小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


腎臓ガン摘出手術入院日記
腎臓ガン摘出手術入院日記(2007年10月10日~25日まで)

●10月10日 入院
午前:腸のものを出すために下剤入りドリンクのむ。
昼食:普通食
麻酔科の先生による説明、手術担当先生と看護婦からの説明、薬剤師からの使用する点滴の説明。

麻酔により、「グラグラしている歯やさし歯がとれる場合もある」と聞き、ゲロゲロ。
私の前歯は、4年ほど前に、折れていて、(小学校行事のお年寄りとゲートボールもどきをしたとき、次男がふりあげたクラブがもろにあたり、歯がボロボロとくずれた)、手術が終わって、前歯がとれた自分を思い浮かべたらあまりにも・・・・・ヒサン

でも、麻酔の先生は、気をつけますが・・・とれる可能性高いと。
いやだよー、歯がなかったら・・笑えない・・。

夕食は流動食。その後絶食

●10月11日 手術
11時20分、オペ室へ。
予定より早く、ダンナも間に合わず、ひとりで。
麻酔のための背中にチューブを。痛い。
点滴さしこんで、全身麻酔を嗅いで、あっという間に眠る。

「カヤノさん、終わりましたよ」
と起こされて、「え!もう終わったんですか」と答えたまではよかった
が、その後・・・

いいいいたあああああああいいいいい!!!!!!!!

この世のものとは思えない痛み、息ができないよーーーー
地獄だああ・・
しかし、これは生きている証拠・・

痛み止めがきかないよ。

なんとかしてえ!
どうにでもしてくれええ!

もちろん、一睡もできず。
さらに、体を無理やり動かそうとされるのが、苦痛。
両腕についた血圧計がず---っとプコプコ動き、そのしめつけに点滴の針
をさした手の甲が痛い。足にも、マッサージみたいなのがはめられていて、ぎゅーーぎゅーーーー繰り返す。なんでこんなのつけてんの。
ああ、動かさんでえええ

●10月12日 術後1日め
地獄・・・

地獄なのに、病室に移動。(それまでは手術室横のハイ・ケア室にいた)
前歯がある!ことに気づく。ああ、よかったよかった。

点滴している手の甲がめちゃめちゃ腫れていたために、差し替え。
もともと血管が細く出てないのに、食事もしてないから、ますます出ない。
6回?いや7回ぐらい、さしミスされるのがツライ。
痛いよー、どこもかしこも痛い。

2時間ごとに痛み止めを。しかし、痛み止めを打ったからといって、痛みがなくなるわけじゃない。痛いよ、痛いよ。ただそれだけ。

●10月13日 術後2日め
ああ、地獄・・
痛いのと、呼吸ができないのと・・
時間がのろい。

こんなに痛いのに、歩かなくてはならない。腸が動いてガスが出ないことには食事が始められないのだ。食事ができないと、この苦痛な点滴がはずせない。また、寝てばかりだと、内臓も癒着してしまうらしい。

痛み止めが比較的一番よく効いている時間帯の、打って1時間経ったときに、看護婦さんに手伝ってもらって、2人部屋病室の自分のベッドから、部屋のドアまで歩く。それが限界。

なんと重い体なんだろう・・
しかしながら、今日のノルマ達成。

夜、続いていた点滴の血管痛がまた限界に達す。また差し替え。
また6、7回は
さしミス。つらい。

時間がたたない。今何時なのか、今日はあと何時間あるのか、いつまでこの痛みが続くのか・・・・

母や、友人や、ダンナや、子供たちまで、追い出してしまった。
ごめん・・

●10月14日 術後3日め

腸が動き始めた。ガスが出たことを看護婦さんへ報告。
これで点滴から開放される!血管痛から開放される!

点滴、ドレーン(手術でたまる体液を出す管)をはずす。

トイレまで歩く。ああ、今日のノルマも達成。痛み止めの間隔があき始める。

夕食:流動食

手術のあと、担当医は、摘出した腎臓を母にみせたそうだ。
腎臓は、病理検査にまわされ、悪性なのか良性なのかを調べる。
1、2週間かかると。

腎臓にできる腫瘍は、9割が悪性という。ということは1割は良性の
可能性がある。腎臓の場合は、悪性か良性かを判断する生体検査は通常
しない。何故なら、がん細胞を血液中に流す恐れが高いから。転移を誘発するから。

こんなに痛い思いをして、良性であったら、なんのために・・・とは思うけど、良性であってほしい、とやはり思っている。転移再発を恐れる必要はなくなるから。(結果は23日)

●10月15日 術後4日め

痛み止めがいらなくなる。
背中のチューブもはずす。
これですべて外れて、ああ、らくちん。
ずいぶんラクになったと実感できるようになった。

しかし、偏頭痛が始まる。熱も続いている。それに膀胱炎っぽい。

●10月16日 術後5日め
ずいぶん元気になってきた。トイレもひとりでいける。

お見舞いにみんながきてくれる。

頭がさえている!
生まれ変わったカンジ!

