小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(7)世界一周ウラ話/ガラパゴスツアー探し秘話
本には書かなかった世界一周ウラ話(7)
       ~格安&安全ガラパゴスツアー探し秘話(エクアドル)~

  ※本は子どもの目線を大切にしていて、シンプルに書いていますが、実は、
   ひとつひとつの出来事のウラ話があったり、苦労をしたり、困難に立ち
   向かったり、逃げたり、かわしたり、家族が空中分解?したり、怒りが
   煮えたぎったり・・・と本当にいろいろありました。それらを、ここで
   お話していきまーす。

  

今回は、南米エクアドルの首都キトで、ガラパゴスツアーを探し回った話です。

動物たちの楽園!
進化した動植物!
ダーウインの「種の起源」そして進化論で有名なガラパゴス諸島!

IGU海へ飛び込んで進化した海イグアナ
SABOサボテンは木に進化
KAMEガラパゴスのガラパはかめの意味。


まず、ガラパゴスは南米大陸から960kmも遠く離れた太平洋上にあって、国
はエクアドルになります。

そして、子どもたち、いや我が家はパパにとっても、夢いっぱいの島です。
私たちの旅の中では、メインイベント的存在のひとつ。

そして、金額的には、ガラパゴスツアーは高く、日本で手配することももちろん
できますが、そうなるともうめちゃくちゃ高いので、貧乏旅行の私たちは現地で、
ツアーを探すことにしていました。

といっても、なんの手がかりはありません。一応2週間習ったスペイン語で、
ツアーの手配をすることは、我が家にとって、かなり、至難の業(笑)なんです。

ガイドブックにより、一応、目安は、ガラパゴスの観光シーズン(ハイシーズン)
は、11月~2月、6月中旬~8月。私たちが行こうとしている7月は、一番高
く、一番込むシーズン。

また、当時の金額的には、大型船で4泊5日最低でも1200米ドル~、小型船
で400~600米ドル~。(当時米ドルは116円)

まあ私たちは、この400米ドル、最低ラインを探すつもりでいました。

しかし!、探し出して、びっくり! 7月は全然空きがないのです。

何件も旅行会社を廻っても廻っても、8月の上旬を見てもらっても、空きはない
のです。

甘かったんだ・・・・と思いました。

とそんなとき。
最初は、なるべく大きな旅行会社をあたっていたのですが、だんだん、手当たり
次第、空きを聞くようになって、そんな中、小さいところに入ると、1人の女性
しかいないところへ。

でも、彼女はテキパキしていて、ダメモト気分で、7月のガラパゴスに行きたい
という問いに、電話でいくつか問い合わせしてくれ、あいているのがあったわと。

私たちの希望通りの小型船、金額も450米ドル。出発は7月終わり。

おっ!、いいかも!・・

しかし、「この船よ~」と見せられた船を見て・・・こ・・・これは!

以前、沈没したという船で・・。

沈没~!すんの?とびっくりするでしょうが、小型船はたまに浸水、沈没してい
るということが、情報ノートに書いてあって、ある船の名前が載っていて、しか
も、その沈没した船に乗り合わせた実録が記されていたのです。
たしか、この名前の船やった・・・・。

せっかく、あいていると喜んだのはつかの間。沈没するかもしれんから、とは言
えずに、なんとかごまかして、旅行社を出た私たち。また振り出しに。

しかし、ここであきらめるわけにはいかない!だって、子どもたちが一番楽しみ
にしているのだ!しかも、7月は長男の誕生日。なんとか、しなければ!

と、数歩先の旅行会社へ。もう、片っ端からあたって砕けろ!の心境。

すると・・・神様は見捨てなかった~。

8月4日発があいていると!

また、あの沈没船か!と思いながら、「どんな船ですか?」と。すると、
「船じゃなくて、ちゃんとしたホテルに泊まって、毎朝船にのってクルージング
に出るんですよ」
と。!

えーー!そんなのあるの?ホテルなんて、動物の島にあんの?

そうなんです!実はガラパゴスは動物だけの島じゃないんです。ちゃんと人間と
その動物たちが一緒に共存している島があるんです!

しかも、ホテル泊ならば、心配していた船に酔いやすい長男も快適に過ごせる!
なんて、スバラシイ! そんなツアーがあったのねー!

しかも、ツアー料金400米ドル。子ども割引があって、280米ドル。全食
事付き、全観光、ガイド付き。(飛行機代は別です)

しかも、案内してくれた旅行会社の男性は、とても、親切で、信頼できそうな感
じ。

というわけで、メデタク、ガラパゴスツアーに参加することができました。

おそらくホテルツアーは、あまり知られていないのでしょうか、ツアー参加者は
ほとんどが地元エクアドル人家族、これもまたよかったですね!

船酔いする人は、ぜひホテルツアーお勧めですね。船は小型はかなりゆれるそう
から。

また、スペイン語ができれば、ツアーでなく、飛行機でガラパゴスの島に行くこ
とも可能。ホテルもあちこちにあり、船も交渉できるそうです。そうすれば、島
に自由にのんびり長居することもできますよね。

結果、本当に、すばらしいツアーでした。食事はおいしい、部屋は広くてきれい、
毎日クルーザーで、いろんなところへ連れて行ってもらえて。エクアドル人の家族
ともたくさん仲良くなれて、名残惜しかったですねー。

あきらめずに行動していけば、また何か出会いやきっかけがあるもんですね。
”行動すれば次の現実”私の知り合いさんの言葉なんですが、この言葉大好きです。
ほんと、旅も人生もそうですね!

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。