小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国際支援の現場へ(2)~ベトナム フエの「子どもの家」~
本には書かなかった世界一周ウラ話(113)♪~テーマ別~
   国際支援の現場へ(2)~ベトナム フエの「子どもの家」~

fueho



本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話、子連れマニラ全9回
、子連れベトナム全3回、子連れ韓国3回、子連れタイ4回など)を、つづって
います。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

前回から、国際支援の現場へ
(1)きっかけは、ケーコさんと物乞いからのありがとう



今回は、(2)ベトナム フエの「子どもの家」

ベトナムの「子どもの家」に出会ったのは、ベトナムを旅することを決めて、
ネットで情報を検索している時です。

南北長いベトナムの真ん中あたりにある、古都フエで、元小学校の先生であった
日本人が、単身、ベトナムに行き、ストリートチルドレン支援を始め、「子どもの
家」を作り、路上で暮らす子どもたちに生活の場を支援している、ということを
知ったのです。

小山さんという方ですが、先生の時代に、研修で、たまたまベトナムに行くことが
あって、そのときに、目にしたストリートチルドレンたちに、驚愕し、見て見ぬふ
りはできない、と、思ったのだそうです。

私はこの「子どもの家」を訪問させてもらいたい、そう思いました。

それで、ネットで、連絡をとり、私の子供たち(当時5歳2歳)と一緒に訪問を
させてください、と頼んだのです。

そんな矢先、小山さんの講演が、福岡であり、話を聞くことができ・・、

そして、小山さんが、この「子どもの家」ひとりのストリートチルドレンの子の話
を書いた本を、読み、ものすごく、感動しました。

これだ!と思いました。

私自身が、小さい子連れなので、その「子どもの家」の子供たちのお世話をするよ
うなボランティア的なことなど、何もできないので、ほんとを言えば、行っても
”役立たず・・・”なワケですが・・・

気持ちよく、訪問を、受け入れていただいたのです。

それでも、なんとか役に立ちたいと・・・
何か必要なものを、日本から、持って行きます、と言ったのですが、
「子どもの家の子供たちと、一緒に、遊んでくれるだけでいいですよ。」と
言ってもらいました。

というワケで実現したわけです。

子どもの家の子供たちは、訪問した私たち(私と子ども2人、私の友人3人)に、
人懐こく、歓迎してくれて、ピョンピョンと抱きついてくるんですね。

軽いし、

小さいんです。

ちょうど、当時長男が5歳だったので、それより1、2歳上かな、小学校1年生
ぐらいかな?と思っていたら、
なんと、10歳、12歳だと聞いて、とても、驚きました。

体の大きさはもちろんですが・・・

普通は、10歳12歳というと、小学5、6年ですよね。そのくらいになると、
親にも抱きつかない年齢です。

それなのに、抱きついてくる・・。

親しみの表れでもあるわけですが・・・

私は、取り戻してる、と感じました。

彼らは、この子どもの家に来るまで、路上で生活していたり、貧しくて親から虐待
されたり、労働をしなくてはならなかったわけです。当然、子どもらしく、甘えた
り、することはできなかった。

だから、今、取り戻してる・・今までの分も・・

みんなキラキラ輝いていました。笑顔がはじけていました。持ってきた、ゴムとびや
風船で、一緒にたくさんあそびました。

次男が、熱を出したときは、みんなで、保健室に寝かせてくれて、そのまま保健室で
、静かに遊んでくれました。

お昼ごはんの時間には、おかずが焼き魚だったのですが、なんと、ひとりの男の子が
魚の骨を取り除いてくれてから、白ごはんにのっけて、長男に渡し、一緒に並んで食
べていました。

この子どもの家にきてから、注がれたたくさんの愛情や安心が、また次の人への愛情
につながっている、とも思いました。




この「子どもの家」との出会いが、これからの、国際支援の現場訪問の出発点です。

今まで見てみぬふりしてきた私ですが、私にもできることは何かないだろうか、と
考え始めた転機でもあります。

子どもの家   http://www001.upp.so-net.ne.jp/jass/



(つづく)

スポンサーサイト

近況:涙涙の中体連
近況:涙涙の中体連

長男の中学最後の試合、負けました・・・。

勝てる試合だと思っていたので、呆然・・でした。

もう何年も、見たことのなかった、長男の涙に、他の部員も大泣きで・・・
顧問の先生も、よくやった!ありがとう!と言いながら、泣いて、なんだか、

ああ、この場に居れて、よかったな、と思いました。

このチーム、みな個性的?で、本当に、いろんなことが(問題が)あったの
で、最後の最後に、涙を流せような、心から悔しいと思うような、試合がで
きたこと、よかったのだと、思います。

打ち消し文

西日本新聞に掲載していただきました!免許皆伝というコーナー
西日本新聞に掲載していただきました!免許皆伝というコーナー

ちょっと前ですが・・せっかく、載ったので(笑)

mennkyokaidenn

クリックすると大きくなります!


