小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安宿・日本人宿(その10)~ドバイ~
本には書かなかった世界一周ウラ話(43)♪
     ~お世話になった安宿・日本人宿(その10)~ドバイ~

3000yenこれが7つ★ホテル!宿泊者レストラン利用者以外は、入場料がいる!らしい。

さて、今回は、ドバイ。


私たちが使った世界一周航空券は、ラウンドザワールドという種類で、使える
航空会社に、ドバイの航空会社”エミレイツ航空”が入っていたことで、ドバ
イに寄ることにしたんです。

なんでも、高い!と聞いていましたので、ほんの1,2泊だけ、リッチな雰囲
気をちょびっとだけ、と思っていましたが、次のバンコクまでのフライトがな
かなか取れず、5泊しました。

ホテルは、それまであったような安宿はないんですね。

バブリーなドバイに、安宿って言葉、似合わない?ですよね(笑)


得た情報によると、”アル・サブハ”という地区には、比較的安い宿があると
いうので、そこで探しました。
sabuhaここが、アル・サブハ地区。ホテルの窓から。
dobaiyado泊まった宿。エアコン、テレビ、冷蔵庫付!


それでも、1部屋シングルで4500円ぐらい。日本並みですね。

どこか安い所がないかと、かなりの数あたりましたが、1部屋ツイン約5500円
の、ちょっと裏道にある宿に決めました。

ツインに4人入れてくれるかどうかは、今までもいろいろでしたが、ここのフ
ロントおっちゃんは、その点も気持ちよく、了解してくれ、マットレスを貸し
てくれたぐらいです。

そのあとにも、どこかあるんじゃないかと、探しましたが・・・

これが最低ランクみたいでしたね。


もちろん、一人旅なら、1ベット約1600円というのもありましたよ。



さて、このアル・サブハ地区は、なかなかよかったですよ~。

今は、ドバイにもバブル崩壊?や失業者が出ていると聞いているので、わかり
ませんが、出稼者は、たくさん国から来ているので、いろんな国の料理が安く
食べられるんです。そして、活気があって、治安がいい。

インド料理や、アラブ系の料理なんて、本当に安くておいしかったですね。

高い、高い、と思っていましたが、タクシーやバス、水やジュースなど、日本
より安いです。
dobaifune一般庶民の交通は安い。このドバイクリークの渡し船はなかなかすばらしい。


近代的なビルが立ち並ぶオフィス街や、お金をかけまくった建物や、整ったテ
ーマパークもいいですが、ぜひ、出稼ぎ者の町、アル・サブハ、にもぜひ、寄
ってみるといいと思いますね~。

ただし、約5500円と日本のビジネスホテル並みの金額する部屋は、日本並みと
はいきませんので、ご注意を(笑)

まあ、リッチなドバイに行くのに、安宿の情報は要らないでしょうけど(笑)
ご愛嬌!。

dobaiyoruドバイの夜はウツクシイ
dobaibiruhiruドバイは建築ラッシュ
dobaishiba砂漠の国にもこんな美しい芝生の公園


スポンサーサイト

~現代人は食べすぎ~
ガンが教えてくれたこと♪~現代人は食べすぎ~
 
   
最近、フムフムとうなずくメルマガに出逢いました。

<1日2食の健康革命>
http://www.mag2.com/m/0000134473.html
というもの。

疲れがとれない、なんか分からないけど不調、という方は、ぜひ、購読される
といいと思いますよ~。

”1日2食”というのは、朝食を抜く、んです。朝食を抜くことで、腸を休め
てあげて、排泄を促してあげるんです。

普通は、必ず朝ごはんを食べましょう!!っていうでしょ。

♪早ね、早起き、あさごはん!♪って、テレビでもやっているし、小中学校
では、ある期間、それに実施の呼びかけと、チェック表まであって、それを
提出するようになっています。

