小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(2)雨のマッタホルン到着
◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(2)雨のマッタホルン到着

moematta
mattazennkei
kumomatta


タイ航空で、バンコクに9時間滞在して、朝スイス、チュリッヒに到着。

空港には、鉄道駅があるので、まっすぐ駅へ。
で、ベルン経由して、フィスプ経由、マッターホルンの町のツエルマットへ。

到着!

約20年ぶりのツェルマット!です。いや、ますます、かわいい町になっていま
すが・・・

小雨!それに・・さぶっ!

いやー、こんなに寒いとは・・・と思ってびっくり!

もちろん、上着は持ってきていますが、それでも寒い。甘く見てたな~

20年前は、冬でスキー目的で来たのですが、お天気がよくて、とてもあたたか
かったので、今回夏だから、そこまで寒くなかろうと、思っていたんです。

空はどんより、山もまったく見えず・・・

とりあえず、ホテル、ホテルと、直前予約サイトで予約したホテルへ。

観光地ですから、混んでるので、安ホテルを予約してきたのです。

安ホテルといっても、スイスですから、安くないけど・・。

ツエルマットの駅の前に、20年前お世話になったドミトリー(相部屋。1ベッド(1人)
40フラン・約3300円・おそらくここが一番安い)がある宿があるので、当初
は予約なしでそこに行こうと思っていましたが、

いろいろ調べたら、やはり、繁忙期で観光客が多いときなので、予約した方がよさ
そう、と判断し、

でも、その駅前のホテルは、予約サイトにはなかったので、直接ホテルメールして
問い合わせました。

が、2日返事がなかったので、他の、一番安いところを取ったわけです。(1部屋約
11000円)

まあ、早くにやっていたらいいものを、直前にあわてて予約したり、問い合わせし
たりしたもんですから、待てなかったわけです。

だから、3日後、駅前ホテルから予約できますよ、とお返事をもらいまして、ああ
、残念なことをしたな・・と思っていましたが・・・

(もうすでに他を予約してるのでそれをキャンセルするとチャージがかかる)

なんと、今回予約をとった一番安かったホテル・・

当てずっぽうで予約したわけですが、

マッターホルンが、窓から正面に見える、すばらしいホテルだったのです!

小雨でチェックインして、寒いし、山は見えないしとがっくりしてましたが・・・
晴れたら、いやー、めちゃめちゃ、いい場所!最高!
(晴れたのは翌日。晴れたら寒くもなかった)

それに、あわてて予約したんで、なんと、予約日を1日間違えていて・・・
しかも、3人部屋で検索すると、高いのしか出てこないので、2名で予約して、
3名で入ろうという魂胆だったわけですが・・・

それなのに、ホテルの人は、3人なのを見て、部屋をジュニアスイートに変えて
くれたんです!(追加料金なし)

そして、窓からはマッターホルン!

夜明け前の静かなマッターホルン・・・
朝日が少しずつ昇って、マッターホルンが金色に輝く姿も・・
昼間は、マッタホルンと雲が遊ぶ姿も・・・
夕方の、雄々しい姿も・・・
サンセットの時は、芸術のように、美しく光る姿も・・・

ばっちり!見れましたよ~

お母さん、ボクたち、運がいいね~と子供たち。

(続く)

ちなみに、ホテルをネット予約する際の注意!

実は、この安ホテルより、安いのがあって、それはコンドミニアムタイプ
でした。(1部屋10000円)

コンドミニアムだから、簡易キッチンもあって、こりゃいい!と思って予約
したんです。

で、予約OKの自動返信がきて、そのあとホテルからの予約確定メールがき
ました。

それを読むと・・・なんと、コンドミニアムは、1週間以上滞在が原則なの
で、3泊だと、4日分のチャージがかかるというのです!

