小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


グアテマラにきました!
5月3日(水)グアテマラ ケツアルテナンゴ(通称:シェラ)

ウエウエテナンゴからバスで2時間、グアテマラ2番目の都市ケツアルテナンゴへ到着。
ここはこっちの人は「シェラ」と呼ぶ。

ウエウエもそうだったが、バスターミナル(アウトブス テルミネル)は強烈だった。
まず、長距離バスの呼びこみ、どこがどうなってるかわからないようにバスがあっちこっちに突進してくる。市場と合体していて、やたら路上物売りや屋台も多い。食べ物のにおいとその素材の肉野菜果物のにおい。路上にしみついた食べ物のにおい・・。ターミナルであるのに、
切符売り場や待合室というものがない。バスがどっから出発するのかもわからない。

ウエウエが地方の都市だからかと思っていたが、ここ第2番目に大きいシェラでもそうであるってことは、これがグアテマラなのだ!と思った。メキシコとの大きな違いのひとつ。
メキシコがどれだけ、日本に似たシステムでバスが走っているかを思い知った。

ここがシェラだとおろされて、右往左往する私たちに、バスの呼び込み男達が、なんだかんだ叫ぶように声をかけてくる。目の色をかえて、私たちに突進してくる男もいて、ほんとにキョーレツな空間だ。合体している市場では、なんでも売っている。ほんとうに何でもかんでも。
何度も言うが、この国のアウトブス テルミネルはすごい。

セントロまでのアウトブスはどっち?
市場の人に聞きながら、この市場を抜けるとやっと、道路が見えてきた。市場のおばちゃんたちはたいてい私たちをとても珍しそうに見ている。ブレノスタルデス!声をかけてくれる人もいる。道を聞けば、親切におしえてくれる。カメラをむけるととても恥ずかしそうにする・・。

この町には、スペイン語学校がたくさんある。グアテマラは、世界で一番スペイン語学校が安いのだ。スペイン語を習うのに、世界遺産の街アンティグアが有名だけど、ここシェラの方がさらに安いらしい。
明日は、そのスペイン語学校のエル・ケツアールにいってみる予定。


5月2日(火)グアテマラ ウエウエテナンゴ2泊(1泊110ケツアール)
(1円=15ケツアール)

4月30日(土)3ヶ国目、グアテマラに入国(国境ラ・メシヤ)




では、今までたどってきたルート&メキシコのまとめを。

4月10日空路ロサンジェルス入り→(バス1時間)アナハイム・ディズニーランドへ2泊→
(アムトラック鉄道2時間)アメリカ側国境サンディエゴ→(徒歩)メキシコ側国境ティファナ
1泊→(バス22時間)ハバカリフォルニア半島の南の町ラパス・2泊→(船17時間)
マサトラン→(バス9時間)グアダラハラ1泊→(バス5時間)グアナファト2泊→(バス4
時間半)メキシコシティ7泊→バス(14時間)メキシコ南部サンクリストバル・デ・ラスカサ
ス2泊→(バスで3時間半)メキシコ側国境のシウダークアウモテックへ。出国手続
きをして、タクシーで4キロ離れたグアテマラ側の国境ラ・メシヤへ。

ラ・メシヤからは、メキシコで乗ってきたバスとは雲泥の違いのオンボロ&ど派手バスにのり、
荷物置き場もなく、荷物に人に押されながら、ぎゅうぎゅう詰めで2時間。ウエウエテナンゴという名前の町に到着。この街に2泊する予定。



キューバ行きをやめたので、10日ばかりグアテマラ入りが早くなりました。

やめた理由は、キューバは物価がこのメキシコより高い!そうなんです。(いやー知りませんでしたー)
メキシコはこの2、3年で急激に物価が上がっているそうで、私の予想していた物価を上まわっているというのに、さらに高いなんていうのは、ショックでした。

地図で見ると、メキシコのカンクンからはキューバはめっちゃ近く、ガイドブックにもカンクンからキューバ2泊3日ツアーがビザ込みで260米ドルぐらいで行けるとある。ならば、行かなきゃそん!・・・と思っていた。が、現実、これまで、メキシコは本当に広い国で、移動費(長距離バス代)がかなりかさんでいて、1日あたり1人2千円という
今回の経費を大幅に超えてしまっている。
しかし、社会主義の雰囲気や、親日的な人々、楽しい音楽と踊り・・行って来た人からは
キューバなんともいいよーとも聞き・・・。

なんで物価が高いかというと、キューバでは昔の中国と同様、庶民が使う紙幣と、外国人紙幣が分けられていて、同じ単位なのに価値が違うという現実。外国人は庶民より何倍もする紙幣を使わなくてはならないので、外国人はお金がかかるわけです。

