小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私の”金八先生”
先月3月で終わりましたが、金八先生を子供たちと楽しく見ていました。
私は、金八先生というと、いつも思い出す先生がいるんですよ。
2008年4月13日

実は・・私は子育てに結構翻弄?というか振り回されて、いつもアタフタしています。
子供たちを赤ちゃんのときから海外につれていき、インドやモンゴルでボランティアしたり子供支援施設を訪問し、家族4人で世界一周したりしているので、何かすごい教育ポリシー?があるように思われることも多いのですが・・・・、
それは単に私にとって旅することが人生そのもので、旅が人生の師匠なもんで、旅が大好きなので、一緒に行っていますが、やはり私が子供たちに望むのは、ひたすら”思いやりのある人間になってほしい”ってことなんですね。

この2月から3月にかけてが、私が子育てについて一番研究したと思えるぐらい研究しました。
ちょっと具体的に悩みがあったので、いろんな無料相談に何度も、電話やメール相談をしました。
そんな中、ふと、”私の金八先生”のことを思い出して、連絡をとろうと思ったんです。

その先生は、私が中学3年のとき、大学を卒業したてで赴任してこられた男の先生。私が14歳のとき、先生は22歳だったと思います。年が8歳しかちがわないわけで、今となれば、年齢差はあってないよーなもんですが、先生、ほんと、いい先生なんです。

中学3年の当時は、、、、先生に反抗もしたり、ばかにしたりと、本当にめちゃくちゃなまいきだったですね。先生も、若かったし、もう、まじで怒ったり、何度もなぐられたし(笑)(殴っても問題にならない時代でした(笑))

でも、すっごく、あたたかい先生だったのです。

先生は同じ町内に1人暮らししていたので、よく何人もでおしかけたりもしました。
高校生になっても、やっぱり、よく、おしかけたりしてました。

短大に入ってすぐ、私はいろいろあって、家出をしたことがあるんですが、そのとき、先生は結婚したばかりで、にもかかわらず、その新居に転がり込みました。

私が社会人になったころ、先生は、長崎の人だったので、長崎の中学校の先生になりました。

先生が長崎に行っても、私は、ときどき、先生のところを訪ねました。
いつも、何か苦しいことあって身動きがとれなくなっているとき、人生に挫折したとき・・・

結婚して、子供が生まれて、子供たちをつれても行きました。

そうそう、先生が、先生業を休止して、兵庫の大学院へ行ったときも、兵庫まで遊びに行ったことも。

いつも先生は、なんでも聞いてくれて、私はたまったストレス発散するかのように、しゃべるばかり。
そして、いつも、最後にこう言いました。

ミトコ(私の中学時代の愛称)の話を聞いていると勉強になるよー。って。

それと、先生に「なんで中学校の先生になったの?」と聞くと、
「中学生が好きなんだよ。中学生って、子供じゃないけど、大人でもないやろ。すごく大切なときなんだよ。自分は、そんな中学生が大好きだから」

今回、先生とすご^-く話がしたくなったんです。
というのは、我が家の長男も中学1年生。思春期の中学生の心?を聞くには、対応するには?と
先生に聞きたかったのです。

でも、ここ7年は年賀状だけのやりとりで、年賀状には住所だけ。知っている電話番号にかけたら違う人の家になっていて、おかしいなあーと思いながら、NTTでしらべたけど、わからなかったんです。

何年も前、メールでやりとりしたこともあったけれど、私のパソコンが壊れてたりして変わっているから、わからない。

そうなると、何が何でも、連絡を取りたくなってくるんですねーーー。

それに、今、探さないと、もっと、探しにくくなるような気もしてですね。

だから、長崎県の教育委員会に電話して、事情を話して、探してもらって、本人から、私に連絡を
してもらうように手配してもらいました。

結果、数時間後、先生から電話がかかってきました!!
先生の年賀状に電話番号がのってないし、前の電話番号かけたら、違うところにかかったよー
と文句?いいながら、先生は、どうしたー?と長いこと話を聞いてくれました。

そして、先生は、ずっとずっと聞いてくれて、最後に、
子育ては、自分育て、であるんだよ。と。

胸にズンときました・・・
そうなんですね。自分がもっと成長するために、子供に向き合っていくんですね。
子供にちゃんと向きあっていくことで、私自身の成長につながるんですね。
そのために、私は、親にさせてもらったのですね。
私に、さまざまな問題は私に必要なんですね。

それと、今回改めて、先生の聞き術に感動しました。先生には、こうすべきという強制がまったくないんです。話を否定することもない。

これだなあ・・と思いました。私にかけているもの。


また、先生に教えてもらいました。本当にありがとうございます・・・



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

はじめまして!
「ボクたちの世界一周」の本から来ました。
えーと、わたしは、久米さんの金八先生の子どもです!笑
次女の優衣子と言います。
久米さんが本を送ってくださり、読ませていただいたのですが、もう本当に感動して涙が出てしまいました。子どもが純粋な気持ちで世界に出逢って感じたものは、もうどんなに素晴らしいものだろう!と思いました。小学生の息子さんを1年間の世界一周に連れていくと決めた久米さん夫婦が、なんて素敵なんだろうと思いました。
大変な苦労があったと思います。
大変な困難があったと思います。
でも、わたしは子どもの立場として言わせていただいたら、消えることのない、ずっと胸の奥で輝き続ける宝物をくれて本当に心からありがとうと言いたいです。
子どもは忘れません。
表面的には、そんなことなかったかのように忘れていると思います。
でも、ちゃんと、心の奥の大事なポッケにしまってあります。
小さい頃海外やいろんな場所へ連れて行ってくれた親に対して、私自身が実体験として今言えます。
胸にしまっていた小さなキラキラした宝物は、私の人生に多大な影響を及ぼしています。
小さい頃に感動した体験が、勉強よりも何よりも、今夢に向かって頑張れるすべての原動力になっています。
子どもの心って本当にすごいんです。
ずっと、覚えているんです。

ありがとうございます。

世の中に久米さん夫婦みたいな親が存在することが、最高にステキで、最高にうれしいです!

近いうちに久米さんFamilyに逢いにいきたいです(*^^*)

【2008/05/16 11:59】 URL | 優衣子 #- [ 編集]


優衣ちゃん 書き込みありがとう!

びっくりしたよ~!

本も読んでくれて、ありがとー!

なんか、優衣ちゃんの文章読んでて、めちゃめちゃ感動して涙でてきたよ。


【2008/05/19 09:41】 URL | くめ→優衣ちゃんへ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。