小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々の旅、行ってきます!
久々の旅、行ってきます!

なんか12月になってから、日が経つのが早くて・・・あっという間に、出発
の日が近づいてきました。

いやーーー、いろいろ準備や確認を怠っていて、ちょっと、いかん、いかん、
大失敗をしてしまいました。

なんと、次男のパスポートがきれていて・・・・

でも、なんとか間にあって、出発できます。

本当は、メルマガも、ちゃんとしたのを出すつもりでしたが、すみません!



さて、今回の旅は、中1の長男の一番行きたいところに、行ってきます。

彼は、世界一周後、世界遺産オタク、そして、エコオタクになっていて、

フランスのモンサンミッシェルと、スペインのサグラダファミリアにいくのが
一番の夢。

あとにも、たくさん行きたいところがあるようですが、ヨーロッパは世界一周の
ときには、お金がかかるので、まったく行かなかったからですね~。

私はヨーロッパは、1994年、ひとりで世界一周したときと、その前1989
年に、あちこち回ったことがあります。

そのときに比べても、いろいろ高くなっていますよね~。

安いのは、格安航空会社、ぐらい?

その格安航空会社にも乗ってきますよ。

それに、ホテルもネット予約するのが安いようですね。

直前予約サイトとかあって・・・。

というわけで、元旦、2009年1月1日朝から、行ってきます!

帰国は11日。

スポンサーサイト

日本人宿さん(その6)~アルゼンチン~
本には書かなかった世界一周ウラ話(38)♪
     ~お世話になった日本人宿さん(その6)~アルゼンチン~


    世界一周ウラ話、国別へん、全32回で、一周完了♪。
  (バックナンバーは http://kumemuga.blog60.fc2.com/blog-category-0.html 

    第33回からはテーマ別にしました。最初のテーマは日本人宿。


で、前回まで中米とペルー・ボリビア・パラグアイ・ブラジルといきましたので、今回
はアルゼンチン!

アルゼンチンでは、3つの日本人が経営する日本人宿にお世話になりました。


アルゼンチンでは日本人宿でない普通の安宿に泊まったのは、4か所5泊だけで、だから
ほとんど、日本人宿に泊まっていることになりますね~。

ということは、アルゼンチンは、日本語だけで?けっこう行ける!?ってことになります
よね(笑)


まず順番に、ウシュアイア(南緯55度、世界最南端の町)の上野山荘。
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/7335/

次に、カラファテ(ロスグラシアレス国定公園の氷河)のふじ旅館。
http://www.geocities.jp/nihonryokan_ar/fuji.html


そして、首都のブエノスアイレスの日本旅館。
http://www.geocities.jp/nihonryokan_ar/

(※それぞれ写真はブログにアップ http://kumemuga.blog60.fc2.com/ )

上野山荘は、私が目指していたところで、日本で情報を得て、上野のおばあちゃんに会い
たい!と思っていたところですが、あとのふたつは、この上野山荘の情報ノートで、行こ
うと決めたんです。

3つとも、本当に、いごごちいい、すばらしい宿でした。

自炊ができるキレイなキッチンがあるし、部屋も清潔です。

もちろん、安いんですよ。1人1泊がそれぞれ順に、約640、760、570円。

ペルー・エクアドル・ボリビア等に比べると高いのですが、アルゼンチンでは、けっこう
安い金額なんですよ。

ふじ旅館は、迎えにまできてくれますよ~。


ひとつだけ、注意を!

というのは、私たちは、ブエノスアイレスの日本旅館の近くで、我が家のパパが私たちの
目の前で強盗にあっていますから!

日本旅館は、ふじ旅館のオーナー(日本人のご主人と韓国人の奥さん)がやっていら
っしゃいます。

ここは、ブエノスアイレスの中心部から離れていて、バスで50、60分ぐらい行ったと
ころにあるのですが、近くに、韓国人街と、出稼ぎのボリビア人街があるんです。

韓国人街には、韓国料理はあるし、韓国スーパーもあって、食文化が近い日本人としては、
うれしいところです。

しかし・・・

その韓国人街に行くためには、ボリビア人街を通るんです。その道で、わたしたちは強盗
にやられたんです!

かなり、見事な、乱暴な、やられかたでしたので、ずっと、付けねらわれたものと思いま
す。

真昼間、バスが通る車道の歩道で、人通りもたくさんのところで、やられました・・・。

あとで知ったことですが、ここがあぶないことはみな知っていて、韓国人街にいくときに
は、みんな、迂回していたんです!

そう、迂回すれば、大丈夫なんです。

宿は快適安全です。だから、迂回して行ってくださいね!迂回すれば、何の問題もありま
せん。

また、だれもがやられるわけではありません。パパのウエストポーチが狙われたんです。

日本旅館の管理人の日本人男性は、いつも、通って買い物に行ったけど、一度も狙われた
ことないと。

要するに、手ぶらは、狙われようがないんです。

それと、余談ですが・・・・

スキンヘッド頭も、狙われないそうですよ。(笑?)迫力?ですかね?



~水でも太る内臓冷え性~
ガンが教えてくれたこと~水でも太る内臓冷え性~
    

現代人は食べすぎなんだそうですよ。

特に、中年以降?(笑)。基本的に、小食が体にはいいそうですよ。

新陳代謝がおちてくるのに、つい普通どおりに食べちゃっていたら、太るの当た
り前ですよね。

さらに、私のような、内臓冷え性の人は、水分でも、太るんですよ~。


私はあまり食べる方ではないのですが、ガンになるまで、かなり、でぶってい
ました。
特に、お腹周り。メタボではなかったみたいですが。

(ガンの手術で、内臓脂肪はあまりついていないので、やりやすい、といわれ、
それは、単なる皮下脂肪、だと先生から言われました、ははは・・・。)

食べなくてもやせない・・・なんで?と私はずっと思っていました。

特に食べてないけど、かなり、水分をとるんです、私。

特に、コーヒーがめっちゃ大好きでですね。

しかも、コーヒーって、体を冷やしてしまうんです。

内臓冷え性なのに、コーヒーを飲むことでますます冷やし、内臓は水分を停滞。

お腹がチャッポンチャッポンする人は、水分が停滞するタイプなんですよ。

そういう人は、お腹が冷えています。

それって、アレルギー性鼻炎につながるんですよ。
胃に水が停滞していますから、胃が不快なんです。

アレルギーって、アレルゲンの問題でしょ?とおもいますよね。どめどなくでる
水のような透明な鼻水タイプは、内臓冷え性がもともとの原因です。その体質が、
反応しなくてもいいアレルゲンに対して、敵とみなして、過剰反応しているだけ
なんです。

内臓冷え性は、他にも、白砂糖のとりすぎ、加工食品、添加物のとりすぎ、にも
出ます。

また、性格的には、緊張が多い人、交感神経が優位状態が多く、副交感神経(リ
ラックス)とのバランスがこわれがちな人がなるんです。

私は、甘いもの一切食べないし、外食がすくないので、まさに、性格的に、交感
神経がすぐ優位になってしまう、自律神経が不安定なタイプなんでしょうね。

リラックスするの、下手ですね~。

だから、ヨガで、今、心のコントロールを学んでいますよ。


さて、あったかいものを飲んで、体は冷える、不思議ですよね。

体が冷えていいことはひとつもないんです。

飲み物にも、食べ物にも、体を冷やすものと、温めるもの、ってのがあるんです。

冷やすのは、コーヒー、緑茶、炭酸飲料、青汁・・・

温めるのは、紅茶、ウーロン茶、たんぽぽ茶、発酵したお茶、・・・

例えば、緑茶は、ガンに効くと言われます。ガンに効く、なんとか、(すみません
ど忘れ)が含まれているから、ですが、でも、体は冷やしてしまうんです。

コーヒーだって、利尿作用があるから、むくみ防止にはいい、んです。

だから、ある一面だけを見て、それだけを、そればっかりを、ガブガブ飲んだり
食べたりするのって、違うんだと思います。

自分自身の体質と性格(続けられるかどうか)を考えた結果、今の私は、しょう
が紅茶(温)、コーヒー(冷)、スギナ茶(普通)、青汁(冷)、玄米コーヒー
(温)を飲んでいますよ。

食べ物で必ず毎日摂取することを心がけているのが、発芽玄米、黒ゴマ、しょう
が、根菜、ちりめんじゃこ、梅干し、納豆、みそ汁・・・。

そして、過食をしないように。年とともに、食べる量を減らすように。

そうして、内臓があたたまってくると、どうなるか?

