小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


近況:無事、ヨルダンを旅して、元気に帰国しました♪と、旅の茶話会のお知らせ
近況:無事、ヨルダンを旅して、元気に帰国しました♪

      と、旅の茶話会のお知らせ!


実は、出発4日から、具合悪くなり、熱も出て、新型インフルエンザだった
らどうしよう!?ともうろうとしながら焦っていましたが、

出発前日には、すーっと熱が下がり、のどは痛めたままでしたが、他は回復
して、のど飴たくさん持参して、出発することができました。

本当に、運がいい(?)です。

さて、ヨルダンでは、子供たちのリクエストの死海で浮遊体験、ペトラ遺跡、
そして、わたしのライフワークの、イラク難民支援(子供の)の現場を訪問
させていただきました。

また、おいおい、書きつづりますね。お楽しみに!


さて、9月の茶話会ですが、9月24日(木)に行います!

私が1年間世界一周に出発と同じ時期(2006年4月ごろ)に、中東を半
年?あまり旅をして、

そのあと東京に行かれた宮地さんが、福岡に夏休みで帰ってこられるので、
日をあわせました!

時間場所はいつもどおり。夜7時から、BUAISO舞鶴店、会費3000
円です。

初めての方、久々の参加の方も、ぜひお気軽に! 

場所がわからない場合は聞いてくださいね!

参加できそうな方は、このメールに返信、または、携帯へご連絡ください。
ドタキャンや、飛び入り参加、途中参加、途中退席、なんでも大丈夫です!


スポンサーサイト

近況:ヨルダンへ行ってきます!
近況:ヨルダンへ行ってきます!

8月15日から10日間、ヨルダンへ行ってきます。

長男と私が見たい”ペトラ遺跡”、長男次男が浮かびたい”死海”、そして、

私のラーフワークの、国際支援を勉強させてもらうために、イラク難民支援
子供プロジェクトに訪問させてもらう予定です。


まだもうちょっと日があるのですが、おそらく、来週はメルマガ出す余裕は
なさそうなんで・・・すみませんが、、

次回メルマガは、ヨルダン帰国後になります♪



明日、あさっての土日は、次男の毎年恒例、夏のサッカー大会。保護者は、
終日、手伝いと応援! 体力勝負です!


近況2:地方出版文化奨励賞を頂きました♪
近況2:地方出版文化奨励賞を頂きました♪

「それゆけ小学生!ボクたちの世界一周」の本が、地方出版文化奨励賞という
賞をいただきました。

小さい賞ですが、(まだネット検索にもひっかかってこない。去年までのは
載っているので、そのうち載るでしょう♪)

受賞を聞いたときは、めちゃめちゃ、ものすごーく、うれしかったです。

今を生きている子供たちにとっては、世界一周は過去のことで、第一声は
「もう、ムカシのことやん」

でした(笑)


この賞の、趣旨は、

「地方文化のバロメーターの一つともいわれる、地方での出版活動の重要性に目
を向けたブックインとっとり実行委員会では、1987年鳥取県で開催されたブッ
クインとっとり´87「日本の出版文化展」いわゆる「本の国体」を機に
「ブックインとっとり・地方出版文化功労賞」を制定しました。

以来15年に亘って、地方と地方そして人と文化の交流を積み重ねてまいりま
した。

その結果今日では、地方出版への激励や奨励として貢献してきたことが全国か
ら高く評価されています。
毎年の事業として、その年の各県の代表的な地方出版物を一堂に集めて展示す
る「ブックインとっとり・全国各地の本展」と、地方の出版活動のご苦労に対
して鳥取県民が選びそして贈る「地方出版文化功労賞」があります。」 

とのこと。

授賞式は10月にあるんで、子供たちと共に鳥取に行く予定です。



インド ウツ病ショック療法?記 (9)「プジャゲストハウスは一体どこ?」
本には書かなかった世界一周ウラ話(78)♪~テーマ別~
   インド ウツ病ショック療法?記 (9)「プジャゲストハウスは一体どこ?」
     


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、
人生を変えた旅全9話、など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