私も、朝ごはんは食べたほうがいい!とずーーーーーと思っていました。

だから、最初、このメルマガではなく、そういう健康法があると聞いたとき、
なんで???って思ったものです。

もちろん、成長ざかりの子供は、そんなことする必要はないと思うのですが、
現代人の大人は、食べすぎなんだそうですよ。

それに、食事内容が、欧米化しているので、日本人の腸には日々、負担がか
かっているそうなんです。

メタボ、もそうですけど、知らず知らずに食べ過ぎて、腸が悲鳴あげている
らしいんです。

でも、朝になると、お腹が減って目が覚めるよ、という人もいるでしょう。

私もそうだったんです。お腹が減って目が覚める。朝っぱらから、カレーと
かでも食べれるタイプで・・・。

それって、”ニセ腹”っていうんだそうですよ。

私はこの1日2食の健康法の本を読んだのですが、この”ニセ腹”って言葉
に思わず笑いましたよ。そうなの・・この空腹感は、ニセモノなんだ~って。

で、よし、やろう!と思って、その1日2食を始めたら・・・

いっきに、便秘になりました。

朝ごはんを食べるのは腸を刺激して排泄を促す、という説もありますよね。

便秘したことなかったのに、手術して、食の内容を変えて、1日2食で、
結果は便秘。

それにお昼まで、お腹がすきますよね~。

で、一旦やめました。

でも、しばらくして、どうしても、腸を休めるということは、やはりいい気
がするので、また、やってみたんです。

そう、変えた食生活にも慣れたころ。

そして、今度は、便秘しなくなったんです。

もちろん、何も口にしないというわけではないのです。朝起きて、まずは水。
そして、しょうが紅茶を飲み、1日1杯と決めているコーヒーをのみ・・

時には野菜ジュース飲んだり、みかんをしぼったり、りんごやいちごを食べ
たり。

結果、朝、今までより、疲れがとれてる気がしています。やせたのもこのお
かげでもありそうです。まだまだ、健康体を手にする途上ですが・・・。



旅の報告Vol:3】フランスvsスペインin冬
【2009フランス・スペイン旅の報告Vol:3】フランスvsスペインin冬


今回は、冬の、フランスとスペインの印象を。

とにかく、フランス、当たり前ながら、寒いですね~。朝晩マイナス7度、
昼間でも0度ぐらい。それに、曇りが多い。

朝もなかなか明るくならないし、夕方は早々と暗くなります。

歩くと体はあったまるけど、顔がめちゃめちゃ冷たいですね。鼻と耳が特に。

だから、おかげで、よく歩きましたね~。

暑い国だと、子ども達、歩くのイヤがるし、すぐ冷たいものが欲しくなって、
お金もかかりますが、寒いと、歩くことが、苦にならないみたいで、ほんと、
よく歩いてくれました。

でも、歩いている間はいいけど、止まると、寒い(笑)。だからか、写真を
あんまりとってないことに、いまさら気づきました(笑)

私にとって、先進国を旅するのが15年ぶりなんで、ほんと、すべてが、
アッサリ、しーん、しているというのが、感想ですね。

特に、交通機関が、先進国と途上国の大きな違いがありますね。先進国ほど、
メトロ(地下鉄)の中は、シーーーーンとしていますね。みんな、うつむき
かげんで、しかめっつら?・・。日本みたいです(笑)

3日め、スペインに飛び、バルセロナから町まで、列車と地下鉄に乗ったの
ですが、バルセロナは、ちょっと違いましたね。

ほどよいざわつきがあるんです。

気候も、パリよりだいぶんやわらかいこともあるでしょうね。寒いと、体に
力はいりますし・・。

なんて言っても、スペイン語なので、なつかしい(世界一周のとき、スペイ
ン語学校にいって、6か月を中南米のスペイン語で旅をしたので)気持ちで、
うれしくなりましたね。

ずいぶん、忘れていますが、少しでも、分かるのは、うれしいものですね。

そうそう、フランスはフランス語で、英語はしゃべってくれない、という
15年前の印象があったのですが、今は、わりと、英語をしゃべってくれる
人がふえた気がしましたよ。

で、バルセロナに戻りますが、やっぱ”ラテン系”でいいですね~。

スペインも先進国ですが、途上国っぽい、人とのかかわりが残っているとこ
ろが好きですね~。

途上国好きの私には、冬はスペインに軍配、でしょうかね。

フランスは、昔、6月に訪れたことがあります。すばらしい気候で、花も緑
もものすごく美しくて、感動したこともあります。
その時期なら、カフェでゆっくりするのも、公園でゆっくりするのも、最高
にいいでしょうね。


(次回に続く)

乳腺症と更年期
乳腺症と更年期

昨日、婦人科へいき、子宮ガン検診をしてきました。40歳になってから、毎
年いっています。

1年少し間、腎臓ガン摘出手術を受けて、転移再発がないかどうかの検診に、
定期的に行っていますが、腎臓は泌尿器科で、腎臓ガンの転移は、肺と骨が
多いので、そこは徹底的に調べますが、婦人科のことは、婦人科へいか
なければわからないんですね。