びっくり~

そんなの、最初から、記載してよ~

で、読み進むと、このことに了解できない場合は、このメール到着の24時
間以内なら、キャンセル料は不要です、とありました。

いやー、最後まで読んでよかった~

24時間以内に気づいてよかった~

というわけで、キャンセルし、チャージもかかりませんでしたが、

ネット予約して、返信の英文のメールは、最後まで読むべし。

そして、コンドミニアムは、要注意!


スポンサーサイト

「自由に安全に旅するヒント&グッズ」ヨーロッパ節約?術
「自由に安全に旅するヒント&グッズ」ヨーロッパ節約?術

物価がたかーいヨーロッパ。

そこで、活躍するのは、世界対応ポットちゃん。

もう、”ちゃん”づけしたいぐらい、感謝してます(笑)

このポットは、1994年製で、1995年長男が生まれて0歳のときに、
韓国に旅することになったとき、ミルクをつくるために、買ったもの。

15年たっても、どっこも、悪くなってない、すぐれものです。

これがあれば、インスタントスープ(我が家はワカメスープ持参)や、
ラーメンや、もちろん、コーヒー、紅茶、緑茶、ココアなども、
外で高いお金を出さすに、じゃんじゃん飲めるわけです。

かなり、節約になりますね~

イタリアでは中華料理屋で、白ゴハンをテイクアウトして、日本から持参
したお茶づけなんて、しましたね~(笑)

いつも、ふりかけも、持っていってますね。

最近は、ドレッシングも。重宝しました~

そんなこんなで、今回のスイスイタリアも、バリバリ節約、楽しく節約して
いきましたよ。

ちなみに、どんだけ高いかというと、

今回スイスでは、スパゲッティ単品が15~20フラン(1300円~1700円)

イタリアでは、街中で食べると安いけど、観光地で食べると
カルボナーラ単品、最低でも15ユーロ(1600円~)もします。
しかも、なぜか・・・おいしくなかったです・・。

街中だと、安くておいしい、5ユーロ~
イタリアでは、可能なら、観光地では食べずに、街に戻ってきて食べた方がい
いですよね。

近況:うれしい変化!
近況:うれしい変化!

変化が少し、現れました!
やる気なく、イヤイヤ塾に行って、高校なんてどこでもいい、行かんでもいいと
めんどくさい、と言っていた長男が、少し、変わってきました。

モヤモヤのトンネルの向こうに、出口の明かりが見えてきた感じ?。

1つ、乗り越えたかな、と思う。

朝も、ギリギリまでダラダラして、遅刻するか、遅刻寸前だったけど、3分ぐらい
早く行くようにもなりました。

うれしいなあ~

◆スイス&イタリア旅・・おまけにタイも2010夏報告(1)2バーツの親切
◆スイス&イタリア旅・・おまけにタイも2010夏報告(1)2バーツの親切

今回、一番格安だったタイ航空を使いました。

ヨーロッパは、福岡から行くときは、大韓航空が、とっても時間的にいいの
です、が、高かったので、初の南回り、長時間の飛行機に挑戦しました。

福岡からだと、東京(成田)まで行くより、アジアを経由したほうが、楽し
いですね~。

だって、今回も、バンコクで待ち時間が、行きに9時間、帰りに19時間も
あるので、バンコクの友達に会いにいきました。

それに、私は、子供たちも、タイには何度も行ってて大好きなんです。

さて、バンコクに到着し、友達(バンコク赴任の日本人家族)が住むマンシ
ョンまで、住所とタクシーでの行き方、言い方を教えてもらっていました。

しかし!

