小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ガンが教えてくれたこと」~次男の腎炎と運動制限にも”よかった探し”~
「ガンが教えてくれたこと」

         ~次男の腎炎と運動制限にも”よかった探し”~


ガンになって出逢ったことのひとつに、”よかった探し”があります。

それは、名作シリーズのビデオ「愛少女ポリアンナ物語」から。

名作シリーズでは、母を訪ねて三千里、とか、フランダースの犬とか、ハイジとか
が有名ですが、私は、この物語のことを知りませんでした。

で、ダンナのある知り合いが、人生に大切なことはすべて「ポリアンナ物語」から
教えてもらったという人がいて、ダンナが、ネットオークションで、いきなり、
全シリーズ(ビデオ11本)買ってきたんです。まあ、アニメなので、子供たちに、
いいかも、と。

で、子供たちと見始めましたが、はまったのは、私の方でした。
それが”よかった探し”
ただの”よかった探し”ではないんです。
ものすごく、深い深いテーマなんです。

人生に落ち込んでいる人や、ウツ病に悩む人とかにも、いいし、どんな大人が見ても、
原点に戻るというか・・・心の洗濯というか、すごい作品です。


で、・・・



前回、次男の急性腎炎での入退院のことを書きましたが、現在も、運動制限続いて
います。

退院直後、退院できたことがうれしい!と感じたのはつかの間・・・・

2週間という、勉強の遅れを取り戻さなくてはならないという、大変?な問題に
つきあたります。

当たり前ですが、たった2週間、されど2週間、そして、登校したらすぐ、
2週間進んだところから勉強が始まるわけです。

2週間で進んだところは、どうするのか?

塾や家庭教師でカバーするしかないのですよね。

もともと、勉強が好きではない次男には、これもシレン。

部活に出れないから、帰宅しますが、部活していない友達はいないので、毎日つまら
なそう。

ヒマだからといって、勉強の遅れを取り戻すことができればいいのですが、やはり
そんなに、できないのが現実。そして、遅れを取り戻せないまま、退院後2週間経った
日には、期末テスト。

その上、受験生の長男が、同じ時間に帰ってきて、どちらも多少イライラしているの
で、キモイ、ウザイと・・・ケンカばかり。

また、今回の、溶連菌感染から急性腎炎になった、原因(落ち度)というのがどうしてもなく、
(先生にも聞いたし調べたし・・)たまたま、運が悪かった、たまたま、なってしまっ
た、としか言いようがないらしく、

だから、本当のところ、今回の突然の入退院のこと、どっこも”よかった”を探せない
な~、大損だなあ~と思っていました。

でも、近況にも書きましたが、

・3人で、対馬にいけたこと。(次男が運動制限がなければサッカーの試合に行ってる)
・長男が、健康に気をつけている(自分の小6の時の苦しい入院経験も思い出し・・)
・次男が結構、ガマン強いことを知った。(入院中も、現在の運動制限中も)

3つの”よかった”、見つけました。

スポンサーサイト

◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(5)ベルニナ普通列車もサイコー!
◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(5)ベルニナ普通列車もサイコー!

氷河特急に乗らずに、同じ線を走る普通電車で、快適、絶景の楽しみを満喫した私たちは、
次の列車も、まよわず、普通列車にしました。

今度は、サンモリッツ(私たちは隣町のサメダンから)から、イタリアとの国境のティラノ
をむすぶ、世界遺産ラインです。

これも、ベルニナ急行という列車がパノラマ車両が連結されていて有名なのですが、普通
列車でも、時間的にも変わらないし、とにかくスイスは、普通列車でも、とってもきれい。

急行もやはり、スイスパスで乗れるのですが、パノラマ車両に乗るには予約手数料がいる
のです。

また、展望車が連結される(天気がいい夏)そうで、連結された急行とすれ違いましたね。

あれはあれで、面白そうでした。

とっても混んでいましたね。混んでて、他の観光客と一緒にワイワイも楽しそうですね。

普通列車のよさは、

また、窓も開けたいときに開けれて、

座りたい場所に、じゃんじゃん移動できて、

氷河も絶景も、迫力のカーブも、空気まで感じることができることかな。

で、時間的には約3時間弱、イタリアのティラノへ到着。

スイス鉄道の駅から、前にあるイタリア鉄道の駅へ。これからはイタリアです。

     (続く)

近況:対馬に行って、私の金八先生と再会!
近況:対馬に行って、私の金八先生と再会!

