小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(6)世界一周ウラ話~我が家の暗語?
本には書かなかった世界一周ウラ話(6)
       ~我が家の暗語の基”コカコーラ地区”(コスタリカ)~


  ※本は子どもの目線を大切にしていて、シンプルに書いていますが、実は、
   ひとつひとつの出来事のウラ話があったり、苦労をしたり、困難に立ち
   向かったり、逃げたり、かわしたり、家族が空中分解?したり、怒りが
   煮えたぎったり・・・と本当にいろいろありました。それらを、お話していきまーす。


今回は、コスタリカ。

まず、コスタリカは中米の中では先進国と呼ばれています。また、国立公園や
自然保護区がた~くさん。自然環境を守り大切にし共存をはかり、また軍隊を
もたない唯一の国。軍隊にかかる費用を、教育と医療にあてて、伸びてきてい
る国なんです。

それと・・・・美人が多いんですよー!
BIJIN

OTOYA泊まったペンション・オトヤ

SANHOSEサンホセの町

UMIコスタリカは海がうつくしい!

IGUANAイグアナをかわいいと思った!

ONNSEN火山があって温泉も!


そして、治安は、私たちが行った中米南米の中でもいいですね。

ところで、そんなコスタリカの首都サンホセは、地方に比べるとちょっと注意
が必要です。

といっても、他の中米ではどこも”首都”はキケンなので、サンホセはそれら
と比べるとかなりマシで、わりと自由に歩くことができます。

そんなセンホセに地方からバスで入ると、バスターミナルが”コカコーラ地区”
という場所にあるのです。

この”コカコーラ地区”は注意が必要な地域で、特にそれぞれの路線の終点が、
ターミナルではなく、さらに、その地区の奥にあるので、バスでサンホセに入
るときは、”終点のひとつ手前”で降りたほうがいい、という情報を人づてに
もらっていました。

言葉さえ通じれば、終点のひとつ前というのは、聞けばわかることですが、
スペイン語をちょっとかじっただけの私たちには、言葉にできないんです。

だから、ただ単に、ここかな、このへんかな、と気をつけていました。

バスは、にぎやかな地区にさしかかり、人が次々に降りていきます。降りよう
かな?どうしようかな?と思っているうちに、降りそびれて、今度は、急に、
ガラっとさみしげな道になっていきました。

これはやばっ!

思ったときは遅しで、もう停車しないんですねーーー。

で、結局、終点に到着。乗客は私たち含め2組。あきらかに漂う・・アブナイ
雰囲気。バスを降りたとたん寄ってきた”人相の悪い?””餌食を探してるよ
うな?目をした”数人のタクシーのおやじたち。いかにも、ぼったくられそう。

私たち4人は、荷物を受け取ると、おやじを無視して、モーレツにもときた道
を戻りました。かなりの早足で。人一人歩いていない、さみしい道を。

バスで通った道をしっかり覚えていたことが幸い。ぶじ、明るい通りにたどり
着けました。

我が家では、それ以降、あぶなげな空気がただよう場所を、
「コカコーラ地区だ!」
と呼ぶようになっています。

この一言で、けっこう、ピリッと緊張?体制になって便利で。

そのコカコーラ地区はけっこう広くて、バスの終点になっているような”奥”
はあぶないですが、同じこの地区でも繁華街の方は、昼間は明るいし人も多く、
物は安く、安い食堂も多くて、けっこう楽しい地区です。でも、日没後は、
注意を。

ちなみに、ドリンクのコカコーラとの関係は、たぶん、ありません(笑)。
でも、覚えやすいですよね。コカコーラには迷惑な話でしょうが。

【おまけ】コカコーラに関して・・・

1、コカコーラは世界浸透度がピカ一!。どこにでもありますねー。世界の
コカコーラだとつくづく思います。

発展途上国では、そのコカコーラの偽者?、いやいや現地コカコーラが
大人気。ホンモノより、甘かったり、炭酸が弱かったり、不思議な匂いがした
り、さまざまです。

2、コカコーラの”コカ”は、実は!”コカイン”(麻薬)の原料らしいです。
びっくり!。そのコカの葉っぱ(コカ茶)をよく飲むのがボリビアです。
覚醒作用が多少あり、高山病に効き、アルゼンチンなど近隣諸国では持ち込み
禁止のお茶です。

そして、初代のコカコーラには、”コカ”は入っていたと!

今では”コカ”は残念ながら?入ってないそうです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。