小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(6)食品添加物のワナ☆ガンが教えてくれた人生改善策
ガンが教えてくれた人生改善策(6)☆食品添加物のワナ

もう、だいぶ前の話ですが、「食べてはいけない」という本が話題になったとき、私はそんなこといったら食べるものがないじゃないか!と思って、ちらっとしか見ませんでした。

でも、さすがに、ガン発覚で、ガンが免疫力低下で起きるメカニズムを知り、免疫低下をおこす原因のひとつが、食品添加物にもあることを知ったからには、・・・・・・・
読みました、読みました、その手の本。

今ではかなーり、詳しいです。ははは。
勉強していると、選ぶことができるので、やはり、健康に問題がある人は読んだほうがいいと思います。

ここではつらつらとそれを並べると長くーーーーなるので(笑)、とりあえず、ひとこと。
なるべく、摂取を少なくするように気をつける以外ない、ということ。
それに、「あたしは気をつけている」と思っている人も、知らず知らずに、摂取していること。
なぜなら、添加物が入ってないものを探すほうが大変なくらい、何にでも入っているから。
そして、あらゆる毒素を出すのに、効力を持っているのは、やはり玄米です!

最近の、中国製ギョーザ事件をきっかけに、便利で安いものは、?(何かあやしい?)と考えるべき?、本物を見抜く力が大切なんでしょうね。

だって、手作りでつくるより、冷凍の出来上がったのが安いなんて、考えたらおかしなことですよね。
うちのダンナも、あの一連の報道を見て、つくりゃーいいんだ!と言っておりました。でも、忙しくて、そうしたいけど、できない、ことありますよね。

もちろん、我が家もかなり中国製のものありました。
とゆーか、我が家は決して裕福ではない(笑)ので、身の回りも中国製品だらけです。中国なくしては生きていけません(笑)。100円ショップでウロウロするのが、私のストレス解消のひとつですし。

それに、話はかなり脱線しますが、私は2度中国に行っていて、中国が大好きです。中国人も大好きです。もちろん、不本意なこともありましたが、一般の中国人は、とてもいい人です。それに世界中に中国人がたくましく、どんなにあぶない国にでも、ヤワな日本人がとても住めないところにも中国人は根付いて暮らしていて、中国料理を食べさせてくれています。

こう書くと、日本より中国がすばらしいの!って思われるかもしれませんが、そんな物事の一面だけ見て、いい、悪い、と言うのでなく、いいところは認める、習う、そして、間違いは正していく、のがいいですよね。
日本は、今、たくさんの問題提起がされています。政治も、国際問題も、食品偽造を含めいろんな偽造問題など。かなり、やばい!みたいな報道ばかりされています。確かに、このままだといけない、でも、日本にしかない良さもたくさんあるのです。世界と比べるとやはり何より治安がいいですし、秩序があります。電車に乗るのにきちんと整列する国はないし、バスに時刻表がある国も少ないし、だいたい時間通りにバスや列車が動くことだってあたりまえじゃないです。そして、ゴミをすてません。もちろん捨てる人もいますが、世界に比べると町はどこもきれいで、清潔です。食文化もかなりすぐれていると思います。勉強家です。まじめです。不良品が少ないし、車やパソコンやカメラやテレビなど、世界中ですばらしいと認められています。日本製は壊れない、高くても日本製が長持ちする、中国製とは比べ物にならない、と、世界中の人々からよく聞きました。

日本は日本ですばらしいものをたくさんもっている。中国も中国ですばらしいものをもっている。だから、敵対せずに、いいところは認め合って、足りないところを協力しあえるようになりたいなあ、と常々思っています。

すみません、大きく脱線してしまいました・・・。話は戻りまして、

我が家にあった中国食品は、まずは、長男が大好きな乾燥ワカメが多量。それに干ししいたけ、冷凍さといも、冷凍インゲンなどなど・・・。

でも、捨てることは・・・できない性分の私は、洗って、湯通ししたり、煮て煮汁は捨てたりして、しっかり使っています。中国産であれ、一度買った限りは、命を捨てることはできない、のです。
よく洗うこと、湯通しすることで、農薬も添加物もある程度、おちるそうですよ。

私のガン発覚以来、我が家では、加工食品は、中国産であれ、日本産であれ、なるべく買わないようにしています。というのは、日本産でも加工食品には、食品添加物が、多量に入っているからです。中国農薬ギョーザで、農薬はいかんと思っていると思いますが、この食品添加物も、かなり怖いものです。