腎臓ガンが分かる5,6年前ぐらいから、私はかなり体調が悪く、いつも、い
ろんな病院に行っていました。

そんな中、ひとつだけ、病名といえない病名がついたのが、乳腺症。

母乳を出しているお母さんがよくなる乳腺炎とは違って、ホルモンバランスが
変わる30代から40代になる症状で、胸が痛くなる症状です。

かと言って、自然現象なので、どうにもできず、痛みに耐えるか、痛みを薬で
緩和するか・・。

薬は飲みたくないし、痛みは、イライラさせ、精神的にまいりますね・・。今
痛いのがしばらく続いてて、まいっています。

それと、手のこわばり。

ネットで検索すると、リュウマチの初期症状と出てくるんですが、更年期の症
状でもあるそうです。母がリュウマチを患っているので、リュウマチはやはり
こわいです。さて、どっちか・・・

昨日は、婦人科の先生(女性)に、
「44歳は(更年期には)ちょっと早いわよね~」
「普通は51、2歳ぐらいでくるからね~でも、あなたの場合は、早いのかも
ね~」と。
まだかろうじて更年期じゃないけど、目の前、ってとこみたいですね。
「明日でいいことは、明日に回すのよ。今日やっておかなきゃって、思わない
のよ。ゆっくりした気持ちでいるのよ」と先生。

早い更年期。なんか人生を急いでしまっている気がして、少々落ち込みました。

明日は、乳がん検診、マンモグラフイーに行ってきます。

日本人宿さん(その9)~イエメン
本には書かなかった世界一周ウラ話(42)♪
     ~お世話になった日本人宿さん(その9)~イエメン~


さて、今回は、イエメン。
iekodomoイエメンの子供たち


それどこ?言われそうですね・・・。

サウジアラビアがあるアラビア半島の西(アフリカ側)にあります。

イエメンは、首都サナアの旧市街全体が世界遺産なので、ゆっくり滞在して
見てまわりました。

私たちがお世話になったのは、首都サナアにある”アル・ナスール ホテル”。
arunasuru


なんと、ここには、情報ノートがあるんですよ。
note


ここの情報は、ブラジルで、アフリカを旅した人たちから聞きました。

といっても住所だけしかわからなかったのですが、イエメンは、人がとっても
親切なので、出逢ったイエメン人男性に一緒に探してもらいました。

ここは、日本人宿っていうワケではありませんが、現地人も泊まる、でも、
日本人にも口伝で、人気があるようです。

私たちは10日ほどここに滞在しましたが、その間、ひとり旅の日本人女
性が一緒で、食事を一緒にしたり、子どもたちは、たくさん遊んでもらって
いましたね。

1泊4人で約1250円。

ホテルは場所的にもいいし、部屋は広くて、きれいで、申し分なかったです。


日本人が泊まる宿は、他にもいくつかありましたよ。


さて、”情報ノート”というものは、日本人ならでは、だと聞いたことが
あります。

他の国の人もないわけではないそうですが、日本人の情報ノートは、情報が
ビッシリ?というか、マメに書き込んでいるというか、詳しいというか・・・。

自分が知った情報を、あとに続く人たちに残して参考にしてもらおう、と
いう考え、なんだか、日本人の良さのひとつですよね?

我が家は、そんな情報ノートに助けられてばかりでしたが、たったひとつ、
アルゼンチンであった強盗のことだけは、しっかと、書いてきました(笑)



~子供にはふりかけとドレッシング~
●、自由に安全に旅するヒント&グッズ♪~子供にはふりかけとドレッシング~
 
    

今回、持って行ってよかった~と思ったのは、ふりかけ。

なんていっても、パリの安宿「白い門」では、白ゴハン無料ですからね(笑)


反対に、持って行けばよかった~と思ったのは、ドレッシング。

というのは、子供たちにとって、サラダにかかっているドレッシングが苦い
すっぱい、と言うんです。

旅では野菜不足になりがちです。おいしくなくても、大人は、野菜食べない
と、という気持ちがあるから、食べますが、子供たちは、おいしくないと食
べてくれない。

食べなさい!と言って食べさせることも必要かもしれませんが、できるなら、
旅の食事、たのしく、食べたいですよね。

まずいワケではないんです。たまたま酸味が強いのがかかっていた、みたい
です。

そんなとき、自分の好きなドレッシングがあったら、きっと、野菜もおいし
く食べれますよね~。

日本のドレッシングって、種類が多いし、おいしいですよね。

マヨネーズが好きな子なら、それもいいですよね(我が家はマヨラーではな
いけど)

今は、液状のものの機内持ち込みがきびしくなっているので、100mlの
容器にうつす必要がでてきますね。

または、1回分ずつにパックされているのがあったら、それがいいですね。

今度は、ドレッシング持参で、と思っていますよ。


【2009フランス・スペイン旅の報告Vol:2】物価が高い国を旅する努力!?
旅の報告、2回め。
 
2yuroなんと、500mlジュースが2ユーロ(260円)!

