小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今月、本屋さんりーぶる書斎の”私のおすすめ本”というコーナーで展示中!
近況1:今月、本屋さんりーぶる書斎の”私のおすすめ本”というコーナーで展示中!
       ぜひ、よかったらりーぶる書斎で見てくださ~い(お願い~)
riburu



りーぶる書斎は、少し前まで、天神のダイエーの横ショッパーズの中にあった本屋さんですが、
ショッパーズ閉館により移転して、昭和通の日本銀行から溝口病院への通りの1階にあります。

とってもステキな本屋さんです。本も読めるコミュニティルームもあり、コーヒー飲みながら
本読めます。

私のおすすめ本棚コーナーは、そのコミュニティルームの近く、入り口の左の裏にあります。
(パッとは見えない位置なんですが)

ぜひ、ぜひ、お近くを通る際は、足を運んでくださいませ~



本は以下を紹介しています。古い本もありますが、私が何度も何度も読んだ、人生の糧になる本
をセレクトしました!


◆旅する力 深夜特急ノート 沢木耕太郎 新潮社・・・・とにかく大好き!!沢木耕太郎!

◆アキラの地雷博物館とこどもたち  アキ・ラー編著 三省堂
  戦争に関わる人間のつらさやかなしみ、その後の苦悩と努力・・・、そして親を殺した人
  と会い許す話は・・・・胸がつまります。
    
◆みんなで考えよう 世界を見る目が変わる50の事実 草思社
  当たり前と思っていることが、世界では当たり前ではない、ことがわかります。

◆トットちゃんとトットちゃんたち 黒柳徹子 講談社 青い鳥文庫
  ぜひ知ってほしい事実です。

◆食生活が人生を変える 東条百合子 三笠書房
  具体的な自然療法の本ですが、人間の力の及ばない「自然の力」を最大限に生かす考え方、
  実践法、心、生き方を根本的に教えてくれる本。

◆自分でできる免疫革命 安保徹 だいわ文庫
  健康の本ですが、生き方の大切さ、自分を見つめなおすことができる本です。

◆「親力」で決まる! 親野智可等 宝島社 

◆子どもの心のコーチング 菅原裕子 PHP文庫
     子育てを勉強していくうちに、自分自身の生き方の勉強につながっているんですね。

◆人生のしくみ 越智啓子 徳間書店
 “精神安定剤を処方しない”精神科の先生が書いた本。
  一見マイナスな出来事が意味しているもの、人生のしくみがわかります。

◆愛少女ポリアンナ物語(世界名作劇場) 竹書房文庫
  8歳のポリアンナがやっていく“よかった探し”の本。とても深い内容なので、ぜび深読みを。

◆般若心経 人生を強く生きる101のヒント 公方俊良 三笠書房
  人生に迷ったらぜひこの本。今でも、苦しいときは、この本に帰ります。

◆ユダヤ人大富豪の教え コミック版 1 本田健  だいわ文庫
◆ユダヤ人大富豪の教え コミック版 2    〃
 最後の第17の秘訣の「人生がもたらすすべてを受け取る」のところがグググっときました。

◆天国までの百マイル 浅田次郎 朝日新聞社
  感動泣きストレス解消!浅田次郎ワールドでイイ涙流せます。

◆総員玉砕せよ!(コミック) 水木しげる 講談社文庫
 90%事実という、戦争の“わけのわからない怒り”を、たくさんの人に読んでほしい。
スポンサーサイト

ウズベキスタン2011年夏旅報告(4)
           ウズベキスタンではホテルに泊まらないと罰金2000ドル
meron
buhara2
buhara1





世界遺産の街ブハラに向かう列車で、折り紙を通じて仲良くなった、メロン君やそのお母
さんノジマ。

ぜひ、うちに泊まって~と言われ、
いいの?ほんとに?
もちろん、泊まって、泊まって!

なんてラッキー!なんてスバラシイ!と思って、泊めてもらうことになりました。

が・・・・

気がつきました。そう、ウズベキスタンでは、観光客(観光ビザ)は、絶対ホテルに
泊まらなきゃいけない、ことを、うっすらと、思い出したんです!

うっすら、というのは、
そんなこと、ネットやガイドブックに書いてあった気がするという記憶。

ガイドグックを確認すると、やっぱりそう書いてある・・・。げええー。

・観光客は必ずホテルに泊まらないといけない。

・泊まったらホテルから、小さい紙切れの登録証(何日から何日までここここに泊まりま
したと書いてある)をくれるから、絶対になくさないように。

・もし無くしたら、出国する際、チェックするときがあり、罰金となる。

・安宿には、登録証を発行できない、闇の安宿もあり、必ず、登録証がもらえるところに
泊まったほうがいい。

・そんな安宿に泊まって、トラぶった話もネットで見かけた・・・。

そんな・・・

せっかく泊めてくれるとゆーのに。



ノジマにそれを聞いてみたが、まあ、現地の人は詳しくはわからないし・・少しは
知っているみたいだったけど、ビザがあれば、大丈夫と思うと言うし、
登録するところがあるから、登録にしいけばいい、みたいな、軽い感じ。

しかし、たった1週間の旅。出国するときにトラぶって、帰国便に乗れないとかなったら、
大変である。罰金ももったいない。

でも~ できるなら泊まりたい。もっと仲良くなりたい。

スッタモンダしまして、ノジマはいろんな人に聞いてくれて、

すると、こうわかりました。

本当に、旅行者はホテルに泊まらなくてはならない。人の家に泊まってはいけない。

そして、見つかったときの罰金は・・・・

なんと、2000米ドル!!

これはあきらめざるを得ません・・・。


(つづく)

近況2:うれしい世界一周紙芝居感想文!
oosaka6
近況2:うれしい世界一周紙芝居感想文!

この夏ウズベキスタンで出会った大阪の小学校の先生が、私のオリジナル世界一周紙芝居
を担任されている6年生のクラスで読んでくれて、子どもたちの感想文が届きました~!
めちゃめちゃ、うれしい!です。

小6年生が、興味を持った国や場所、感想を紹介します!

エクアドルの赤道   3人
ナミビアのナミブ砂漠の気温、 1人
アルゼンチンの氷河 1人
カンボジアのキリングフィールドの頭蓋骨 5人
コスタリカのヘラクレスカブトムシ 6人
ケニアのサファリ 1人
ブラジルのイグアスの滝 1人
ボリビアのウユニ塩湖 2人
ブラジルでサッカー 1人
ペルーのナスカの地上絵 1人
ペルーのマチュピチュ 1人
エジプトのピラミッド 1人
キケンなこと、恐いこともあると知った 4人
小学生なのにすごい。 5人
世界一周した気分になった 2人
楽しそう  5
世界の人と友達になりたい 2人
外国でいろんなことを学べると思う 1人
旅がしたい  3人
差別はよくない  1人

世界一周紙芝居、全国に広がっています!私が1枚1枚作ったもので、プリンタでじーこ
じーこ印刷したもの。読んでくださる方!ぜひ読んでくださ~い!メールくださいね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。