小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(10)世界一周ウラ話~怒り大爆発の国境
本には書かなかった世界一周ウラ話(10)
       ~怒り大爆発の国境(ボリビア~アルゼンチンへ)~

  ※本は子どもの目線を大切にしていて、シンプルに書いていますが、実は、
   ひとつひとつの出来事のウラ話があったり、苦労をしたり、困難に立ち
   向かったり、逃げたり、かわしたり、家族が空中分解?したり、怒りが
   煮えたぎったり・・・と本当にいろいろありました。それらを、このメ
   ルマガでお話していきまーす。


今回は、ボリビアから歩いて越えたアルゼンチン側の国境での話。

いやーーー怒りまくりです。もちろん家族4人全員。特にパパはキレました~。


 私達は、その朝、ボリビア側の国境の駅まで夜行列車で到着して、15分歩いて
ボリビアを出国し、アルゼンチン側の審査に並びました。

 この時点で朝7時40分。列は見れるところから推察して、約50人ぐらい。

 私たちのあとにも、どんどん並ぶ人は増えていきました。

 この国境、ボリビアから”コカ”の葉っぱの流出をふせぐために、結構きびしい
荷物検査があるかもしれないと聞いていました。”コカの葉”は、標高が高いボリビ
アでは普通に売られていて、お茶としてよく飲まれている。しかし、”コカ”は”コ
カイン”の原料。コカ茶には覚醒作用があるといわれている。だから、アルゼンチン
では禁止。)

 最初は、そのせいで、1時間待っても2時間待ってもほんの少ししか進まないのだ
と思っていたのです。

 そして、3時間が経過。あと10人ぐらいになったのに、なぜかピタリと列はすす
まなりました。

 4時間経過。あと6人。窓口はもう目の前。しかしここからが本当の最低最悪の
事件?が・・・。

 窓口の前にきて、わかったのですが、こんなにたくさんの人が国境を越えるという
のに、窓口がたったひとつしか開いてないんです!コカ茶の持ち込み検査じゃーなか
ったのです。

 それに、たとえひとつの窓口であれ、ある程度の処理能力?があれば、こんなに時
間がかかるわけないのに・・・

 窓口はマジックミラーのようになっていて、中はかなり近づかないと見えないので
す。それに、何してるかわからないように、いちいち、窓口をバタンと閉めてしまう
のです。
(普通は、審査官と対面するのに)

そして、それから何分もかかるのです。

 マジックミラーに近づけたとき、中をのぞいたら、なんと、係員は、受け取ったパ
スポートを見て入国カードを、まあ、ゆっくり、他の人と談笑しなら、コーヒーのみ
ながら、記入していたんです。
(普通は、それぞれ、旅行者自身が待っている間に記入する)

唖然。ボーゼン!。あきれてものがいえない。

 で、そんな調子で4時間も待たされているわけです。

 それだけでも、あきれますが、さらに、今ついた大型バス(国境を越える)の乗客
全員を先に入国審査をすると言うのです。

 これには、もちろん、並んでいた外人(たぶんアメリカ人)と、アンフェアだ!
と抗議したが、係りの女は「ボスが言うから」と一言。

 50人以上はいる乗客が先になり、私達はせまいところにたたされたまま、座るこ
ともできず、ただただ待たされ・・・。

 そして、私達が入国スタンプをもらえたのは約6時間後。

朝列車で着いて、朝ご飯も昼ご飯も食べずに、ほぼ立ちんぼの6時間。もう、腹がた
ってしょうがなくてですね・・。

 アンフェアなのも許せないが、それ以上に信じられなかったのは、荷物を持ったま
ま、座ることもできずに、審査を待っている私たちに、制服着たガタイのいい男の係
員が、「ちゃんとまっすぐ並べ」
とか、柵に座っていたら降りろ、とか、ぎゅうぎゅうつめで通れないところを、通っ
て、
「どけ!そこあけろ」
とか言ったり、
待っているのに、ゆうゆうとコーヒー飲んでいたり、食事をとりにいったり、するん
です。

あまりにひどい!

男の係員が、立ちっぱなしで、足が痛いから荷物の上に座り込んでいたダンナに、後
ろから「どけ!」と言ったんです。

ダンナは音楽をイヤホンで聴いていたから、聞こえず、すぐにどくことができなかっ
た。

男の係員は、ダンナの肩をうしろから”むんず”とつかんで、立たせ、どかせたんで
す。

これは、やばい!パパがきれちゃううううう!

パパはぶっちぎれました。
知っているかぎりの侮蔑を・・・・
「テメエラ 金か!金やろーが!」
ってな感じで・・・・

男の係員はパパをにらみつけました。

やめちくれーーーー

ここでケンカしたら、入国拒否されるから・・・

ガマン、ガマン、ねっ、ねっ・・・



緊迫しましたが、なんとか、無事入国できました。

ふうーーーー。 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。