また、格安のツアーで行って来た人の話によると、キューバの良さを感じるのに、ツアーでは短すぎて、やはり1週間は必要だと思ったと。4人分の航空券とビザ、1週間最低の滞在費を考えても20万円はかかるので、かなり悩んだあけぐ、今回は1年世界一周を達成するために
断念しました。

1人旅とちがって、家族4人になると、毎日、お金が飛ぶようになくなっていく気がします。
また、なにかとこざこざ出費がおおいです。(スナック菓子やアイスクリームやジュースや・・)
(これら必需品でないもの、冷蔵庫・冷凍庫が必要なものは、日本と同じぐらいの価格)

・子供達がサッカーができてよかった!!
予定していた「神風サッカークラブ」との連絡がとれず(紹介してくれると言っていた現在
チリのご夫婦とネット上で連絡はとれなかった)しかし、そのかわりに、宿の近くでサッカー
をしていたアレックスたちと仲良くなれて、本当によかった!

・私のライフワーク、メキシコのストリートチルドレンを救ってきたプロレス神父(暴風神父)
フライトルメンタにあう目的を達することができました。
これも、いくつかの偶然がかさなって。

まず、旅の交流会のメンバーの小林さんに頼んでいたフライトルメンタを取材したカメラマンの人と連絡がとれ、すぐその方(米倉さん)から、フライトルメンタの住所をメールでもらいました。

その、住所を見ると、メキシコシティでなかったので、宿のサンフルナンド館のオーナーアドレアナさんに尋ねると、シティから40分行ったテスココという町と、2,3時間離れたサパタという町だと。

またバスかあーーと思っていると、同じ宿の1人旅の女性が私の所にきて、
「あのー、フライトルメンタのところに行くんですか?」と。
聞けば、彼女も、フライトルメンタに会いたいと思っていて、雑誌に4ページもの記事のコピーを持っていて、
「住所がわなからなくて・・困っていたんです。で、アドレアナさんに話したら、くめさんが住所、もってたわよ」ということになり、一緒に、探しに行くことに。

偶然にも有力なパートナーができました。

多分、私だけじゃ、きっと、子供達もダンナもグズグズ言い出して、探し当てることできなかったと思います。これも神様のおかげですね。

で、翌日、私たちは、近い方のテスココへ。
テスココで降りて、住所を頼りに、タクシーに。しかし、その住所にはたどりつきません。
運ちゃんも車をおりて人に聞いてくれるのですが、?
電話番号に電話もしてくれるのですが、違うのか、それもダメ。
とにかく、ここらへんだからとタクシーをおり、また民家の人に、尋ねてみました。
でも、やはり、ここらへんだけど・・・という感じで、たどりつかず。
そして、また、民家のおじさんは、電話をかけてくれました。
すると、今度は、おじさん、うんうんうなづきながら、ココに来るからちょっと待ってて、と。

というやいなや・・1台の車がすーっと止まりました。

へ?
おどろいている私たちに、車に乗ってやってきた男性は、
「フライトルメンタ?」
「しー(イエス)」
「のって、のって」
こうして私たちは車にのって、目的のフライトルメンタの教会に連れていってもらった
のです。

そして、その後、彼は、自分の家にフライトルメンタが午後1時に来るから、待つか?と
聞いたので、私たちはもちろん!と。

で、彼は家に連れていってくれました。その自宅は私たちが住所を頼りに探していた場所の
近く。そっか、この男性は、最初の電話から、私たち日本人がフライトルメンタを探して
ウロウロしていることを知って、車で迎えにきてくれたわけです。

彼の自宅は、めっちゃキレイな家でした。ビールやテキーラをもらって、辞書を片手にいろいろ
話しました。
まずは、こんないい家に住んでいるからして、職業は?と
「弁護士」
ほーエリート。だからこんないい家にすめるんだと納得。
リビングには、彼が博士みたいな格好して写っている写真や、結婚写真が。奥さんもキレイ
な人で、彼女も弁護士で、今日は仕事をしてると。

でそんなリッパ彼が、フライトルメンタとの関係は?

いやーこれがすごい!
なんと、彼は孤児なんだそうです。7歳のとき、フライトルメンタのところにきた。
自分にはパパもママもいない。フライトルメンタがパパだね、と。

フライトルメンター現在61歳。プロレスを引退して4年。神父になって、孤児やストリート
チルドレンをたけすけて35年以上。

パパもママもいない孤児の彼を、食べさせて、学校にいかせて、彼だけでなく、たくさんの
子供達を、プロレスという体をはってお金をかせいで、子供達をりっぱに育ててきていて、
それが、今目の前にいる彼。

そして、おどろいたことに、彼は、今フライトルメンタジュニアとして、時々リングにたつ
のだそう。

そして、約束の1時、私たちは、フタイトルメンタに会うことができました。やったー!

