いつまでも消化管を動かす→リラックス効
果持続→副交感神経を刺激し続ける→がん予防。外敵から身を守る粘膜
強化食、免疫の本体でもある白血球自体の力を高める血液強化食、免疫
力強化> (いやーきのこってすごいですね!)
●たまねぎ<内臓冷え性を治す→体をあたためる、毒素排出>
●大豆(納豆or豆腐)納豆<必須アミノ酸&毒素を消す、核酸(免疫の
バランスや免疫細胞を活性化)、免疫の本体でもある白血球自体の力を高
める血液強化食>
●にんじん<内臓冷え性を治す→体をあたためる>
●ごぼうを皮ごとスライス。(皮がアレルギー改善にいいそう)
●みそ・・・みそ汁に<免疫の本体でもある白血球自体の力を高める血
液強化食>

【飲む】
●しょうが紅茶<内臓冷え性を治す→体をあたためる>
●にんじん入り野菜ジュース<内臓冷え性を治す→体をあたためる>
●ヨーグルトジュース(発酵食品)<免疫力を高める>
●ケツメイシ茶(=ハブ茶)<便秘対策>

【おかずに添える】
●発酵食品(キムチや納豆など)<免疫力を高める>
●ヤマイモ<内臓冷え性を治す→体をあたためる、たんぱく質の分解を
助ける、抗酸化>
●大根おろし・・肉・魚にはかならずかけて食べる<消化を助ける、抗酸
化(活性酸素をとり除く)、細胞の酸化(老化)防止>なるべく生がいい
●根野菜の煮物・・・たくさん作って少しずつ毎日摂取<内臓冷え性を治
す→体をあたためる>
●きゃべつ・・・<免疫の本体でもある白血球自体の力を高める血液強化
食>
●果物を何かひとつ・・・りんごなど。<内臓冷え性を治す→体をあたた
める、抗酸化作用>

【サプリメント】
●青汁<ビタミン>
●にんにく(にんにく卵黄)<毒素排出、抗酸化(活性酸素を減らして免
疫力アップ)物質、免疫の本体でもある白血球自体の力を高める血液強化
食>
●ケフィア<外敵から身を守る粘膜強化食、腸内環境を整える>
●香酢<アミノ酸、免疫細胞を強化>
●養命酒<内臓冷え性の改善>

これらを毎日少しずつ摂ることを心がけています。

◎その他、もうちょっと詳しく食材をあげると・・・
※毒素排出→にんにく、たまねぎ、ニラ、そら豆、パクチー(コリアンダ
ー)、海草、レンコン、おくら、ネバネバ系
※頑固な冷え性を治す→だんこん葉(野菜の中で一番ミネラル多く、カル
シウムも多い)
※花粉症をなおす→コボウを皮のまますりおろしてその絞り汁のむ。
※ガンの温床・内臓冷えを治す体を温める食べ物→ショウガ・紅茶・黒砂
糖・リンゴ・干物・漬物・
ゴボウ・ニンジン・レンコン・タマネギ・ヤマイモなど(寒い国の食べ物
、根菜類)
※体を冷やす食べ物をひかえる→スイカ・メロン・バナナ・ミカン・アボ
ガド・コーヒー・カレー・牛乳・白砂糖など…
※できれば野菜は有機野菜を買い、皮ごと食べる(アレルギーを治す。皮
にはその野菜の栄養がたっぷり)
※酸性体質を中和する抗酸化物質→緑黄色野菜や果物、赤ワイン、ブロッ
コリー、納豆、ゴマ、豚肉、梅干、にんにく、青背の魚、ごぼう、こんぶ、
こんにゃく、わかめ、ほうれんそう、海藻のぬめり成分を持つ食品、トマ
ト、ナス、ターメリック、みかん

※外敵から身を守る積極的な食事法(粘膜強化食)→・ビタミンA ・味噌
 ・食物繊維 ・ヨーグルト
※免疫の本体でもある白血球自体の力を高めるような食事(血液強化食)
→ファイトケミカル(野菜果物)、魚類のタンパク質、β-グルカン、ビタ
ミン群、n-3脂肪酸、香辛料。・・・にんにく もずく 昆布 めかぶ かぼ
ちゃ ブロッコリー 淡色野菜 カリフラワー キャベツ あしたば シソ しそ
油 大豆 味噌 納豆 唐辛子 ヨーグルト 里芋 バナナ しめじ えのきだけ
まいたけ

※みそと醤油は上質の物にする。→サラダ油や精製油は絶対使わず、天ぷら
する時は、菜種油に10%ごま油をまぜて。いため物は必ずごま油を使用。
※塩は必ず岩塩とする。(ひとつになった腎臓を大切にするために。にがり
を含んでいないもの)

で、このように改善してまだ2カ月半になりますが、結果・・・

慢性化していた、胃の痛み&不調がウソのようにすっきりなくなりました。
胃薬が手放せなかったのに、すごいですね!きっとこれからも変化が現れる
でしょう。楽しみです!

体の具合がなんか悪い、やる気がなくてウツ気味という方、ぜひ、まず、食
事を見直してみませんか。原因がはっきりしていない病気をお持ちの方、わ
からないから、とあきらめずに、免疫力アップ、ぜひ、やってみてください。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。