【2009フランス・スペイン旅の報告Vol:2】物価が高い国を旅する努力!?



私にとって、約15年ぶり、3度めのフランス、2度めのスペインだったわけ
ですが、とにかく・・・・・なんていっても、高い~~!

そうそう、ユーロ使うのハジメテなんです、ワタシ。

でも、170円台にまで上がったユーロが、128円ぐらいに下がっています
から、運はいいんですよね~私たち。

もちろん、覚悟はしていたのですが、それでも、
ぎょえ・・・へ?・・・こんなにすんの?・・・という連続でした。

特に外食が高いのは、旅行者にとって、ツライですね。

でも、ワインは安い!

ちなみにワイン1本、酒屋で買えば、1ユーロ以下からありました。1.2ユ
ーロのを買ってみましたが、とってもコクがあって、おいしかったです!

で、フランス物価はどのくらいかというと、

ドゴール空港から町までのバス(40~60分)・・約1100円(子供同額)
地下鉄(10枚回数券)・・・約1450円
ホットドッグ(キオスクみたいな店の)・・・約320円
ジュース(500mlペットボトル)・・・約260円
フランスパンサンドイッチ・・・約450円
レストランで食事(ひとり)・・・最低でも約2000円
カフェでコーヒー・・・約400円
カフェでパスタ・・・約1300円

スペインはフランスより全体的に安めです。

宿泊費は、
パリ・・白い門  1人20ユーロ(約2560円)×3(白ゴハン無料♪)
    モンパルナス駅近くのホテル 3人で45ユーロ(約5760円)
                  ※ワタシは床で寝た・・・
    モン・サン・ミッシェル  3人で50ユーロ(約6400円)

バルセロナ・・アクロポリス 3人で50ユーロ 
akuroアクロポリスの部屋



パリの”白い門”といのは、韓国人リーさん(女性)経営の日本人宿です。
白ゴハン無料!っていいでしょ(笑)
shiroiridomi白い門の共同部屋。1人20ユーロ。滞在が長いと割引がある。
shiroheya白い門のリビング。ネコとあそべる!


我が家は白ゴハンあれば、幸せ~タイプなんで、大切なポイントです。自炊
もできるので、外食が高いフランスでは、有難い!

モンパルナス駅近くのホテルと、モン・サン・ミッシェルのホテルは、ネット
で、おそらく最安ランクのホテルを予約しました。

飛び入りより、ネット予約しておくのが、安いからですが、う~~ん、まあ、
こんなもんでしょうね~。せまくて、空気がよどんだ?ような部屋でした。

なんていっても、せまくて、床で寝た私は、床の冷たさがジンジンジン(笑)

前にも書きましたが、格安航空会社も鉄道も早めのネット予約が安いです。
フランスTGVは、パリからレンヌまで当日60ユーロするそうですが、私
たちはネット予約で、大人20ユーロ、子供は17ユーロですみました。

食事は、ある程度は仕方ない、と思うことにしましたが、助けられたのは、
中華料理ですね~。

世界一周のときにも、中華料理さまさまでしたし。

中国人はほんと、どこの国にでも根をおろして、がんばっていますよね~。

中華なら、パリでもバルセロナでも、1人1食4ユーロ(500円)程度で
食べられます。


ジュース類の高さは、ほんと、困りましたね・・・。買うときは、ペットボ
トルでなく、缶が安いです。

なので、ほとんど買いませんでしたね。

持参した世界対応ポットで、水道の水を一旦沸かして、さめてペットボトル
に入れて持ち歩いてました、ははは。

お湯さえ沸かせれば、お茶や紅茶やコーヒーも飲めるし、ラーメンやスープ
も食べられますからね~。

という、地道な工夫?努力を重ねて?旅しました。これも楽し!


(次回に続く)

次男の学習参観日
この間、次男の学習参観日でした。

絶対、手をあげない(発表しない)次男が、なんと手を上げたんです!