お腹がやせるんです。
水分が停滞しないんです。
血の巡りがよくなるんです。
アレルギー性鼻炎が改善します。
胃がもたれなくなります。
便秘などの腸の調子も改善します。

あくまでも改善です。少しずつ、間違った習慣から細胞が本来の力を取り戻して
いくのには、やはり、時間がかかるのです。

長い目で・・
長い目で・・

体を大切にしてあげましょうね。



有難い本の感想。ドバイとジンバブエ。
福岡市の久保田さんから有難い本の感想。ドバイとジンバブエ。

「それゆけ小学生!ボクたちの世界一周」を
> お送りいただきました、福岡市早良区の久保田です。
>
> 素晴らしい本をありがとうございます。
>
> うちの子供たち、義也(小学5年) 眞人(小学2年)は
> 「それゆけ小学生!ボクたちの世界一周」を> 何回も何回も、繰り返し読ん
でいます。
>
> 子供らは、色々な刺激を受けて、潜在意識を活性化させて
> 居るようで、多分擦り切れるまで読みそうな感じです。
> これもまた、嬉しいことだと思います。

本当に、うれしい!有難いことですね~。

子どもの興味ってすごいんですよね。この間、友人の小学1年生の娘さんが、
ずーーーーっと熱心に読みきっていたそうです。特に何も言っていないのに、
って。

その子のお兄ちゃんが小5で、読んでいたそうですが、小1でこんなに熱心に
読むとは思えなかった~とお母さんである友人は、感心したそうです。

そんなの聞くと、ますます、うれしい!本当に感謝!

※ ※ ※ ※ ※ ※

最近は、世界中、金融不安が続いていますが・・・私たちが旅した国々もまた、
いろいろ変化しています。

あのドバイでも、金融危機↓

   http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/dubai/?1229895976

ジンバブエは、問題山積の上に、コラレで1000人以上が死亡・・・↓

   http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/zimbabwe/?1229572570

諸行無常・・あらゆるものは移り変わる・・

私が大好きな言葉。

私が1994年、人間関係に大挫折して、逃げるように、世界一周に出たんで
すが、3か月後、この言葉に出逢って、本当に救われたんです。

これは憂う言葉ではありません。変わっていくのはある意味当たり前、それを
杞憂するのではなく、今できることを、地道にやっていきましょう、というこ
とで、今の不安も、ずっと続かないってこと。いいことも、悪いことも、永遠
には続かないんです。今が悪いなら、きっと、いつか、よくなるから!



日本人宿さん(その5)~ブラジル・ペンション荒木~
本には書かなかった世界一周ウラ話(37)♪
     ~お世話になった日本人宿さん(その5)~ブラジル・ペンション荒木~

igutakiブラジルと言えば・・・イグアスの滝!
korukoブラジルと言えば・・・リオのコルコバードのキリスト像!
santosuブラジルと言えば・・・サッカー(コーヒーで有名なサントスのビーチ)



    世界一周ウラ話、国別へん、全32回で、一周完了♪。
  (バックナンバーは http://kumemuga.blog60.fc2.com/blog-category-0.html )

    第33回からはテーマ別にしました。最初のテーマは日本人宿。


で、前回まで中米とペルー・ボリビア・パラグアイといきましたので、今回は
ブラジル!

ブラジルはサンパウロに、1カ月以上滞在したんですよ~。子どもたちの夢の、ブラジル
でサッカーを実現するために!。

で、お世話になったのは、”ペンション荒木”。
magajin日本語に飢えている旅人にとっては宝!
araki3荒木のおばちゃんと子どもたち。


ここは、超有名な宿。地球の歩き方にも紹介されています。

ただ・・・・・

めちゃめちゃ、古くて、ボロボロで(失礼)・・・と聞いていて、泊まるかどうかは
決めていませんでした。

ribeリベルタージ東洋人町


また、サンパウロには、日系人が多いので、他にも宿はあるし、1カ月滞在するのなら、
「”県人会”なら安く泊めてもらえるよ」と、グアテマラで出逢った日本人から、情報
をもらっていました。

”県人会”というのは、ブラジルに住む出身県別の会で、簡易宿泊部屋を持っているそ
うなんです。

ブラジルは南米の中でも物価が高いので、安くあげたいと思っていたのです。

なので、最初、そっちをあたりました。

でも、2、3日ならともかく、1カ月っていうのは、ちょっとムリ・・・ということで、
やはり、ペンション荒木へ向かうことにしました。

結果、正解!よかった~!ここに来て!



ボロボロなんて聞いていましたが、確かに建物が古くて、床が、ちょっと曲がっていま
したが・・・荒木のおばちゃんは、すごくキレイ好きで、毎日、掃除を一生懸命してく
れるんです。本当にいい宿なんですね~。

ここで、たくさんの日本人の世界旅行者さんたちと出逢いもありましたよ~。

miokuri


旅ふーふさん http://www.tabifufu.jp/

ダイスケさん http://www.kakura.jp/hw/links.html

彼らはアフリカからブラジルに入ってきたので、アフリカの情報などいろいろ教えても
らいました

他にもたくさん!

パラグアイで私たちを取材してくれた長島さん 
http://appli.cocolog-nifty.com/blog/

そうそう、子どもたちのサッカークラブ探しが難航したときも、ちょっとだけ一緒だっ
た日本人女性が、友だちのブラジル人に聞いてくれた情報で、探し出すことができたん
です。
sakka念願のサッカークラブでシュート!(長男たかゆき)


出会いとは、本当に、不思議で、そして、有難いものですね~。

荒木のおばちゃんは、とってもいい人です。子どもたちに、手作りのケーキや、珍しい
フルーツなどもらったり、何かと、よくしてもらいました。

金額的言うと、当時、1泊1人、1500円。

今まで、4人でこのくらいで泊まってきたので、高いんです。でも、これはブラジルの
安宿の相場、ユースホステルもこのくらいですね。

でも、ペンション荒木では、なんと、”1カ月割引”ってのがありまして。これで、
1泊1人約500円!

有難い安さです~。さらに、子どもは半額にしてくれました。

子どもは半額っていうのは、日本では当たり前ですが、世界にはあまりないですね。
1ベッドは1ベッド。バスなら、1席は1席という考え方で。

本当に快適で楽しい1カ月でした。

お世話になりました~。



~どんな時もプラスの言葉をかけたい~
子育ては有難い修行である~どんな時もプラスの言葉をかけたい~
    

   
今回は、言葉のお話。

ちょっと長いんですが、いつもたくさんのことを教えられている、親力のメルマガ
の中の、言葉のお話です。

引用をお願いしたら、気持ちよく、OKくださいました。

日々の言葉がいかに大切か・・、すごく身にしみるお話で、子育てというか、人間
関係そのものに通じる話だと思いました。

なかなか、難しいことですが、言葉には、本当に魂が宿っている、んだと思います。
私も努力続けます。長いですが、ぜひ!


(引用)                      
「親力で決まる子供の将来 」・・No1039   発行者・・・親野智可等
                          
   子育てと家庭教育を支援し、子供の学力と人間力の向上を願うメルマガです

http://www.mag2.com/m/0000119482.htm
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
親力158・・多くの親は、自分の言葉の暴力性に気づいていない
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

みなさんに伺います。

「自分は成長過程で負ったトラウマ(心の傷)を持っている」と感じている人はい
ますか?

