小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(8)世界一周ウラ話/ペルーでスリにキック!結果は?
本には書かなかった世界一周ウラ話(8)
       ~ペルーでスリにキック!結果は?~

  ※本は子どもの目線を大切にしていて、シンプルに書いていますが、実は、
   ひとつひとつの出来事のウラ話があったり、苦労をしたり、困難に立ち
   向かったり、逃げたり、かわしたり、家族が空中分解?したり、怒りが
   煮えたぎったり・・・と本当にいろいろありました。それらを、このメ
   ルマガでお話していきまーす。


今回は、ペルー。スリに遭遇したパパの話。

ペルーと言えば、世界遺産、天空に浮かぶ都市遺跡マチュピチュを始め、イン
カ帝国時代の首都クスコ、ナスカの地上絵など、有名な見所がたくさん!の国。
kusukoクスコのアルマス広場

しかし、治安があまりよくないのです。

中南米は、どこも注意が必要ではありますが、コスタリカ、エクアドルとその
中でも比較的治安がいい国にしばらくいたので、ここは、緊張感をしっかり持
って、前も後ろも、”首絞め強盗”などから、身を守るために、子どもを守る
ために・・・・気をつけないといけないわけです。

で、私はずーーーーっと気になっていることがあって、クドクド言っているこ
とがありました。パパは”ウエストバック”が大好きで、つけていること。

「ねえ、ウエストバック、はずしたほうがいいよ。」
「たいしたもん、はいってないよ」
「いや、それ着けているだけで、ねらわれるから」
「いや、大丈夫!オレの”飛び回し蹴り”を食らわしてやる!」
と、得意の、キックをやってみせるパパ。

「だめだよ、中南米では、襲われたら、抵抗しちゃいけないのよ」
「なんで?」
「刃物とか、銃とか持ってる可能性高いから。だから狙われないようにしなきゃ
いかんの。そして、襲われたら抵抗しないこと。命が大切なんだから。」

しかし、パパは、お母さんの言うことはムシ(?)して、きました。

で、ペルーのクスコの市場の前。

ちょっとの間、別行動していたパパに、ひとりの老人スリが、ウエストバックの
前部分のポケットにすっと手を伸ばしたーーーー!

気づいたパパは、コノヤローと!

そして、これはオレのとび蹴りを見せてやる!と意気込んで、老人スリにむけて
蹴ろうとしたその瞬間!

ドテッ!

とコケてしまったそうです。コケたものの、老人スリはかなりヨボヨボで俊敏さ
に欠けていたので、パンチをして、それはかろうじて、”触れた”そうですが・
・・。

被害は、ガムのみ。

しかし、悔しくてしょうがないパパは、その一部始終を私と子どもたちに説明し
ながら、こう一言。
「クツがすべった。クツが悪いんだ!」

そして、新しいクツを買ったパパは、
「よーし、今度こそコイ!今度こそ、キメてやる!」
「・・・・・」
(お母さんのクロウは続く・・・・)

↓一応、自慢のキック!はこんな感じ。

taokik
イエメンキック


(ここで反省していたら、アルゼンチンで強盗事件は起きなかった?かもですね。
事件の詳細は、数回あとのメルマガで。)

(注意)ウエストバックができるのは、日本のように安全な国です。中南米、アフ
リカではしないほうがいいです。貴重品は服の中に隠しましょう!

首からぶら下げるタイプは、スリ・強盗たちにばれているそうです。

腹巻タイプの方がいいですが、マジックテープだと盗られやすいので、本当の腹巻
(はくタイプ)に、自分でポケット等を取りつける等、工夫すると安全性が増しま
すよ。

※(この話のおまけ)
クツを買い換えたので、それまで履いていたクツ、まだ十分履けるクツが手元に残
りました。捨てるのはもったいない・・・。でも、クツだから、サイズがあるし、
人の履いたクツだもんねーーー。

町を歩いていると、路地に寝ている男の人がいました。

即座に、足を見るパパと私。

あ!この人、はだし・・。足のサイズも普通っぽい。

でも、あげるのも、ためらうものですね。失礼になりそうな気がして。
でも、おじさんの前にしゃがんで、はだしの足の前にクツを置きました。

すると、それまで、まったく反応しなかったおじさんが、ひょいと起き上がり、
(え?、いいの?、くれるの?)
(もし、よかったら、はいて。はだしは寒いよ)
クスコは標高3360mもあるので寒いのです。

おじさんは、すごくうれしそうに、両手を合わせて、頭を深々と下げて、グラシア
ス!グラシアス!と。

なんか、こっちまでうれしくなりました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

世界一周の本も面白かったけど、裏話も面白すぎ!うら話でまた本を出してくださいよ!!期待してます。

【2008/08/30 07:31】 URL | neko #- [ 編集]


おもしろいと言って下さって、感謝!ありがとうございます!

子どもたちに、私のクロウを残したい・・・(笑)

【2008/08/30 07:55】 URL | くめよりnekoさんへ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。