小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(5)世界一周ウラ話~子連れ旅のムズカシサ
本には書かなかった世界一周ウラ話(5)
       ~子連れ旅のムズカシサ(ニカラグア国境)~

  
今回は、ホンジュラスからニカラグアへの国境での小トラブル。
ニカラ国境
↑これがこのトラブルのリキシャ(笑)!
↑この橋は日本が作ったもの!


中米は、TICAバスというメキシコからパナマまで、首都間をビヤーと結ぶ
国際バスがあります。

それだと国境を越えるのもラクと聞いていましたが、私たちは、地方にも行き
たかったので、国境まで普通のバスに乗り、国境を歩き、入国して、その国の
バスに乗って、移動していました。

ニカラグアの入国審査場では、自転車リキシャが数台、ピーチクパーチクと
寄ってきて、荷物を勝手に載せて、わけのわからない子どもたちも乗せてしま
ったのです。リキシャ同士、私たち客を取り合って、ぎゃーぎゃーと言い争い、
人の荷物を勝手に、こっちに置いたり、あっちに移したり。

一旦は荷物も降ろし、子どもたちも降りたのですが、結局、また乗せられてし
まいました。

こういう国境の、しかもガンガンの客引きで、外国人によってたかろうとする
男たちは、たいてい、ぼったくりなんですね。

だから、国境では乗らずに、しばらく歩いて、庶民エリアに入ってから乗った
方がいいのです。しかし、こういう人たちはめっちゃしつこい。彼らもこれで
生きているので必死なんです。しかも、この時、外国人は私たちの他には、
ドイツ人の女性バックパッカーのみ。

もしも、私1人なら、または、自分のことは自分で守れる大人同士なら、こんな
客引きなど相手にせんで、しつこかろうが、ムシしてさっさと歩けばいいので
す。

しかし、子供づれ。子どもは、「まあ、親切なおっちゃんたち!、乗せてくれ
たよー」とのん気。今回は、バックパッカーでなく、貧乏旅行のないダンナも、
子どもと一緒に、乗っちゃってて、ああ、もー!

ましてや、炎天下。気温はもちろん30度を越えていて、重い荷物持っている
だけでもうっとおしいぐらいの猛暑。

ドイツ人女性も、あきれながら、客引きを追っ払っていたのですが、スペイン
語がわかる彼女は、彼らと、バス停がここから少し離れていることを聞き、そ
れならしょうがないと乗ることにしたんです。

もちろん、乗る前に、料金は交渉。そう交渉成立したにもかかわらず、やはり、
到着したら、ぼったくってきましたよーーーー!

1台、いくらで交渉成立したのに、1人いくらって言うのです。よくあること
です。

私がひとりなら、そんなぼったくりは無視! そして、交渉成立した金額を
渡して、さっさと安全な場所に逃げます。

が、今回のように、子供2人連れ、また、パパという大きな子どもも1人。荷
物は全部で6コあり、非常手段に備えてなく、背負ってもいない。
やばいなーーーー。

しかし、ここで負けると、日本人がゆるいと思われてしまう!しかし、相手は、
荷物と子どもを人質でもとったというような、鬼形相・・。

やばいぃーー、どうするか!

黙っててもなんなので、聞いてみました。
「じゃあ、いくらなの?」
「○○コルトバ(ニカラグア通貨)」
「コルトバ、持ってないのよね」
「なら、○○レンピーラ(ホンジュラス通貨)」
「米ドルならあるんだけど~」
「ドルでいいけど・・。(?)」
と言いながら、米ドルっていくらなん?という顔をしました。
ん?

どう考えても、コルトバとレンピーラの換算がおかしいし、米ドルの価値も分
かってなさそう。これは、チャンス!と。

「じゃあ、ドルで払うわ。」と、私は、お金を探そうとする仕草。探さなくて
も5ドル紙幣(4人で550円。交渉成立したもともとの金額)はポケットに
あるけど、わざと。払う意思があることを示して、ちょっと安心させて、時間
稼ぎ。

そして、探すフリをしながら、私自身が男たちに寄って、子どもたちには、荷
物を持って、バスの方に行くように指示。

私ひとりになって、お金を渡す。男たちは、5ドルを受け取り、
いったいこれはいくら?、
そんなもんかな・・・と。

その間に、さっと、私たちは乗り合いバスに乗りこむことに成功。

バーイバイ~!ぼったくりさんたち。私の勝ち~!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。