先生は、あててくれなかったけど、何度もハイ!!って。初めて、なんです。

びっくり!そして、うれしかったですね~~

・子供の力を信じて待つ、待つ、待つ・・・・・
・自信を持たせることが、子育てにもっとも大切・・・

とにかく、今は、この2つ。私は目指している最中です。

日本人宿さん(その8)~ケニア・エジプト~
本には書かなかった世界一周ウラ話(41)♪
     ~お世話になった日本人宿さん(その8)
         ~ケニア・エジプト~

さて、今回はケニアとエジプト。

ケニアの首都ナイロビでは、ニュー・ケニア・ロッジ。

”地球の歩き方”では、”絶対泊まってはいけない”と書かれているダウン
タウンの中にある安宿です。

しかし、ネットで調べると、多くの日本人が利用している”ニュー・ケニア・
ロッジの情報は得ることができます。

実際どうなのか、というのは、やはり、行ってみないと、わからないものです。
その時々の情勢にもよるのでしょうし。

私たちも、ヤバイかなあ、と躊躇していましたが、この時期は、結果、大丈夫
でした。

場所的には、ダウンタウンの中ですが、入り口からちょっと入った所、だから
その奥はちょっとアブナイ雰囲気があります。

また、ここは、日本人宿というわけではなく、韓国人も多いし、欧米人もいる
し、インド人の長期滞在者もいたし、アラブ系の人も泊まっています。

だから、リビングはインターナショナル。楽しいです。
newkeniaribinnguジンバブエ行きバスで一緒だった韓国人(ひげの男性)と再会!

yadokara宿の窓からみたダウンタウン入り口
sukiya大晦日はスキヤキで!


また、ナイロビでは、自炊ができるところはあまりないのですが、ここには、
キッチンとは言えないけど、コンロが2つあって、時間をずらせば、ゴハンが
つくれる、ということも魅力。

そんなんで、大晦日、すきやき作っちゃいました~~
(中身は、トーフとはるさめメイン。しょうゆ味がそそります!?)

1泊1人600円。

もうひとつ、本にも書いていますが、サファリの会社”プラネット・サファリ”
でサファリツアーを頼めば、この会社で、2泊タダで泊まることができます。

事務所に、旅行者を泊めるスペースがあって、キッチンも使えます。

ただし、私たちが行ったときは断水で・・それでも1泊、泊まりましたが・・
よく水が止まると言ってましたね。

断水さえなければ、とっても快適なところです。2泊タダで、まだ泊まりたい
ときは、1泊500円ぐらいだったかと。

ちなみに、サファリ会社はどこも競っているので、サファリ行けば2泊タダと
いうのは、他にもあり。

ニュー・ケニア・ロッジもサファリツアーやっていて、2泊タダにしてくれる
と。

ただ、サファリは、主催会社によって当たり外れあるそうなんで、私たちは、
調べてプラネット・サファリのツアーにして、すごくよかったのですが、同
じツアーでも、また、ドライバーのやる気や人間性?にもよるそうで(笑)

余談ですが、サファリに重点を置いているならば、ケニアよりタンザニアで
参加したほうが、全体的にレベルが高いそうです。(もち、金額も多少高い)




エジプトの首都カイロでは、ベニスホテル。

老舗で有名な日本人宿、サファリホテルと同じビルにあります。このビルには、
もうひとつ、有名な日本人宿、スルタンホテルもあるんです。
kairoroji宿のベランダから


サファリホテルは、そのビルの7階、スルタンは2階、ベニスは4階(だった?)
にあって、エスカレーターはなし(笑)。

だから、私たちは、スルタンに泊まりたかったのですが、空いてなかったので、
ベニスに泊まりました。

1部屋4人で、1200円。

ベニスは日本人宿っていうより、スルタンとサファリに挟まれていているから、
なんとなく、日本人が増えたって感じでしょうね。

オーナー?のおやじさんの評価がわかれる?(いいという人と、あんまりという
人と)そうですが、少なくとも、私たちは快適に過ごしましたよ。

キッチンも使えるし、部屋もきれいでしたよ。

子どもたちはしょっちゅう、下のスルタン、上のサファリに遊びにいっていまし
たね。

みんな、遊んでくれて・・・それに、なんたってマンガがあるし、子どもたち幸
せそうでした(笑)

サファリはドミトリー(共同部屋)なので、個室がいいからと、ベニスにきてる
人もいましたね。

ちなみに、情報ノートは、スルタンとサファリにあります。

カイロは、アフリカを旅してきた人と、これからアフリカを旅しようとする人が
交差するところで、お互いに、いろんな情報交換ができるところです。

そういう、出会いや、交流もまた、楽しいですね!