私は、タクシーがあまり好きではないのです。というか、高いから。

もちろん、タイは、タクシーは日本と比べて、とっても安いです。

でも、路線バスに比べたら、高いし、路線バスの金額がその国の物価なので、
あくまでも、どうしても、バスがいいんです。

バスに乗ることで、日本の物価をリセットし、タイ感覚にも早く慣れますから。

さて、勝手知ったるバンコクですが、バンコクでも友達が住んでいる場所は、
私がいつも泊まるカオサンとは、反対側にある、高級住宅街。行ったこと
のない地域です。

少しでも早く着きたいのは山々だけど、

やっぱり、バスに足が向く・・・

というわけで、空港から、無料のシャトルバスに乗り、空港近くのバスター
ミナルへ。

普通は、旅行者は、空港からタクシーに乗っちゃうか、または空港と町を直
接むすぶ空港バスに乗るのですが、どっちも、旅行者向けの結構いい金額な
のです。

だから、路線バスがいいんです。

でも、シャトルバスで、バスターミナルに着くと、なんか様子が違う・・

人がいなくて閑散としてて、バスも少ないし、そのバスが離発着していない
んです。

午後4時。普通なら、ごったがえしているはずなのに・・・

で、停まっているバスの運ちゃんに、
「エカマイ 行きますか?」という意味で「エカマイ?」と聞くと、

「いやーこのバスは行かない、エカマイね~、う~ん、」と考えて、

あっちのバスかなと。

あっちに行って聞くと、あっちかな、と。

そのあっちの運ちゃんは、エカマイ、ああ、いいよ、と。

で、それに乗ったけど、待てども待てども出発しないんです。大体どのバスにも
ほとんど、お客は乗ってない。

なんか、へん。

普通は、じゃんじゃん発着して、とても活気があるのに・・

実は、後から知ったことですが、バンコクは、祝日だったんですね~。

さて、3名ほど乗せてバスが出発して、キップ売りおばちゃんがきて、お金を
払います。

これ、便利なんですよね~
おばちゃん、筒型のキップ&小銭じゃらじゃらケースを持っていて、おばちゃんが
乗客ひとりひとりの近くに来てくれるから、行き先言って、お金渡したら、キップ
とおつりをくれるわです。

そのとき、おばちゃんに、エカマイに着いたら教えて、と頼んどけばいいわけです。

で、3人でいくらかわからないので、100バーツ(280)冊出すと、
(大体、ひとり20バーツぐらいかと)

おばちゃん、「******」

足りないのかと思ってもう100バーツ出すと、
また「*****」と首を振って受け取りません。

すると、斜め前に座っていた男性が、笑いながら、おばちゃんを呼んで、2バーツ
(5円)渡しました。

そう、始発だから、98バーツもおつりがまだできてなかったわけです。
(最初に用意するおつりはコインだけ)

いやーありがとう!2バーツ男性!

だから、やっぱり、バスが好き~!



「子育ては有難い修行である」自信のふりかけ
「子育ては有難い修行である」自信のふりかけ


私の知り合いの女性社長に、人間的に、すばらしい女性がいます。

年齢は、ちょっとだけ年上。

その人が以前話していたことがあったのですが、

その人の親がその人にいつも言っていた言葉があるんです。
「あなたは大丈夫、
あなたはしっかりもの
あなたはよくわかってくれる
あなたに不安はない

というような内容。ものすごく肯定&信頼されていたと本人いわく。

多少、遊んでいたし、外泊とかもしていたそうですが、信用されているのが
わかっているから、自然に、道を踏み外そうとは全く思わなかったと。

だから、彼女は、いつも、どんな時も、自分を信じることができる、と。

言葉って不思議ですね。

いい言葉のふりかけをかけてもらうと、のびのび、気持ちよくなるし

わるい言葉のふりかけは、呪縛のように、かんがらじめにする。

自分を信じる:::自信
それには、肯定の言葉のふりかけ

大切ですね。

自信のふりかけ・・・親が子どもにしてあげられる、大切な修行ですね。


近況:高校受験はどのくらい大切?
近況:高校受験はどのくらい大切?

中3の長男は、今、受験生、真っ只中。
週4の塾、週1の家庭教師、週1の英会話レッスンを、なんとかこなしている。

すべて90分の1コマで、(英会話は30分の遊び)、他の子は、その倍やっ
ているから、決して多くはない。

もちろん?、イヤイヤだ。そして疲れている・・。

学校でも、家庭教師にも、塾でも、おそらく、散々言われているだろう。

高校受験は人生を決める!
だから、大切だ!
がんばれ、がんばれ!
今やらねば後悔するぞ!
本気になれ!
おちこぼれるな!
自分の将来を見据えて、高校を選べ!
君は将来どうなりたいか?
とにかく、勉強しろ!
このままじゃロクな高校に入れないぞ!


