小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウズベキスタン2011年夏旅報告(2)ウズベキ初の宴会
ウズベキスタン2011年夏旅報告(2)ウズベキ初の宴会

夕方タシケントに着いて、ブハラへ夜行で向かおうと、駅に直行した私ですが、キップ
売り場で唖然!

これは、なかなか買えそうにないとわかる風景であったのです。

同じキップ買い待ちの、親切で美男美女ウズベキスタンカップルと知り合い、
助けてもらうけど・・・とにかく、なんばしよっと!とノロイ・・・窓口。

窓口は、みんなみんな、太ったオバチャン。

ウズベキ女性は、若いときは、めちゃめちゃ細くって美しくスタイルもいいけど・・・
オバチャンになると例外なく、太っちゃってますね~~

で、そんな窓口オバチャンたちは、どの人も、なぜか?、なかなかキップを出さない。
で、列は少しも少なくならないわけで・・・

はあ~  ふう~とため息つく間に、1時間以上が経ち、乗ろうと思っていた8時20分
の夜行の出発時間が近づき、あきらめさるをえなくなり、

なんとか、翌日の朝発キップをやっとこさ、ゲット。

キップ売り場を出ると、外は真っ暗~

朝出発でもあるので、駅の横にある、駅ホテルに泊まることにしました。

ここは、ドミトリーのみ、シャワーはない、簡易宿。1泊16000スム(500円位)

お金を払い、手続きしていると、そこに・・・

大きなバックパックの4人組男女が。

おおお!!

あああ!!

さっきのキップ売り場で、同じく苦戦を強いられていた4人グループ。

4人のうちの3人は、向こうの窓口でがんばっていたが、1人だけ女性が私の後ろの後ろ
に並んでいて、ちょっとだけ、言葉を交わしてたので、思いがけない再会に、喚起?の声。

無事、買えた!!?

やっと買えたよ~

めちゃめちゃやったよね~、買えてよかった~

どこに行くの?