土日で、子供たちを連れて、対馬(つしま)に行ってきました。

対馬は長崎県で、福岡と韓国のプサンを結ぶ線上にあって、プサンにかなり近い
ところにあるんです。

この3年あまり、会いたくて会いたくて、なかなか日にちが合わなくて・・
それでも、あきらめずに、何度も、何度も、日を決めては変更してきて・・・
やっと会えました。

私が中学3年生のときに、大学卒業したばかりで赴任してきた先生で、社会の先生。

私が14歳で、先生は、23歳(一浪しているので)で、歳はたった9歳違いなんですね。

なんか、変わった?というか、なんでも得意だぞ!という、妙にプラス発想の先生でした(笑)

チョー生意気な時代ですから、もちろん、先生にはため口を聞き、先生をセンコー呼ばわりか、
呼び捨てか、あまりきれいではない(笑)アダナで呼んでいました。

当時は、みんな暴力教師(笑)でしたがら、毎日のように、ぶん殴られては、コミュニケーシ
ョンを取り合っていた時代でもありましたね。

その先生が”特別”なのは・・・

私が18歳のとき決死の覚悟の家出をしまして、当時新婚だった先生の新居にころがりこん
で、お世話になったからです。

先生もですが、先生の奥さんは、できた人で、突然飛び込んできた、教え子を、気持ちよく
泊めてくれ、一晩中、話を聞いてくれたんですね。

それ以来、私が、社会人になっても、結婚しても、子どもが生まれても・・・ちょくちょく
会いに行きました。

でも、ここ10年ぐらいは、年賀状とたまーの電話だけのやりとりになっていたんです。

それが、3年前、私がガンになって、同時に当時小学6年生の長男が、ものすごい反抗期で、
いろいろ悩んだとき、電話をしたんです。もうすぐ中学生になろうとしている子どものこと
だから、現在は中学の校長先生である、先生に、相談しようと。

そしたら、自宅の電話が・・・現在使われておりません!!と。
あわてて年賀状を探し出して見ると、住所は変わってないけど、電話番号はかかれていない。
NTTに問い合わせても、なんでか、先生の名前では登録がない。

あせりましたね・・。

人の縁というのは不思議なもので、いつのまにか連絡が取れなくなることってありますよね。
そうなったら、いやだと思った私が、何をしたかとゆーと・・

なんと、長崎県の教育委員会に、電話をかけて、調べてもらうことをお願いしたんです。
校長先生になったことは聞いていたし、ある一時期、教育委員会にもいらっしゃったので、
それを言って。

で、やっと、連絡が取れたわけです。

で、ぜひぜひ、子供たちと一緒に、なるべく、中学生のうちに、先生に会いたかったわけです。

それが叶いました~。いーーーっぱい話ができました。まだ話し足りませんが(笑)

最高にうれしい再会でした。

長男が6年生のとき、あれほど荒れた(?)からこそ、先生に会いたいと思って探し出した。

次男が急性腎炎で運動制限中で部活に行けないからこそ、3人で、会いにいけた。

一見マイナスだったことが、また、うれしい!!につながりました~



◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(4)普通列車、サイコー!
◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(4)普通列車、サイコー!



さあ、事故ったし、高い予約手数料がかかる氷河特急は乗らずに、サメダン(氷河特急
の終点の1つ手前)まで、どうやっていくかですが・・

スイスはそんなに広くないので、どうとでも、回っていけます。

ですが、同じ線路を、すばらしい景色の中を、普通電車も走っているので、それで行き
ましたよ。

直行はないので、3回か4回か、乗り換え、乗り換え、します。乗換えといっても、
進行方向に向かって乗り換えなので、全く難しくはありません。

普通列車は、持っているスイスパスで乗り放題。大人がパス持っていれば、15歳以下
の子どもは何人でもタダ!

予約手数料もかからないし、なんていっても、乗客はそう多くはないです。

そう、普通列車、サイコーなんです。

スイスの列車は、普通列車でも、とってもきれい。

氷河特急は窓は開けられないのですが、普通列車は、じゃんじゃん開けて、大パノラマ
プラス、空気を味わうこともできるのです。

普通列車は、観光客でなく、庶民が乗っているので、ちょっとしたふれあいがあるし、
観察するのも楽しい。

乗り換えの駅の食堂で、食べることも、買うこともできるし、

しかも、時間も、氷河特急とほとんど変わらない。

(氷河特急は”特急”と名がついているけれど、ゆっくり走ってパノラマを楽しむ
ために、ゆーーーっくり走る)