とか・・・。(単なる私の想像)

勉強しないとろくな仕事につけないぞ!ろくな大人になれないぞ。

とパッパかけられているかもしれない。いや、強迫のよう。

で、疲弊している。そして自信をなくしている。

それらの言葉を、はげましの言葉をどう受け取るかは、その子のその子の捉え方
だったり、性格だったり、成熟度だったり、さまざまなのに・・・

高校受験生というひとくくりで、ガンガン言われるのだから、大切で重要視して
いるわりには、あらっぽすぎるのではないかな、と思う。

やっぱ、個別に面談していかなといけないのでは、と思ってしまう。

個別に話して、夢を持った子にはそれを育てる方法を、夢がまだない子には、
これから出会うのだから、そのために、大切に人生をおくっておくことを、
教えてあげないといけないような気がする。




果たして、受験はどのくらい大切か?

高校受験で、人生が決まるわけでもなんでもない。

高校受験に成功した人が勝者で、負けた人が敗者なわけでもない。

高校受験に成功したら、未来が明るいと決まるわけでもない。

もっと言えば、高校受験なんて、人生にあまり関係ない。

それに、中学生で、人生を決めろ、というのは、むりな話。

それに・・・・

前、こう言われた。

いい学校(頭のいい学校)は、雰囲気がいいです。悪い学校(成績がよくない学校)
は、雰囲気が悪いです、と。

それを聞いたときには、なにが、よくて、何が悪いのだろう

なんの雰囲気なんだろう

と思った。


いい悪いは、その時だけで判断するものでなく、本当にずっとあとから、わかること
もある。いいと思っていたことが、そうでもなくて・・・悪いと思っていたことが、
いい経験に変わることは、多々ある。

人生は、本当に、不思議。

一番大切なのは、いったい、なんだろうか。

いや、一番大切なのは、たくさんあるということかもしれない。

なんでも、大切ということかもしれない。

受験で悩むことも、受験でやる気をなくすことも、イヤイヤ勉強している現実も、
何がやりたいかわからなくなっていることも、どこでもいいと思うことも、
全部、大切なのかもしれない。

人生は長いから、

たくさん、そんな壁にぶつかるから、

順調でないことほど、大切のような気がする。

というわけで、宣誓!

私は、今日から、彼を、ほめる、ことにする!

今朝は、パズル好きの次男に買った”頭がよくなる図形パズル”
(あまり面白くないと、次男が放置していたもの。次男はパズルが得意。長男は
次男に先をこされたからが、やらない。
このパズルは、私の、頭がよくなってほしいという、願いがこもっている・笑)

というのを、やり始めて、3パターン完成して、お母さん、できたよ!と声をかけて
きたので、

スゴイ!スゴイやん!もうできたとー!

と喜んだ。

多少・・自信ややる気をなくしているわが子に、ほめ声をかけてみようと思います。


「子育ては有難い修行である」宿題地獄に、覚悟を決める・・・
「子育ては有難い修行である」宿題地獄に、覚悟を決める・・・

前回、こんな夏休みなんかいらない、と、近況に書き、8/15に旅に出て、
夏休み終了の3日前、29日に帰国しました。

そう、たった、あと3日!

それは、地獄の始まり(笑)です!