明日の8時15発のブハラ。

私もよ。

彼女たちは、男女2カップルで、イスラエル人。

ドミは男女別なので、私は女性二人と同じドミに入りました。

で、せっかくのご縁。いっしょに、夕食を食べに行くことに。

もうひとり、現地人のよーな男性が加わり、6人で、ウズベキスタン初の夜に繰り
出しました。


彼らはもち20代の若いコら。1カップルは大学生。もう1カップルは、女性が心
理カウンセラーで、男性は画家。

私のよーなオバチャンを仲間に入れてくれたこと、感謝~~

で、ウズベキ風、オープン居酒屋のようなところに行きました。

昼間は40度ぐらいあるけど、夜は涼しいから、外がベストなんでしょうね~。

ウズベキビールでカンパーイ!!
スポンサーサイト

「ガンに感謝学」~命を賭けた講演
「ガンに感謝学」~命を賭けた講演



少し前、余命があと1か月という人の講演を聞きにいきました。

38歳と、まだまだ若い男性で、去年ガンがわかり摘出、1年後転移、のちに
全身に転移したそうです。

また、離婚されていて、シングルファーザーで、中学生小学生の男の子
2人を引き取ってがんばっておられた方でした。

講演は、とても穏やかで優しい気持ちにさせてくれ、そして、命がほどばしるはげしい叫び
を静かに聞いているようでした。

少しでも生きたい。
まだやりたいことがたくさんある。
子どもたちを残して死ねない・・。と。

そして、驚いたことは、私ととても共通点があったことです。死を感じたときに、
何をするか、何が一番大切か・・・
それが、子どもに何を残したいのか、ということ。

「次世代への継承」という言葉を使われていました。

そして、その最大の努力をされていました。そして、お子さんたちは、それに
しっかりついていっていました。


私も、ガンになったとき、まさに、そう思ったんです。今もそう思っている・・。

死んでいく私の、何を覚えていてほしいか・・何を伝えたいか、何を残したいか。




もちろん、そんなに早く、逝かれるなんて・・・・・
思ってもみませんでした。
どんなにか、心残りか・・・・と思うと、胸が痛みます。

講演のあと、挨拶をしにいって、私もガンのことを話し、がんばりましょう、と
握手したんです。

そのあと、丁寧に、ハガキをもらって・・・

お礼に、お手紙と、「それゆけ小学生、ボクたちの世界一周」の本を、贈ったんです。

それを見てくださったのか、わからないぐらい・・・
あまりに早い訃報でした。

とてもとても残念ですが、でも、これだけはいえると思います。
2人のお子さんたちは、お父さんの、心を継承しています。

だから、ゆっくり休んでくださいね。

あなたに会えて、話がきけて、握手できて、本当によかった・・。

近況:肩こり首こり肩甲骨こりバリバリ
近況:肩こり首こり肩甲骨こりバリバリ


9月中旬、あまりの暑さで、そのあと急に涼しくなって寒いほどで、そしたら
今は、昼間だけ暑いですよね~
福岡は昼間は30度ぐらいになっています。

9月って、そうなんですよね~。

だからが、体が、なんか、不調です。

まず、いきなりの便秘。(もともと便秘体質ではない)

なんか、毒素が・・たまっている感じ。

だから、肩こり首こり肩甲骨こりが、カッチカッチ。

もちろん、食事にヨガにいろいろ対策を講じていますが・・。

食べる量が変わっていないのに、なんでか体重が増加。増えた2キロが減らない。

もともと2キロが、体重の幅なんですが、(飲み会で増える)

普通の玄米生活にしたら、すぐに戻るですが、なんでか、そのままです。

かなり、代謝がおちているみたいで、

夏場、体を冷やしたのが、その原因と思う。

ビールばっかり飲んでたもんね。(笑)飲まずにはいられなかった~

かっなりおなか周りを冷やしたもよう・・・

そのツケが今頃きたーーー!んでしょう。

で、今、禁ビール!

おなか、あっためるぞ!!

生姜紅茶に、はらまきホカロン、8階まで階段上り降り・・

ウズベキスタン2011年夏旅報告(1)始まりは社会主義?
ウズベキスタン2011年夏旅報告(1)始まりは社会主義?


福岡から大韓航空で、ウズベキスタンの首都タシケントに到着!

着いたのは、小さな小さな空港でした。

夕方5時を過ぎていたので、空港にある唯一の銀行はクローズ。

まとわりついてくるのは、タクシーの客引きさん。

タクシー、乗らない、乗らない・・・

とりあえず、建物の外に出ると、前にはお迎えか人だかり。その向こうにはバスが見えているけど、
まずは、現金(スム)を入手しないとと思い、ウロウロ。

ガムや菓子を売っているショップがあったので、銀行は閉まっているけどどこか両替できる
ところはないか、と聞くと、ここがそうだと。

で、100ドル両替を頼むと、どっさりの札束!が2つ。あまりの大きさに隠しようがなく、
そのまま、バッグに入れる。

ついでに、市内に出るバスはどれかと聞いて、67番のバスと教えてもらい、市の中心へ。


飛行機に乗っている間にきめたスケジュールは、

とりあえず真っ先にタシケント駅に行き、夜8時発のブハラ行き夜行列車に乗れれば乗ろう。

夜行がムリなら、翌日の朝のブハラ行きのキップを買おう。

その時点で暗くなければ、旧市街の安宿へ。暗ければ、駅の安宿へ、と考えていた。

全体的には、夜行泊かタシケント1泊、ブハラに2泊、サマルカンド2泊、タシケント1泊、
帰国の途という予定。



無事、手にしたスムで、バスに乗り、中心まで行って、駅へは地下鉄に乗ろうと・・。

すると、いやいやその前に、地下への入り口には警官がいて、ジロっと見られる。
そしてキップを買い、改札の前に行くと、棒を持った、警官がふたりいて、

こっちにこい、
パスポート見せろ
バックの中身をみせろ、

と言う。タシケントは警官がとにかく多くて仰々しいと聞いていたが、そのとおりみたい。


セキュリティの棒を当てられ、バッグの鍵をはずせを言われ、しっかり中身をチェックされ
やっとホームへ。

で、駅に着いて、駅に入ろうとしたら、また入り口で、
キップみせろ
パスポートみせろ~
荷物検査~

え!!キップは駅の中で買えないの?

