小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


常楽我浄(じょうらくがじょう)
約1カ月、とても悩み続けていた問題の原点が見えてきました。2008年3月24日
くるしい作業ですが、これを越えないと私の人生は変わらないと思えてもきました。
私という人間、人格を作ってきた根っこです。目に見える問題は枝葉でしかない・・。
今までずっとフタをしてきた問題に、こうして向き合うきっかけになった、ガンにまた
感謝だなあ、と思っています。

人に薦められて、今、毎朝夕、お経をあげています。
お仏壇には、ダンナのご両親がいらっしゃいます。
お経は般若心経と、延命十句観音経。
その中で、<常楽我浄>というすばらしい言葉と逢えました。


<常楽我浄>の四徳とは?

常徳 : 無常の世の中を生きていくのに無常を大切にしていくとやがては
      不安のなくなる平常心が具わる。

楽徳 : 苦の世の中を生きるには、苦をよく噛みしめていくと苦からいろいろ
      教わり苦が苦痛でなくなる。

我徳 : 自分ひとりの力で生きるのではないさまざまな縁に助けられ支え
      られて生かされ、また、他を生かしていくと言う自利他利のはたらき。

浄徳 : 苦だ、楽だと分け隔てをしない。
      浄だ不浄だと選り好みをしない平等の智慧と慈悲
 

私は、”無常”という言葉が大好きなんです。
好きになったのは、1994年、私がひとりで世界一周していたとき。
1冊の本、”般若心経”の中で出逢い、救われました。
”常では無い”ということです。
時は流れ、すべては移り変わっていく、ことです。
よいことも、悪いことも、すべては、移り変わっていく。
だから、とらわれずに生きていく。そうすれば真のやすらぎがある。
”無常”を大切にするという教え。

私は”旅は人生の縮図”という言葉が大好きなんですが、
それは、この”無常”のエキスがいっぱい詰まっているからなんです。

単に、旅は、人生と似ていて、人生の縮図のようなもの、という意味だけではないんです。

旅も人生と同じで、いいことも、そうでないことも起きます。でも、人生の縮図だから、
どっちも短いんです。いいことも、そうでないことも、展開が早い。展開が早いと、”無常”
がよくわかるんです。”無常”にとらわれることなく、大切に次に進む、前に進むと、
また、いいことも、そうでないことも、また、起きていく。
それをくりかえすうちに、悪いことが起きるからこそ、いいことがものすごい感動になるし、
今悪くても、きっとよいことがくる、ことがわかってくる。
また、よいときにも、それに、とらわれずに、調子にのりすぎずに、大切にすごすことが
できる。
そして、いいことも、そうでないことも、あるからこそ、充実があるということを身をもって
感じることができる。
たくさんの人の助けや支えで旅をしていることに、気づく。



お経をあげ始めて数日後の真夜中、私は光を見ました。
その日、ちょっとした奇跡がありました。
きっと、いい方向に向かっているのだと信じています。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

美都子さん、こんにちは。
とても心に染み入る言葉、ありがとう。
常楽我浄、無常、旅は人生の縮図・・・何度も読み返してしまいましたよ。
きっときっと、いい方向は向かってますよ!絶対に!!
また、メールします。

明日は、卒園式で大泣きしてきます。

【2008/03/24 23:06】 URL | ほなみ #- [ 編集]


いつもありがとうございます!
卒園式、いかがでしたか?
私も長男の卒業式、泣きましたよ。
泣いてストレス洗い流しましょう!

【2008/03/26 18:11】 URL | ほなみさんへ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。