もちろん、子供たちは、楽しみな旅の前に、がんばって宿題をある程度
終えるつもりでいました。

しかし、夏休みは、毎日ヘトヘトになるまで部活、そして試合も・・

特に中1の次男は、去年度で、ゆとり教育が終わった!ということで、
中3の長男より、はるかに多い、山のような宿題が出ました。

本当に、山・・・・

実は、次男は、その山のような宿題の説明を、担任の先生がしている間中、

「こんなにたくさんムリ・・・
「ぜったい、できるばすがない・・
「不可能・・
「むり・・
「できん・・

と、さんざんぼやき、それを聞いていた担任の先生が心配して、私に
電話がかかってきたんです。

親としては、次男が、

勉強があまりできないことは、わかっている
勉強があまり好きではないことも、わかっている
他の子に比べて、劣っていることも、わかっている
他の子に比べて、理解が遅いことも
飲み込みが遅いことも

本人が、勉強なんてしたくない、と思っていることも、わかっている

(得意なのは、英語と体育だけ)

しかし、できないならできないなりに、取り組むというか、やってみると
いうか、努力してみるというか・・・

それをしていないのに、最初からアキラメテイル・・
なかったことにしようとしている・・・
いやなものに、フタをしようとしている

ことは、

こりゃーいかん、と思ったわけです。

子どもによるでしょうが、長男は中1の時から、いやずっと前から宿題にタッチ
したことがなく、なんとか、自分か、友達に教えてもらったりと、適当に
やっているもよう。

しかし、次男は、違うタイプなんですね。

でも、どんな子であれ、宿題は、しないことには、なくならない。

というわけで、本当は受験生のお兄ちゃんの方の、しりをたたく?時期なのに、
私は、次男にかからなくてはならなくなったのです。

そうしないと、旅が、たのしくなくなってしまう・・・と。

で、がんばったけど、それでも、もちろん終わらない。

とにかく、途中から作戦変更で、かさばらないものは、旅にもって行き、
旅に持っていけないものを、先に仕上げる作戦に。

で、宿題持って、旅が始まりました。

英語の100単語と30ページと、数学の毎日1ページのと、数学のプリン
トと・・・

空港での待ち時間、床の上で・・・

揺れる列車の小さな机で・・・

安宿の、薄暗い明かりの下で・・・

机がないときは、テレビ台を横にずらして机にして・・・

ほとんど、毎日やりました。

まあ、これが、今回の旅のケンカや争いの一因にもなっていますね・・

で、帰国。

予定通り、だいたい、できていたんです・・。あとは、それぞれの、最後の
仕上げ・・

理科の研究を、
国語の作文を
国語の短歌、俳句を
美術の絵を
美術館のレポートを


ところが!

宿題の中ですでにほとんど済ませてある5科目の問題集が・・

答え合わせをしなきゃいけなかったのです。

そして、終わったと思っていた、一番苦手な、国語が、半分できていなかった
のです。

これは、すごい時間がかかりました。家庭教師の先生に見てもらったのですが、
国語1ページをするのに、1時間半、かかるんです!

そして、29日帰国して、翌日30日が試合で、2週間ぶりにサッカーして、
めちゃめちゃ疲れて、時差ぼけも残ってて・・・宿題との戦いです。

答えあわせって、時間かかるんですよね~

答えが合ってれば、丸、○!で済みますが、間違いが多いと、答えを赤ペンで
書かなきゃいけないんですから・・・


で、とにかく、やりぬきました。
実は、今日現在、まだちょっと残っています。
提出が最初の授業なんで、今日をクリアすれば、土日があるんです・・。

はあ・・・

というわけで、まじで、旅になんかいかなきゃよかった、と思うぐらい、苦しみ
ました。

これで、いいのか、わからなくなりました。


同時に、もう覚悟をきめました。

もういいじゃないか、
勉強きらいなんだから、
提出とかもできなくて、通知表がもしも・・”1”になっても
この子が、毎日、サッカーに夢中で
友達と仲良くできるのだから・・

ただ、それで、自信をなくなさないように・・・

大丈夫、大丈夫、
きっと、わかるときが来る
人間は成長するから
あなたも毎日成長してるから
エジソンも
アインシュタインも
みんな、子どものとき、学校の勉強はできなかった。
今できなくても、あとでできるから、大丈夫、

といい続けよう!


ああ、親業は、修行だ~






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。