実は、かなりたくさんいるのではないかと思います。


たくさんどころか、本当は100パーセント、またはそれに近いくらいの割合でみ
んな何らかのトラウマを持っているのではないでしょうか。

というのも、自分で気づいていない場合も多いからです。


それを含めれば、成長過程でいっさい何もトラウマを負わなかったという人は、実は
ほとんどいないはずです。

私はそう考えます。


トラウマは、自分で気がつかない無意識のうちに、人の感情、思考、言葉、行動など
に影響を与えます。

自分で薄々気づいている場合も、抗しきれずに影響を受けてしまうことも多いのです。


一般的に、トラウマの原因としては、暴言、暴力、虐待、事故、災害、犯罪、戦争な
どが挙げられます。

その中で、圧倒的に多いのが、親による暴言、暴力、虐待などです。

そして、その中でも圧倒的に多いのが、暴言、つまり言葉による暴力なのです。


事故、犯罪、災害などによるトラウマよりも、親によって与えられるトラウマのほう
がはるかに多いのです。

なんとも悲しいことです。


「本当はおまえは生みたくなかった」「もう子どもはいらなかったけど、できちゃっ
たから生んだんだ」「おろそうかと思ったんだ」「おろせばよかった」「あんたなん
か生むんじゃなかった」「あんたさえいなけりゃ」「いないほうがいい」


このような存在否定の暴言、つまり、その子の存在を根本から否定するような暴言を
浴びせてしまう親もいます。

これによって、心が深く傷ついている人たちが世の中にはたくさんいます。


「橋の下から拾ってきたんだよ」「男の子のほうがよかった」「うちの子じゃない」
「もう顔を見たくない」「出て行って」「近寄らないで」

こういう暴言も、心を深く傷つけます。


「おまえは信じられない」「おまえはダメだな」「だから、おまえはダメなんだ」
「あんたは考え方がずるい」「卑怯だ」「いじわるだ」「うそつきだ」「だらしが
ない」「怠け者だ」「根性がない」「バカじゃない?」「頭が悪い」「なさけない」
「どうしようもない」

こういう人格否定の暴言も同じです。


「妹にできて、なんであなたにできないの!」「弟を見習いなさい」「2年生になっ
て、そんなこともできないの!」「小学生にもなって、そんなことができないの?!
もう1度幼稚園に戻りなさい」

兄弟姉妹と比べられたり、何らかの基準と比べられたりする人格否定の暴言も同じで
す。


「ダメでしょ」「ダメダメ」「○○しなきゃダメでしょ!」「また○○してない」
「何度言ったらわかるの!」「なんで○○しないの!」「そんなこともできないの!」
「何やってんの?」

こういう否定的な言い方、つまり、マイナスイメージを押しつける暴言もすべて同じ
です。


存在否定の暴言、人格否定の暴言、そして、マイナスイメージを押しつける暴言、こ
れらはすべて言葉の暴力です。

1つめの存在否定の暴言や2つめの人格否定の暴言は、格闘技でいえばメガトン・
パンチです。


たとえ1回でも、こういう言葉をぶつけられると、深く傷ついてしまいます。

そして、永く心に残ります。


自分は、いてはいけないのではないか?
自分は、生きててはいけないのではないか?
自分は、存在しないほうがいいのではないか?
自分は、いないほうがいいのではないか?


存在否定の暴言をぶつけられた人は、このような自己存在の根本に関わる苦悩を持ち
続けることになります。

自己存在そのものを否定すること、これほど辛いことがほかにあるでしょうか?


自分はダメな人間だ。
どうしようもない人間だ。
自分はがんばれない。
自分にできるわけがない。


人格否定の暴言をぶつけられた人は、このような自己無能感、つまりマイナスのセル
フ・イメージを持ち続けることになります。


たとえ1回でも、このような存在否定や人格否定のようなメガトン・パンチの暴言を
ぶつけられると、大きなダメージを受けることになります。


3つめの、マイナスイメージを押しつける言葉は、格闘技でいえばローキックやジャ
ブのようなものです。

1回1回のダメージは、ほかの2つに比べれば小さいものです。


でも、それが度重なることで確実にダメージを受けるのです。

そして、ついには、ほかの2つと同じ程度の、またはそれ以上のダメージを受けるこ
ともあるのです。


格闘技の試合で、ローキックを浴び続けて負けた選手が、歩くどころか自分で立つこ
ともできず、両脇を抱えられて退場する姿を見ることもあります。

同じように、マイナスイメージの暴言も度重なることで子どもに大きなダメージを与
えてしまうのです。


日常的に、「ダメダメ」「○○してない!」「○○できない!」などの否定的な言葉
を浴びせるということは、子どもに、自分に対するマイナスイメージを押しつけるこ
とと同じです。

こういう言葉を浴び続けていると、だんだん、「自分はダメだ」「自分はできない」
という気持ちになっていってしまいます。


つまり、自分に対する自信が持てなくなっていくのです。
それは、いい自己イメージが持てないということでもあります。

そして、自己イメージというのは、これから自分をつくっていくための設計図なので
す。


「自分はできる」「自分はがんばれる」という自己イメージを持っていれば、長い間
にだんだんそうなっていきます。

「自分はダメ」「自分はできない」という自己イメージを持っていれば、長い間にだ
んだんそうなっていくのです。


逆はあり得ないのです。

「自分はダメ」という自己イメージを持っている子が、樹木が大空に枝を張り巡らせ
るように、どんどん自分の可能性を伸ばしていくなどということはあり得ないことな
のです。


私は、講演のとき、聴講者のみなさんに次のようなことを言います。

「今、みなさんの目の前に、梅干しはありません」
「今、みなさんの目の前に、レモンもありませんね」

「みなさんの口の中に、梅干しは入っていません」
「みなさんの口の中に、レモンも入っていませんね」


こう言ったあとで聞いてみると、ほとんどの人が何となく口の中がジワーッとしてきた
と答えます。

私は、「梅干しもレモンもありません」と言っているのです。
「ありません」と言っているのに、唾液が出てくるのです。


もちろん、頭ではわかっています。
そこに梅干しもレモンもないということが、頭ではわかっています。

でも、自分の無意識の部分が勝手に反応してしまうのです。


無意識の部分はコントロールが聞かなくて、梅干しやレモンという言葉に勝手に反応
してしまうのです。

言葉の持つイメージ喚起力には、絶大なものがあるのです。


日常的に、「ダメダメ」「○○してない!」「○○できない!」などの否定的な言葉
を浴びせていれば、子どもはだんだん自分はダメだと思うようになります。

これは、「おまえはダメだな」という人格否定の暴言をぶつけるのと同じことなので
す。


親は、「自分は個々の物事について言ってるのであって、その子がダメと言っている
わけではない」と言うかも知れません。

でも、それは、言う側の身勝手な理屈に過ぎません。
実際子どもが受ける影響は、人格否定の暴言と同じなのです。


私は、本当に、このことを口を酸っぱくして言い続ける必要性を感じています。

存在否定の暴言は、さすがに滅多なことでは発せられません。
こういう暴言をぶつける親は、そうそう多くはありません。

人格否定の暴言も、それほど多くはないと思います。こういう言葉は、普通は、言う
ほうも躊躇するものです。


でも、それらに比べてマイナスイメージの暴言はかなり気楽に使われています。

はっきり言って、非常に多くの親が日常的に使っています。

口癖のようになっていて、こういう言い方が当たり前になってしまっている人も多い
のです。


そもそも、これらを、暴言、つまり言葉の暴力と思っていない人も多いのです。

自分の発する言葉の暴力性に全く気づいていないのです。そこが最大の問題です。

もう一度はっきり言います。

「ダメでしょ」「ダメダメ」「○○しなきゃダメでしょ!」「また○○してない」
「何度言ったらわかるの!」「なんで○○しないの!」「そんなこともできないの!」
「何やってんの?」