でも、日本ではちゃんと実験などをして、大丈夫なものが流通しているのでは?と思われると思います。

確かに、その添加物の“単体”では、実験して、人体に影響がほとんどない、と証明はされているようですが、実際は、“単体”で使われているわけではなく、いくつもの添加物が混ざって使われています。“単体”の使用ではOKでも、“複合”すると、発ガン物質になったり、“量的にとりすぎ”ると、血液の流れや、肝臓や腎臓などの内蔵機能を破綻になったりするのです。

それに添加物というものは、“自然”に反しています。手間をかけずに、おいしいスープやだしをというのは、“自然”じゃないですよね。色をきれいに見せなくてもいいのに、着色料を使うもの“自然”反しているし、無着色とか書いていながら、発色料(同じこと)が入っていたり、保存料ははいってません、と書きながら、PH調整剤(同じようなこと)が入っていたり、だましあい、みたいですね。

入っていないのを探すのが大変なくらい添加されているのが、アミノ酸(味の素)。

でも、私を含め、今の働くお母さんは忙しい・・・。
添加物をすべて排除することは大変ですが、ひとつからでも、添加物を使わずに“自然”に近づけて、ひとつだったのを、ふたつに、みっつに、増やしていこうと努力しています。絶対的に、添加物の摂取量を減らす、それが目標です。

そのためには、本物を見極める目が必要のようです。

たとえば、しょうゆひとつでも、安いものには、従来の製法ではなく、添加物でしょうゆの味を作っているものがあります。“みりん”ではなく“みりん風調味料”もそうです。添加物を合わせることによって、どんな味も出せるそうなんですよ。粉末のインスタントスープなんて、添加物ミックス実験のたまものですね。

本物のしょうゆは高いです。でも、高いから本物ともかぎらないのです。
たとえば、減塩しょうゆ。
しょうゆは、塩が入っているから、保存がきくのです。塩を減らしているということは、保存がきかなくなります。それを保存がきくようにするために、合成保存料を入れたりするそうです。健康に気遣っての減塩なのに、保存料を入れたら、本末転倒ですよね。減塩しょうゆを買うのなら、保存がきかないのが“自然”で、そういうのを買ったらいいと思うのです。

梅干もそうです。塩が入っているから保存がきく。でも、減塩したら保存はきかない。保存がきかないならきかないなりに売ればいいのに、それなら売れないと、保存料を添加。減塩ならば、保存料が入っていない、日持ちが短い自然なものを買うべきですよね。

添加物をすべて排除することはむずかしいとは思います。でも、なるべく少なくして、自然の味になれてることはできると思います。それと、便利で安いものは要注意!でしょうか。

それと、たとえばハム・ソーセージなどの添加物が多い加工食品も、よく洗う、湯通しすることによって、添加物の摂取を押さえることができるそうです。農薬野菜も、よく洗って、できるなら湯通しするといいそうです。

ほんのちょっとの積み重ねで、1年後、5年後、10年後に出てくると思います。

病気にならないとわからないのが健康のありがたさです。病気として、表面に出てきたもの(私の場合は腎臓ガン)だけを見ていてもダメだと思っています。私の体は、かなりボロボロでした。でも治せるんです。体を治したい。私は切にそう思っています。
そして、これまで、不調信号をムシしつづけていた自分の体にあやまりたいですね。

ごめんね、これからは大切にするから・・・。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

奥様はじめまして。

いつもはご主人のところでくだまいていますw

さて、食品添加物ですが、私も美味しんぼ101巻と食品の裏側(安部 司さん著)を見て考えるようになりました。

セブンイレブンなどはデカデカと合成着色料、保存料無添加を謳っていますが、他の添加物はしっかり入っています。
消費者も悪いですが、企業トップももっと考えて欲しいと思います。

【2008/03/08 23:41】 URL | いつもの通りすがり #mQop/nM. [ 編集]


そうですね。利便性や、利益ばかりを重んじるために、おかしくなっていますよね。
でも、自分が近しい人が、病気にでもならないかぎり、なかなか、知ろうとはしないですものね。
これからは、うそやだましのない本物の企業が、大切にされる社会になってほしいですね。

【2008/03/09 10:56】 URL | いつもの通りすがりさんへ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。