町の中心のタハリール広場の近くにも、日本人宿があるそうですよ。
masaibannaおまけ:サファリのロッジ



~子連れ旅は修行である~
子育ては有難い修行である♪~子連れ旅は修行である~
 
   

久々、1年9か月ぶり、世界一周後初めての子連れ旅。

つくづく、子連れ旅は、修行です(笑)

私は、ガン発病をきっかけに、いろんな気づきがあって、子育ての大切さを痛
感して、いろんな点で、気をつけて、自分自身を変えていっている最中ですが、

旅の間は、なかなか、できませんでした(反省・・)

どうしても、うるさい母ちゃんになってしまうんですね~。

特に多く使ってしまうのが、うるさい!静かに!○○しなさい!という命令形。

命令形は、本当に必要なとき以外は、使わないことに努力していたんですが。

人は命令されると、反発する心が生まれます。もし、それにしぶしぶ従ったと
しても、イヤな思いが残るし、結局は身につかないからです。

言葉的にもマイナス、否定の言葉。エネルギーもマイナスです。自分自身にも
マイナスです。

注意を促したいのなら、感情でものを言わずに、ちょっと考えて、肯定の言い
方に言い換える、それをずっとやってきていたのに、今回の旅では、最初、な
かなかできませんでした。

旅というものは、何が起こるかわかりませんからね~

最初は特に、ある意味、すべてが未知で、緊張を強いられますからね~。

そういう意味では、旅の最後のほうは、けっこう慣れてきて、いい調子になっ
たかと思ったら、旅は終わっちゃいました・・(笑)

今回の一番頭が痛かった?のは、兄弟ゲンカかなあ・・・。大きくなった分、
いやーーーはげしいし、止まらないし(笑)。そうなると、協力どころの話
じゃなくなります・・。

それに、それぞれ、興味の対象が分かれてきて(まあ、別々の人間ですから
ね~)、こっちにあわせれば、あっちが不満に思ったり・・・。

大人だったら、お互い歩み寄るであろう、ことが、子ども達にはできないし、
家族なので、遠慮ない分、ぶつかりも大きい。

子どもたち大きくなったから、イコール きっとラク、と思うのは、まだまだ
先みたいですね(笑)

迷子になっても大丈夫、になった時が、ラクって感じるときかもしれませんね。

でも、その時は、子どもだけで行っちゃいますよね(笑)

自分自身が緊張を強いられるときや、心や時間の余裕がないとき、って、つい、
否定・マイナスの言葉になっちゃうんですね。

緊張を強いられようが、余裕があまりなかろうが、平常心を保てるように、な
りたいものです・・

目指すは、”上善は水の如し”!
(理想的な生き方を水にたとえて・・水のように柔軟に生きる)

【旅の報告1】2009元旦から11日迄フランス&スペイン子連れ旅
【旅の報告1】2009元旦から11日迄フランス&スペイン子連れ旅

まずは、今回のコース。

1日   夕方、パリ着。
2日   終日パリ。
3日午後、イージージェット(格安航空会社)でバルセロナへ
4日   バルセロナ滞在
5日   バルセロナ滞在
6日夕方 バルセロナ→パリ戻り
7日朝、 パリ→レンヌ→モンサンミッシェル
8日午後、モンサンミッシェル→レンヌ→パリ戻り
9日   夜パリ発
10日午後、韓国着 ソウルの友人に会いに。
11日午後 福岡帰国

いやーーー私にしては欲張りな日程。
余裕がなく、移動してばかり?の感じでしたね(笑)

肯定する言葉で言うと、”なんて充実したコース”!?。

もともと、フランスだけを予定していたのですが、長男の夢が、1番モンサン
ミッシェル、2番バルセロナのサグラダファミリア、だったために、
ふと・・・・・

バルセロナってフランスに近いじゃん

ヨーロッパに2度連れて行くことは、きびしい(金銭的に)んで、この際、
いっちゃおうか

そうそう得意?の夜行バスで行けば、車内泊で、宿泊費も助かるし~

(ヨーロッパといえば鉄道ってイメージですが、実は鉄道は便利だけど高く、
バスが安いってこと聞いたことがありまして。)

と思い立って、ちょっと長男に話したら、めっちゃ喜んで・・・

だって、サッカー大好きな長男は、バルセロナには特別に思いがあったんです。
そう、有名なサッカーチーム、FCバルセロナの本拠地でもありますからね。

というわけで、バスを調べ始めました。

ところがどっこい! バスより、格安航空会社が安い!

私が調べ始めたのが10月の中ごろ(旅の1カ月半前)だったのですが、早割
りだと、めちゃめちゃ安いんです!