このような、マイナスイメージを押しつける言い方も、言葉による暴力なのです。

それをはっきり認識してください。


存在否定の暴言、人格否定の暴言、そして、マイナスイメージを押しつける暴言、
これらはすべて言葉の暴力です。

そして、子どもが暴力を受けたときのダメージは大人が暴力を受けたときのダメー
ジよりもはるかに大きいのです。

肉体的な暴力でもそうですが、言葉による暴力でもそうなのです。


大人には、ある程度確立した自己認識というものがあります。

他人がなんと言おうが、「そんなことはない」と思えるものがあります。


「自分のことは自分が一番わかっている」「大きなお世話だ」「あたに言われたく
ないよ」「お前よりマシだ」などと思えるものがあります。

大人の自己は硬い殻に守られているのです。


でも、子どもはそうはいきません。子どもは、まだ、自己認識が確立していません。

人生の経験もありませんし、免疫もありませんし、抵抗力が弱いのです。


ですから、暴言を浴びせられれば、それがそのまま自己認識に影響してしまうのです。

子どもの自己は柔らかくて傷つきやすいのです。
子どもというものは、かよわいものなのです。


みなさん、どうか、自分の言葉の暴力性に気づいてください。気づくことが第一歩で
す。

そして、「もう、子どもに暴力的な言葉はいっさいぶつけない」と決意してください。


そして、言葉を発する前に自己翻訳するよう努めてください。

浮かんだ言葉をそのまま発するのではなく、いい言い方に翻訳してから言うようにし
てください。



意識して努力していれば、だんだんできるようになります。
そして、やがては、ごくごく自然にできるようになります。

そうなったとき、あなたは親子関係が格段によくなってきたことに気づくでしょう。

さらには、子どもの表情や話し方や行動、その他いっさいが以前と全く違ってきたこ
とにも気づくでしょう。


それができるようになることは、あなた自身にとっても非常に大きな成長です。

親子関係のみならず、すべての人間関係がよくなってきたことに気づくはずです。

親としてのみならず、1人の人間として、自分が階段を一段上がったことにも気づく
はずです。

言葉の暴力性に気づいて自己翻訳力を磨くことは、あなたの人間性を磨くことでもあ
るのです。


親野先生のメルマガは、http://www.mag2.com/m/0000119482.htm



昨日は旅の茶話会
昨日は旅の茶話会


昨日は、毎月恒例の旅の茶話会をしました。初参加の方が、4人こられて、17
人で、たのしく盛り上がりましたよ~。

ゲストハウスのロビー・リビング的な会で、参加者は、いつもきてくれる方がい
て、時々の方がいて、お久しぶりの人がいて、初参加の方がいて・・・。

現在、世界一周中のメンバーさんの話が出たり、カンボジアから帰国ほやほやの
人のお話、タイのバンコク空港封鎖事件の前日に帰ってこれた人もいて・・・

本当に、面白いですね~。

13年やっている中で、たくさんの旅人さんと、出会ったきたなあーーと思いま
すね。

旅という共通点で、知り合った、仲間。

社会人になると、会社関係で人間関係がつながっていきますが、旅が共通点だと、
まさに、学生友だちのようなノリですよ。

みなさん、参加してくれて、ありがとう!

そして、興味のある方は、福岡近郊の方、ぜひ、ご連絡下さいね!



日本人宿(その4)~ボリビア・パラグアイ~
本には書かなかった世界一周ウラ話(36)♪
     ~お世話になった日本人宿さん(その4)~ボリビア・パラグアイ~


   
で、前回まで中米とペルーまでいきましたので、今回はボリビアとパラグアイといき
ましょう!

fyokanパラグアイのイグアス日本人居住区”福岡旅館”の部屋。いいでしょー
mae



ボリビアとパラグアイの首都には、有名な日本人宿があります。泊まらなかったんです
が、紹介しますね。


ボリビアは、実質上の首都ラ・パスにある、サンタクロスという宿。

http://sanpo1.com/data/hotelnanbei2/hotelnanbei2.html(ジンバブエで出会ったサンポさんのHP。サンタクロスのことがわかります)


ここは、ホテルじゃなくて、”アロハミエント”と呼ばれる、ボリビアの究極の安宿。

約300円ぐらいなんで、知る人ぞ知る?人気がある宿だそうです。

私たちはここに、夜到着して、行ったのですが、けっこう満杯で、唯一空いていた部屋
が、床にでっかい穴があって・・・・じゅうたんで隠してあった・・・。

この宿は建物の4階部分なんで、きっと、3階が丸見え??

そこまで確かめなかったけど、あの穴にパパがちょっと耐えられなかったみたい(笑)。

だから、やめました。(その後、苦労した宿探しは本にあり)

日本人は何人もいましたよ。

きっと他の部屋は穴は空いてない?んじゃないでしょうか。

オーナーはボリビア人で、とても優しそうな感じの人でしたね。

そう、このタイプの宿はどこも壁が(床も?)超?うすいのだそうです・・。

ボリビアの絶景3つ紹介♪
shioko世界最大にでかく高い、ウユニ塩湖
tsukinotaniラパス郊外、月の谷。宇宙みたい!
boriyakeiラパスの夜。山に囲まれて宝石みたい!



さて、パラグアイの首都、アスンシオンには、”ホテル内山田”。

すっごくいいと何人かに聞きましたね。

日系2世の内山田さん夫婦経営で、設備よしで、和食か洋食選べる朝食つき。
NHKが見られ、日本の新聞もあるそうで・・・。

でも、我が家にはちょっと予算が高いので、街中の安いところに泊まっていました。

(ガイドブックによると、1人15ドルから70ドル。当時のレート1ドル116円)

http://sanpo1.com/data/hotelnanbei2/hotelnanbei2.html
(ジンバブエで出会ったサンポさんのHP。ホテル内山田のこともわかります)

parayado私たちが泊まったパラグアイ、アスンシオンの宿。4人で約1300円。





そして、その後、パラグアイでは、ずごく行きたかった、イグアス日本人居住区に
行ったのですが、そこで、泊まったのが、

”福岡旅館”。

もーーーめちゃめちゃいいところでした。

ここも、私たちにしては少々高かったんですが、(1泊4人で3300円位)、
なんていっても、”福岡”旅館ですからね~。

こんな日本の真逆の国で、福岡、に出逢えるなんて、なんか、すごいでしょ。

宮崎出身の、福岡さんなんですが。

小さいときにパラグアイにこられたそうで、日本語はペラペラですが、日本のこと
は全く覚えていないとのこと。

子供さんたちがいて、我が息子たちはマンガを貸してもらったりしましたよ。

それにねー、日本食の朝食つき、なんです。
nattou納豆に満面の笑顔がこぼれて・・・

納豆、みそ汁、焼き魚・・・・

あのうれしさは忘れません・・。

朝ゆっくり起きて、朝ごはん、いっぱい食べて、昼ごはん抜いて、夕方、農協の横
の飲み屋に行って、ここに住んでいる日本人と、移民してきたころの、話をきかせ
てもらう・・・

すごい贅沢でしょ~。
torakutaとうもろこし畑。トラクターを運転!
tomorokoshi飼料用とうもろこし。今こんなに豊かな大地。ここももとはジャングルだったそう。



~旅するお金を作ろう!?~
自由に安全に旅するヒント&グッズ~旅するお金を作ろう!?~
    


今回は、旅のお金の話をしましょう。

普通の概念からいって、”旅”というものは、上の”権利の熱気球”で考えて
も、必要不可欠ではないもの、ぜいたくなこと、お金がないと・・・というイ
メージありますよね?

たしかに、旅はお金がいりますからね~。

普通は、今までの生活が苦しくなったら、何をけずるかと言ったら、”旅”など
の”遊び”の部分ですよね。

でも、私にとっては、旅は”遊び”ではなくて、旅することは私の生き方そのも
ので、修行であり、学ぶ場。

だから、旅に出るために、ちまちま?と、日々、努力していますよ。


もともと我が家は、あまりお金を使いません。

まず、近場にはバスや地下鉄などをほとんど使いません。ひたすら、自転車です。

雨が降ろうが、雪が降ろうが、寒かろうが、暑かろうが、日焼けしたくないけど
(笑)自転車です。

2つめに、食事にあまりお金を使わないです。

4人とも、どちらかと言えば、小食でもあります。

外食もときどきしますが、我が家の定番は”牧のうどん”といううどん屋さんで、
4人で1300円ぐらい。

また、パパは、外に飲みに行くことも少ないです。

家での食事は、お肉を少なく使います。肉料理は多いのですが、工夫して、野菜
に肉を巻きつけたりして、トンカツ風にするとか、ふくらまして、料理していま
すよ。

また、ごはんが大好きなんで、今高めのパンなどの消費がすくないですね。


3つめに、あまり買い物をしません。私とパパは、服やバックやクツなど、ほと
んど買いません。1000円のクツと、30年前の服をきています(笑)


子どものものは、大きくなるので、仕方がないのですが、兄弟なんで、ムダなし
(笑)次男は、次々にまわってくるおさがりを楽しんでいて?、あれも、これも
~いづれは弟のもの~!と喜ばせています。(洗脳?)

そうそう、私は化粧をしません。
化粧品ってけっこう高いですよね。毎日のことですし・・。

もちろん、若いときは、してましたが、しなくなっちゃいましたね~。


4つめ、節約、節水、節電。これは、世界一周後、エコに目覚めている長男のお
かげで、徹底しています。

ケイタイも固定電話代も、ほとんど着信で、最低限。

5つめ、家は賃貸で狭いまま(笑)

最後に、いただきものが多い(笑)

お米、うどん、野菜、お肉、しょうゆ、お酒などなど、パパにお世話になった~と
いう方から本当によく、いただきます。

(パパ、ありがとう!!みなさん、ありがとう!!)

そんなこんなで、我が家では、旅するお金にあてています。

そして、旅をするときも、格安航空券と安宿に安食堂。旅だからって、いいもの食べ
ようとか、あまりないですね~

それに、ほとんど、物価が安い国に行ってますね。あのハングリーパワーを全身で感
じるのがいいんです。

それに、旅をするために、お金をためる、お金を稼ぐ、という目標もありですよね。

そうして、私は旅をしてきましたよ。もちろん、これからも!!

