小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(2)世界一周ウラ話~メキシコ・フライトルメンタに出会えた奇跡~
本には書かなかった世界一周ウラ話(2)
       ~メキシコ・フライトルメンタに出会えた奇跡~

本は子どもの目線を大切にしていて、シンプルに書いていますが、実は、ひと
つひとつの出来事のウラ話があったり、めちゃくちゃ苦労をしたり、家族が空
中分解?したり、怒りが煮えたぎったり・・・と本当はいろいろありました。
それらを、このメルマガでお話していきます。

今回は、旅の最初、2か国めのメキシコ。
マリオフライトルメンタ

本では、さらっと書いている、私が会いたい”フライトルメンタ神父”(メキ
シコの貧しい子どもたちや孤児のためにプロレスで体を張ってお金をつくり孤
児院をつくり、3000人を育てた神父様)ているのに会うまでは、かなり苦
労したんです。あきらめてしまいそうでした。

それに、家族4人で一緒に行動するということは、家族の心がその目標に向か
って一致しているときはいいのですが、こういう家族のひとりが会いたい行き
たい!というのは、その人任せになってしまい、なかなか協力ができないのです。

だから、住所しかわからない人を、メキシコではかなり有名人(その活動は映画
にもなった)に、いきなり会いにいくというのは、至難の業ですよね。 また、そ
の住所で宿のオーナーに聞くと、メキシコシティの郊外で、さっぱり見当がつか
ず、だから、どうしようか・・・と思っていたんです。

そんなとき、たまたま同じ宿に泊まっている女子大生の女の子が、私に
「あのーーー、フライトルメンタに会いに行かれるんですか?」と。
彼女は、フライトルメンタの記事をもっていて、会いたいと思っているけれど、
どこにいけばいいかわからなくて、宿のオーナーに聞いたそうです。すると、オー
ナーから私のことを聞いたと。

というわけで、フライトルメンターを探したいという彼女という仲間ができたこと
で、思い切っていくことになったのです。 しかし、住所が違うらしく、タクシーに
頼んだにもかかわらず、番地が違うぐらいの町内程度にはいるはずなのに、探して
いる教会はまったくないのです。メキシコ人はとても親切で、いろいろ協力してく
れました。

にもかかわらず、ない。
暑いし、きついし、子どもたちも、パパも、ブーイング。

こういうときは、遠慮がない家族というものは、けっこう、辛らつなもんです。ひ
とりであれば、もっと探せるし、間違ってもそれは自分が選んだ道なので、自分で
背負うし、そのうちに、出会いがあって、また導かれて、また間違って、を繰り返
して、会いたい人に会えたり、目的地にいけたりするもんなんです。

そして、それが、旅の醍醐味。

しかし、グループ行動、特に、遠慮がないと、なかなか・・・・ で、もう、今日は
あきらめようか、と何度も思いました。明日、家族は置いて、私だけでもう一度探し
てもいいし・・・と。

もともと、子どもたちにとっても、パパにとっても、会う価値がそれほど見出せて
なかったし。 でも、そこは、他人であり、フライトルメンタに会いたい!と本気で
思う彼女がいてくれたので、家族のわがままが少し抑えられ、”ぐずぐず”してい
るうちに、出逢いがあり、本で書いているように、連れて行ってもらうというすば
らしい出来事に結びつきました。

あまりにすばらしい偶然がかさなって、我が家では、フライトルメンタと会えたこ
とはかなりのいい思い出になっています。

この”ぐずぐず”って、大切なんですよ。困ってどうしようもないとき、誰かに聞
いてもわからないとき、「そうですか、ありがとうございます」と、すぐあきらめて
は、それで終わってしまうんです。なにも手がかりがないときは、”ぐずぐず!して
みる!これも世界旅のコツです(笑)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。