たしか、バスだと片道80ユーロ(1ユーロ現在約130円)ぐらい。

格安航空会社なら、往復で100ユーロちょっとで行けるんです。

(私が行きたい日で考えた場合。一番安い日を組み合わせると、往復35ユ
ーロぐらいでいける日もあった。日によってかなり料金差がある。)

これは大きいですね~。

だから、パリーバルセロナ間、飛ぶことにしたんです。

でも、約9日間の日程の中に、飛行機で2回飛ぶ、ってことは、けっこう、疲
れるんですよね~。

離れた空港までいく時間や、チェックインの行列に並ぶことも、待ち時間も多
いことも、子どもたちにとっては、たいくつ&キュークツ、ではありますよね。

それに、私たちの便もそうでしたが、格安航空会社はよく遅れるようです。

遅れるし、飲み物か機内食サービスとか何にもないから、ますます、たいくつ。
大人には、だから格安、当たり前、納得、なことですけどね~。

次回からは、こんな短い旅のときは、欲張らんよう、ちょっと反省です。

ヨーロッパの格安航空会社ガイド(いろいろ参考にさせてもらいました!)
http://europe.s9.xrea.com/




次男の初ゴ~~~ル!
次男の初ゴ~~~ル!

前回のメルマガを出したの夕方。
サッカーの試合だった次男が帰ってきて、

おかーさん ボクが1点入れたよ!!!!!

と。記念すべき、試合での初ゴールです!

試合は4対1で負けた(いつも負けている・・・)そうですが、とってもうれ
しいですね~!!!!

最近、次男もサッカーが楽しそうです。(以前は、基礎練習が苦手で面白く
ない、とよく言っていましたが・・)

もちろん、長男も、毎日部活のサッカー、週末は試合にとがんばっています。

日本人宿さん(その7)日本人宿/南アフリカ
本には書かなかった世界一周ウラ話(39)♪
     ~お世話になった日本人宿さん(その7)
         ~南アフリカ共和国・ナミビア・ジンバブエ~


南アフリカ共和国のケープタウンで泊まったのは、

キャット&ムース バックパッカーズ
cat

ここは、アフリカを回ってブラジルで出会った日本人たちがオススメの宿。日本人
宿ってワケではないですが、けっこう、ここで、何人もの日本人に会いました。

けっこう、混んでいて、予約がなかった私たちは、最初はドミ(共同部屋)に。

しかし、翌日は、そこも予約が入っているってことで、ベッドがない状態になり
、仕方ないから、他に変わろうかと思っていたら、ちゃんとした部屋の方で空きが
出て、ドミ(共同部屋)料金で、1部屋ファミリールームをもらいました。

ラッキー。

めちゃめちゃ、いい部屋で、共同キッチンは広く清潔で、調理器具も食器も何でも
揃っているし、使いやすくて、申し分がないところです。

ネットで予約ができるので、(地球の歩き方にも載っている)したほうがいいみた
いですね。

ただ、この近くには、すぐそばにも、同じようなバックパッカーズがいくつもあり、
どこも結構、居心地いいみたいですよ。


次のナミビア。

これも、ブラジルでもらった情報で、”ザ・カードボックス”という宿。ここも、
日本人宿ではありませんが・・・(さすがにこの国では日本人には会いませんでし
た・笑)

また、ここは欧米人にかなり人気があるらしく、相当と混んでいて、まったく
空きはなかったです。

でも、スタッフの人が、親切に、他のバックパッカーズを紹介してくれ、
”ウニット・バックパッカーズ”という宿と出逢いました。
unit1
biriya
tomasu


ここも、本当に、いい宿でしたね~。

部屋は快適、共同トイレもシャワーもキッチンも、きれいです!

泊まっている人は、南ア人、ジンバブエ人、サンビア人、コンゴ人、アンゴラ人、
アメリカの大学の先生が”アフリカ学”研究室の学生さんたちにも会いましたね。

子どもたちは、それらの外国人たちにビリヤードを教えてもらって、いつも楽しん
でいましたね~。

南アもナミビアも、ひとり1ベット1000円で、子どもだからって、割引ては
くれなかったですね。(ブラジルでは半額にしてくれましたけど)



次のジンバブエでは、まずビクトリアフォールズの町では、
グッド メモリーズ

ここの人には、たかゆきが具合が悪くなったのでとてもお世話になりましたね~。

第二の都市ブラワヨでは、グッドメモリーズで出会った人から教えてもらった
バックパッカーズに(名前忘れた)。

ここは、ドルだてで外国人料金が設定されていて、現地人価格の2倍以上でしたね。
きれいないい宿でしたが。

burawayo
haha3


そして、首都のハラレ。
ここには、久々に?日本人宿があるんですよ~。3つぐらいあるそうです。

私たちがお世話になったのは、パーム・ロック・ビラ。

なんか、いい名前ですね(笑)、高級別荘?みたいなひびき(笑)