権利の熱気球”という授業
権利の熱気球”という授業

ちょっと前になりますが、小5の次男の学校の人権学習の参観の授業に、
”権利の熱気球”というのをしたんです。

どんなのかと言いますと・・・

10コの権利があって、自分が必要な順番にならべていく、そして、それが人
それぞれで、人によって考え方は違うということ、違いを認める、という人権
につながった授業なんです。

なかなか面白いので、みなさんもぜひ。

10コの権利は
1、きれいな空気を吸う権利・・・・(空気)
2、食べ物と水を毎日得る権利・・・(飲食)
3、自由に使えるお金をもらう権利・(お金)
4、遊べる時間を持つ権利・・・・・(自由)
5、愛し愛される権利・・・・・・・(愛)
6、自分だけの部屋を持つ権利・・・(家)
7、正直な意見を聞いてもらう権利・(
8、他人との違いを認められる権利・(
9、いじめたりいじめられない権利・(
10、毎年旅行して楽しむ権利・・・(旅)

これらが最初バラバラで、自分の考えで、1、~ 10まで、優先順位をつけて
いくのです。

( )書きは、大人はこう考えたらいいなと思って書きました。
 7.8.9はそのまま

この順番は、次男のものです。

けっこう、冷静ですよね・・。

空気がないと、死んでしまう。
食べ物がないと、死んでしまう。

3番目がお金! だって、ボク、お金がスキだもん!

いじめられない権利が9番目なのを聞いたら、いじめられても平気やモン、だそ
うです。

他の子はどうだったかというと、

女の子は、”愛”が一番にきている子がけっこういて、男の子は、”飲食”が
1番が多めでしたね。

”いじめられない権利・・”は、みんな、もっと上位でしたよ。

私は、もちろん、一番は”旅”!

これがないと、生きてゆけません(笑)



お世話になった日本人宿さん(その3)~エクアドルとペルー
本には書かなかった世界一周ウラ話(35)♪
     ~お世話になった日本人宿さん(その3)~エクアドルとペルー~

sukuresutafuホテル スクレのスタッフ

   


前回、メキシコとグアテマラの日本人宿を紹介しましたが、そのあとの、ホンジュラス、
ニカラグア、コスタリカには、特になくて、(あるのかもしれませんが)、そのあとの、
エクアドルとペルーにいきますね。

※ホンジュラスの国境近くの町オモアには、ひとつ、ありました!

当時は、料理人チャッピーさんがいて、おいしい日本食と、釣った魚料理など、ごちそうになりました!今はチャッピーさんは京都でゲストハウスされています。今はおそらくオーナーの日本人の方がされているでしょう。いつか行きたいです!
chappi
チャッピーさんのゲストハウスは、http://blogs.yahoo.co.jp/chappy_j21


さて、エクアドルでは、首都キトにある、”スークレ”
http://www.mucha-suerte.com/sucre.html
すばり!いい宿です!。

ここは、日本人経営ではなく、エクアドル人のスタッフでやってるのですが、たくさんの
日本人が集まる宿です。
sukureスクレの目印はこれ!?



場所は、旧市街の真ん中、サンフランシスコ教会と広場の近くで、すごいいい場所。

部屋数は多いし、エクアドル人スタッフは、とってもフレンドリーで、しかも、めちゃ安。

1泊1部屋3ドル~4ドル(約300円~400円)。


うちの子たちは、毎晩おそくまで、宿泊客や、スタッフのルーベンやリカルドたちと、
”人生ゲーム”して、遊んでましたね。
jinseigemuただいま人生ゲーム中!



また、みんなで、サルサ習って、踊ったり・・・


キッチンは使えるし、共同スペースは広く、テレビもビデオも見れるし、屋上は、洗濯
ものがよく乾くし、最高の宿です。


長男は、このスークレがとても気に入って、彼の中に、”自分もこんなホテルを作りたい!”
と夢を持ち始めましたね~。


まあ、難を言えば、共同シャワーのお湯の温度や、出が、ちょっと悪いのですが、なか
なかそれも、ダイミングを図れば、何も問題ありません。

とにかく、楽しい宿です!

ただし・・・、

ガイドブックにも書いてあるし、私たちも本にも書いてますが、スークレがある旧市街は、
新市街に比べると、治安的にあまりよくないとあります。

昼間は警察がドーベルマンを連れてパトロールしていたりして、全く、問題ないと感じま
したが、夜は注意が必要です。

夜9時ぐらいから、朝までは、みんな出歩かないようにしてましたね。

新市街は、夜も明るく、遅い時間も大丈夫と聞きますが、旧市街は、なんと言っても、
”旧市街全体が世界遺産”ですからね~。

雰囲気いいですよ~。昼間も町歩きも楽しいし、夜は古い教会などがライトアップされて
(宿の窓から見える)、ものすごく、厳かで、美しいんですよ。
sannfrankyoukaiライトアップされるサンフランシスコ教会





さて、次はペルー。

ペルーは、日本人移民が多いので、日系の方が経営するホテルがけっこうあります。

旅の手配もしてくれる日系人宿もありますから、そう慣れていなくても、自由旅行で行け
ますよね。

私たちがお世話になったのは、首都リマにある、”宿オキナワ”

名幸さんというおじいちゃんが経営されています。

ご夫婦で、50年前に、移民としてきたのだそうです。

とても、親切で優しいおじいちゃんです。

キッチンはありませんが、2階と3階のフロアに、テーブルがあって、お湯とお茶などの
飲み物が用意されています。

日本語の本もいろいろ。

部屋もベッドも共同シャワーも掃除が行き届いていて、きれいで居心地のいい宿です。

1泊1ベッド900円ぐらいでした。
なんと、子どもたちはタダにしてくれたんです!(嬉し涙・・)


金額的だけで言うと、もっと安いところはあるそうです。ペルーは物価が安い国ですし。

ただ、リマは、治安もよくなく、泥棒が強盗が多いそうなので、泊まるところはその辺の
よく注意して決めた方がいいと聞きましたね。


名幸のおじいちゃんが言うには、おじいちゃんでさえ、外出する際は、安物の腕時計さえ
していかないようにしているそうです。

なぜなら、ほんと、全く知らない間に、盗られているからだそうで。


そうそう、私自身も、旅の途中で出逢った人から、「帽子さえも盗られるよ」と聞きまし
たね~。

私も、リマに夜行バスで着いて、町までに行く間に、腕時計がなくなっていました。
盗られたか、落としたか、はずれたか・・・わかんないですけど、気づいたときは、
あ!ない!って。

まあ、3ドルぐらいで買ったちゃちいやつなんですが・・・
(あくまでも、盗られたのかどうかは分かりません)


日本人が狙われるというより、現地の人であっても、ちょっとしたスキを狙ってくるそう
です。

途中出逢ったペルー人おばちゃんは、歩くときは、

「こういう風にバックを前に抱きかかえて歩くのよ」

と教えてくれました。


リマ以外にも、世界遺産の街であり、マチュピチュへの玄関でもあるクスコにも、2つ有
名な日本人が経営する宿があるそうです。

町の中心からちょっと離れているので、私たちは泊まりませんでしたが、治安があまりよ
くないところでは、日本人宿は、情報収集の場であり、貴重な安息の場ですよね~。

ちなみに、私たちはクスコで、町の中心、アルマス広場から2分ぐらいのところに泊まり
ました。ここはアタリでしたよ。
kusuここ!