国際支援の現場へ(1)~きっかけは、ケーコさんと物乞いからのありがとう~
本には書かなかった世界一周ウラ話(112)♪~テーマ別~
   国際支援の現場へ(1)~きっかけは、ケーコさんと物乞いからのありがとう~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話、子連れマニラ全9回
、子連れベトナム全3回、子連れ韓国3回、子連れタイ4回など)を、つづって
います。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

今回から、国際支援の現場へ(1)きっかけは、ケーコさんと物乞いからのありがとう

私が、国際支援の現場に訪問するようになったのは、子連れバックパッカーを
始めた2000年の翌年、2001年のベトナムからです。

子連れバックパッカーになる前にも、私は、旅の中で、たくさんの、ストリートチ
ルドレン(路上で生活する子どもたち)、マンホールドチルドレン、両手両足ない
子どもをリヤカーに乗せて、それを見せて、物乞いをする子ども・・・など、
出逢っていました。

そして、いつも、何もできませんでした。

ものを、カンタンに、あげてはいけない。

お金を、カンタンに、あげてはいけない。

カンタンにもらえたら・・・その人のためにならない。

そう、思っていました。


そんな私に、29歳世界一周の途中、モロッコで、偶然出逢った日本人女性と
3日ばかりを一緒の安宿に泊まり、一緒に行動したとき、こんなことがあった
のです。

その彼女はケーコさん。

モロッコにもそれはそれはたくさん物乞い、ストリートチルドレン、がいまし
た。

ケーコさんは、バッグに、いろんなものを入れて持っているんです。

食べ残したパンやクッキー、機内でもらったアメやピーナッツ、ホテルの朝食
で余ったジャムやマーガリン・・。

そして、一緒に歩いていると・・ふと、彼女は消えていなくなるんです。

正確に言うと、彼女は、消えたんじゃなくて、しゃがみこんでるのです。

で、物乞いと、しゃべってる・・。

そして、その、彼女のバッグに入っている、なにか、をあげて、がんばってね、
というように、声をかけているんです。

すると・・・

その、路上のかたすみで、動くことも、しゃべることも忘れたように、固まって
いた、その物乞いが・・・

みるみる・・顔をあげて、

ケーコさんを見て、

人間らしい表情がゆっくり戻ってきて、

ケーコさんに、深々と頭を下げて

「ショックラン」(ありがとう)

と言ったのです。

・・・・私は、驚きました。

どうしていいかわからないで、見て見ぬふりする私とは、大違いです。

この出来事の衝撃が、

今の私の根底に流れています。そして、国際支援の勉強がしたい、という
思いにつながっていきました。

(つづく)

「子育ては有難い修行である」~死ね!という言葉~
「子育ては有難い修行である」~死ね!という言葉~

この間、中学の参観懇談会があって、中1の方で、おひょ!っと思う
ことがありました。

話題が、初めての期末テストのことで、○○君のお母さんが、点数が悪かった
ので、子どもに、「”死ね!”と言いました」と。

それに対して、先生が言いました。

「○○君、朝一番に、言いにきましたよ。”お母さんから死ね!って言われた~
”と」。

大半の親は、子どもが勉強しないと、困っている?もので、
(たまに、何も言わなくても勉強する子もいますけど)

そのお母さんは苦笑して、”うちは、みんな口が悪いんですよ~”と笑って
ました。

その話を聞きながら・・・・

死ね!って、言っちゃいけない気がしたんです。たとえ、ジョーダンでも。

死ね!という言葉に、その子が傷ついてないならいいけど・・・、

もし、傷つかなかったとしても、その子は、その死ね!という言葉を、他人に
対しても口にするだろうな、と思いました。そしたら、知らず知らずに人を傷
つけてしまうんじゃないかな、と。

傷ついても苦しい、傷つかなくても苦しい、言葉ですね・・・

言葉って本当にむずかしい。

でも、子育てでは、そういうことを言いたくなる時って、あるんです・・。

私も、実は、言われたことあります。ちょうど、中学1年生のころ。ありあり
と覚えているんです。

本気で死ね!ばいいと思っているわけは、ないんですね。

でも、この言葉って・・・辛辣です。45年間生きているのに、覚えているの
ですから。

悪い点数だと心配するから、もっと勉強したほうがいいと思うから、愛情から
出る、極端な言葉なんでしょうね。

だったら、言葉は、選んだほうがいいなあ、と痛感します。

なにげない言葉が、人の人生に影響するなあ、とつくづく思います。

物事には2面性があるので、プラスに言い換えたほうがいいなあ・・

愛情は、子どもに、わかりやすいほうがいいなあ・・

とか、思ったり・・しました。

近況:尊敬する人に褒めてもらった!と母校で講演!
近況:尊敬する人に褒めてもらった!と母校で講演!