が、あまり眠れない。やはり膀胱炎で抗生剤のみ始める。

●10月17日 術後6日め

体は全身筋肉痛?左肩が異常に痛い。普通の”こり”とは違うので、先生に言う。腕は上がるので、先生はおそらく麻酔の副作用だと。
また、背中もいたい。
しかし、気分はとてもよくて、さわやかー!

●10月18日 術後7日め
はじめてパソコンを開く。
たくさんのはげましのメールに涙が出た。
メールをうつまではいかないが、世界一周の写真をスタンバイでスライドショウみたいに入れて見た。いろんな出来事がよみがえる。
いろいろあったけど、本当に行って良かった。

夜、精神安定剤使わずに、初めて眠れた。

●10月19日 術後8日め
抜糸。
ヘソ上の6センチ傷と、右横の穴傷はふさがる。もうひとつの右横の
ドレーン入れていたところのみ、まだで、防水テープ。
シャワーがあびれるようになる。
大きな傷、
それも体のド真ん中。
初めてまじまじと傷を見た。

あいかわらず、微熱が続いているが元気。

5年以上もあってない友人が、ブログを見てくれて、何人もお見舞いにきてくれる。家庭も仕事も育児も忙しい40代。なかなか会えないのに・・・とってもうれしいなあ。

●10月20日
ガンになったら、玄米菜食。
これがもっとも免疫力を高める食事らしい。
入院前に読んだ本にもそれが書かれてあった。

そっか、玄米菜食にすればいいんだ・・。
そんなに難しいことではない。これならやれると思っていた。

告知されて何冊もガン関係の本を読み、なぜ私はガンになったのか、これからどう生きたらいいのか自問自答していた。術後、痛みから開放されてからも、差し入れしてくれたガンや健康の本を読んだ。何度も何度も読んで見た。

しかし、改めて知ったのは、玄米菜食は、多くのガンになった人は知っていることで、実践していることであることを知った。食の大切さを知り、食を見直し、自然食に戻る、また、これまでの自分を見直し、むりな生き方を改める。それでも、再発、転移があることもまた、現実だった。

再発転移を繰り返しても、今に感謝して楽しく生きている人も多く居る。
ガンがなくなった(自然消滅)したという奇跡の体験もある。しかし、
亡くなる人もいる。こうすれば絶対大丈夫、という方法はない。信じて
実行する、それしかない。

●10月21日22日

免疫を高める食生活と、適度な運動して下半身をきたえる(あたためる)こと、もうひとつはやはり、精神面の改善だ。

私の場合、これが一番の要因だと思っている。

今回、ガンに救われたんだな、とつくづく思う。これ以上ムリなガマン
していたら、狂っていたかもしれない。

なるべくしてなった、と思っている。ガンになって、生まれ変わるチャンスをもらったのだと思う。

HPで見たもので、腎臓は東洋医学でいうと、感情面で「恐れを溜め込む臓器」と言われているとあった。ピンポーン!って思った。私は確かにとても大きな恐れに囚われていたと思う。

ここから、スタート。第二の人生は、苦しみを溜め込まないこと、
上手に発散すること、クヨクヨしない、楽観的になる、・・・・
頭ではわかっていたけど、これまではできなかったことを、ぜひ、実践
していこう。できると信じて。

●10月23日
午前9時、担当医がきて、こう言った。
病理検査の結果がでたと。
そして、「悪性、ガンでした」と。

不思議とガックリこなかった。

今日もたくさんのお見舞い、本当にみんなに感謝。

退院に向けての血液検査と、腎機能検査を。

●10月24日

肝機能をあらわす”ガンマーGTP”が、術後から上昇していて、
昨日の時点でも下がらず。要観察。

腎機能は半分になったが、膀胱炎もひどくならずにおさまった。

退院許可!

●10月25日 退院!
先生、看護婦さん!本当にありがとうございました!
両親、家族や友達、みんなみんなありがとう!
子供たち、よくがんばった!たくさんたくさんほめてあげよう!

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

さすがやね~
こんな状態に陥ってもメモしてたん?
ここまで、こ刻銘に書けるって天才やね。

その後、おかげんはいかがですか?

これから、体調戻していくまでもひと頑張りね。

【2007/11/03 09:58】 URL | かないろまま #ExI6o2I. [ 編集]


かないろままさん

書き込みありがとうございます。

いやー、なかなか経験しない(したくない)ことですからね、メモはさすがにほんのちょっとしか書いてないんですが、1日1日、はっきりくっきり思い出すもんですね。

私の担当医は、けっこう、たいしたことない、と

安心?させるタイプで、私はその言葉どおり受け取って、手術にのぞんだワケですが、とんでもなかったです(笑)。

【2007/11/04 19:00】 URL | かないろままさんへ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。