~自分を知る、体質を知る~
ガンが教えてくれたこと~自分を知る、体質を知る~
    

  
ガン発覚が良いきっかけになり、健康に関する勉強を続けています。

その中で、つくづく思うのは、第一に、自分の知る、自分の体質を知ることって大事
だなあと思うんです。

体質によって、性格によって、だから、人それぞれ、治る方法って違うんです。

だれかが、これがよかったから、○○が体にいいと聞いたから、あの人はこうして
なおったから、と、人がよかったからといって、自分がよくなるとは限らないんで
すね。


体質が違うからです。


体質は、もって生まれたもの、プラス、それまでの生き方が反映されているからです。


だから、もし、体の調子が悪かったら、体を悪くしてしまったら、自分自身で、勉強
して、調べて、自分の体質を研究するしか、ないんです。

例えば、私は若いときから、重度の内臓冷え性で、それがすべての原因につながって
いたんですね。

内臓冷え性ではありましたが、若いときはそれでも、体力がありますから、なんとも
なかった。



”内臓冷え性”で、ネット検索すると、いろいろでてきますが、ひどいと、日常生活
さえも、しんどくて、あちこち具合が悪くて、精神的にもしんどいのですが・・・

原因は、食の内容と、ストレスなんだそうです。

たかが、冷え、と私も思っていたのですが、冷えは、万病の元なんですよ。


人間の内臓は、胃も腸も腎臓も肝臓も、みーーーんな冷えに弱いそうです。冷えに強い
というか、自らが温かいのは、心臓と脾臓。

だから、心臓と脾臓にはガンはできないそうです。


また、マラリアがある国には、(高熱が出るので)ガンは少ないのだそうです。

また、人の体温は36,5度と言いますが、ガン細胞は、35度代で、増殖するのだそ
うです。


また、体の真ん中にある内臓が冷えていたら、血流も悪くなり、リンパも滞り、不要な
水分も停滞、免疫力も下がってしまうんです。全部、病気に直結するんです。

だから、内臓はあっためてあげるんです。

体をあっためる野菜って知っていますか?  根菜を食べることです。

ごぼう、れんこん、にんじん・・・

夏野菜は体を冷やす役目なので、冬野菜を食べるようにするんです。

黒いもの、精製されていないもの、発酵したものを、食べるんです。

白ゴマより黒ゴマ
白米より玄米、
白パンより黒パン
牛乳よりチーズ
白砂糖より黒砂糖


体にいいけど、体を冷やすものもたくさんあります。例えば青汁。

じゃあ、飲まないか、というと、私も飲んでいますが、そのあとに、ちゃんと体をあった
めてあげるんです。しょうが紅茶、とか飲んだり。

いつも、体をあっためた状態にしてあげるんです。

お酢も体を冷やします。でも、お酢も体にいいものだから摂りたいですよね。

体にいいもの=自分の体にいいもの、

ではなく、

体にいいもの=自分の体に不足しているもの合うもの

なんだと思います。

何が不足しているかは、自分で自分を見つめなおすこと、ですね!



~お世話になった日本人宿さん(その2)メキシコ・グアテマラ~
本には書かなかった世界一周ウラ話(34)♪
     ~お世話になった日本人宿さん(その2)メキシコ・グアテマラ~




まずは、メキシコの首都メキシコシティ。サンフェルナンド館。
http://sanfernando.go2.jp/
当時ひとり900円でした。

場所はいいし、部屋はきれいだし、キッチンは広くて使いやすくて、ほんと、いい
宿でしたね。

arekkusutoサンフルナンド館横でサッカーしてる子どもたちと仲良くなりました。

ここで、1組の定年退職ご夫婦が泊まられていまして、よくお話をしました。

だいたい、こういう宿には、若い人が多いので、60歳ぐらいのご夫婦って、珍し
いんです。

すばらしいなあ、と思いました。

普通は、やはり、ツアーに参加しますよね~。

でも、ツアーだと、南米って高いんですよね。

ご夫婦は、今回メキシコとペルーを旅をされる予定で、インターネットでいろいろ
調べて、ご自分たちで計画を立ててこられたそうです。

メキシコはここを起点にし、ペルーは日系人が経営する宿に泊まることにしてると。
その宿は、ペルー観光の手配もしてくれるところなので、自分たちの行きたいところ
を、打ち合わせて、手配を頼んでいるとのこと。

結果、とっても安く行けることになったそうです。

これで、2回行けるわ、と笑っていらっしゃいました。

ちょっと、勇気がいるし、事前に調べる手間はいりますが、きっと、いい旅になる
と思います。


次はグアテマラ。

私たちは、スペイン語学校に入って勉強したのですが、2か所でお世話になりました。

まずは、ケツアルティナンゴ(通称シェラ)にある、タカハウス。
http://www.elquetzal.go2.jp/


ここは、日本人宿でもあり、スペイン語学校でもあります。オーナーはタカさん。
私と同世代の男性で、とっても優しい親切な人です。

でも、私たちはこのタカハウスのことを全く知らなくて、町をブラブラしている時に
たまたた見つけたんですよ。

私たちは、2泊タカハウスに泊まって(1人300円)、1週間はタカさんの紹介で、
現地の家庭にホームスティしました。
sherahomeホームステイ先。ごはんをつくってくれるおばちゃんたち。


タカハウスにはスペイン語を習う人もきますが、そうでない旅人もいて、ときどき
みんなで日本食作ったり、おいしいものを食べに行ったりしましたね~。


それから、アンティグアにあるペンション田代。
http://ptashiro.hp.infoseek.co.jp/

ここは、日本人の田代さんと、グアテマラ人の奥さんがされている日本人宿。田代さん
自身、学生時代にバックパッカーで、世界旅行をしていて、このグアテマラで、出逢っ
て、結婚されたんです。

udontsukuri日本からしょうゆを送ってもらったお兄ちゃんがいて、みんなでうどんをつくった。



で、お子さんが3人いらして、ちょうど、うちの子供たちと一緒ぐらいで、もう、ほん
とに、毎日毎日楽しく遊びましたね~。
an4ninシェイラ、ダイチ、ぼく、ゲンキ!


3人のお子さんは、もちろんスペイン語ペラペラで、一番上のシェイラちゃんは日本語
も勉強していて、とても、いい刺激を受けたと思います。

子どもたち同士、10年後に会う約束しているようです(笑)。
10nen



また、長期の日本人旅行者が何人も泊まっていますから、情報には事欠かないですね。

アンティグアは、町全体が世界遺産、そして、スペイン語学校が多く世界の人が集まる
町なので、すごくいいところです。



それから、パナハッチェルにある村岡亭。

(新館ができて、今までの村岡亭は閉館。新館は、ホテル エル ソル。広くてきれい
になっているみたいですよ)http://panamuraoka.com/index.html

タカハウスで、情報をもらいました。

パナハッチェルはとてものんびりした町で、この村岡亭では日本食が食べられる!とい
う、すばらしい情報を。

ここも、ほんと、すばらしい宿でした。

お寿司に日本のカレーライス、作っていただいて、子どもたちも大喜びでした。
kuraokasan村岡さんご夫婦


日本人宿のいいところって、やはり、人と出会えることですよね~。

どうしても、ひとりは人が恋しくなる。

ふたり旅でも、家族旅でも、やはり、人と出逢いたいものですよね。

我が家の場合、4人だけより、やっぱ、いろんな人がいたほうが楽しかった
ですね~。

こうやって、日本人宿を渡り歩けば、自由旅行初心者でも、けっこう行ける気
がしませんか?



嬉♪!感謝!本の在庫があるところは・・
ha今通っている歯医者さんの掲示板!

いつも予約で混んでいて、1週間に1回ペースで行っています。

で、行ってみたら・・・・



先生が、本、買ってくれていました!

私の手作り世界一周カレンダーも本のチラシも、貼ってくれて・・・・

めちゃめちゃ感激しました!

先生は「面白かったよ~」と。うれしいですねええー。

アマゾンで買われたそうです。


実は、今、”アマゾン”が、なんと、”3~5週間待ち発送”表示になっていまして・・・(悲)

この間、メルマガ親力の親野先生が紹介してくれたのですが、この状態で・・・
それでも、21冊も売れたそうです。感謝感激!

で、この歯医者の先生は、”アマゾン”で購入されたそうですが、3週間後の発送、というメール
がきたそうですが、すーぐ、届いたそうです。

表示の作業が間に合わないのだと思います。

ずっと在庫があった”楽天ブックス”にも、今、在庫がなくなって取り寄せになっています。

(今どちらにも、在庫を入れてくださいと、お願い中です。
本はまだまだ出版社の石風社さんにありまーす。)


今、在庫があって、すぐに送ってくれそうなのが、ビーケーワンと、DMM、です。

ぜひ、よろしくお願いいたします!