で、今は、ウツ病を克服しよう?とインドに行ったときの話。


私がウツでたくさんの薬にお世話になっていたのは、2003年6月から
2005年3月。

その真っ只中の2004年1月、インドに行ってるんですよ。変わっている
でしょ(笑)?。

もちろん、子連れ。当時長男は小2、次男は年長さん。

ウツで苦しみながら、抗ウツ剤その他を飲みながらも、カルチャーショック
で、ウツを吹き飛ばしたいと?旅したインド・・。という背景。



というわけで、

第一話「真夜中のインド到着」

第二話「ゴミ山の前の安宿”ホワイトパレス”からサダルの安宿”
                         マリアハウス”へ」
第三話「ドミですっごい偶然!」

第四話「子連れはボランティアお断り!?」

第五話「障害児の施設 ダヤダン」

第六話「ダヤダンの子供たちに寄り添いながら・・・」

第七話「友人フロスカムをどうやって探す?」

第八話「バラナシ”歯赤”客引きとの闘い?」

そして、第九話は、「プジャゲストハウスは一体どこ?」


インド第一の目的、マザーハウスでボランティアさせてもらうことができ、

第二の目的である、フロスカム探しへ。

フロスカムは、12年前のインドひとり旅のとき、友達になったやつで、ヒン
ズーの聖地バラナシで、リキシャの運転手。

彼にぜひとも会いたい!と思っているわけだけど、あまりに、雲をつかむ?よ
ーな、不可能っぽい話、どうやって探すのよ~?  

ウツ病のせいか、やる気がいまいちわかない私でしたが、バラナシについて、
歯赤おやじとの、バトルで、俄然、もえてきました・・・

なんのバトル?かというと、

指定した安宿プジャゲストハウスに連れて行ってくれない!んです。

え?インドってそうなの?

と驚いているアナタ・・・

そうなんですよ、インドは。そして、実は、それがインドも面白み。

だから、インドを旅すると、強くなります、ハイ。



というわけで、バトッててもラチあかないので、歯赤おやじとリキシャの
運ちゃん、2人とも無視することにして、私たちはガンガー(ガンジス川)
の方向に歩き出しました。

もちろん、”歯赤おやじ”(歯赤については前回を読んで)はついてきて、
あーだこーだしつこい。

プジャはここから遠い、だとか、

歩いていくのはムリだとか、

船に乗らないと行けないだとか・・。

プジャよりいい宿を紹介するとか・・


そして、ガンガーに出てくると、プジャはあっちのガート(沐浴場)だと、
遥か向こうの岸を指差し、あんなに、遠いんだ、と力説。

もー最初っから「プジャに」って言ってるのに・・。

こんな離れたところに連れてきて・・・コノヤロー。
 

こういう時、ひとりなら、たとえ遠かろうとも、歩けばいいのですが、子
連れだそうはいきません。

「船を手配してやるよ。船でいくのがいいよ」と歯赤おやじ。

「いくら?」と聞くと「70ルピー」だと。

冗談じゃない。

腹がたってもう歯赤おやじを完全ムシすることに。


で、ガートを背にして、道に出て、他のリキシャでもつかまえようと思って
いると

さっきの、オートリキシャの運転手が声をかけてきました。

「プジャにいくんだろ。船に乗って案内してあげるよ」と。

「船は高いでしょ。船になんか乗らない。」と私。

「大丈夫だ。船は無料だから。ちゃんとプジャまで連れて行ってあげる」と言う。

本当に船は無料か?と何度も確認の末、船に乗り込む私たち。

インド人ばかりの乗合船です。


いくつものガートを越えて、着いたのは、火葬場であるマニカルニカーガードの
手前の岸。

そうそう、この近くのはず。

船をおりる時にお金を要求されるかと思ったが、それはなし。

本当にタダのよう。

それから男は、ほとんどしゃべらずに迷路のような小道を行き、・・・

牛ややぎの横を通り、・・・

牛のうんこを踏まないように、気づかいながら、・・・

本当にプジャゲストハウスまで連れて行ってくれました。


それにしても、こんなわかりにくい所にあったなんて・・・、

子連れでは探せなかったかもなーと思いつつ、男に感謝。

こいつはいいヤツかもしれない、なんて思っていると、

ちゃっかりチップを要求。

まあ、よく案内してくれたんで、10ルピーを握らせると、それ以上、
欲しいとか言うことなく、さっさと去って行きました。



ああーやっと着いたぞ着いた!!もうすぐ日没です。


つづく・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。