小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カトマンズはインドとチベットがまじりあっているんだね
「カトマンズのデモをみたよ」
カトマデモ


3月12日 カトマンズ ネパール

今日は、朝少し勉強をして、明日、タイに帰るので、タイこうくうに言って、席の確認にいきました。
それから、書いたハガキを日本に送るために、ゆう便局に行きました。
郵便局までずっと歩いていると、赤いはたを持って、何かを叫びながら歩いている長い行列が
いました。デモだとお母さんがいいました。何か不満に思っていることをかいぜんしてください!
とうったえているそうです。
ボリビアでもよく見ました。
でも、カトマンズのデモは、けいさつがついていて、けいさつの車には、すごい大きなじゅうを持った
人がかんししていました。
そして、行列は、広場に入ってきました。広場にはまたまたものすごくたくさんの人が、
はたをもって集合していました。

ぼくたちが泊まっているのは、タメルという、ホテルやレストランが集まって世界中の外国人が
集まる地区ですが、今日歩いたところは、そうでなく、普通のネパール人が歩くところです。
タイこうくうがあったところは、わりときれいでしたが、他は、道も悪くて、砂ぼこりだらけで、
道路にはたくさんものごいの人が「お金ちょうだい」と言っていました。

それから、また30分歩いて、日本レストランふる里に行きます。
昨日いってとてもおいしくてかんどうしたので、今日もいきました。
ネパールの食堂は、たのんでも1時間以上かかるけど、ここは、早いです。
そして、本当の日本の店のように、お皿にきれいにもっています。
お母さんもパパもとてもかんどうしていました。
作っているのはネパール人でした。すごいです。
トンカツ定食はほんとうにおいしかったです。

そして、食べ終わって、スワヤンブナート(モンキーテンプル)のお寺に行きました。
途中、橋をわたっていると、川にブタがたくさんいました。
川は、ゴミだらけで、すごい臭いがします。
見ていると、そのブタを人間がつかまえようとして、何人も男の人がおいかけていました。
ブタの親子はにげました。

スワヤンブナートに行ったら、さっそくサルが出てきました。
ここも、外国人には入場料がいって、現地の人はタダです。
急な階段をのぼっていきますが、その階段にはたくさんのものごいがいました。
手がないひともいました。

サルは、そこら辺に落ちてるにんじんを食べていました。
1番上まで登ったら街がキレイに見えました。
目がある塔があって、その目がマンガみたいで、ちょっとおかしかったです。

たくさん仏像などがあり、たくさんの人が祈ったり、さわったり、くつろいだり
していました。日本のお寺や神社とちがって、いろんなものがハデだと思います。
そして、そうじをあんまりしないのか、神様のちょうこくには、赤い粉や、いろんなものが
ぬりつけられて、きたないのが多かったです。

そして、ホテルに帰って、少し休みました。


「チベットゲストハウスは最高にいいよ」
3月11日 ポカラ→カトマンズ ネパール

今日はポカラ→カトマンズに戻るときです。
ポカラで仲良しになった友達とバイバイをしました。
大きくなったまた会おうと約束しました。

今日はとても天気が良く、山がきれいに見えるので、少し早くバスターミナルに
行って見ました。
山がキレイに光っていました。一番きれいにみえました。

バスが1時間後出発しました。そして予定通り、お昼の2時前にカトマンズにつきました。
ポカラは空気がきれいだけど、カトマンズは、車のはいきガスやすなぼこりがすごくて、
車のクラクションがうるさいです。でも、いろんなものがあって、おもしろいです。

そして、ホテルは、ふじゲストハウスというところに、日本の本があると聞いて、そこにいってみました。
部屋を見せてもらってきんがくをきくと、
35$(ドル4000円ぐらい)と言われました。
部屋はきれいだけど、ベッドは2つで、広くないし、それなのに、35ドルというのは
高すぎとぼくたちは全員おどろきました。

まえ泊まったチベットゲストハウスは、ここと同じぐらいキレイで、ベッド4つもあって、テレビ
もあって、シャワーだけじゃなくおふろがついていて、16ドルだったので、
ふじをやめて、チベットにいきました。

チベットゲストハウスにいくと、顔見知りのけいびいんのおじさんや、ホテルの人たちが
きもちよくむかえてくれました。そして、前と同じ部屋をくれました。
ここは、ぼくたちが今まで11ヶ月泊まったホテルの中でも、安くてすばらしい
ホテルです。
一番いいのは、おふろです。
おふろにお湯をためて、ゆっくりつかることができるのは、さいこうにいいです。
カトマ仏塔目が

カトマの路上

カトマの水場

カトマのタメル2

カトマのタメル1

カトマチベットゲスト

カトマダルバール広場の生き神

カトマダルバール寺でねる男

カトマダルバール3人

カトマスワヤン赤の仏像

カトマスワヤン派手な仏と3人

カトマスワヤンブナート仏塔

カトマ川ゴミとぶた

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。