~日本のアニメはすごい!~
manira長男4歳次男1歳の子連れバックパッカーinフィリピン。かわいいね~(親バカ)


自由に安全に旅するヒント&グッズ~日本のアニメはすごい!~
    

    

子どもが小さいころ、海外で必ずやっていたのは、ポケモンやドラエモンなどの
日本のアニメキャラクターグッズ探し。

え!日本のアニメのがなんで?と思うでしょう。

あるんですよ、ほんと、多くの国で。

テレビ番組ででもやっているんです。

日本のアニメは、世界のアニメなんだな~って、なんだか誇らしく思ったりしま
すね。

で、おもちゃやTシャツがズボンやバッグや、いろいろあって、それを見つける
だけでも楽しいし、しかも安いから、買ってあげてもいいし。子どもたちは喜ん
でいましたね~。

子連れ旅で、特に子どもが小学生未満の場合、ペースをスローダウンすることも
大切でしょうね。

動く範囲も、せまくなるけど、でもせまい範囲を何度も歩くことで、けっこう、
近隣の人と仲良くなれるものだな~と思いました。

今回の世界一周で、中米や南米で、ウケていたのは、日本で今も昔もある、
”ゴレンジャー”系のドラマ。

アニメじゃなくて、5人ぐらいの男女のグループが、変身して、悪を退治する
アレです。

そう、あのドラマも中南米でやっているんです。

あれって、変身したら顔が見えないので、そのまま使って、変身してない部分
だけは、中南米の人になっているんです。

アニメだけではなくて、ドラマまで!とびっくりしましたよ。

ストーリーが一緒だから、スペイン語の勉強にも?なったりして・・・

日本の子ども番組って、すごいんですよ!



感激!また親野先生のメルマガに紹介!/サッカー試合当番は寒いです~
近況:○感激!親野先生のメルマガに紹介してもらいました!
      
      ○サッカー試合当番は寒いです~


私が尊敬している親野先生のメルマガで、本をこんな風に紹介していただきま
した。
涙が出るほどうれしいです・・。


メルマガ「親力で決まる子供の将来 」http://www.mag2.com/m/0000119482.htm 
HP http://www.oyaryoku.jp

──────────────────────────────
それゆけ小学生!ボクたちの世界一周

私、親野智可等は、小田実の「何でも見てやろう」や五木寛之の「青年は荒野を
めざす」を読んでバックパッカーになりたくて・・・、

そして結局なれなかったので、この兄弟がうらやましいです。
↓↓↓↓
子どもが読めば、広い世界への目を開かれること間違いなし!

小学3年生と5年生の兄弟が、パパとママと4人で355日の世界一周バック
パッカー旅行に。

小学生が書いた旅行記なので、わかりやすくておもしろい。漢字にはすべてふり
がな付きで、4年生くらいから大人まで楽しめる。たくさんある写真を見ている
だけでも、楽しい。

とくに、行く先々で国境を超えたり宿を探したりするところは、それぞれのお国柄
が出ていて、興味深い話がいっぱい。

世界中の人と友達になって、トラブルのときにも助けられて、その土地の雰囲気を
肌で味わって、そして、わかれる・・・。

「世界は1つ、人類は兄弟」なのだと実感できる。
↓↓↓↓
http://www.bk1.jp/product/02989320

http://tinyurl.com/6hyhb7

──────────────────────────────

昨日は中1長男のサッカーの試合当番で、この寒い中終日外でした。ほんと、
寒さがこたえますね~

試合会場の中学の横の小学校では、次男のサッカーチームの試合。

長男たちは3試合、次男は2試合。

残念ながら、どっちも負けてしまったけど、ふたりとも、よくがんばっていま
したね~。

すっごい重ね着していったけど、寒いものは寒いんですね~。

上は6枚来て。ズボンの下にはタイツとスパッツはいて、足の裏にホカロンはっ
て・・・なんか、笑えるでしょ、ははは。

ほんと、母親ってタイヘンです。どんなに具合悪くても、がんばるしかないので
すね~

小学校中学校の学校行事、サッカーもふたて、いろんな委員や、お世話役、地域
の行事あれこれ・・・。

子ども会は、もう、お世話活動できないのでやめさせてもらいました。

健康って、つくづく、本当に大切です・・。体力がほしいです~

でも、私ぐらいでタイヘンなので、本当に、体が悪い方はおそらく、本当にタイヘンですよね・・

福岡で起きた、全身が痛い病気を持ったお母さんが、小1のお子さんを殺してしまった事件、
本当に、かなしい事件でした。
慢性的に体調悪い、という中での子育ては、本当につらいです。
あんな悲劇が起きないような、子育てしやすい社会になったら、いいなあ、とつくづく思います。



というワケで、今日の私の体はガナガタです。


その1)日本人宿って何?
本には書かなかった世界一周ウラ話
     ~お世話になった日本人宿さん(その1)日本人宿って何?~


前回で、世界一周ウラ話、全32回で、一周完了♪。
(バックナンバーは http://kumemuga.blog60.fc2.com/blog-category-0.html 

でも、まだまだ書き足りません(笑)

今まで国別で回りましたので、今回から、テーマ別でいきたいと思います。

まずは、今回、タイヘンお世話になった”日本人宿”と呼ばれる宿のお話。

たくさんあるんで、何回かに分けてご紹介します。

まずは、私が、初めて、日本人宿と出逢った、むかーしの話から。

rufu
1994年、イスラエルのエルサレム タバスコホステルの屋上で、最後の晩餐のあとに。ん!?若い?
masada
タバスコホステル主催のマサダ要塞から死海にのぞむ朝日をおがむツアー。となりはユーゴさん。どうしてますか~?





私は1994年、人間関係の挫折がきっかけで、このままでは生きて行けなくな
って、お金もあまりないのに、世界に逃避(笑)しました。

人間不信になっていたにもかかわらず、人とのつながりをなくしてはできない旅
を選んだことが、不思議だと今でも思います・・。

何の準備もなく、わずかなお金を持って、日本脱出をしたのです。

よく、世界一周したいというご相談の中に、今が捨てられない、とか、帰ってき
てからが不安、というのがありますが、

今がうまくいっている人は、なかなか行けないですよね~。逆に現在に挫折とか
していたら、行きやすい、ものかもしれません(笑)。

人生の中では、一見、悪いこと悲しいことも、それがきっかけで、新しい出会い
に転じることって、あるんですよね~。


というわけで、日本を出ましたが、1994年ですから、インターネットは影も
カタチもなく、携帯電話が20万円ぐらいの時代。

だから、ほんと、何も情報持ってなくて、結構、前半は、人恋しい、日本語に餓
えて餓えて、いろんなことにぶつかってはアタフタして、右往左往してばかりの
旅でした。

で、病気にもなって、帰りたいよーーーーって思ったこともありました。

もちろん、日本人宿、という、そんな便利な存在も、知りませんでした。

そう、当時も、ちゃんとあったんですね。知る人ぞ知る存在として。

でも、私は知らないから、寂しさは、かなり、充分なほど味わいましたね~。

寂しさを味わうことは、また、なかなか、いい経験なんですよ。



で、そんな私が日本人宿(正確に言うと日本人が集まる宿)に行き着いたのは、

旅の後半、イスラエルのエルサレムでのことでした。

エジプトからイスラエルへの国際バスで、国境で置いてけぼりを食らい、同じ
立場の日本人との出会いがあったからです。


その日本人とは、エジプトのカイロ発のバス乗り場で出会い、バスが別だった
のですが、置いてけぼり食らって、国境で、再び会うことになったのです。

このひど~い国境事件のことは、元祖私のHPにありますので、
( http://www.hf.rim.or.jp/~kaya/chikki10.html 


その日本人は、大学生で、カイロの(今も)有名な、老舗の日本人宿、サファリ
ホテルに泊まっていたと聞いて、へええーーーそんな宿があるん!と思ったもの
です。

で、その日本人学生と、ブツクサ文句言いながらも、がんばって、エルサレムへ
行き、旧市街のタバスコホステルという宿に向かうのです。


ここは、今は違うそうですが、当時は、日本人が集まる宿。

私は、いろんな意味で、びっくりしたものです。

イスラエルを旅をする日本人がたくさんいることや、男女一緒のドミトリー(共
同部屋)や、みんな自炊して節約しえいることや・・・、

ほよよーーー

と、思ったものです。


でも、”住めば都””慣れれば最高!”って感じで、友だちができる、仲間がで
きるというのはいいもんだ、と思いました。

私にとって、ここはすばらしい安息の場にもありましたね~。


またタバスコホステルは、日本人だけではなく、たくさんの、ヨーロッパ各国か
らや、アメリカ人や、南アフリカ人や、いろいろいましたので、とにかく、なん
か、インターナショナルで、楽しかったですね。