うれしかった~~

ほめられるコト、なかなかナイもんで(笑)、うれしかった~

思わず、自分の携帯から、自分の携帯へ、そのことをメールしました。

自信がなくなったとき、悲しくなったとき・・に、開いて見れるように(笑)


それと、月曜日、母校(福岡女子短期大学)で、講演してきました!

去年に引き続き、卒業生から在校生への、社会人入門講座で。

テーマは

旅が教えてくれたこと~女ひとり世界一周、子連れ世界一周~

~世界を知ることは、日本を知ること、自分を知ること~

スライドたっぷり、世界の話たっぷりで、話してきました!

あとで学生さんたちの感想が届くので、うれしいような、コワイよーな(笑)


子連れタイ(4)子供たちの初体験-タイの田舎編-
本には書かなかった世界一周ウラ話(110)♪~テーマ別~
   子連れタイ(4)2002年長男6歳・次男3歳
      ~~子供たちの初体験-タイの田舎編-~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話、子連れマニラ全9回
、子連れベトナム全3回、子連れ韓国3回、など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

今回からタイ(4) ~子供たちの初体験-タイの田舎編-~ 

さて、タイにははまって、何度も行きましたが、バンコクも大好きですが、田舎
の方もとってもいいんですよ。

どんなことが子どもにウケたのか、紹介しますね。

まず、バンコクから約6時間バスにゆられて着いたサンクラブリーという、ミャン
マーからの難民が多く住む町で、体験したあれこれ。


1つめは、”モトサイ”というバイクのタクシー。

中型バイクの後ろに客を乗せる“スリル満点”の乗り物です。子供2人とも小さい
し、乗れないと思うでしょ。でも、この町にはモトサイしかないんです。

で、どうやって乗るか、といいますと、一番前に6歳の長男、次が運転手さん、そ
の後ろに次男、そして私の順に4人乗り。最初は落っこちないかと力が入っていた
のですが、走り出すと、とっても快適。

それに、わりと、ゆっくりで、安全運転。

バンコクでもモトサイ走っていますが、都会のモトサイはちょっと怖いけど、車が
少ない田舎ではいいかも。

乗ってみるもんですねー。(でも日本では考えられないけど・笑)

2つめは、機織り。カレン族の人たちが伝統の織物を織っているんです。

両手両足を使って、ほんのちょっとずつ布ができていく様子を、じぃーっと見入る
長男。おじさんは、長男を膝に乗せ、手の作業を教え、一緒にバッタンバッタン織
らせてくれました。

3つめは、泊まった”Jハウス”の庭にあったハンモック。

ハンモックは普通、風に吹かれてのーんびりするもの、ですが、ハンモックが始め
ての子供たちにかかれば、まるで暴れん坊の生き物か、荒波にもまれるボート。

とにかく、仲良く?2人一緒に乗ろうと必死になっているです。

乗っては落ち、落ちては乗って、大笑い。ボテボテ落ち続けて、格闘?していました。

4つめは、毎朝ニワトリの大合唱にたたき起こされたこと。田舎では、一家に、数匹
のにわとりが放し飼いで飼われているんです。


5つめ、市場ではのら犬に囲まれながらゴハン食べたこと。
日本では見られない、のら犬・・・。
市場でうろうろしているんですね・・・
でも、おとなしかったです・・・


6つめ、空いっぱいに広がる星を見た感動。我が家は、福岡の中心部なので、星がほと
んど見れませんから・・・子供たちアングリ口あけて見入っていました!

本当に、子どもがいると、旅はオモシロイです!

「子育ては有難い修行である」~期末試験とワールドカップ~
「子育ては有難い修行である」~期末試験とワールドカップ~

子供たちは、期末試験なのに、ワールドカップで連日連夜・・・盛り上がって
しまいました。

だって、我が家のお子ちゃまたちは、本気でサッカー選手になりたいそうで、

特に進路を決める中3の長男は、これで、ますます、プロになる意欲まんまん
です。

それは、もちろん、いいことで、

じゃんじゃん応援しますが・・・

親というのは、本当に、よくばりですよね。

成績も・・・ある程度、いい点数がほしい・・・

いや欲張っているわけじゃなく、せめて、せめて、平均ぐらいは・・・

だけど、試験終わって、史上最低の点数の雨嵐、持って帰ってきました。

中学生活の中で、一番悪い・・・

どひゃーーーー

でも、今までで一番、勉強してたし、家庭教師の先生もやる気を認めてくれてた
し、ほんと、がんばっていたんです。

でも、点数には、反映されなかった・・・。

ケアレスミスが多い、タイプですね。だから、全くわからないんじゃなく、7割
はわかるけど、最後のツメが、甘い・・・?

