小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


目指せ!5年後
2008年2月24日
この間、子ども会の公園掃除で、ある一時期、よく話したお母さんと久々に
あいました。で、無事帰ってきたと!おかえりーーーー!と言われたぐらいで・・・。

そのくらい会っていなかったのだ。

子供の学年が違うのと、まあ私がいろんな行事に顔を見せることができなかったから。


で、そのお母さんは、昔子宮ガンになったことを、4年前ぐらいに聞いていたので、
いやー、ガンになっちまして・・・・と私。

てなわけで、ガン友。

彼女は、もう6年になるらしい。転移もなく無事すごせてきた。
でも、手術で子宮を摘出して、1年ぐらいは不安だったと。
転移するときは、1年以内に転移することが多いと彼女は言う。

私の周りには、何人か、幸運なことに、ガン経験者がいる。ガンから復活した友人知人が
そばにいる。それはとても、心強い。
腎臓ガンは、もともと、日本人には少ないガンなのらしい。
ちょっと、古いガン関係の本をめくると、ガンの種類に”腎臓ガン”がない場合も
よくあって。
ガンの中では少ないなかで、私の腎臓のガンは、よくあるタイプでなく、”珍しいタイプ”
だと、担当の先生は言っていた。

珍しい?といわれても、どう理解したらいいのか?
ガンにはたくさんのタイプというか、種類があるそうだ。
ポンポン転移していく悪性が高い、おそろしいガンから、おだやかなガンまで、
いろいろ。

まあ、この10年間ぐらいで、特にこの5年で、どんどん悪くした心身なんで、
5年をかけて、取り組もうと思っています。

とにかく、目指す5年後。再発・転移しないことはもちろん、免疫力アップした
健康な体と心をイメージして。
10年後、世界でバリバリ?活躍する?自分をイメージして。



”食”を根本的に見直した結果が出て、ずいぶん、改善してきたように思います。

必需品だった胃薬は、術後一度も飲んでません。

お風呂に入ることが、体力的にしんどくてたまらなくきついほど、虚弱体質で
したが、今はそんなことなくなりましたね。

本屋さんで、しんどくて数分もできなかった本の立ち読みがだいぶできるよーになったし。

朝、起きたときからどーーんと重かった頭も、軽くなったように思います。

そうそう、頭痛やアレルギー鼻炎も、軽くなっています。

まだまだなのは、睡眠。相変わらず・・質が悪いですね。何度も何度も目が覚めています。
冷え性も、少しは改善した気がするけど、これはかなりの重症なんで、まだまだ。
それと、疲れやすいのも、まだまだ改善できてはいないですね。

術後、退院後には、私は、乳がん検査と、子宮ガン検査に行きました。
腎臓ガンの転移検査では調べてなかったからです。

以前から、乳腺症で、痛みがあります。

乳腺症はホルモンの影響で、30代後半からよくあるそうで、ホルモンなんで
しょうがないし、どうしようもないものです。が、痛いときは、
乳腺が痛いのか、胸が?肺が?がいたいのかわからなくなって、
不安になるのです。
肺への転移が、一番可能性として高いところと言われているので。
乳がん検査は異常なし。

子宮ガン検診も異常なしでした。
でも、術後、生理が止まってしまっていて、理由がわからない。
まだ、更年期ではないそうですが、・・・・
まあ、精神的なもんだそうです。

ほんと、たまたま見つかったガンには感謝しています。
人生を変えてくれてありがとう!





スポンサーサイト

(5)食を正す選択☆ガンが教えてくれた人生改善
こんな世界一周紙芝居を作りました!
フリーのアナウンサーの友人が、読み聞かせで読んでくれるとのことで
作りました。小学3年生だそうですが、興味示してくれたら
うれしいーなあ。
紙芝居




ガンが教えてくれた人生改善(5)☆食を正す選択

調べれば調べるほど、自分の食生活が偏っていたなあ・・と思っています。

私も、かつてはとても健康でした。私の両親は食事にはそれはそれは厳しくて、そのおかげで、好き嫌いはありません。なんでもおいしく食べることができます。食べられないものは、市販のマヨネーズとケーキやチョコなどの甘いもの(飲んべえ?なもんで・・)。マヨネーズは使っているアブラがダメみたいで、自家製だと大丈夫ですし、食べたほうがいいという場面では食べれます。今までに大きな病気をしたこともないし、次男を生むまでの33年間はアレルギーはなかったし、頑丈な体だったのです。

なのに、私がガンになった根本的原因は、精神的な余裕の無さ、だなあとつくづく思います。余裕がないのは、上ばかりを向いた生き方や、あれもこれもと欲張った考え方、精神面の弱さ、くよくよ悩んでしまう性格からくるものです。そして、そのしわよせが、そのまま自分の食をおろそかにしてしまったのだと思います。

私の場合は、もちろん主婦ですから毎日作るわけですが、精神的に病んでいると、作っているうちに自分は食べたくなくなってくるんです。自分が作ったものは食べたくない。だから、家族3人分を作る。残ると自分が食べなくてはならないので、残らないように作ろうと思う。どんどん神経質になって残らないように作る。本当に残らなくなって、いざ自分のお腹が減った時には、食べるものはない。結果、適当なものを食べる・・・

食がおかしくなると、カラダはさまざまな黄色サインを出すんですね。でも、食が原因だとは気づかない。だって、ちゃんと作ってるし・・。(自分はそれを食べていないのに。)疲れているのだ、今は仕方がない、となる。

そう、ちゃんと食べているつもりだったんですね・・。そう、食生活は別に乱れてはいない・・・と思っていたんです。

黄色サインは見逃されて、ますます体調が悪くなる。でも仕事はしなくてはならないし、主婦としての仕事も山積み。いつも疲れて、ますます食に目が向かない。胃が痛い、頭が痛いと病院へいっては、クスリをもらう。クスリでごまかしながら、再び、時間に追われる。バランスはくずれ、やる気がなくなる。心療内科でうつ病と診断され、抗うつ剤や精神安定剤、や抗うつ剤に伴う副作用のためにまたクスリ。休むこともできない。家族の食事を作るのがやっと、やる気が出ず、クスリは増えていくばかり。長期のクスリの服用による、体の不調、クスリへの依存、・・・。

坂道を転げ落ちるように心も体も悪くなっていきましたね。

特に病気をしたことのない人間は特にそうだと思いますが、カゼをひいたら風邪薬や抗生物質、と思っていますよね。私もそうです。

カゼを引いたら、食を正す、とは思いませんよね。

でも、本当は、カゼを引いたら、なんでカゼを引いたか、(免疫力の低下:食事を見直す)が大切なんだと思います。

めちゃくちゃな食生活の上に、山のようなストレスを勝手に自分で背負い込み、極度の緊張状態が何年も続けば、病気になってあたりまえと今では思うのです。

人はいろんな悩みや問題をかかえて生きているので、じゃあ、抱えているストレスを取り除きましょう、と思ったって、すぐ取り除けるものでもありませんよね。でも、食事は、自分で、いますぐ変える事ができるんです。そしてお金もかからない。長い目で、少しずつストレスに強い体を作ろう、体が変われば、悩みや問題に対する対処もきっと変わる!と思っています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。