小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガテマラ写真ダイジェスト
メヒコグアテ国境

メヒコーガテマラの国境。

バスターミナル

ガテマラのバスターミナルは市場と合体している。結構キョーレツ。

子供とメリッサ先生

ゲツアルティナンゴ(通称:シェラ)でスペイン語学校へ。子供達の先生はメリッサ先生。とっても優しい先生でした。


ステイお兄ちゃんサッカー

ケツアルティナンゴでは勉強のために、家族が2つにわかれホームステイ。こっちはママ光組のステイ先。たかも来て、ステイ先のお兄ちゃん(16才)と毎日サッカーしたよ。中庭がこんなに広いんだ。


ステイ先夕食

ステイ先の夕食。つくってくれるのは、下のふたりのおばちゃん。
ステイ先のおてつだいSな





シェラ泥棒宿?

ここはケツアルティナンゴの安宿。2泊泊まった。1泊1部屋80ケツアール。(1200円)ひとりなら40ケツアールで泊まれる。こんな風に真ん中が吹き抜けになってて、みんながくつろげる空間がある。部屋もまあまあキレイで、しっかりホットシャワーも出る快適さ。しっかし、ここは、なんと泥棒宿!だと。私たちは被害をうけなかったが・・。

サンクリで乗馬

話はちょっと逆戻りするけど、これはグアテマラに近いメキシコのサンクリストバルデラスカサスで乗馬で先住民の村にいくツアー。
たかも光も、もちろんパパママもひとりずつ乗馬。行き帰り約2時間馬にのっていく。光が馬からおっこちないように、最初は光を心配してたけど、一番落馬しそうだったのはママ。子供達はふたりともめちゃうまだった。ママは、以来1週間、手のひらはすりむけ、全身は打撲傷。


サンクリガム売り少年

そのサンクリの町でよく見かける子供の売り子。ガムやチョコ、1本売りのたばこなどがセットになってる台を首にかけて町をうりあるく。もちろん、歩いているだけでは誰も買ってはくれない。自ら、旅行者に近づき、買って!とアピールしつづける。エライなあ。ほんと。

サウレウ空手

グアテマラ国境からバスで2時間、ウエウエテナンゴという町にあるサクレウ遺跡。なんてことない?(といっては失礼だけど)んだけど、ここは、芝生で市民の憩いの場所。サッカーなんかもしてる。そこで、パパがお得意の少林寺拳法のかたをやりだして、あつまってきた子供達と
青空教室。
サクレウひかる

で、ひかるとガテマラの子供もたたかった!


チキンバス

これがガテマラでずっと乗ってきたチキンバス。ドアはあきっぱなし。窓はわれていることも多し。これにとにかくむちゃくちゃこれでもかーと乗る。しらなかったが、この手のバスがスリや強盗にあうこと多々あるらしい。(私たちは遭わなかったが)ところで、なんで、チキンなのかなあ?と思っているが、次の瞬間、その理由が・・


チキンバスの意味

理由はこれ!これはケツアルティナンゴから1時間弱ぐらいいった町の金曜市で売ってた、生きてるキチン。小さいかごにぎゅうぎゅうに入れられて首だけ網から出している・・。ああ、これって、チキンバス状態!なるほどお・・


市場のうさぎ

生きてるものも売り買いする市場では、チキンだけじゃないよ。うさぎも。このうさぎさんもたべられちゃうらしい。

市場うしこ


市場うし

うしもだよ。大きいのは1頭、4000ケツアール。6万円!
市場のぶた

ぶたは、大きいの300ケツアール(4500円)小さいの200ケツアール

市場あおぞら

市場はこんな感じ。市場の食堂

市場には食堂があって、ガテマラ料理が食べられる。だいたい一皿、10ケツアールぐらい。(150円)スープ定食がうまいよ。我が家の場合は、たいてい3皿頼んで、4人で食べるパターン。そうすれば1食、500円以内でおさえられる。市場ばんざい!


市場の織物

ガテマラレインボウと呼ばれる美しい織物。ほんとうにきれい!中南米の中でも一番色が美しいらしい。(中南米まわってきた人からきいた)
が・・・なんと、この国では、船便という手段がない。正確にいうと、郵便局は、航空便しかあつかっていない。ビジネスで輸出入する人はどうしてるのかなあ・・。直接船会社なんかにお願いするのかなあ。とにかく、航空便はおそろしいぐらい高い!ここでいっぱい買って日本に送りたいと思ったけど、船便がないのは致命的・・。

強烈バスターミ

ガテマラで一番驚いたのはやはりバスターミナル。いやいや、ターミナルって感じではない。市場の中にバスがごちゃごちゃ発着しているって感じ。バス会社は(みんな同じチキンバスにみえるけど)競争しているらしく、自分のバスに乗客をひとりでも多く乗せるために、大声で、どこ行きかを連呼する。それもじわじわはしらせながら。あ、もちろん運ちゃんじゃなくて、車掌的役割のもうひとりのおじさんが。それは、叫び声に近い。自分の行き先のバスを見つけて乗るまで、あっちこっちから、目の色をかえたおじさんに引っ張られ、荷物をにぎられ、なんだかんだ声をかけられ、ほんと、キョウレツ。これがガテマラ。(しかし、今ではなれました、ははは。行き先を連呼してるし、どこでものせてくれるから便利)

温泉

おーんせん、おんせん!おんせん!
これは温泉です!それも湖の。
ここは、ケツアルケナンゴからバスで2時間のパナハッチェルという
世界一美しい湖の町。その湖(アティトラン湖)から、温泉がわきでているんです!最高!
この町に来るまで、あのチキンバスやミニバスを4回乗り換えて、重い
荷物をかかえなくてはならず、ぎっくり腰になっちゃって、もう、死んでいたのですが、この温泉でなおりましたー!やっほー

温泉たくさん

たんだん人が増えてきました。温泉は、現地の人にもよろこばれている
みたいです。
先住民子供売り子


パナハッチェルはめちゃ治安のいい町で、のんびりできます。で、のんびりカフェでコーヒーなんど飲んでいると、こうして、先住民系の人が、織物をもって売りに来ます。なかなか、すごいです。このように、
子供も売りに来ます。この子は9歳。しっかり商売しています。

船客引き子供

子供の商売と言えば、この船の客引きをする子も。
このアテトラン湖のまわりには、いくつも先住民の村があって、それそれ独自の文化や習慣、そして織物があり、船で行くことができます。
その船つき場はたくさんの客引きがいます。
定期船以外の、スピードボートの客引きです。この子(黒いシャツ)は私たちに、「4人で50ケツ!にする」と言ってきたのです。定期船は、ひとり25ケツなんで、安いじゃん、と思ったのですが、こうして、船乗り場には、この子の親分?がいて、「なんばいよっとか、ひとり20ケツだ。だから4人は80ケツだ」と。はたおりおばちゃん

こうやって町かどで、道ばたで、湖で、はたをおっています。

ソロラ市場目薬

市場のひとだかり。何かなと思ってみると、目薬売りでした。
サヨナラ村岡邸

お世話になったパナの村岡邸。定年退職後、ここに住んで第二の人生をおくってる村岡さん。ツーリストハウスをされています。何にも宣伝してないのに、口コミでいつも満杯。日本食の食事も食べられます。めっちゃ快適。1泊ひとり40ケツ(600円)
村岡邸部屋

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

ワ~~イ!画像いっぱいね~
みんな元気に楽しそうで順調な たび!笑顔!
画像加工うまくいったのね~~~

【2006/05/20 05:43】 URL | かないろまま #ExI6o2I. [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。