スイスは普通列車の旅、おすすめです。



「ガンが教えてくれたこと」~今できる最高のことをする~
今回は「ガンが教えてくれたこと」

            ~今できる最高のことをする~



今回の次男の2週間の入院で、当たり前ですが、本音のところ私はかなり疲れ
ました・・・。

肉体的には、毎日の病院通いに。長時間の病室にいることも。

精神的には、あらゆる心配と、自分の中で計画していたことができない現実に。

心配というのは、思いがけない病気で、スポーツ大好き少年には本当に過酷な
現実・・・、また私はすごく心配性で、強迫観念症もあるので、とにかく心配で
おちおち眠れなくなってしまうのです・・。

これは、昔からですね(笑)


でも、毎日行く必要がないなら、行かなければいい
行く時間を短くすればいい、とは思わないのです。

私は、ガンを患って以来、いつも、今できる最高のことをする、やりたいと
思うようになりました。

だって、明日死ぬかもしれない、という前提で生きていますから。

そのとき、ああすればよかった、もっと優しくすればよかった、などというそん
な後悔はしたくない、と思っています。

迷わず、出し惜しみせず、今できることを、精一杯・・

これは、ガン以降、大きく変わったところですね。

だから、本当は、できるだけのことをしたから、満足しているんです。よくがん
ばった~!

死ぬことを前提・・・
それは決してマイナス思考でなく、こんな死に方をしたい、満足して死にたいと
いう意味で、毎日を暮らしていけたらいいかな、と思うのです。

朝起きたときが始まり

夜寝るときが終わり

できるだけ、そう生きたいですね。

だから、今回は、満点!(笑)まだ、途中だけど、満点!

近況:次男の入退院
近況:次男の入退院

いや~~~びっくりしました、突然、緊急入院になるなんて・・・

我が家で一番元気な次男が!でも、それが現実だったんです。

先日丸2週間を経て退院でき、ほっとしています。でも、つくづく腎臓って、重要なん
だと痛感しています~。彼は、今年いっぱいは、体育も部活のサッカーも禁止です・・。

スポーツ少年には、シレンの冬ですね・・・。ストレスたまりますよね。実は、これか
らが、大変なのかもと、覚悟しました。

病名は、急性腎炎!

きっかけは、まぶたが2日前から腫れていて・・・なんでかな?と思って病院に
行ったことから、腎炎だなんて、もう、おどろきました。

で、2週間の入院。

腫れていたのはまぶた。

でも、体は4キロ分、増え、むくんでいたのです。

しかし、サッカーをやっていて、体中筋肉質なので、例えば足とか、指で強く
押して、戻るのが遅いとむくんでいる、ということになりますが・・・・

足なんて、筋肉でカッチカチなんで、指で押しても凹まない・・・で、むくん
でるかどうかわからない状態でしたね。



で、原因は、日をさかのぼって、2週間前に、のどかぜをこじらせ、溶連菌という
、菌としてはありふれた菌に感染していたと思われて、

2週間の潜伏期間を経て、腎炎を発症する、というパターン。

腎炎というと、大変な病気ですが、このパターンの子どもの腎炎はよくある病気で、

急性であれば、予後もよく、完治する病気。



しかし、その急性かどうかを判断する”溶連菌”が、結局、発見できなかったんで
す。

発見できれば、安心できるのに・・・発見できない!

これは、ツライです・・。

次男の場合、原因であるのど風邪のときに、抗生物質を3日間飲んでいたために、
また2週間の期間の間があるので、腎炎を発症したときには、菌が発見できない
こともあるそうです。

ですが・・・ツラいです。心配症にとっては心配でたまりません。

入院して、厳しい食事制限(塩やカリウム、たんぱく、カロリー制限)して、
たまっていた尿が(4キロ!分)出だすまで・・・・

本当に毎日がつらかった・・・。

でも、尿がじゃんじゃん出だして、少しずつ、心も軽くなっていきました。

本人は、自覚症状はなく、しんどいとか痛いとか全くなく、でも絶対安静なので、

ヒマー
腹減った~
味がねえ~
肉食いたい
サッカーして~

これらの言葉につきましたね。毎日毎日・・・。

3年前、長男が、急性腸炎で11日間入院してて、腸炎はひたすら痛く、口から
食べれず、点滴するのですが、その点滴が1滴1滴落ちるのが、血管が痛いらし
く、本当に、痛い入院で、それが記憶にあるので、引き合いに出して、
がんばろう、痛くはないのだから、とはげまし続けましたね・・

で、晴れて退院。

しかし、すっきり、元通りになるには、時間がかかります。

人生は、試練です・・・。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。