20060429090110.jpg








さて、メキシコのまとめ。
1ペソ=10円

・(世界遺産などの)観光地は、宿もレストランも高い!
(ツインの部屋:300~400ペソ)
(大衆レストラン:大人二人分少な目に頼んでも150~200ペソ)
・メキシコで安いのは、地下鉄(2ペソ:20円)、路線バス(2.5ペソ~:25円~)
 小さいフランスパン(0,7ペソ:7円)
 カップラーメン(3.5ペソ:35円)
・メキシコはとっても広く、長距離バスは、キレイだけど結構高い。バスはたいてい遅れる。
・トイレが有料!(2,3ペソ:20円30円)バスターミナルの待合室も有料!地下鉄
 代と一緒!
・ちょっと田舎だとランチセット(スープ、メイン、デザート)が1人分25ペソ
・屋台のタコスは5コ15ペソぐらい(150円)、5コといっても、めっちゃ小さい
トルテージャ(とうもろこしをつぶして練って平たく焼いたもの)に、肉がちょろっと
のっかっていて、あとは、サルサやたまねぎトマトをのせてたべる。
・ネットカフェ:日本語は読めない、打てない。1時間5ペソ~15ペソ
・セルベサ(ビール)コンビニ7,5ペソ、スーパー6缶で29,8ペソ、レストラン15
~20ペソ
・米1キロ、6.9ペソ
・ヨーグルト4個パック、3.5ペソ

4月29日(土)メキシコ南部 サンクリストバル・デ・ラスカサス
        馬に乗って、先住民の村、サンファン・チャムラ村へ行くツアー参加
        ひとり100ペソ

子供達もそれぞれひとりずつ馬に乗り、約1時間かけて、村を目指す。
最初は、次男光が馬からおっこちないかと心配していたが・・・途中から、馬が走り出し、
人の心配できるような様ではなくなってしまいました。

体力が一番なく、体重も重いし、途中からおしりが痛くてしかたなくなり・・・私は
「もー走らんでええええー」と叫びっぱなしでした。

おかげで、全身打撲傷!手のひらはすりむけ、皮はむけ、お尻の尾てい骨がすりむけ、
内臓がひっくりかえって痛くなって、腰が痛くて、ああ、もう二度と乗らん!と思いました。

一方子供達は、とってもたのしかったーそうです。もう、慣れた。もっと乗りたいって!
人の心配より、自分の心配しなきゃならない、と痛感した私でした。

というものの、馬は走らなければ最高にいい気持ちです。走らなければ・・

チャムラ村は、ちょうど市があっていて、先住民の格好をした女性達がいろんなものを
売っていました。残念ながら、カメラは禁止。カメラは魂を取られると思っているのだそうです。

4月28日 メキシコ南部 サンクリストバル・デ・ラスカサスへ到着

到着未明午前4時! 予定より4時間も早く到着しました。メヒコハスは必ず遅れるから、
(今まではいつも遅れた)朝10時ぐらいかなーと勝手に思ってましたが・・・。

なので、到着したターミナル内で、寝袋でゴロン。朝を待ちました。

朝になって、町の中心、ソカロへ。徒歩15分ほど。

日本人宿カサカサに電話してみるが、ノーアンサー。カサカサは町から1キロほど離れていて
しかも、9人しか泊まれない広さらしいので、事前に電話で空きを聞こうと思ったが、何度
かけてもノーアンサー。

あきらめて、ソカロ周辺でホテル探し。3件あたって、一番、感じがいいところに決めた。
1泊200ペソ。ダブルベッドふたつの部屋。

家族4人単位になると、宿探しがちょっと難しい。宿によっては、子供も1人と数える、1人
いくらといってくる時もある。子供は一緒に寝るから、ベッドは2つあればいい、と言って
わかってくれる所と、同じ部屋であるのに、子供チャージをよけいに取るところもある。

この時はフロントの女性が、2ベッドの部屋の金額で、ベッドが3つある部屋に案内してくれた。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

グアテマラにきましたね~
家族の旅にそろそろペースがつかめてきたとこですかぁ~?
バスターミナル(アウトブス テルミネル)のようすは、文章表現上手なので、よ~~くわかる気がするけど、その場にいる実感は、たぶん違うんだろうな~って思いました。

こうやって自然体の体感になっていく、子ども達は以外にすんなりなじんだかた思えば、のどが渇いたとかおなか空いたとか、大人は、喉が渇くから甘いものは、とらないでおこうと思えてもその変は、子どもは無理だったりするものね。
福岡にいる子どもたちに比べれば、心が強くなってるんだろうな。

【2006/05/06 07:42】 URL | かないろまま #ExI6o2I. [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。