みんなで毎日、屋上のデコボココンクリートの上で宴会?でしたし、ディスコに

繰り出したり、まあ、いろいろでしたね。


男女や年の差や職業や地位を越えて、できた仲間と、イスラエル国内をあちこち
旅をしたんです。

そして、別れ。



当時は長い旅をしているにはみんな1人旅でしたから、その、ひとときを楽しみ、ま
た、別々の道を進むのです。

また、いろんな旅をしている人間が集まるのですから、ここで、いろんな情報が
交換できるのです。

人により、共同部屋はダメという人もいますが、私は、男女共同部屋、大好きで
したね。

子連れ旅になっても、けっこう、そういうところに泊まっているんですよ。


世界には、そういう日本人が集まる宿が、たくさんあるのです。

日本人じゃない人が経営する日本人宿もあるし、日本人が経営する日本人宿もあ
ります。

特に、治安が悪い国では、安息の場所を得ることは、かなり重要です。

部屋も、共同部屋じゃなく、ちゃんとした個室の宿もあるし、日本では信じられな
いぐらい安く快適な宿もあります。

ただし、もちろん、安心しきってはいけない、場合もありますね。

次回から、私たちがお世話になった宿のお話をしていきま~す。

~教育、子育ての”綾小路きみまろ”氏~
子育ては有難い修行である
    ~教育、子育ての”綾小路きみまろ”~
    

  
昨日、教育・子育て講演家、福永宅司さんの講演を聞いてきました。

(福永氏のHP  http://members.jcom.home.ne.jp/fukunaga-family/ )


もーーーーほんと、この先生の話、いいです!
話を聞くのが2度めなんですが、何度聞いてもいいですね~

ほんとうに、漫談みたいに楽しく、それでいて中身がすごいし、うならせる内容
で、説得力あり、笑って泣ける、それでいて、内容がしっかり構成されていて、
話が行方不明にならない(私はすぐ行方不明になるんで)、聞くほうが全く
たいくつさを感じさせない、ほんと、すごい講演家です。

教育、子育ての”綾小路きみまろ”ってカンジですね~。

たくさん、ヒントをいただきました。

その中で、印象に残ったことをひとつ。

今の子どもたちをとりまく環境のこと。

昔はいた、駄菓子やのおばちゃん的な人が少ない、ということのお話。

駄菓子やのおばちゃん的な人というのは、子どもが好きで、なんやかんやいいな
がらも、子どもから慕われて、いつも声をかけてくれて、はげまされたり、叱ら
れたり、ほめられたり、して、まるごと受け入れてくれる、おばちゃんおじさん。

そういえば、大体近所にそんな店ありましたね。

今は、店と言うとコンビニになっちゃうんで、むりですよね~。


責任があると、厳しくなるんです。

親も学校も塾も。

逆に、責任がないと、おキラクでいいので、片目つぶってあげられたり、じゃん
じゃんほめてあげられるんですね~。

その、駄菓子やのおばちゃん的な人が、なかなかいないみたいです。

おじいちゃんおばあちゃんが、孫には優しいのも、その典型ですよね。責任から
開放されてますからね。

私も、おじいちゃんおばあちゃんには、いつもいつも、ほんのささいなことを
ほめられて、かわいがってもらいました。

あまりに、しょちゅう、行っていたので、
「おばあちゃん家の子になり~」とよく言われていました。

私は両親がきびしかったので、いつも優しく、すべてを受け入れてくれる、
おじいちゃんおばあちゃんの存在は、ものすごく大切でした。

きびしい人も必要です。

優しく、何でも受け入れてくれる人も。どっちも必要なんだと思います。

それが、きびしさだけだったら・・・子どもは、息がつまってしまう・・。

今の子どもたちの世界は、今の大人の世界なんですね。

いじめが陰湿なのも、大人の人間関係が陰湿だからだと思います。

日本人って、ほめないですよね~。

どちらかというと、人の欠点、悪いことを、つまみあげて、強調して、このまま
じゃいかんと不安をあおり、話題にして団結する、なんてこと多いですよね~。

ひとりを悪者にしたてて、団結する、っていうゆがんだもの、ありますよね~。

そこで、福永先生いわく、

家をオアシスに!

そしてお母さんが、

「お母さんはあなたを生んで幸せ!」と言いましょう。と。

子どもはお母さんがお父さんが大好きなのです。

大好きな人から、いつも命令され、否定され、ほめられることがなかったら、
子どもの自尊感情は、なくなるばかり。

自尊感情を育てましょう。

自分を好き
自分のいいところが5つ言える子に
自信をもつことができるように

生きることが楽しくなるように・・・。


ほんと、心が洗われる、すばらしい、お話でした。このご縁に、感謝!

ねーこはコタツで・・・
ねーこはコタツで・・・のびている~♪

kotatsuこたつの中のムク。
futon時々、出てきて、またゴロリ。
muhiムクとひかるisu今のムク。でかっ。
chibi我が家にきたばりのムク。ちっさー。同じ大きさのイスです。
maeムクが大好きなコップ。kopuでも、この頃はとうとう顔が入らなくなった~!この間まで入ったのにね!




我が家のかわいいムク(ネコ)がきて早7カ月、生後9か月になります。
あまりの成長、でかさに、驚いています。

で、最近のムクは、毎日コタツでのびています。

”ネコはコタツで丸くなる♪”のかと思っていましたが・・・・

丸くなるどころか、コタツの中で、ダレ~~~ンと、のびています。

正確にいうと、コタツではなく、ホットカーペットの上に机とコタツ布団。

熱くなりすぎたら、じわーーっと出てきて、フローリングのでペタっと寝て、
しばしさまし、またコタツ入りです。

コタツの中は、おそらく、静かで、暗くて、睡眠をじゃまするものが何もなく、

いいんでしょうね~。

感謝!カンゲキ!涙が出るほどうれしい!
私がとってもとっても尊敬している方が、メルマガに、私たちの本
「それゆけ小学生!ボクたちの世界一周」を紹介してくださいました~~!

もー、めちゃめちゃカンゲキしてて、涙がでるほどうれしいです。

元小学校の先生で、教育・子育て系ですごい人気です。著書もたくさん。

子育て、というと、子どもを持つお母さんなどが対象ですが、読んでいると、
”人間関係の原点”であり、”人間として一番大切なこと”が書かれていると痛感しています。


以下、

2008年もメルマガ大賞になった親力メルマガ(長いので一部だけに)です。


親力で・・1044「弟をたたくお兄ちゃん。あなたなら、どうしますか?」‏
差出人: 親力・親野智可等 mag2 0000119482 (mailmag@mag2.com)
送信日時: 2008年11月30日 15:39:49
宛先: kumemuga@hotmail.co.jp

お元気ですか?親野智可等です。

あと1週間です。『まぐまぐメルマガ大賞2008』の投票を、ぜひよろしくお願いいたします。
詳しい説明をメルマガの真ん中に載せました。

今日の親野智可等は・・・?詳しくはpsで。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■                          2008/11/30「親力で決まる子供の将来 」・・No1044                          発行者・・・親野智可等http://www.oyaryoku.jp
                             
子育てと家庭教育を支援し、子供の学力と人間力の向上を願うメルマガです
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
弟をたたくお兄ちゃん。あなたなら、どうしますか?                        

親力診断テスト ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

[ 問題 ]
小1、年中、年少という男ばかりの3人兄弟です。
小1の長男は、ちょっとしたトラブルやけんかで、すぐに弟たちをたたいてしまい
ます。 あなたなら、どうしますか?

A:長男を優しく抱きしめる
B:たたかれたときの痛さを教えるために、同じ強さでたたく
C:その都度、人をたたいてはいけないと言って聞かせる

親力診断↓↓↓↓http://education.mag2.com/oya/
──────────────────────────────
それゆけ小学生!ボクたちの世界一周

私、親野智可等は、小田実の「何でも見てやろう」や五木寛之の「青年は荒野をめざす」
を読んでバックパッカーになりたくて・・・、

そして結局なれなかったので、この兄弟がうらやましいです。
↓↓↓↓
子どもが読めば、広い世界への目を開かれること間違いなし!

小学3年生と5年生の兄弟が、パパとママと4人で355日の世界一周バックパッカー旅行
に。

小学生が書いた旅行記なので、わかりやすくておもしろい。漢字にはすべてふりがな付き
で、4年生くらいから大人まで楽しめる。たくさんある写真を見ているだけでも、楽しい。

とくに、行く先々で国境を超えたり宿を探したりするところは、それぞれのお国柄が出ていて
興味深い話がいっぱい。

世界中の人と友達になって、トラブルのときにも助けられて、その土地の雰囲気を肌で味
わって、そして、わかれる・・・。

「世界は1つ、人類は兄弟」なのだと実感できる。
↓↓↓↓
http://www.bk1.jp/product/02989320

http://tinyurl.com/6hyhb7






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。