もう、これから、あがるっきゃないですね。

で、長男のことばかり気にしていたら・・・中学初のテストだった次男は、もっ
とすごい点数でした・・。

でも、英語だけは、バッチリ!

だって、隣のアメリカ人に教えてもらってることが、本当に良くって、

次男は、英単語、するすると頭に入るようです。

1教科でも得意なものがあるのとないのとでは、大違いですからね。
これから、これから!

とにかく、二人とも勉強はキライだそうで・・・

そういうと、好きな子はおらんよ、と良く言われますが・・・

我が家は筋金入り・・

なんとか、強制せずに、勉強の楽しさを知ってしってほしい・・・

強制からは何も生まれない!と思うから・・

でも、強制せんと、子どもは勉強せん、という人もいるけど・・・

そうじゃないと思う。

強制したものは、強制されなくなったとたん、しなくなる・・

でも、強制している途中で、子ども自身が、面白さや、意義を本人の中で
感じるときがあれば、そこから、強制でなくなって、
そうしたら、劇的にのびたりするから、

とにかく、親が強制すべし、という人もいるけどね。

それもそう。

そう変化すれば、いいけどね。

それが、英語が成功例。私は、他もそうしたいなあ・・

とにかく、ぜったい、だいじょーぶ!!

(子どもをはげまして、自分で自分をはげまして、やっていくしかないのだ・・・)


近況:東洋医学医院へ
近況:東洋医学医院へ

メルマガ、出そう出そうと思いながら、久しぶりになっちゃいました~すみません。

さて、この1か月、ちょこちょこ調子が悪くて、病院にあちこち行きました。

鼻炎がひどくて、耳鼻科へ行き、更年期で婦人科へ行き、頭痛がひどくて、
脳神経内科へ・・・、手がこわばってリュウマチ検査受けたり・・・

で、特に、病気じゃないんですね。

更年期はちょっと早いけど、老化だし、鼻炎は疲れや冷えで現われる・・
。困ったのは頭痛だけど、これも、CTとって、異常なし。

でも、とにかく、頭痛はくるしくてですね・・。

脳神経内科の先生は、名医?(評判)で、ひとりの患者に40分もかけて
くれるいい先生。

アンタの場合は、あまりの肩こり、や!と。

で、普通ここまで稼動せないかん!と、首と肩を涙が出るほどぐいいいっと
動かすんです。悲鳴が出るし、もう、あまりの痛みに、涙が出ました。

先生があまりの力で、あごを持って力を入れるから、あごに指のあとがつき
も痛くなりました。

いきなり、やっても、できないんですね~~。

熱意はとっても伝わったけど、本当にいい先生だと思うけど、言ってること
も納得だけど、痛くて、今でも、そのあごが痛いほどで・・

で、その稼動運動、できないんですね。

ヨガに似た動きがあるのですが、ヨガでは、痛気持ちいいまでで、ゆっくり
ゆっくり曲げられるように、していきますが、

いきなり、こうしろ!

こげんならんけん、頭が痛いと!

と言われても、

むりやり、曲げられて、涙が出るほど、痛いのは、それだけでストレス!

先生、わかってないな~、と思います。

それに、更年期でホルモンバランスが悪くなっていると血液検査で出ている
のに、45歳でそんなことはなか!と信じてもくれません(笑)はげまして
いるみたいですが・・。

もともと頭痛持ちなんて、ストレスに弱いからこそなってるのに、そこまで
ストレス増やさんでよかろ!

と思いました。

なんか、私に合う治療法はないやろうか、と出逢ったのが、

で、ネットで調べて、たまたま、東洋医学医院。

そんなのあるんですね~

もちろん、普通の保険診療です。

結構身近にありました!

もともと、ガン以来、東洋医学をいろいろ取り入れているので、本当にモト
から治したいので・・・

そして、すべては、私の場合、やはり、冷えからきているそうと知りました。

冷え改善、それは、ずっと、かなり調べてやってきていますが・・・
これは私は実は10代から、内臓の冷えがあったので、ものすごいガンコな
冷えですね・・・

というわけで、漢方薬のお世話になり

1週間は特に変化はなかったのですが、1週間過ぎた頃から、頭痛が消え、
口の渇きや、手のしびれ、も、軽くなってきました。

不眠、肩こり、体のだるさなどは、まだまだ、ですが、

不眠というか、睡眠の質が悪い(深く眠れない)んですが、それも、冷えみ
たいですね・・・。

しばらく、内臓の冷え性、漢方の力、借りようと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。