小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


近況:スイス&イタリアに行ってきます!
近況:スイス&イタリアに行ってきます!

今年は、長男の夢のマッタホルンと、次男の夢のポンペイに行ってきます!

飛行機は、タイ航空。

行きに9時間、帰りに16時間も、バンコクで待ち時間があるんだけど、夏は
ヨーロッパ線高いので、一番安いタイ航空で行くことにしましたよ!

バンコクは、大好きなので、もちろん降りて、タイフード食べて、タイマッサ
ージ行って、友達のところのマンションのプールで泳いできます(笑)

8月15日~29日の予定です。


でも、まったく、準備もできてません。とにかく、毎日が忙しくて・・・
へこたれて、ばてています・・。

とりあえず、航空券と、スイスパスとイタリアパスだけ買いました。

スイスって、大人がスイスパスを買えば、親と一緒の16歳未満の子どもには、
タダなんですよ~

スイスって、物価が高いからですね~、いやーうれしいうれしい。

事故った、氷河特急には、乗る予定ありません。氷河特急より、もっと、すばら
しい車窓の、列車があるそうです。

スポンサーサイト

「子育ては有難い修行である」自信を育てる教育を・・・
「子育ては有難い修行である」自信を育てる教育を・・・

こんな夏休みなんかいらない、と、近況に書いたけど、

昔の方が、よかった、とつくづく思う。

昔は、こんなではなかった。

もっと、自由に遊べて、遊べる場所も、遊べる時間も、遊ぶ内容も多かっ
たと思う。

それが、あるのか、我が家の子供たちは、昭和30年代~40年代を描い
ている、今の朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」を、面白い!と言って見て
いる。

他にも、3丁目の夕日も大好きだ。

この時代に生まれたかった、と言っている。

この時代は、ゲームないよ、コンビニないよ、便利なもの何もないよ、と
説明すると、

それでも、この時代がいいと言う。

なんか、ほのぼのしていて、隣近所がおもしろくて、近所のおじちゃんお
ばちゃんが、おせっかいだけど面白くて、

なにしろ、たくさん、遊んでいるのがいいんだそうだ。

(なぜか、勉強しているシーンがない・笑)


勉強は差がつくと、人間、自信がなくなり、ますますきらいになっていく
もの。

私たちが子どもの時代は、みんな、成績的には、中間レベルが多かった。

特にできる子も、特にできない子も少なくて、中間が多いのだ。

今は、特にできる子(小学校1年から塾通いの子など)と、できない子
(塾に全くいかなかった子)の両極端で、

中間がいないらしい。

中間って、ある意味、自信が保てる線だろうな・・

人間、自信をなくして、いいことはない気がする。

自信をなくしてしまうような、教育は、しないでほしい。

自信を育てる教育をしてほしい。

近況2:夏休みは何のためにある?
近況2:夏休みは何のためにある?

つくづく・・今思っています。夏休みは何のためにあるのか、と。

こんな夏休みなら、ないほうがいいと、本気で、思い始めています。

この間、子供たちの英語レッスンの先生、アメリカ人男性が、

「アメリカの夏休みは、宿題は一切ないよ。2か月、思う存分に、
たーくさん遊ぶんだ!・・・日本はたいへんだ」と言われ・・・

ほんと、そうだ、そうだ、と思いました。

山のような宿題が出されて・・・・

宿題が解けなくても、教えてくれる人もいない・・

それなら、学校が普通にあっていたほうがマシでないか。と思う・・。

親は仕事に必死。サラリーマンはリストラされないように・・・
自営は、ある意味、完全歩合制だし、

だから、多くの両親は、子どもを、お金を出して塾の夏季講習に入れ
・・・

学校と、変わらない・・・でないか・・

学校と変わらない毎日を送るなら、その分、高いお金を払うのなら、
学校があったほうがいいのではないか。

夏季講習に行けといわれて、従う?子はいいけど・・・

そうでない子は、塾にいかないわけで、そうなるとこの夏休みの間に
大きく、差がつく。

経済的に、塾にはいけない子だっている。

差をつけるための、夏休みになってしまっている・・・

差がついて、楽しいはずがない。

勉強の宿題だけではなくて・・

絵や、理科の自由研究や、作文や・・・・

子どもによっては、得意でないもの、ひとりでできないものが、たくさ
ん出てくる。

ましてや、テーマは自由、とか・・・・。

せめて、具体的な選択肢ぐらい、ほしいものだ。

これじゃ、まるなげ・・・。

それに、それらは、どれか好きなもの得意なものを1つにするべきでは
ないだろうか・・・

子どもたちが、かわいそうだ。

夏休みこそ、たくさんたくさん、遊んだらいいのに・・・



親は親で、時間がないのに、手伝わねばならぬ・・・

たくさんの宿題を、自分で計画的にやれる子はいないのでなかろうか

やれない子には、ちゃんと、もっと踏み込んで、計画的にやる具体的な
コツや方法を、しっかり、教えるべきではないか

また、親が教えると、子どもは反発する子が多い。お互い甘えが出てくる
から。

勉強は、学校ですべきなのだ。

よく、夏休みは夏休みにしかできないことをするため、とあるが・・・

夏休みにしかできないこと・・・

それは、子どもが子供同士、たくさん遊ぶことではないだろうか・・

部活でなく、学校でもなく、

そこらへんの、公園で、自由に遊ぶこと・・鍛えること・・・

今は、みんな塾通いで、遊ぶひとすらいないのが現実だ。

今の若い人たちの、コミュニーケション不足は、これらのせいではない
だろうか・・



しかも、夏休みは、長い・・・

できる子は、ますますできるようになり・・・

差を広げるために、夏休みがあるなら・・・本当にいらない

先生たちだって、おそらく教えにくいはず・・・

というか、

学校は、もっと、ちゃんと、勉強を教えて欲しい。

できてない子には、それをできるように、指導してほしい。

こんな夏休み、いらないよ~・・・

本当に、ひたすら・・ため息・・・






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。