と聞くと、キップはあっちだと。

そう、駅にはキップを買うところはなく、あっちの別の建物なんです。
ちなみに、そういったことの、分かりやすい表示はありません。

あっちの建物に行くが、ドアが閉まっており、なんじゃ?と思っていると、その辺の
人たちが、くるっとまわって、向こう側だ、と教えてくれ・・・

向こう側にいくと、開いているドアがあり、入ると、今度は人だらけ。

この時点で、1時間後の夜行列車には間に合わないことを肌で感じました。

窓口は6つほどあったが、どこもワンサと人がたかっていて、なんとか並んではいる
気はするが、横やりが多く、一向に進まず、人は増えるばかり。


こういう風景こそ、写真に撮りたいんだけど・・・
ウズベキでは、空港、駅、地下鉄では写真撮ったら怒られると聞いているので
やめとく。


それにしても、時間はどんどんなくなっていく。英語はほとんど通じない。

こういうの、あったなあ・・・と私の脳裏に2つの光景が蘇りました。

ロシアでシベリア鉄道のキップを買おうとしたとき・・・

モンゴルで中国行きのキップを買おうとしたとき・・・

なつかしいよな、~



しっかし、懐かしがっているヒマはない、今は夜7時前。窓口の時間は夜8時まで
になっておる!

翌朝は何時からというと、ちょっとウロ覚えだが・・・たしか8時か9時?

とにかく、夜行はムリとしても、明日朝のブハラ行きは8時15分発なので、今買っ
ておかないと、

あすの列車にも乗れないことになるのだ。

そうなると、たった1週間の旅のため、1日無駄にするのはやばい。

しっかし、このままじゃ、キップ買えるの????

そうそう、こういうときは出逢いがあるんです!

そんなとき出逢ったのが、彼ら。親切なウズベキスタンカップル!

(つづく)

ekiuzu
駅で助けてくれた美男美女カップル!
ウズベキの(若い)女性は、とにかく、美しく、スタイルも超いい!


近況:13年ぶりのひとり旅!
近況:13年ぶりのひとり旅!

ウズベキスタン、無事、たのしく、行ってきました!
8/15-22の、1週間、久々のひとり旅をエンジョイしてきました。

なんでウズベキスタン!?とよく言われますが、前から中央アジアに興味があったこと、
それと、自転車世界一周をしている人の写真、サマルカンドの青のモスクを見て、
あまりの美しさに、衝撃を受けて、これを見たい、と思ったのがきっかけです。

1枚の写真に衝撃を受けて行く、というのは、インドのタージマハルもそうだったなあ。


ずっと、2人子どもたちをつれての旅だったので、久々のひとりは新鮮でしたね~。


それに、13年間、子連れであることが当たり前になっていたので、果たして、かなりの
オバチャンになっている今、若い人と同じように、自由きままに旅ができるものか、
外国人を含め若い人たちと交流したり、話していけるのか・・・心配でしたが、
まあ、なんとかなりました!(笑)


実は、いろいろ心配、思い悩むことがあり、旅をあきらめよう、今はムリや・・とも
思いましたが、またいろいろありまして、行こう!ときめ実行しました。

思い切って、行って、本当によかったと思っています。


「ガンに感謝学」~今日はガン記念日
「ガンに感謝学」~今日はガン記念日

交互連載・・「子育ては有難い修行である」
       (or「自由に安全に旅するヒント&グッズ」
        or「ガンに感謝学」を交互連載です♪)

9月5日は、ガン記念日です。

4年前の今日、私は、晴天の霹靂で、腎臓にガンがあることを告知されました。

もう4年、でもまだ4年。

無事に転移なく、生きられていることに感謝です。

毎年、何より、9月5日、自分だけで、ひそかに、お祝いしています。

私は、この5日後の、9月10日が誕生日で、その日は、腎臓ガン発覚後、体中転移
検査をして、転移がなかった記念日。

そして、10月には、手術記念日。

私は、ガンをきっかけに、変わることができたので、この原点の出来事を、一生忘れ
ないと思っています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。