小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(9)世界一周ウラ話~真夜中の安宿探しバトル
本には書かなかった世界一周ウラ話(9)
       ~真夜中の安宿探しバトル(ボリビア)~


  ※本は子どもの目線を大切にしていて、シンプルに書いていますが、実は、
   ひとつひとつの出来事のウラ話があったり、苦労をしたり、困難に立ち
   向かったり、逃げたり、かわしたり、家族が空中分解?したり、怒りが
   煮えたぎったり・・・と本当にいろいろありました。それらを、ここで
   話していきまーす。


今回は、ボリビア。
uyuniボリビアで一番すごいのが、この塩の湖。世界最大!世界一の標高。


ボリビアは南米の中で、治安的に、ペルー同様、注意が必要だと聞いていました。
デモやストライキ等が多いので、巻き込まれないように、という認識も。

一番こわい情報は、ボリビアのラ・パス(実質上の首都)で、日本人女性が遭遇
した事件。

バスは2種類あって、日本と同じような大型バスと、手を上げれば停まってくれ
て、ガンガン客の呼び込みもする小回りがきくミニバス。

その日本人女性は、そのミニバスを道路で停めたそう。
そして、乗り込むと、人は2人ぐらいしか乗っていなかった。

大抵、ボリビアのミニバスは混んでいるから、おかしいなーーーとは思ったそう
だ。

バスはまったく違う方向へ進み始めた。そしてどんどん山の方に・・。

このバスは偽ミニバス。運転手ぐるみの強盗バスだったのです。

彼女は、そうやって拉致されてしまいました。身に着けていた金品、クレジット
カードまで要求されました。彼女は素直にそれらを渡し・・。

強盗たちは、クレジットカードの暗証番号を要求。そのとき、彼女の口には銃口を
入れられたそうで・・・。彼女は、あきらめて、暗証番号を教えました。

仲間のひとりが銀行かATMへ行き、クレジットカードから無事現金が引き出され
ると、彼女は、山の中に放り出されそうです。

そう無事に、開放されたのです。(ほんと、よかったです・・)

彼女は、自力で、山を歩き、警察へ行き、警察に付き添われて、安宿に戻ってきた
そう。安宿で一緒だった”他の一人旅の女性”は、一晩帰ってこなかった彼女を
とても心配していたのです。

その”他の一人旅の女性”と私たち家族は、エクアドルの安宿で一緒になり、その
ことを聞いたのです。

ひえーーーそんなことが・・!と驚き、決して、乗客が少ないミニバスには
乗ってはいけないことを教えられました。

そんな、こわそうな?ラ・パス。

それも、ラ・パスに向かう途中、”ロードブロック”という災難?石地獄?に遭い、
(詳しくは本で)、4時間も足止め食って、到着が夜中になってしまいまして。
rodoburoこれがロードブロック

あてにしていた、ラ・パスの日本人が集まる安宿には、たどり着けたけれど、空い
ている部屋は、床に穴が開いて、掃除もされていない”窓がない”部屋だけ。その
大きな穴を見たとたん、パパは、他にしよう、ととっとと宿を出て行ってしまった
んです!。

パパには、その部屋が許せなかったのですね。

しかし、今は真夜中。私の本音は1泊だけガマンしてほしかった。それに、トイレ
にも行きたかったのに・・・(ロードブロックで4時間遅れ、私はトイレをガマン
にガマンしてきた)。

泊まっている日本人も数人いた。また、ここは少なからずとも、日本人同士、情報
交換ができるはず。普通は、日本人が集まるところは、最低限、快適なはず・・。

たしかに、見せられた部屋は、ひどかったが・・・、

夜中の町に出た私たち家族は、異様な緊張感を持って、宿探しを始めた。大きな
バックパックを背負って、家族4人、ぞろぞろ歩く様は、いやでも目立ってしまい
ます。

しかし、少し歩くと、ラ・パスの町はこんな真夜中であるにもかかわらず、とても
明るい。人通りも多く、店もほとんどが空いている。とても元気な町なんです。

しかし、安心してはならない。こっちは、全財産を背負っているのですから。今、
襲われたらイチコロ~。もちろん、子どもたちを守らなければならないし。

宿はなかなかなく・・・。

いや、なかったというより、日本人だからか、汚いのに、高い金額を言われたり、
ツインの部屋に入るのに、4人だから、子どもがいるからか、1人いくらと言われた
り、とにかく、イヤな思いばかりでした。

あからさまに好意的でない態度の宿には、安心して泊まれないもの。こんなことな
らば、やはり、あの日本人宿のほうがマシだったと思う。

イヤな思いのその度に、家族全員が腹を立て、そして、夜の街をさまよいました。

そうこうして、安宿が集まる地域を出てしまい、本当にあてはなくなりました。

パパは何も言わず、ずんずん歩いていきます。私たちは、とにかく、離れないよう
に小走りでついていくー。子どもたちは文句たらたら。きついよー、まだあー、
さいてーやん、腹減ったー、重いー。町が明るいことだけが救いでしたね~。

結局、大きな車道に出て、また、歩いて歩いて、看板の明かりをたよりに、1軒の
宿を見つけました。ちょっと高そう・・。とにかく1泊だけでいいから・・。

町の中心からちょっと離れた気がするが、そのせいか、思ったより安く、そして、
宿の人も感じがよく、やっとやっと、今日の安住の宿に出会えたのでした・・。

(おまけ)
ラ・パスはとにかく、夜中まで明るくにぎやか。

標高3650mという富士山並みの高さがあるけど、その周りはもっと高い山々が
あるので、夜は、山が宝石のように見えて、夜景の美しさは息を呑むほどです。
houseki


夜中でも屋台や出店もたくさん出ていて、とても楽しいし、一人歩きでも、あまり
危険を感じないほどです。人も、明るくて、元気で、楽しくフレンドリー。
(たまたま私たちの夜の宿探しの時には、ずっとハズレ~だったみたいです)

だから、つい、遅くまで遊んでしまいそうですが、くれぐれも注意を。
そして、くれぐれも、ミニバスにも注意。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。