小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(11)世界一周ウラ話~強盗に遭遇した、その時!
本には書かなかった世界一周ウラ話(11)
       ~強盗に遭遇した、その時!(アルゼンチン)~

  ※本は子どもの目線を大切にしていて、シンプルに書いていますが、実は、
   ひとつひとつの出来事のウラ話があったり、苦労をしたり、困難に立ち
   向かったり、逃げたり、かわしたり、家族が空中分解?したり、怒りが
   煮えたぎったり・・・と本当にいろいろありました。それらを、ここで
   お話していきまーす。


今回は、世界一周で、一番ウケる、そして、こわい、そして、勉強になった
(というよりしかない?)強盗遭遇。

パパが私たちの目の前で、4人もの男たちに、襲われたその時!

とその前に、
kujira
バスデス半島(リトルガラパゴスと呼ばれる)でくじらを見に。
hyouga
カラファテからロス・グラシアレス国立公園で、氷河を満喫!

ueno
目標にしてきた、南米最南端、世界最南端のウシュアイアの上野山荘へたどりつき。

bueno
ブエノスアイレスの町はとてもキレイ、で安全。

と・・・たーくさんアルゼンチンを楽しんで満喫して再度ブエノスアイレスに戻ってきたとき、
強盗事件は・・・・起きたわけです。

いやーーーなーんにもできませんでした。できないどころか、体が動かなかっ
たです。(口は動いたけど・・・)

明々とした、真昼間の午後2時半ごろ。大きくカーブしている、バスも通る交
通量もまあまあ多い車道の歩道を、私たち4人が歩いていたときに、いきなり、
強盗は、パパに飛びかかってきた!のです。

おそらく、気がつかなかったけど、私たちは、前と後ろ、強盗にはさまれてい
たんだと思います。

そして、強盗4人は、計画的に、ある合図?で、おそらく逃げるのに一番適し
たところにさしかかったら、を合図に、飛びかかってきたのです。

姿勢は頭を低くして、タックル姿勢。狙いは、あきらかに、パパのウエストバ
ック。

あ!
うおをおおおおおーーーーーー

パパの叫びごえ・・。

おかーさん パパが・・・パパが・・・
ああ・・・どうしよう・・・
と長男。

パパは叫びながら、両手でウエストバックをおさえてる。買ったばかりの
パイナップルの袋をもったまま・・。(パパ、パイナップルなんて大事に
持ってなくていいのに・・・)

強盗4人、8本の腕が、パパの腰のウエストバックを引きちぎろうとかな
りの力でガンガンやっている・・・・

しかし、ボロい、ウエストバックはなかなかちぎれなかった。

お母さん、パパを助けなきゃ・・・
と長男。

そうやね・・石、投げようか・・・

いやいや、そんなことしちゃいかん・・・

しかし、体は、まったく動かなかった。

あいつらの狙いはウエストバック。ちぎれれば、逃げるはず・・。
と私は、長男と次男の手をしっかり握って。

その間、強盗がとびかかってきて、ウエストバックが引きちぎれるまで、
10秒?20秒?・・・とても長く感じました。

周りの人も、そこだけ時間が止まったみたいに、みんな動けないでいまし
た。
そう、動いているのは、強盗だけ・・・。パパも叫ぶだけ。

ウエストバックがちぎれた!

強盗たちはその一瞬で、一目散に山の方に逃げていきました。

パパはそれを追いかける!

だめ、追いかけちゃ!

追いかけたパパは、ゾウリだったので、もちろん追いつかず、現地の人
たちに、
「ここから先は、立ち入らないほうがいい」と止められました。

私の後ろにいた、女性が、私たちに、何をとられたの?大丈夫?と声を
かけてくれました。

私たちは、パパのところに、駆け寄りました。

パパは無傷。相手が4人で、四の字固め?状態だったので、倒されたり
しなかったことは幸い。

くやしいいいいいいーーーーーーパパ。
自慢のキックを食らわす夢?は果たせませんでした。それどころか、
何もできなかった!それが現実。

(おまけ)
強盗にあったのは、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの繁華街から
路線バスで50分~60分ほど離れた地区。

あとで知ったことですが、ここらへんは、出稼ぎボリビア人の居住区
だそうで、私たちが襲われた場所から奥は、スラム化しているそうで
、現地のアルゼンチン人も立ち寄らない地区だそうです。

誤解のないように書き加えますが、ブエノスアイレスの繁華街や中心部
は、とてもきれいで、治安もよく、夜でも明るく安心して歩けます。

また、ブエノスアイレス以外の私たちが訪れた町はどこも、治安がよか
ったです。

ただ、どこの国でもいえることですが、”町外れ”というところには、
絶対に注意が必要だとつくづく思います。

前にもいいましたが、ウエストバックは絶対にいけません。たいした
もん入ってなくても、してるだけで狙われます。

もし、するなら、ズボンの中に入れられるような薄いタイプや、上着の
中に装着するとか。

じゃあ、ショルダーバックはどうか?

それも、同じです。狙われます。とにかく、持っていることがわからな
いようにする工夫をしてくださいね。

たまにいます。自分は大丈夫だった!と。

それは、たまたまです。

中南米やアフリカは、銃や刃物を持っていることもありえます。向こうの
人たちも必死です。ボスに、失敗は許されない、と言われて、切羽詰って
いるかもしれません。

だから、せめて、旅をする側が、できるかぎり、気をつけたほうがいい、
私はそれがマナーでもあると思うのです。

命あっての旅です。

そして、こうして、強盗にやられてしまうと、しばらく尾を引きます。
すべて出会う人が強盗ではないかと疑ってしまうようにもなります。そん
なの、もったいないでしょ。

でも、それでも、遭ってしまったら・・・。

中南米アフリカを長期で旅をしている人は、多からず少なからず・・・
盗られた体験がある!もんです。だから、落ち込まないでください。
自分だけじゃないと。

そして、その経験で出会ったこと、たとえば、私の友人がグアテマラの
市場でサイフをすられ、警察に行ったら、警察官がすごく同情してくれて、
宿に帰るバス代+アルファのお金を渡してくれたと言っていましたが、そ
んな小さな親切に目を向けてください。親切に出会わなかったら、その後
の自分の変化に目を向けてみませんか。そして、盗られた体験は、ぜひ、
次に活かしてください。人にも伝えてください。

我が家のパパはその経験をじゃんじゃん話して友達作っていました。

もちろん、そんな経験しない人もいます。それは、かなり気をつけている
人です。そんな人は、素直に見習うといいです。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。