ここは、快適とは言えないけど、慣れれば快適になってきましたよ。いろいろあっ
て、楽しかったですね~。久々に日本人にも、何人も一緒になったし・・。

1日1部屋4人で500円。1週間泊まると1泊タダ。



いずれにしろ、アフリカは、あまり情報がありません。だから、こうして、出逢った
人から情報をもらうことは、ほんと、貴重ですね。

情報源は、日本人だけでなく、旅をしている外国人みんな。

ネットカフェで調べることもあります。が、南アやナミビアは物価が高いので、
ネットするのも高かったですね~。

ジンバブエにもネットカフェ、ありましたけど、かなりスローーーーでした。

実際、世界一周している人が泊まった宿の情報は、参考にさせてもらいましたよ~。

~旅では発芽玄米が食べられない~
ガンが教えてくれたこと♪~旅では発芽玄米が食べられない~
 
    
私はガンにとても感謝していて、ガンと共に生きていく覚悟をしています。
これからも旅はやめません(笑)。旅することは、私にとって生きること。

ですが、旅では、私の健康改善の源”発芽玄米”が食べられないんです。

玄米は、手に入るかもしれませんが、発芽させるのは、旅の中ではむずかしい。

う~~ん、どうしよう?


と考えたのが、玄米を”粉”にすること。そうすれば、生で、摂取できるんです。

お米をそのままポリポリ食べれないけど・・

玄米粉をそのまま食べる健康法もあるんですよ。


で、今回、こんなものを持って行きました♪(写真はブログにアップ)

○発芽玄米粉(発芽玄米を粉にしたもの)

kona

○玄米コーヒー(煎った玄米の粉。コーヒーっぽいのでそう呼ばれている)

他にもいろいろ健康維持の・・

・しょうが紅茶(チューブ入りしょうがと、とうもろこし砂糖を持参)

・スギナ黒豆わかめ茶

・煎りすり黒ゴマ

・岩塩

これらを、いつも、飲めるためには、世界対応ミニポット!
いやー今回も、活躍しましたね~。

また、防寒対策、徹底的にお腹を冷やさないように、一生懸命していったんです
けどね~。

はらまき、ホカロン、スパッツ、レッグウオーマー、

それと、今回のために買ったのが、岩盤浴ミニマット!

通販で1000円のもので、半信半疑で買ったんですが、布地に岩盤効果を織り込
んで?あるそうで、充電や、チンする必要もなく、ただ見につけているだけで、
じんわりあったかくなる、エコグッズ。

小さいので、これを、お腹に当てて、ズボンをはくという、厳重装備?していきま
した。

でも、フランスの冬は手ごわかった・・・!?

ということになりますね~。

(まだまだ、研究は続く)

旅魔法
予定通り帰国したんですが♪。

2009年元旦に日本を出発し、私にとって15年ぶりのヨーヨッパ、
子どもたちにとっては初、フランスとスペインのバルセロナを旅し、

1月9日の夜パリ発、韓国のソウルの友人に会い泊めてもらい、1月11日
に帰国しました。

で、その時は元気ピンピンでした。

しかし・・・・その翌日・・・ダウン。

なんでか、胃がものすごく痛くて、痛すぎて体を折り曲げて寝てるしかない
始末・・。

私は体が(内臓が)冷えすぎると、胃が痛くなります。冷える原因は、寒すぎ
たときと、肉体的精神的にしんどいのが続いたとき。

子どもたちも、こんなに大きくなった(中1と小5)のだから、きっと、今回
の旅はラクになるだろう・・・・

と期待した私が甘かったっ!(笑)

また、旅の間の私、けっこう元気で、私自身、「お!私って、けっこう大丈夫
かも」って、思ったのが、大きな勘違い?(笑)

要するに、やはり、いろいろタイヘンでした(笑)。

それは、徐々に明らかにしますね!

というわけで、胃は薬を使わずに、とにかく胃をあっためてあっためて・・な
んとか治りました。

と思ったら、今度は持病の腰痛が・・・。胃痛で余計な力が入って腰に負担が
きたんでしょーね~。

やっぱ、まだまだ、やなあ・・とつくづく思い知りました。
(ガンから1年ちょっと、疲れやすく、疲れがとれない・・)
でも、今は、元気になりましたよ!

それにしても、旅って魔法ですね~。
元気だったのは、旅にエネルギーをもらっていたんですね~。毎日毎日、よく
歩きました~。頭の中はフル回転!?
感動と緊張と感謝と奇跡とたまに怒りあきれ忍耐・・・

今回一番のワタシを苦しめた(笑)のは、物価の高さ!です。どひょーーー
ですよ。お金の心配しすぎました(なんて小心者・・笑ってくれ~)

あーでもよかった、無事、長男の夢を果たすことができました!

というわけで、次回から、少しずつ旅の報告をしていきます。

今年もよろしくお願いいたします!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。